10年、460円

 

5時間体育館のプラスチック製のイスに座ってたんで
翌日体の節々が痛いスタッフ・トリイです。


息子とプロレス行ってました。

 

本日はオーストラリアワインとちょっとシャンパンの試飲会。

オーストラリアワイン好きとしては試飲しとかないと。

現行ヴィンテージとあわせて、インポーターさんの努力で手に入れることが
できるバックヴィンテージ。

オーストラリアだけでなく、アメリカでもニュージーランドでも
ワイナリー自身がバックヴィンテージを持っているところは少なく
インタポーターさんがリリース時に多めに買って、時期をみながら
少しずつ発売してくれているのです。

感謝感謝。

売らずに何年も保管してくれているわけですから、当然その分
価格もあがります。(置いておくだけでもコストはかかる)

 

なのにですよ、この西オーストラリアの『フランクランド・エステート』
のカベルネ、2013年と2003年の10年差。

なのに価格差460円!!

 


(価格のプレート撮れてなかった・・・)

 

フランクランド・エステート オルモズ・リウォード2013
希望小売価格 4,820円 → 販売価格 3,888円

 

■フランクランド・エステート オルモズ・リウォード2003
希望小売価格 5,280円

オーストラリアの中でも肌寒い位に海からの風が入ってくる
西オーストラリア州の産地。
イメージされる高アルコール、ジャミ―な要素は微塵も無く
しっかりとした果実感をもちながらも、ミント系の涼しさも。
細かくやさしいタンニンで、若いヴィンテージながら飲みや
すさも。

2003年は見事な熟成。しかもまだイキイキとした色調、
果実味もしっかり残っており、熟成でなじんだ酸とタンニン
で、丸みのある口当たりの美味しさ。

残念ながら2003年はございませんが、同様に輸入元にて
保管されていた2006年はご購入可能です。

フランクランド・エステート オルモズ・リウォード2006
希望小売価格 5,529円 → 販売価格 4,698円

 

 

 

ボルドーボトルですがピノノワール。

しかもこれがメチャメチャ旨い!
試飲されてた他のお客様達も絶賛。

■ヤラ・イエリング ピノノワール2015

高級ワインなのに、ワインそのものにコストをかけ、ボトルは
低価格ワインとほぼ同じの見た目にも安いものを使ってるという
不思議なワイナリーでしたが、このヴィンテージからボトルが少し
立派なものになりました。

安もん(?)ボトルなのに、ものすごくキレイに熟成する不思議が
楽しかったりしたんですけどね。

 

こちらはその安いボトルながらも美しい美味しさのシラーズ

 

他のシャンパーニュのようにキャラクターを持たず、地味に美味しさを
追及する『デュヴァル・ルロワ』

こちらの2005年もとても素晴らしい熟成感。
シャンパンの細いフルートグラスでなく、シャルドネグラスといった
広がりのあるグラスで飲むのがおススメ。