全部買い占めたいっ(-_-)ドッグポイント

オンラインWassy’s受注担当 です。

この時期、試飲会で目に付くのはやはり泡や白。
涼しげでしょう?
ほっとしますよね。

ジェロボームさんの試飲会で
衝撃的においしいわーーーーっ!
帰ったら買うぞ~(-_-)と決心したワイン。

ドッグポイント ピノノワール

えーー?赤ーーー?
確かに、ドッグポイントの白は秀逸です。
世界中で認められています。
リピートしてしまいます。

で、ピノは?

温度は少し冷やし気味に。
とはいっても今の気温が高すぎるからそう思うだけなんだけど・・・
ラズベリーやブラックベリーの香り、ほのかに樽香
・・・くどくなく、さらりとしすぎず
タンニンがほどよく溶け込み、
優しい味わい。

しかも通常7,560円のところ特価5,165円(税込)
特価やったんや!!!
買おうと思ってたけど・・・全部買い占めたい気分です。

(コチラもみてね)
 ↓
ドッグポイント

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます
よろしくお願いいたします。

クメウリヴァー に癒される(*^_^*)

オンラインWassy’s受注担当 です。

昨日ジェロボームさんの試飲会へ行ってまいりました。
会場に入ったらこんな風に涼しげなワインたち・・・

ほっとする~

そしていつものようにジェロボーム正道さんにイチオシワインを聴いてきましたよ!
正道さんイチオシはクメウリヴァー

クメウリヴァー エステート シャルドネ[2015] 

Jもクメウリヴァー大好き。
クリアでシンプル。酸味ほどよく、
主張しすぎない果実そしてミネラル、
絶妙なバランスだと思うのです。
夏の暑さにやられてしまった体に優しく行き渡ります。

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます
よろしくお願いいたします。

看板犬に癒されてます(*^_^*)

オンラインWassy’s受注担当 です。

ワッシーズの看板犬モモです。8歳。
やんちゃで食いしん坊。
しかしご覧のとおり可愛らしいので、
スタッフみんなちやほやします(*^_^*)
これは2週間ほど前の写真。

なんでエリザベスカラーをつけているの???

というのも・・・

ある日、いつものように出勤したモモですが、
じーーーーっと動かない。

≪おやつだよ≫と呼んでも来ない。
眠いの?お父さんがいなくて寂しい?
地震の後だったし、不安定なのかな?

それにしても、いつも絶対に残さないごはん。
ちょっぴり口をつけただけで食べなかった・・・。
おかしいよねー(@_@。どうしたんだろう。

心配になって覗いてみると、じーーーっと丸くなって、
時々お腹を舐めている・・・
ど、どうしたのモモーーーーーっ!!

なんと、子宮蓄膿症だったそうで、急遽手術(-_-) 
痛かったんだね・・・(@_@。

ぬいぐるみみたいに縫われてしまったお腹。
カラーを着けているせいで、あちこちにぶつかるモモ・・・。
心細いのか、≪きゅーーん≫と鳴きながらすりすり寄ってくる姿は
痛々しくっていつもよりちやほやしてしまった。

そんなモモでしたが、抜糸も済み、今ではすっかり元気に。
あー良かった・・・。やんちゃ姫健在
じっとしてないから写真を撮るのも難しい・・・

これは少し前の写真。

2~3日モモの顔を見なかっただけなのに、
ほんと寂しかった~
私たちスタッフがモモをかまってあげてると思っていたけど、
癒してくれているんだなあ。。。

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます
よろしくお願いいたします。

スープルのオマールランチに嬉しい驚き(^O^) ガーギッチのシャルドネ

オンラインWassy’s受注担当 です。

ワタクシごとですが、昨日は誕生日でした。
なので・・・贅沢しちゃおーーっと
姉妹店スープルで優雅なランチをいただいてきました。

姉妹店スープルは、フレンチレストラン。
ワッシーズのお店ですから、勿論ワインも充実しています。

お目当ては以前からどうしても食べたいと切望していた
オマールランチ(^O^)


見てください!このプリップリの身!!
豪勢に半身が使われているのです
添えられているバジルの優しい味わいにも感動。。。

かかっているのは甘酸っぱいマンゴーソース。
付け合せのお野菜の一皿もこんなに手が込んでいます。

実はこのオマールランチはセットメニュー。
野菜の自然な甘みが嬉しい野菜スープ、
色とりどりの前菜盛り合わせ、
そしてオマールちゃん
デザートはスイーツのセットかチーズ盛り合わせ。


前菜の盛り合わせです!

Jはチーズの盛り合わせをチョイス。

これで3500円

びっくりしませんか???

素材もほんとにいいものを使っていることを知っているワタシ。
何故なら、何度か入荷してきた活けのオマールを
この目で見たから。

カナダからはるばるやってきたオマールちゃんは
冷蔵の状態で入ってくるのですが、
少し温度が上がると、ガサガサ
わしゃわしゃ・・・元気いっぱい。

そんなオマールに合わせたワインは
オンラインワッシーズでも取り扱いをしている
ガーギッチ・ヒルズ シャルドネ ナパ・ヴァレー[2014]

輝く麦わら色、クリーミィかついきいきした酸
バランスよく、口当たり滑らかなこのシャルドネは
オマールとソースの甘みが絡み合ってとろけていきます。
んまーーーーい

シアワセな誕生日でありました。

お近くにお住いのみなさま
大阪四天王寺のスープルへ是非オマールランチを食べに来てください。
その美味しさと内容に、絶対びっくりします。
数量と期間が限定とのことなので、
ご来店の際はお電話で確認をお願いします<(_ _)>

ワッシーズ ダイニング スープル
06-6774-9000

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます
よろしくお願いいたします。

デュヴァル ルロワ 頑張るフランスのオカンが創るほっとするシャンパン

オンラインWassy’s受注担当 です。

ここ数日、気温も湿度も急上昇。
熱中症にお気を付け下さい。

こんなジメジメ蒸し暑い日は、
冷たーい白ワインやロゼ、そしてスパークリングワインが嬉しい。

中でもシャンパーニュって特別な気がしませんか?
ちょっと敷居が高そうなこのワインを、
もっと皆さんに楽しんでほしいなあ、何かヒントがないかなあ・・・と
先だってデュヴァルルロワ
シャンパンセミナーに参加してまいりました。

シャンパーニュというのは、フランスシャンパーニュ地方に於いて
伝統的な瓶内二次発酵によって手間暇かけて作られた
スパークリングワイン。
だから高いんだよ~ってことなんですが、
それだけじゃない気がするんですよね。

デュヴァル=ルロワの現当主は若くして夫に先立たれ当主となった
キャロル・デュヴァル=ルロワさん。もと主婦なのですって。

そのキャロルさんが、メゾンを
まだ小さかった息子たちに受け継がせるために、
当主となったわけです。

いわば中継ぎのような感じだったようなのですが、
もともと才があったこと、
料理上手な主婦の感覚を活かしたことなどなど
そういったことが幸いして良い方向に働き、
事業は拡大されていきました。

とはいっても、ものすごーーーく努力されたはず。
日本のオカンも強いけど、フランスのオカンも負けてません。

キャロルさんの感性を活かした
新しいシャンパーニュが次々と研究開発され、
今のデュヴァル=ルロワには驚くほどのラインナップ。

伝統を守り、新しいことにも挑戦し結果を出す。
今は頼もしい息子たちに囲まれた良きママン(お母さん)
何だか素敵だな~。。。

今日のおすすめは
デュヴァル=ルロワ・ブリュット・レゼルヴ・ピュール・シャルドネ NV

ほんのりと旨みや甘み。日本料理に寄り添うワイン。
きりっとした感じではなく、やわらかな印象。厚みもある。
ほっとする。
いつも頑張っている人に是非飲んでいただきたい1本。

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます
よろしくお願いいたします。

取扱い注意!!思い出のワインボトル(@_@。 

オンラインWassy’s受注担当 です。

先だっての大阪北部地震で怖い思いをされた方、
心からお見舞い申し上げます。

かくいうJの家も、震度6地域にかかっていてかなり揺れ、
何かにつかまっていないと立っていられず、
また色々なものが割れて散乱し怖い思いをいたしました。

特に、これは絶対してはいけないなと肝に銘じたこと
≪割れ物は高いところに仕舞わない≫

置く場所がないからとビンをまとめて高い場所に並べていたのです。
いわゆる≪思い出のワインボトル≫で、
生産者の方のサインが入っていたり
5大シャトーやダブルマグナム・・・。
眺めていると飲んだ時のシーンが蘇ってきます。
確かに捨てるに忍びないのですが、
危うく頭を直撃されるところでした(-_-)

粉々になったビンもありました。
ラベルで辛うじて繋がってはいるけど、
危なくて触れない・・・。
ビンはぶつかり合っても床に落ちても割れるし、
グラスも、ランプシェードも・・・怖い怖い。
形あるものはいつかは・・・とはわかっていつつも悲しい。

まだ余震がくるかもと床に置いたものを上げる気になれず、
空いたビンはラベルを取って、捨てようと決心。
そして無事なワインは割れる前にとせっせと飲んでいます。
あーでも、また買い足してしまうのだろうな。

皆さんは思い出のワインボトルなどはどうなさっていますか?
高いところにはおいてはだめですよ~
何が何でもご安全に!

ブログの応援、ぽちっといただけると元気がでます
よろしくお願いいたします。

アメリカワイン デイ(^O^) インポーターさんのこの夏のおすすめは・・・?(その2)

オンラインWassy’s受注担当 です。

ウキウキしながら今年も行ってきたアメリカワイン デイ

前回に続きインポーターさん自慢の
この夏のいちおしワインのご紹介です! 


≪伝説のシャルドネを造ったレジェンドワイン!!≫
ガーギッチ・ヒルズ シャルドネ ナパ・ヴァレー[2014]を手にされているのはワインインスタイルの磯田さん。
生き生きとした酸が魅力のこのシャルドネ。
夏の暑さに疲れた心を癒してくれそうです。

このガーギッチ・ヒルズのワインは、安定した品質と長期熟成可能なワインとして知られていて、
≪まず間違いないですからね~≫と鼻高々に言われる通り、
アメリカのレーガン大統領やクリントン大統領、英国のエリザベス 2 世女王等の晩餐会でも愛飲されていたそうです。

お値段は高めですが、大切な人へのお中元というのもいいですね。

そして、アメリカワインデイでは常連の
杉本オーナーご夫妻、シャトーイガイタカハ
高名なレストランやホテル、航空会社でオンリストされている
シャトー イガイ タカハは
日本人の食事に良く合うようにと、

上品なスタイルに仕上げられたカリフォルニアワインたち。
勿論オンラインワッシーズでも大人気で、売り切れ続出。

奥様の美代子さんに、おすすめを手に取ってくださいとお願いしたところ、
≪園は私のワインなんですよ~!!≫
ダイナミックで力強くたおやか。
奥様のイメージとワインとがリンクしています。

あ!でもオンラインワッシーズには現在 園の在庫がない・・・。

でもイガイタカハにはまだまだ夏にお薦めのワインがあるので
是非コチラをご覧くださいね。

 

株式会社リエゾンさんは、オンラインワッシーズでも大人気の
ヘスティア や パシフィックリムを扱っていらっしゃるインポーターさん。

そのリエゾン河合さんががっしりと抱えているのが
スリー スティックス シャルドネ デュレル ヴィンヤード

あのキスラーの共同所有者オーナーがソノマ5大畑に数えられるデュレルヴィンヤード産の最上級の葡萄のみを使って造ったシャルドネ!!
果実味がしっかりしていて、ヘーゼルナッツ、クレームブリュレのニュアンスも感じられます。リッチな味わい。
クーラーの効いたお部屋で、優雅に味わいたい1本。

あ~もっともっとご紹介したい(-_-)
アメリカのワイン、幅広く懐深いと最近しみじみ実感しているJでした。

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます
よろしくお願いいたします。

アメリカワイン デイ(^O^) インポーターさんのこの夏のおすすめは・・・?(その1)

オンラインWassy’s受注担当 です。

今年も行ってきましたアメリカワイン デイ\(^o^)/
お仕事とはいえ心躍ります(^^♪
私たちワッシーズのスタッフは、交替でワイン販売関係者のお昼の部に参加。

夜の部は一般のお客様が対象とのことでしたが、なかなか盛況のようで
アメリカワインの魅力を広く知ってもらうためのイベントとして
着実に根付いてきたみたいです。

会場には、たくさんのインポーターさんが
自慢のワインをすらりと並べていらして、
この夏のいちおしワインを聴いてきましたよ~

勿論どの子(ワイン)もかわいいとは思うけど、
これからの季節におすすめのワインを手に持ってくださいね~と
写真を撮らせていただきました。

オルカインターナショナルさん
元オンラインワッシーズ店長だったハダさんが手にしているのは
ラック アンド リドル ブリュット NVボーグルのシャルドネ

どちらも価格は抑え目で高品質、
そして食事に寄り添うという共通点があります。

ラック アンド リドル ブリュットは2000円台で飲める完成度の高い泡、
ボーグルシャルドネは 華やかさはないけど、
そのクラシカルなスタイルはアメリカ本国でもひっぱりだこ
この品質で価格が2000円ちょっとは魅力的。
ワッシーズでもほんとに人気のワイン。
これからの季節、よーく冷やして楽しみたいワインたちです。

そして中川ワイン武本さんが手にしているのは、
ダックホーン デコイ ソーヴィニヨンブラン

≪夏といったらやっぱコレでしょ。ソーヴィニヨンブラン!≫
ソーヴィニヨンブランと言えばニュージランド・・・
と思われるかもしれませんが、
ダックホーンは1982年からつくっているのです。

で、その長い経験を生かしてソノマのブドウを使ってつくったのがこのデコイ。
レモン・グレープフルーツの香り爽やか、ハーブはやや抑え気味に。
フレッシュで瑞々しいこのワインが
日本の夏の癒しアイテムになること間違いなし!

そしてそしてジェロボーム正道さんが手にしているのは、
さんざん悩みに悩んでカンブリアのシャルドネと
マタンザスクリークのソーヴィニヨンブラン

さんざん迷ってこれも~(^^♪

カンブリアはカンブリア紀からついた名前なのですって。
太古の昔は海底だったそうです。
ラベルのイメージがアンモナイトとかそんな感じのデザインでカワイイ(^O^)
リッチな味わい。パワフルであり繊細さも併せ持つシャルドネ。

マタンザスはセミヨンがほんのちょっぴり入っているのだけど、
これがより質感を滑らかにしているそう。
ニュージーランドの青草のようなハーブとは違って、
より濃厚なドライハーブの香り。
レモン・グレープフルーツの爽やかさが
この季節のじめじめを吹き飛ばしてくれます。

さて、まだまだ紹介しきれないので続きはその2で!

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます
よろしくお願いいたします。

アメリカワインに溺れる日(^^♪アメリカンワインデイ

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s  受注担当 です。

毎年、アメリカワインの魅力を広く知ってもらうためのイベントが
ドドーンとホテルで開催されています。

今年もやってきましたよ~(^^♪

American Wine Day 2018

参加するたびに、新たな美味しさ、感動を受けるAmerican Wine Day
今年は5月29日木曜日19:00~
場所はリッツカールトン大阪4階

オンラインワッシーズのスタッフは
昼の部(ワイン販売関係者のみ)に交替で参加予定

皆さんは夜の部への参加となるのですが、
なかなかこんなに色々と味わえる機会はありませんから
是非お出かけいただけたら
ワインに携わる者としてとても嬉しいです。

そして気に入ったワインは必ずチェック(^O^)
オンラインワッシーズでは全てのワインが買えますからね。

入場料は6,000円。
ですが、4月28日までの早割ではなんと5,000円!!!
前売りのみですからお早目に(^^♪
お申し込みはこちらから
    ↓
American Wine Day 2018

昨年の参加レポートはこちら
アメリカワインデイ レポート (大阪 リッツカールトン)その1
アメリカワインデイ レポート (大阪 リッツカールトン)その2


大人気のアンダーウッド!昨年はリリースしたてだった。

 


ずらりと並んだイガイタカハ!!!全部味わえます(^O^)


ダックホーンを忘れちゃいけないよ!


黙っていてもどんどん出ちゃうフリーマン

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます
よろしくお願いいたします。

高く思えるワインにはそれなりの理由がある・・・(@_@) ビオディナミのワイン

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s  受注担当 です。


本屋さんで見つけて思わず手に取ってしまった
≪ぶどう畑で長靴をはいて≫新井順子さんのロワールでの奮戦記。

フランス人の醸造家のもとに嫁いだわけでもなく、
自らフランス ロワールで畑を取得し、ワイナリを立ち上げた女性。

そのことだけでも大変なのに、ビオディナミを貫いていらっしゃる(@_@)
言語や法律の壁、悪天候、洪水・・・と畳み掛ける困難に、
幾度となく投げ出しそうになったはずなのに、
顔で笑って心で泣いて・・・すごいわー。久しぶりに一気読みした。

ロワールでもずいぶん前からビオディナミでやっていこうとする
生産者が増えてきている気がします。
ビオのワイン・・・ちょっとお高いイメージ。
でもね・・・高いって思えるものにはそれなりの理由がある。

手間暇かかるし、収量は多くないし・・・
日本にやってくるころには、まあまあいいお値段になっていたりするのです。

ワインを販売する仕事に携わるようになって、ようやく
「高く思えるワインにはそれなりの理由がある」としっくりきています。

昨年来日されたクロー ド ネルもその一つ。


現当主クリスチャン・ジャック氏とワインメーカーシルヴァン・ポタン氏

ロワールでビオディナミを志した最初のオーナーが経済的に立ち行かなくなり
何とかその畑を守りたい!と手を差し伸べたのがアンヌ・クロード・ルフレーヴ。

あれ聞いたことある?そうここで出てくるアンヌ・クロード・ルフレーヴは
ピュリニー・モンラッシェの大御所、ドメーヌ・ルフレーヴの
アンヌ・クロード・ルフレーヴその人。
残念ながら3年前に亡くなられているのですが、
その彼女の遺志を継いで今なお輝き続きているのがクロー ド ネル

宜しければその時のブログをご覧ください<(_ _)>
アンヌ・クロード・ルフレーヴが愛し、遺したクロー ド ネル

で、昨年いらした時に、ロワールならではのシュナンブランを
どうしても造りたい!!と言われていたのが

クロー ド ネル IGP デュ ヴァル ドゥ ロワール シュナン ブラン[2015]白

昨年2014が初リリースだったはずですが、すぐに売り切れてしまったようで
まだ私も飲んでいない・・・っ!
急いで手に入れなくっちゃ。

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます
よろしくお願いいたします。