【ドルーアン研修ばなし】シャブリをたどる

 

オンラインWassy’sのフジイです。

 

「シャブリ」。
ワインの中では、かなりの人が一度は飲んだことがあるか
聞いたことがある、と言っていいくらいの知名度だと思いますが、
今回の研修きっかけで驚いたことの一つ。

 

今のシャブリ人気の礎を築いたのは、
なんとジョセフ・ドルーアンの先代社長ロベール・ドルーアン氏だったそうです。

 

シャブリでは、昔からワインが作られていて、
シトー派の修道院によって発展したぶどう畑は
4万ヘクタールほどもあったそうです。
ちょっと想像できないですが……、
ちなみに、東京ドームは約4.7ヘクタールとのこと。

 

そこで作られるワインは、主にパリで日常的に消費されていましたが、
フィロキセラやベト病、戦争などの影響で荒廃した畑は、
1950年頃には、550ヘクタールほどまでに減ってしまっていたそうです。

 

歴史に詳しくて、シャブリの土地のポテンシャルを確信していた
ロベールさんは、自ら操縦する(!)飛行機で空から眺めたり、
昔をよく知る人に土地の所有者を1人ずつ聞いて回ったり、
古い地図を見ながら調査を始め、
少しずつ畑を買い求め開墾していったそうです。

 

そして、旅行が好きなロベールさんは、
できあがったワインを旅先で紹介し、
「シャブリ」の名前が広まったんだそうです。

 

今のシャブリ人気のきっかけとして
ドルーアンが関係していたということにも驚いたのですが、
ロベールさんが自分の確信を元に重ねた努力に驚きました。
調査開始から、畑を購入するまで8年ほど。

 

そう言えば、いち早くアメリカ・オレゴンの地に可能性を見出して
ワイナリーを開いたブルゴーニュ生産者の先駆者でもあるロベールさん。

 

「先見の明がある」というとひと言で終わっちゃうんですけど、
確信を下支えする経験と知識と努力。
きっとロベールさんにとっては「努力」ではないのかもしれませんね。

 

残念ながら、今回の研修でロベールさんにお会いすることはできませんでしたが、
自然に「また会いたい」と思ってしまうほど、魅力的な方なのだそうです。
いつかお会いしてみたいなぁ…と願っています。

 

ちなみに、シャブリの人気もあいまって多くのワイナリーが進出し、
現在のぶどう畑は、5,400ヘクタールほどあるそうですが、
シャブリの特徴であるキンメリジャン土壌の畑は1,500ヘクタールほどしか
ないんだとか……。

 

ドルーアンの畑は、ロベールさんが選びに選んだ38ヘクタール。
磯の香りや塩味を感じられる、今の季節にピッタリの「シャブリ」。

 

■メゾン ジョゼフ ドルーアン ヴォードン シャブリ レゼルヴ ド ヴォードン[2015](750ml)白

2015年はとても暑く、酸を活かすために収穫を少し早めたのだそうです。
はつらつとした酸とミネラルとともに感じられる、ふっくらとした果実味。
しかも、畑はプルミエ・クリュの中でも評価の高い
モン・ド・ミリュ、モンテ・ド・トネールの少し上にあり、
日当たり良好なとても良い畑だそう。
ぜひ、味わっていただきたい1本です。

 

【実証】シャブリ名物ビスケット

 

オンラインWassy’sのフジイです。

 

仏・ジョセフ・ドルーアンのワイナリー研修から
帰ってきました。

 

現地での充実した日々の余韻に浸っていましたが、
しばらくしてやってきた時差ボケと梅雨の重苦しい湿気で
この1週間、ぼんやりどよんと過ごしてしまいました。

 

先日の受注Jのブログにあったように
お土産として買って帰った
シャブリ名物のビスケット。
(※写真の左側はお茶です。)

 

シャブリの街中のとある1件のパン屋さんで
売られているものです。

 

シャブリにつけて食べたりする…
とのことだったので、実際にみんなでやってみることに。

 

一緒に試したスタッフは、
「別々でもおいしいんちゃう……」
「まぁ、あえてシャブリにつけんでもいいかなって感じ……」
など、ツレナイ感想。

 

私は、美味しくいただきました。
ビスケットの甘さがワインの酸味で
甘ずっぱく軽くなる感じ。
しっとりするから口の中がモサモサしないし。

 

けど、たしかに、このビスケットじゃなくてもいいのかも知れない……。
興味のある方は、一度、チャポンと試してみてください。
その前に、シャブリがもったいなくて飲んでしまうかもしれませんね。

 

シャブリに合う料理・・・(^O^)

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s  受注担当 です。

フェイスブックをご覧のみなさまはご存じでいらっしゃると思うのですが、
先週はオンラインワッシーズの姉妹店、
ワインストアワッシーズ青木がフランスへ研修に行っておりました。

シャンパーニュ、ブルゴーニュ、ロワールと駆け足でありつつ
濃密な時間をすごしたであろう青木のお土産話が楽しみです。

中でも、シャブリのセルヴァンさんはワッシーズにもいらしたことがあり、
Jもセミナーに参加したことがあるので、とても親近感をいだいております。

親日家で日本食が大好きなセルヴァンさんは
≪納豆はグランクリュに合うよ~≫とおっしゃる・・・。
チーズなどと同じように捉えられているのかもしれません。
まだ試していないけれど、合せたことがある方は、お知らせください。
是非感想をお聴きしたいでーーす

シャブリはどんな料理に合うのかということについてはセルヴァンさん、
ミネラルを感じることも多く魚。シンプルなシャブリには、シンプルな魚料理があうとのこと。
牡蠣とのベストマッチングは有名ですね。

フランス料理のシンプルな魚料理ってなんだろうな。
スタッフ青木を質問攻めにする気まんまんのJです。

ブログの応援、ぽちっといただけると元気がでます。ぺこり

シャブリジェンヌの名物おじちゃんに出会った(^○^)

カリフォルニアワインとニュージーランドワインのオンラインWassy’s  受注担当 です。

そろそろインポーターさんの試飲会が始まる季節。

一昨日、早速モトックスさんの試飲会へ行ってまいりました。

モトックスさんは取扱商品も多いので、ニューワールド、フランス、イタリア、スペイン・・・

的を絞って回らなければホント1日かかってしまう。生産者さんも大勢いらっしゃいます。

私は今回お客様からお問い合わせをいただくことが多かったフランスと

気になるニューワールドをみてきました。

ブルゴーニュのコーナーで

シャブリジェンヌ のグランクリュがずらりと並んでいるのを発見!!

≪お!これはお客様のリピートが多いワインだなー。試飲しなきゃ・・・≫と

傍に寄っていくと・・・シャブリの地図のから、ぴょこんと人懐こい笑顔のおじちゃまが(^○^)現れたのです。

IMG_0717

この方、シャプリジェンヌのアンバサダー エルヴェトゥッキさん

シャブリジェンヌの名物おじちゃんらしい・・・。

シャブリが本当に大好きっといった感じで、それは熱く語ってくださいました。

(お父様もこの会社で働いていらっしゃったそうです。親子2代同じところで働くって、すごいなあ)

IMG_0714

並んでいるのは右から

■ラ・シャブリジェンヌ シャブリ グラン・クリュ ブーグロ[2011](750ml)白
定価:\8,316 (税込)のところ20%OFF価格:\6,160(税込\6,652)

■ラ・シャブリジェンヌ シャブリ グラン・クリュ レ・プルーズ[2012](750ml)白
定価:\8,316 (税込)のところ20%OFF価格:\6,160(税込\6,652)

■ラ・シャブリジェンヌ シャブリ グラン・クリュ ヴァルミュール[2011](750ml)白
定価:\8,316 (税込)のところ20%OFF価格:\6,160(税込\6,652

■ラ・シャブリジェンヌ シャブリ グラン・クリュ レ・クロ[2013] (750ml)白
定価:\8,100 (税込)のところ20%OFF価格:\6,000(税込\6,480)

■ラ・シャブリジェンヌ シャブリ グラン・クリュ ブランショ[2011](750ml)白
定価:\8,316 (税込)のところ20%OFF価格:\6,160(税込\6,652)

■ラ・シャブリジェンヌ シャブリ グラン・クリュ グルヌイユ CH.グルヌイユ[2010](750ml)白
定価:\11,880 (税込)のところ20%OFF価格:\8,800(税込\9,504)

グランクリュでこの安定した価格はお得感あるかな。

特筆すべきはシャブリで唯一シャトーを名乗れる≪シャトーグルヌイユ≫

グランクリュの8割をシャブリジェンヌが所有しているそうで、

クルヌイユ と言えば シャブリジェンヌと言われるほど。

シャブリにシャトーって違和感あったのですが、

ちゃんとフランスの法律にのっとった表記(大きさと伺いました)なのですって。

ミネラル感、香りはフレッシュな果実や華やかな花。でも決して主張しすぎない。

バランスよく、エレガント。長い余韻にシャブリの奥の深さを感じます。

お客様がリピートしてくださるのがわかる気がする。

IMG_0719 一緒に写真も撮ってくださいました・・・(^O^)照れっ

ブログの応援、ぽちっとお願いいたします。おじぎ

シャルドネの底力~ シャブリおいし~\(^o^)/

カリフォルニアワインとニュージーランドワインのオンラインWassy’s
受注担当です。

今日は、フランスはブルゴーニュ シャブリからドメーヌセルヴァンがワッシーズにご来店。

ラッキーなことに受注Jはランチセミナーに参加させていただきました(^○^)

笑顔がステキで、お茶目なセルヴァンさん

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

シャブリと言えば・・・

ワインをまだそんなにたくさん飲んでいなかった頃、知っているフランスワインは

ボージョレーとシャブリだけだったなあ・・・(-_-;)

それはまた別の話。

さて、今日試飲をさせていただいたのは3種。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

どのワインもこの暑い季節にはぴったり。フレッシュで爽やか。ミネラルを十分感じます。

≪シャブリ・レ・バルグ2012≫
3本の中では一番さっぱりとして、フレッシュ。レモンの香り。スクリューキャップです。
セルヴァンさんにとっては特別な思いのあるワイン。
もともとはプルミエ・クリュと同等の畑だったにも関わらず、フィロキセラの被害で他の畑同様全滅。
その後他の畑がどんどん再興されていく中、戦争などで人手が足りなく一番遅れをとってしまったところ。
さて、格付けの際にはまだ荒れ放題の土地であったため、格付けどころではなく、
いざちゃんと再興できた時には既に時遅し・・・。
今もプルミエ・クリュと同じ価値があるのになあ、プルミエクリュとしたいなあ・・・と
ずっと思っていらっしゃるそうです。

≪シャブリ・プルミエ・クリュ・ヴァイヨン2012≫
典型的なシャブリ。爽やかでミネラル十分、力強さを感じる。寝かせておく楽しみがあるワイン。
余韻が長く5~8年は面白いと思われるとのこと。樽がほのかーーに感じられる。

≪シャブリ・グラン・クリュ・レ・プリューズ2009≫
より複雑味あり。樽香が品よく、力強さも感じられる。2009年というのはとても暑い年で、酸がとげとげしていない。
7か月ステンレスタンク、その後4か月樽での熟成。きつい樽香が苦手な人には本当におすすめ。
実はセルヴァンさん、おじい様の代ではすべて樽、お父さんの代ではすべてステンレスタンクであったそうなのですが、
ふと自分の代になった時におじい様が使っていた樽をみて≪使ってみよう≫と思われたそうです。

残念ながら、取り扱いは今のところ実店舗ワッシーズだけなのですが、

ワインストア・ワッシーズ

オンラインワッシーズでもリクエストをいただければ、是非お応えしたいと思っていま~す\(^o^)/

ご存じない方もいらっしゃるかもしれませんが、

オンラインワッシーズでもフランスワインたくさんお取り扱いしているのですよ~。

勿論シャブリも。これからの季節にぴったりなワイン。

是非ご覧くださいね~

ブログの応援、ぽちっとお願いいたします。ぺこり