おひとり様全然大丈夫ですけど、何か?

年末ネットニュースで「おひとり様映画が寂しい」って記事が
ちょっと話題になってましたが、映画は基本おひとり様、スタッフトリイです。

おひとり様映画、おひとり様立ち飲み、おひとり様焼肉。
どれも大丈夫だな。

おひとり様カラオケはやった事ないし、そもそもカラオケが好きじゃない。

 

 

 

去年観た、おひとり様映画の中で面白かったベスト5がこれ。
(何本かは息子と観に行ってますが)

 

『哭声コクソン』

「僕は何の映画みてるんだ?」とあらゆるジャンルてんこ盛りの
ような作品。日本でもハリウッドでも絶対作れないだろなぁ
これぞ韓国映画って作品でした。

國村準がふんどしでがんばります。

 

『ドリーム』

観ててとにかく痛快で気持ちいい。
「今おすすめの映画何?」って聞かれたら好みの分からない人
にはこれ進めていれば間違いないかも

 

『スパイダーマン ホームカミング』

アメコミヒーローもちょっと食酢気味な所ありましたが
青春学園モノとしてとてもいい映画。
ヒーロー映画としても新鮮な切り口でした。

 

『ベイビードライバー』

特にオープニング5分ほどがもう最高でして、
音楽と映像がリンクしているのに驚きと感動。

 

『散歩する侵略者』

今年日本映画はイマイチ引かれるものは無かった中
ピカイチ。予算の少ない中宇宙人侵略のお話が元々
舞台劇だった事で上手い仕上がりに。

長澤まさみの「いやになっちゃうなぁ~」のシーンだけで
1日リピート観賞できます。

 

2017年は合計46作品、SWが2回鑑賞になるので計47本

ワースト的になるのは、『ザ・マミー』、ここ数年出てれば安心の
トム・クル―ズ作品にして、さすがにコレは残念だった。

 

過去の名作リバイバル上映は、DVDとかで見てましたが
スクリーンでみると初めて見るような面白さでしたね。

 

 

では、今週末も寒いようですが、おひとり様映画に行ってきます。

 

 

試飲会で再認識(^^♪お手頃価格でおすすめしたいワイン あれこれ

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s  受注担当 です。

まだまだ寒いけど、そろそろ≪春の試飲会≫と銘打って
多くのインポーターさんからの案内状をいただきます。

先週はその先駆けだったジェロボームさんと布袋さんの試飲会だったのですが
気になるワイン、ご紹介したいものいっぱいありました。

まず、ジェロボームさんでは、ファミーユペランの底力を再認識。

ファミーユペランと言えば、シャトー・ド・ボーカステルを所有していることで有名ですが、
南ローヌの主要アペラシオンに300ヘクタール以上の畑を所有し、
個々の品種が最も適したテロワールを見極め、古くからオーガニック栽培を実践している生産者。
純粋にローヌを楽しみたいなあという時には是非おすすめいしたい生産者。

特にジゴンダス ラ ジル[2013]
濃くてエレガントな勝負ワイン。一緒に飲んだ相手に絶対美味しいって言わせてしまう。


そしてジェロボームの正道さんが手にしている
ヴァンソーブル・レ・コルニュ、 シラーとグルナッシュが半々で
フルボディだけど重くなく、ランチにピッタリなワイン。

どちらも3,000円前後のお手頃価格。デイリーってわけにはいかないけど、
ちょびっと背伸びする価値ありです

 

そして布袋さんではキャッスルロックのコスパの良さに驚き!

2,000円前半の価格でしっかり美味しいキャッスルロックはなかなかお得感があるワイン。
皆さんに楽しんでいただきたいけど、特にワイン初心者を卒業して、次のステップに進もうかな・・・
という方に是非飲んでほしい。
手ごろな価格で買えて、ワインの幅をぐっと広げてくれることまちがいなし。

キャッスルロックのJおすすめは

キャッスルロック ワイナリー ピノノワール ロス カーネロス [2012]
豊かな果実味とエレガントな酸味。

それからキャッスル・ロック パソ・ロブルス カベルネソーヴィニヨン[2014]
果実味に溢れ、やわらかな酸味、どっしりとした味わい。

この子たちが2,000円前半って驚きですっ!
是非試していただきたい。
ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます
よろしくお願いいたします。

やっぱり素敵だわ「スモールフォレスト」の小林さん

 

オンラインWassy’sのフジイです。

 

オーストラリアで活躍するワイン醸造家。
「スモールフォレスト」のラドクリフ小林敦子さんのインタビュー記事が掲載されています。
Premium Japan> 海外で活躍する日本人
https://www.premium-j.jp/series/overseas/71538/

「Premium Japan> 海外で活躍する日本人」より

 

小林さんは、ワッシーズにも何度もお越しいただいていて、その凛とした美しさに、いつも見とれてしまいます。

 

インタビュー記事では、現在に至るまでのいろんなことをお話し下さっていて、読みごたえあり。後半が楽しみです。

 

お会いした時の小林さんの印象は、知的で聡明、そして、健康的。
強さと優しさを備えた、それはそれは素敵な女性です。

 

歳を重ねるだけで「シャン」とせず、いつまでもふにゃふにゃしている自分が恥ずかしくなります。

 

小林さんが造るワイン「スモールフォレスト」も
そのお人柄を表すように、柔らかさの中にも芯の強さを感じさせる味わい深いワインだと思います。

 

私は、個人的に、知人に贈るギフトとしてスモールフォレストを選ぶことが多くて、その時には小林さんの事も一緒にお伝えして贈ったりしています。

 

オンラインワッシーズでは、現在、シャルドネとロゼが少しだけありますよ♪

 

↓↓こんな特集コーナーも「世界に羽ばたく日本人特集」↓↓
ぜひご覧ください。 

 

 

応援したい!パラダイスリッジとシャトー モンテレーナ(*^_^*)

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s  受注担当 です。

今日はパラダイスリッジシャトー モンテレーナを取り扱っていらっしゃる
布袋ワインズさんの試飲会に行かせていただきました~

昨秋の火事で甚大な被害をうけたワイナリー。
パラダイスリッジは醸造所も消失してしまい復興頑張っているところ。
シャトーモンテレーナは畑が火を食い止めて建物はかろうじて無事だったそう。
どちらももう少ししたら品切れ状態になってしまうらしい・・・(-_-)

何とか踏ん張って頑張ってほしいので、精一杯応援しなくっちゃ!
勿論パラダイスリッジとシャトーモンテレーナだけじゃなく
カリフォルニアワインを応援します。
その魅力をどんどん伝えて皆さんにたくさん飲んでいただこう!!

試飲会で「むむ・・・お、美味しいっ」と思ったワインをご紹介。
パラダイス リッジ カナエ・ザ・グレープ・キング シャルドネ[2015]長澤鼎 かなえ

名前が先行してしまって味はどうなんだかな~
なんて思ってらっしゃる方にこそ是非飲んでほしい1本。
果実味が豊かで、冷涼な地域の特徴の豊かな酸がとても深い味わい。

そしてロキオリ ソーヴィニヨンブラン  ロシアン リヴァー ヴァレー[2014]
樹齢60年のブドウからつくられるこのソーヴィニヨンブランは、
果実の凝縮感、豊かな酸のバランスがすばらしい。美味し~

ロキオリの歴史は1938年にロシアン・リヴァー・ヴァレー に土地を所有したことから
はじまるのですが、最初はカベルネソーヴィニヨンなどの品種を植えて失敗したのだそうです。
でも1959年に現当主の父、ジョー・ロキオリ がこの冷涼な土地にピノ・ノワール、
シャルドネそしてソーヴィンニョン・ブラン に適している事に着目して今に至っているそうです。

試飲会に行くとこうしたお話をいろいろ伺えてオモシロイ(^O^)

あといくつか気になった布袋さんのワインを是非ご紹介したいので、続きは来週に!!

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます
よろしくお願いいたします。

只今、試飲会からお伝えしております。

今年最初の試飲会中、トリイです。

なんとウニコ2006の試飲がありました

嬉しいサプライズ

2014からクロアパルタにセカンドが登場。

バレル段階でクロアパルタにならなかったものをセカンドとしてリリース。

近日ご案内予定。

クロアパルタもラベルが新しくなりました

 

 

ウニコの横にあったスペインのプリオラートが、ラベルの花にあった華やかさでとてもいい味わい。ベストな一本。

カミンス デル プリオラート

 

 

 

プシャールはラベルとロゴがリニューアル。

ドメーヌ名が半月表記から直線表記に、家紋でもある狼も少し変わったそうです。
2016年から全てのブシャールで変更。

更にグランクリュ・クラスはボトルも立派な分厚く幅の広い豪華な雰囲気のものになるんだそうですよ。

以上、試飲会会場からでした。

春を呼ぶワイン(*^_^*)♪

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s  受注担当 です。

今日はジェロボームさんのフランスワイン試飲会に行かせていただきました~
この時期の試飲会のスタートは・・・

そう、ロゼワイン。美しくディスプレイされたワインたちは、見ているだけで
テンションあがります。

Jとしては「春」に限定したくないロゼですが、
このうきうき感はやはり春を連想させてしまう・・・(*^_^*)

何かと話題のミラヴァル(ジョリ ピット)離婚してもそのまま名前が残っています。

ロゼは目を瞑ると絶対白と区別がつかない (-_-)ワ、ワカラナイ・・・

ロゼって甘い感じがしていやなんだよねー・・・とおっしゃる方に、
是非試してみてほしい。

そして!ジェロボームさんと言ったらヒューゲル は外せません。

きれいなグリーンのボトルにイエローのエチケットが目印。白いエチケットはピノノワールです。


これはファミーユ・ヒューゲルにとってスペシャルなワイン 【グロシローイ】

安定した味わい。特にジョンティピノノワールクラシクは、ワインの初心者にも、
飲みなれている人にも楽しくチャーミングなワイン。

クラシックでいて常にトレンドを意識していた先代エチエンヌさん。
そのエチエンヌさんが急逝して早2年。今はエチエンヌさんの息子さんが当主として
切り盛りされているとのこと。どんな方かしら?
3月ごろに来日されるそうなので、お目にかかれたらいいなあ~。

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます
よろしくお願いいたします。

今年も飲む(-_-) 

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s  受注担当 です。

主婦にとって年末年始は忙しいだけでヤダなー・・・というのが正直な感想なのですが、
お昼から堂々と飲んだり、懐かしい友人に会ったりできるのは嬉しい。
げんきんなもんです(-_-)

今年初めて飲んだのはニュージーランドの泡 クォーツ リーフ メトード トラディショナル NVでした。
フレッシュかつ濃厚。はちみつやリッチなブリオッシュの香り。美味しい!!しあわせ~

友人が持ってきてくれた
ロバートモンダヴィ ワイナリー シャルドネ リザーブ[2014]
なんてエレガントなワイン!やわらかな果実味。余韻長い。
いつまでも飲んでいたいワイン。

それに我が家のリピートワイン
フリーマークアビー メルロ
とても濃く深いルビー色。ブラックベリーの香り。凝縮した果実味。スムーズなタンニン。
メルロのやわらかさ繊細さがまたリピートさせるのです。

今年もニュージーランドとカリフォルニアワイン たくさん飲みそう(^O^)
うん、今年も飲む!

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます
よろしくお願いいたします。

大人気の「1688」、セットはまだ在庫があります!!

 

オンラインWassy’sのフジイです。

 

入荷直後からずっとコンスタントにたくさんのご注文をいただいている高級ノンアルコール・スパークリング「1688 Grand Rosé」 、「1688 Grand Blanc」。

 

ご注文は、個人のお客様からお店などさまざまで、いろんな場面で使っていただけているんだろうな、と思います。

 

メディアにも数々紹介されて人気のため、現在は、輸入元でも完売状態。次回の入荷を待っている状況です。

 

オンラインワッシーズでも単品と紅白セットは完売してしまったのですが、ギフトにぴったりのグラスセットはまだ在庫がありますよ~♪

【箱あり】1688 ベイビー セレモニー 【グラン ブラン& グラス4脚セット】

 

【箱あり】1688 ベイビー セレモニー 【グラン ロゼ& グラス4脚セット】

 
やっぱり、おめでたい席には「ポンッ」「シュワッ」があると、場が華やぎますよね。
プラス108円で、ラッピングも承ります。ご結婚やご出産のお祝いにぜひいかがでしょうか。

 

試飲会はじめ(^O^) インポーターの皆さんのお薦めは・・・その3(最終回)

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s  受注担当 です。

さてさて ≪ワシントン・オレゴン ワインエクスペリエンス≫
試飲会でのおすすめその3最終回です。

オレゴン・ワシントンのワインを扱っているインポーターさんが集まっての試飲会。
ワタクシJの主観とインポーターさんお薦めが合致したものは・・・?

ワインインスタイル磯田さん
手に持っていらっしゃるのは、イヴニング・ランド・ヴィンヤーズ
セイレム・ワイン・カンパニー ピノノワール 上代3900円なり
熟したベリーとチェリーの香り。ピノの繊細さと力強さをもったワイン。

オンラインワッシーズではまだホームページに上がっていないのですが、
今月末には買っていただけるようになりますので是非チェックしてください。
Jも楽しみ

ワインインスタイルさんは
ワイ バイ ヨシキ カベルネソーヴィニヨン カリフォルニア[2008] の輸入元。
最近ヨシキのテレビ出演の影響もあって好調なのですが、それじゃないのね~(^O^)

テレビに出ると、それまで知らなかった人にも買ってもらえたりと良いことも多いけど、
品薄や品切れになってしまってお客様にゴメンナサイを言わなくてはならないことも多い
悩ましいところです。

さてさて最後はヴィレッジセラーズさん。
3月中旬に入荷予定とのことで
エイ・トゥー・ゼット(A TO Z)
からロゼのスパークリングが出るのです。上代3000円

今までロゼはありましたが、スパークリングは初めて。
ピノ90%、シャルドネ10% チャーミング、フレッシュでしかも酸味はやわらかい。

ワタクシ写真を撮るのを失念してしまっていて非常に残念なのですが・・・
 (色的にはこのロゼをより鮮やかにした感じ)

入荷したら是非ご案内をしたいと思っております。

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます
よろしくお願いいたします。

謎の5000円ワインってホントにこれなんですか?

トリイです、

年明けから、YOSHIKI様様のような感じで、

XJapanのヨシキワインのご注文続き、数週間前にはメーカーに1000本以上の
在庫があるって話だったんですが、もう底がみえてきたようで、そろそろ完売に
なりそうな様子。

ワイ・バイ・ヨシキ カベルネソーヴィニヨン カリフォルニア[2008]
Y by Yoshiki Cabernet Sauvignon California

テレビ出ずっぱりのおかげで、その度にご注文いただいております。


↑ ほら、Yoshikiワイン飲んでる

 

 

正月『格付けチェック』で100万円のペトリュスと5000円のワインとの
比較で、5000円のワインへのコメントも素晴らしく「神対応!」なんて
取り上げられてましたが、当然番組上では5000円のワインが何なのかは
紹介されてません。(ですよね?)

ところが、先週とあるボルドーワインに注文が集中。
カリフォルニアワインがほとんどでボルドーワインはそんなに出る事の
無い当店、「なんでこのワインばっかりに注文来てるんだ?」とtwitter
などで調べてみると

格付けでの5000円ワインはこれじゃないか?!

ってサイトを発見。
これが広まったんでしょうか?

もちろんこのサイトでも、断言とまでせずTVでのYOSHIKI達のコメント
と価格から、イメージしたものだとは思うんですが、それでも飲んでみた
いと思わせる力は凄いですね。

残念ながら当店ではお取り寄せだった為、ご注文頂きましたお客様には
ご用意できずご迷惑をおかけいたしましたが、実際に手に入れることが
出来たお客様は、どんな味わいの感想をもたれたんでしょうか?

 

さすがにペトリュスと比較して飲んだ方はいませんよね???