今週の≪買い占めたいワイン!≫ (^O^) アリル

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s  受注担当 です。

中川ワインさんの試飲会へ出かけてまいりました~
どれもこれも全部紹介したいものばかりだったのですが、
中でも心惹かれたワイン、買い占めたいワインは
アリル カベルネソーヴィニヨン エステート ナパヴァレー[2012]

実はこのワイン、私たちが試飲をする前から
「美味しかったからもっと入れて!」と耳の早いお客様から
たくさんリクエストをいただいてました。

もう、もう、それだけで・・・気になるーーーっ!

凝縮感、力強さは流石ナパのカベルネ・ソーヴィニヨン。
さらに複雑性があり、タンニンは滑らかで優しい。
今も飲み頃といっていいけど、
2012年というグレートヴィンテージは長熟を予感。

税込価格が9,180円なので、ええ値段やーーーーーんっっ!!
と思ってしまうのですが、それでもやっぱり買い占めたいっ。
アメリカ現地価格125ドルが
ワイナリー廃業のため、まさかの大特価なのですって(*^_^*)

買い占めたいけど、お勧めもしたいという超ジレンマな1本

アリル カベルネソーヴィニヨン エステート ナパヴァレー[2012]

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます

知っている人は知っている(^^♪ でもみんなにお知らせしたい!スリースティックス

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s  受注担当 です。

昨日 WINE KANSAI 2018 へ出かけてまいりました。
ワインに携わる者だけが参加できる催しで、約70社が出展されていました(^O^)

ブーススペースが限られているので、インポーターさんたちも
お薦めの中のおすすめを持っていらしてたのです。

なので、知っているインポーターさんは
≪Jさん!これこれ!!≫と、つかまり放題・・・

中でもリエゾンの河井さんがにこにこと手に持っているワイン
スリー スティックス シャルドネ デュレル ヴィンヤード[2016]

にやられてしまいました(@_@。

ここスリー スティックス はピノが有名。
なんと!本日の試飲分はなくなっていました・・・
シャルドネも・・・おいしーーーーーっ
な、なにーーーっ???このエレガントさ、でも厚みもあって
口に含むとオレンジ・ヘーゼルナッツのふくらみを感じ
ああ、なんて幸せ・・・

スリースティックス
日本に入ってくる数も少ないのですが、入った途端に売り切れてしまうワイン。
メールマガジンに掲載したら、問い合わせ殺到・・・!な
知っている人は知っている激レアなワイン。

2014年からはソノマで「ピノの代名詞」と謳われる
ボブ・カブラルをワインメーカーに起用。

優良畑の一つ、デュレルやギャップス・クラウンを始めとする
所有自社畑から20ものブランドへ葡萄を提供し、
いずれも高評価なワインを生み出しており、
その中でも最も優れた葡萄が造られる区画を選び、
スリー・スティックスを生み出しているのです。

スリー スティックス

≪是非お客様へのご案内よろしくお願いします!≫って言われたけど・・・
ブログやメールマガジンにあげた途端なくなりましたって言わない?

≪今回は大丈夫です。また来月少量ですが入ってきます!≫
それに、オンラインワッシーズでも
いつもより多く確保したしな(^O^)

とはいえ、数が少ないことには変わりはありません。
売り切れ前に手に入れてくださいね!

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます

 

お見舞い申し上げます<(_ _)>

オンラインWassy’s受注担当 です。

この度の台風24号により被災された皆様に
心よりお見舞い申し上げます。

また、私どもの浜松にあある出荷センターが停電となり、
本日10月1日の出荷が行えず
大変ご迷惑をおかけしております<(_ _)>

地震、台風、大雨・・・自然災害とはいえ、
畳み掛けられるこの状況は堪えます。

自然災害だから仕方がない・・・仕方がないことなんだけど、
1日も早く元の生活に戻れるよう願います。

そして私たちもみなさまへ元気をお届けできるよう努めます!!

 

ブログの応援、ぽちっといただけると元気がでます

 

驚きの美味なオレンジワイン(^O^) サトウワインズ

オンラインWassy’s受注担当 です。

先日サトウワインズの佐藤さんがワッシーズにいらっしゃいました。
ニュージーランドでワインを造っている日本人のひとり。
今は8人くらいいるけど、僕が始めたころは3人だった・・・とぽつり。
先駆けでいらしたのです。

先駆けってやはりいろんな苦労を伴うものですが、
佐藤さん然り、でもいつもやるべきことをひとつひとつクリアしていく。
その真摯な姿勢はお目にかかるたびに
こちらもぴっと背筋が伸びる・・・そんな佐藤さんがつくるワインは
やっぱりまじめなのです。

これまでは畑を借りて、そこで育てたブドウを使って
ワインを醸造されていたのですが
いよいよご自分の畑を手に入れられたそう。

セントラルオタゴには変わりないけど、標高が300~350mと高い東向きの畑。
ここを選んだのはやはり理由があります。

ニュージーランドのセントラルオタゴでは日中の寒暖差が激しく
従来の生産では
ジューシーで厚ぼったいピノノワールができがちだと思っていたそうです。
その解決策として、高いところで生産するという選択。
勿論、好みはあるのでその従来のピノノワールが良いという方もいらっしゃる。
かくいう佐藤さんの奥様もその方がお好きだそうです。

そして東向きの畑に拘ったのは、
北向きの緩やかな斜面はアサヒは浴びるけれど、
日中の暑い光は浴びないでいられるということ。
とにかく日中の光はとても強い。

さて、その畑はぶどう以外の作物からの転換というわけではなく、
一からの開墾。
そしてその畑の中にはワイナリーも建設されています。
地中からは岩がごろごろ、合計800トンも出てきて、
思っていたよりコストがかかったこと、
スムーズに交渉が進まなかったことなどなど・・・
大変な労力であると思うのです。

新しい畑からの待望のリリースは2019年ヴィンテージから。
今までやってきたことが実を結ぶヴィンテージ!!
と力強く語っていらした佐藤さん。
すごくすごく楽しみです\(^o^)/

さて、今回は短い時間で無理をきいていただいていたので
ピノグリに特化したミニセミナーでした。

試飲はピノグリとピノグリを使ったオレンジワインの比較。

サトウ ピノ グリ S[2016]
ピノグリは個人的にも大好きな品種の一つで、
肉・魚問わずいろんな料理に合わせやすいと思っているのです。


サトウ ピノ グリ ラティピック S[2016]
オレンジワインって少し前からよく耳にするけど、
どんなワインかご存じですか?
果物のオレンジでできたワイン?
いえいえ、オレンジワインは
≪白ブドウを赤ワインと同じ方法で醸造したワイン≫です。
つまり白ブドウを果皮や種子と一緒に時間をかけて醗酵させたものです。
この時間をかけて・・・というのが大切で、
その間にゆっくり果皮の色がでたり、
熟成していくうちにオレンジワインと言われる所以の色に仕上がっていきます。
色の濃淡は様々。

白ワインのシュールリーのような複雑さ、それが旨みとなって
好きな人にとってはそれはそれは堪らない魅惑のオレンジワイン。

とはいいつつ、苦手な人がいるのも事実

サトウさんのオレンジワインは???
ピノグリの果皮の色が上品に移り、
味わいは驚くほどエレガント。

フレッシュでイキイキとした酸、
ドライほど凝縮されていないけどアプリコットの甘みを楽しみながら
後に残るやわらかな塩味。
もともとピノグリは料理を選ばないなーと思っていたけど、
このオレンジワインはさらにカジュアルからフォーマルまでいける!!
是非試していただきたい1本。

サトウ ピノ グリ ラティピック S[2016]

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます

 

オマール 家で料理してみました(^O^) 相棒はフリーマークアビー♪

オンラインWassy’s受注担当 です。

週末、突然夫が買ってきたカナダ産のオマールエビ。
スーパーで売っていたんだって。

めちゃめちゃ元気で
ハサミにはゴム止めをしてあったにも関わらず
パックのラップを思いっきり破っておりました。

こういうのは下手に素人が手を加えるより
簡単な調理法が良いのだ!
蒸してマンゴーソースでいただくことに。

合せたワインはフリーマークアビー のヴィオニエ

なかなか贅沢です

フリーマークアビーのワインは
飲むたびにその洗練された味に驚きを感じるのです。
デイリーではなく、特別な日にあけたいワイン。

で、今日は記念日・・・というわけではなかったけど、
オマールエビを料理した特別な日

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます

樹齢100年超え(@_@) 驚きの“スリー”

オンラインWassy’s受注担当 です。

先日布袋ワインズさんの試飲会に行ってまいりました~(^^♪
シャトー・モンテリーナ
シェーファーロキオリクラインセゲシオなどなど
オンラインワッシーズでも
人気のワインを取り扱っていらっしゃいます。

いろいろおすすめはあるのですが、
クライン・セラーズ創業者の弟マット・クライン氏が立ち上げた
TEREE スリー
が今回ニューリリースとして大注目

場所はオークレイ。内陸部でも比較的冷涼なエリアです。
ジンファンデルやマタロ、プティットシラー、カリニャンなど
カリフォルニアの歴史そのものと言える自根の古木に拘る。
旨み、凝縮感がそのままワインにあらわれ、
そしてバランスの良いワイン。
それがマット・クライン氏のこだわり。
樹齢は100年超え。
何ともスケールの大きな話です。

Jイチオシは
スリー オールド ヴァインズ ジンファンデル コントラ コスタ カウンティ[2015]
しっかりどっしり凝縮感。嫌みのない果実の甘みがほどよく
ジンファンデルってこんなに美味しかった?って
あらためて思うはず。

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます

簡単手抜きの料理にも・・・ボーグルがあれば最強\(^o^)/

オンラインWassy’s受注担当 です。

もう8月も終わろうとしているのに、ホントに暑い(@_@。
ワタクシ料理は好きなはずなのですが、
こう暑いと火を使う料理はいやだなーと思うのです。
でもお腹はすくしね。

最近は切って和えただけ・・・とか
パスタもゆで時間短いからと細い麺が多い。

でもナポリタンは太麺が良かったかなーー
まるで焼きそばのような見てくれです。

合わせたワインは
ボーグルヴィンヤードのシャルドネ

冷やし過ぎず、こっくりしっかりのシャルドネは
トマトとアボカドのサラダやにんじんサラダは勿論
ナポリタンにだって合う!!最強なのです。

私のブログによく出てくるボーグルですが、
2000円前後の商品がほとんど。
この味わいで、この価格???ってびっくりすること請け合いです!

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます

「口福」は「幸福」(^^♪ ガーギッチとドルーアン

オンラインWassy’s受注担当 です。

せんだってスープルのオマールランチをいただいてから、
「一緒に働いているスタッフにも是非味わってほしいなあ~」
と思っていたのですが、
お盆休み中にそのチャンスがやってまいりました。
一緒に行ったのはスタッフ フジイ(^^♪

ぷりっぷりのオマール、
前菜も付け合せもとても手が込んでいて
目にも美味しいお皿たち。
2回目だけど、やっぱり感動・・・

一緒に行ったスタッフもしばし幸福に浸っておりました。

そんなオマールに合わせたワインは
オンラインワッシーズでも取り扱いをしている
ガーギッチ・ヒルズ シャルドネ ナパ・ヴァレー[2014]

そしてドメーヌ ドルーアン オレゴン ピノノワール[2015]

いやー赤ワインもいける(^O^)

オマールエビでしょ?合わないんじゃないの?
なんて声が聞こえてきそう・・・
心配ご無用。是非試していただきたいでーーーす。

天王寺界隈のお散歩がてら、
大阪四天王寺のスープルへ是非オマールランチを食べに来てください。
その美味しさと内容に、絶対びっくりしますよ。

ご予約はこちらから
ワッシーズダイニング スープル

ワッシーズ ダイニング スープル
06-6774-9000

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます

心惹かれるロワールの白・・・サンセールとミュスカデ

オンラインWassy’s受注担当 です。

オンラインワッシーズは大々的に
カリフォルニアとニュージーランドを謳っておりますが、
フランスワインもあります。

もちろん試飲会も定期的に行ってますよ~
一昨日ヌーヴェルセレクションさんの
ロワール & サヴォワ
の試飲会に行ってきました。

ここしばらく、ずーーーっと暑くて暑くて・・・
そんな時には手軽な白ワイン。

サンセールミュスカデを飲みたくなる。

サンセールはソーヴィニヨンブランを使った
きりっとドライでかつエレガントな味わい。
同じソーヴィニヨンブランでも
ニュージーランドの青草やハーブ満喫とは全然違う。

ミュスカデはムロンドブルゴーニュというブドウからつくられる、
フルーティで酸味すっきり爽やかな辛口。

ブルゴーニュやボルドーほど有名ではないので、
その分価格も抑えられているのかな。
ランチや休日の午後の一人飲みなんかに
ぴったりだと思うのです。

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます
よろしくお願いいたします。

≪ボウシ旨いやんっ!≫(^O^)(^O^)  ロングシャドウズ

オンラインWassy’s受注担当 です。

昨日はオルカインターナショナルさんの試飲会。
100種類強のワインがずらりと並ぶ中、たくさんの人人人・・・。
相変わらずの盛況ぶり。

オルカインターナショナルさんのワインは、
オンラインワッシーズでも大人気ですからね。

ぎゅうぎゅうの人の中、

ロング シャドウズ のあたりまでたどり着いた頃、

≪ボウシ旨いやんっ!≫ ≪安いしな!≫ (^O^)(^O^)
と聴こえてきました。

ちょうどJが手にとろうとしていたボトル、
ナインハッツのことね\(^o^)/
ラベルに帽子が9つ並んでいるかわいいデザイン。
4000円前後で質の高い美味しいワインたちが揃っているのよ~
≪ワタシも美味しいと思う≫
と思わず言ってしまった(*^_^*)
知らない人だったけど・・・

数量が少ないので、見つけたら是非手に入れてほしい。

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます
よろしくお願いいたします。