巨漢に挟まれるワインメーカー

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの専門店、
オンラインWassy’sの副店長サトウです。

 

今回は、バイロンのディナー会に参加してまいりました。

生産者にお会いすると、必ず写真をとるのですが、
今回はワインメーカーのジョナサン・ナギーさんとの3ショット。

 

バイロン
記念に、ワッシーズでは、私と1,2位の巨漢を争う
ショップスタッフのカイ君も一緒に記念撮影です。

言わなくてもわかるかと思いますが、1位は私です。

ジョナサンさんは細身で、
しかも僕ら二人は一歩前にでているので、
遠近法によって、大きさがさらに、目立っているような(笑)

 

さて、バイロンは、
カリフォルニアのサンタバーバラ/サンタマリアヴァレーに本拠地を
構えていて、サンタバーバラで最高の畑からピノノワールを造ることを目的として設立されました。
サンタバーバラにおいては、高品質なピノノワールを生み出したパイオニア的なワイナリーです。

今回、お会いしたワインメーカー ジョナサン・ナギー氏の
ワインのキャリアは、ロバート・モンダヴィからスタートしたそうです。
その後、カンブリア(ジャクソンファミリー傘下)、
そして、現在のバイロン(ジャクソンファミリー傘下)
で働いています。

バイロンに、2001年入社当初は、ロバート・モンダヴィ傘下でしたが、
その後、ジャクソン・ファミリーに買収されたそうです。

ジョナサン・ナギー氏にとっては、カンブリアに続き
ジャクソン・ファミリーなので、縁があるねなんて話をしていました。

 

バイロン

 

今回、6つのワインを試飲しましたが、どれもおいしかったですよー♪♪
下記は、あくまで個人的な感想です。

■バイロン サンタバーバラ シャルドネ[2013] 2,419円(税込)
https://winestore.jp/fs/wine1227/ULBRB13

果実味にフォーカスが当てられたワインで、
リンゴなどしっかりとした果実味を強く感じ、タルの控えめだと感じました。
フレッシュ感もあり、酸も心地よいです。

 

■バイロン ニールソンヴィンヤード シャルドネ[2012] 4,147円(税込)
https://winestore.jp/fs/wine1227/ULBRD12

自社畑ニールソンのシャルドネ。
畑の中でも、高品質なブドウが収穫できるWenteBlockという区画のブドウも
使っています。味わいは、サンタバーバラ シャルドネにくらべ、
よりリッチで複雑な味わいです。柑橘系やリンゴなどの果実味もしっかりあり、
樽からの香りも強く感じられました。

 

■バイロン サンタバーバラ ピノノワール[2013] 2,851円(税込)
https://winestore.jp/fs/wine1227/ULBRA13

サンタマリアヴァレーとサンタリタヒルズで収穫されたブドウをブレンドしています。
チェリー、赤ベリーなど赤い果実味を強く感じられ、フルーティな味わいです。
熟成のときの新ダル率は6%で、あとは4~5年の古タルをつかっているので
樽の香りは、控えめです。

 

■バイロン サンタマリアヴァレー ピノノワール[2013]

日本へは未入荷のワインです。
サンタバーバラ ピノノワールにくらべると、より凝縮感、複雑味があります。
ブドウも、サンタマリアヴァレーを代表する
サンタマリアヴァレーを代表するビエンナシード、シエラマドレ、ジュリアスと
自社畑ニールソンの4つの単一畑のブレンドです。

日本に入荷されていないことが残念な1本でした。

 

■バイロン ニールソンヴィンヤード ピノノワール[2012]  4,536円(税込)
https://winestore.jp/fs/wine1227/ULBRC12

■バイロン ニールソンヴィンヤード ピノノワール[2013] 5,677円(税込)
https://winestore.jp/fs/wine1227/ULBRC13S

自社畑ニールソンのピノノワール。このワインは、
2012年は温暖な年で、2013年は涼しい年だったそうで、その違いが
ワインにも、はっきりと表れて面白いなぁーと感じた2本でした。

2012年は、黒系の濃い果実味があり、パワフルでリッチなワインで、
カリフォルニアワインに求めるものが詰まったワインのように思います。

逆に、2013年は、凝縮した赤い果実味、複雑味、しっかりとした酸味もあり、
しいて言うなら、エレガントなワインだと思います。カリフォルニア ピノの
また違った一面を見せてくれるワインだと思いました。

 

 

どれも、おススメできるワインだと思いました。
バイロン、まだ飲んだことないよーという方、この機会に是非、一度お試しくださいませ。

 

P3253051_3
本日も最後までご覧いただき、ありがとうございます。

ランキングボタン、ポチッとお願いします。

[ハダノリ現地レポ]サンタバーバラのワインテイスティング

前回の記事の続きで、サンタバーバラのテイスティングに突入

20150915-15

↑こんな感じの試飲会です

 

20150915-09

フォクセン。ランチも隣でご一緒しました。

 

20150915-10

ベンジャミンシルバー。今wassysでも売ってます!
うちのワイン売ってくれてありがとう。とチョコレートいただいた(嬉)

20150915-11
日本未入荷 JWILKESコスパよし!

20150915-12

マージョラムのダグと。wassysの皆んな元気かーい。て。

 

20150915-13

ペンス。エレガントでした。

 

20150915-14
メルヴィルは安心の美味しさ

 

20150915-16
ロンゴリア。これも最近wassys取り扱い始めました。
穏やかな朝ダンディなワインメーカーさん。

20150915-17

ここも、日本未輸入。マルヴァジア100パーセントが美味しかった

20150915-18
Trancedanceの奥様は鹿児島に2年住んでたそうです。

20150915-19

はい、オーボンクリマ。ジムはいまイギリスだそう。
wassysの話はよく聞いてるよーと。話してくれました(≧∇≦)

 

ここで、知った顔が、、、、
タイラーだけじゃなく、もちろんスターレーンディアバーグのジャミンさんも来てたーーー。
(昨日から知ってましけど(笑))

(↑なんと、ずっと話してただけで写真とれない大失態)

あとは、マージョラムのダグにも会えてよかったですーーー(^。^)
サンタバーバラのテイスティングをして、すごーーく思ったのは、
おなじみサンタリタのピノノワールでもワイナリーによって全然味わいが違うという事。

これ、ホンマに面白かった!
あと、個人的にはグルナッシュが面白かったですーーー。

20150915-20

ランチはビッッフェなので、好き嫌いなし!

20150915-21

さて、次はパソロブレスいくよーーん。

[ハダノリ現地レポ]サンタバーバラのワインの特徴って?

サンタバーバラ2日目 (長文ですよん。ハダノリ本気出しました(≧∇≦)
朝一番はフェスパーカーのワイナリーです。

20150915-01

スターレーンのタイラー(左)
スターレーンのタイラーさん(左)とフェスパーカーのブレアさん(右)

まずは、ミニセミナー。

講師はフェスパーカーのブレアさんとスターレーンのタイラー!!
(去年の10月に出会って以来今年の春と今回の1年で3回も会えましたー(^^) 収穫で忙しい中嬉しいねー)

 

フェスパーカーのヘッドワインメーカーブレアさんは、サンタバーバラ生まれ、

UCデイヴィス卒業後、今では12年間フェスパーカーで働いているそうです。

一方wassysの皆さんにはおなじみ(?)スターレーンのタイラー

ワイン飲むのが好きだからワインメーカーに、なった。
なんてみんなには自己紹介してますが、(笑)

UCデイヴィス卒業後ニュージーランドに行き、そこでワイン造りの素晴らしさに出会い、
フランスやアメリカのHdvなどで働いたのち、ソノマの小さなワイナリーでパーカー高得点を叩き出し、
スターレーンの熱烈なアピールの後にその2年前にスターレーンディアバーグのワインメーカーに就任しました。

 


 

<サンタバーバラの各地の違い>

10年余りナパで働いていたタイラーからすると、サンタバーバラという場所はとてもユニークですばらしい場所だと言えるそうです。

なんといってもカリフォルニアのワイン産地で唯一の山脈が東西に走っていて、どのサブリージョンでも海の影響を受けやすく冷涼。
とくにサンタリタ、サンタマリアは冷涼で ピノノワールやシャルドネのすばらしい産地です。

そして東のサンタイネズに行くと、気温はあがりシラーなどのローヌ品種やボルドー品種がよく育ちます。

さらに内陸部ににはハッピーキャニオンがあり、ここがスターレーンの本拠地。
サンタバーバラ内では最も温暖で、すーーーーばらしいボルドー品種が出来るのは皆さんにはご存知(^_^)

土壌や、気候のコンビネーションからみても、
ハッピーキャニオンはボルドー品種のドリームランドとも言えます。

 

ここで質問!
25年前にサンタバーバラに来た時、自根でぶどうを植えているといっていましたが今もそうですか?

答え:ハッピーキャニオンのスターレーンでは今でも自根で植えています。
自根のぶどうと接木したぶどうの違いは(タイラーの個人的な意見としては)若い樹でも年齢を追った古木のようなキャラクターを見せるということ。クラッシックなボルドーのアロマと、ニューワールドの果実味ゆたかな柔らかい骨格をもっています。
スターレーン以外でサンタバーバラで自根で作っているのは他にはひとつくらいしかないそうです。

ちなみにディアバーグのではピノノワールは自根ではありませんが、フェスパーカーにはまだ自根のぶどうが残っているそうです。

2015年のサンタバーバラはめーーーーっちゃ収穫が早かった!

もうフェスパーカーではすでに80パーセントの収穫を終えてます。
場所によっては7月の末から収穫がはじまり、通年よりも1ヶ月も早いんだそうです。

それって良い事なの?

とそれぞれのワイナリーさんに質問してみましたが、皆さんにはおっしゃるのはとにかく収穫量が少なかった。ほぼ半分。花がなる時期に寒く強い風がつき、うまく結実しなかった。その後ずっと順調にシーズンはすすみ果実のの数が少ないまま、暖かい夏を迎えたので、自然と成長が早くなったみたいです。

ハンギングタイムが通年よりも短いので皆さんには生産者は心配したのですが、実際に収穫時になってみると、ぶどうの質が驚くほどよく、『実はハングタイム(成長が時間)て言われてるより短くてもいいんじゃないの?』と思ったくらいだそうです。

これは、神様が早く収穫が終えてます休みましょう。そして雨を降らしましょう!と言ってるのよーー。と皆さん言ってました(サンタバーバラはも4年連続の水不足!!
その後、フェスパーカーの畑をチラ見(笑)↓

フェスパーカーの畑
フェスパーカーの畑


この樽ひとつで800から1000ドル。今年は600樽購入
この樽ひとつで800から1000ドル。今年は600樽購入

したあとは、ワイナリーで発酵途中のシラーを見学。

シラー発酵中
シラー発酵中
シラーの果実
シラーの房

 

これ、樽出しワインとして売るそうです
これ、樽出しワインとして売るそうです

 

今、カリフォルニアでは、この樽出しが流行ってるんだってーー。
今、カリフォルニアでは、この樽出しが流行ってるんだってーー。

そして、サンタバーバラのテイスティングに突入です。
次の記事へ続きます

本日カリフォルニアワイナリー訪問本格始動!

ハダノリ@カリフォルニア2日目です!

20150915-2

↑今いるのはこのへん。

 

昨日の夜はやっぱり2時過ぎまで、ねれないーーーっ!でも寝たい~~

と苦しみました。とはいえ、 今朝はすっきり起床です。

 

20150915-1

サンタバーバラの街中のホテルを出て、フェスパーカーに向かいます。

朝セミナーの後、サンタバーバラテイスティングです。

テイスティングにはスターレーンのジャミンさんも行くよーー。
と連絡ありました。

楽しみ~~。

横から制作クロカワです

ジャミンさんは、スターレーンディアバーグの奥様♪
店長ハダノリは何度もお会いしているし、今年6月にはワッシーズにも来ていただたばっかりなのです

今日からワイナリー訪問は本格始動!
お留守番スタッフも楽しみにしていまーす!

さらに、店長ハダノリの秘密のお土産ワード♪企画
の1個目のキーワードが発表されております!→コチラのブログ

抽選でハダノリからお土産をプレゼントいたしますので
本店会員様は、お買いものの際備考欄にキーワードを記入くださいませ

アメリカの若者はアルコール離れしてないらしい。

ハダノリ@サンタバーバラです。

一時間で、ファンクゾーンと言われる、かっこよいエリアを回りました。
(1時間でまわるにはホンマに勿体無いステキなエリアです!どこもお客さんであふれてました(^O^)

20150914-26
ここは元々は海洋産業ばかりがあった地域。
サーフショップや、船の修理屋さんや、なまこ干物屋さんなど、

20150914-27

20150914-28

そこに、今はアートショップやワイナリーテイスティングルームが集まって、若者をあつめるプロジェクトなんだってーー。

20150914-29

20150914-30

20150914-24

20150914-25

20150914-21

20150914-23

20150914-22
ちなみにサンタバーバラのワイン業界ではvalleyprojectというのを始めていて、
サンタバーバラと一口にいっても小さい地域ごとに大きな違いがあるんだよーー。
というのを発信してるんだそうです。

20150914-33

20150914-31

20150914-32
明日はもっと詳しくサンタバーバラを学びます。今日はみんな時差ぼけなので、控えめに(´・_・`)

20150914-20

 

 


 

追記です。サンタバーバラは本当に若者であふれてました。
かなりびっくり

日曜日ってのもあったと思いますが、どのレストランもバーもすごかった。

ワイナリーのテイスティングルームでDJがいて、まわしてるんねん。

そんなHIPな事するのワシントンのKヴィントナーズ(チャールススミス)くらいかと思ったら、ここもそうなんですねーー。大学生の町ぽい感じ。

最近のアメリカのワインメーカーさんもマーケティングの人もこの頃は若い子たちがワインを飲む。って言ってました。

日本の若者のアルコール離れから考えると信じられなかったけど、ホンマでした。いいなーー。うらやましい。

日本ももっと若い子たちがワイン飲んでくれへんかなーーー。(ハダノリは学生時代からワイン飲んでた。てかバイトしてた。)

 

だから、ワインメーカーもワイン初心者向けのワインを作る必要がなく、好きなものを作れるんだそう。
で、マーケティングとして、ちょっとかっこいい、(スタンダードにはなかった)ファンキーなラベルつけたり、SNSをがんがん活用したりするんだそうです。

 

なんかいいなーー。楽しそう