ソムリエ試験で1年越しのビックリ!

 

オンラインWassy’sのフジイです。
 
9月に入り、私の周りではソムリエ試験の2次へ向けて
準備を進めている人の声なども入ってきました。
 
そこで、昨年書いた「2次試験受けてきました」ブログが
検索でわりと上位に上がっているよ、と教えてもらい、
見返していました。
 
他の人の体験談とかもあるかなぁと
いろいろ探して読んでいたら……、
衝撃の事実が判明。
 
どうも去年の私、論述問題の設題を取り違えて解答していたみたいです。
今さら!? 一年越しに気付く!?
ビックリです。
 
というのも、
問① 赤ワインを冷やして飲みたいというお客様にお勧めするワインとお料理
問② 初めてワインを飲むというお客様へ、問題①で挙げたワインを説明してください
→→この問題、どうやら、テイスティングで出題された②番めのワインについて
述べさせる問題だったようです。
問③ 「ひやおろし」について述べなさい
 
ホントにびっくりして、しばらくぼんやりしていました。
ちなみに問①については、若いヴィンテージのピノノワールと
ラタトゥイユとかチキンの軽いトマト煮込みとか答えたと思うんです。
 
なので問②では、オーストラリアのシラーズについて説明すべきところを
若いVTのピノについて説明したので、ずいぶんめちゃくちゃな解答だったと
思うのですが…。
 
何で受かったんやろ…。
とりあえず、結果オーライで良かった。
 
取り急ぎ、前のブログには訂正を入れたけれど
まだビックリが止まりません。
 
テイスティングと論述、連動していたなんて……。
 
と言うわけで、私のような早とちりのおっちょこちょいは
いないと思いますが、くれぐれも落ち着いて
皆さまの合格を心よりお祈りしていますm(__)m。

mini-bottle

【ソムリエ試験】ブドウのバッジと所感

オンラインWassy’sのフジイです。

 

昨年末、日本ソムリエ協会からソムリエバッジが届きました。
合格証書を見てバッジを触って、「合格は勘違いじゃなかった」と
心から安心しました。
(勘違いなんてことは無いと思っていても、何となく)

 

そして、噂には聞いていましたが、今回からバッジが小さくなったんです。
そして、マグネットタイプ。
そして、フェルトの台布が無くなったのです。

 

こんな感じ↓↓

(左)2年前のエキスパートのバッジ (右)今回のソムリエバッジ

img_4993s

 

img_4996s

2年前のワインエキスパートのバッジはネジ式でした。
今回のマグネットはかなり強力だけれど、
業務で日常的につける人にとっては、心もとないのかなぁ。
ソムリエ協会によると、別途5000円でタイタック式(ピンタイプ?)へ変更可能とのこと。
(5000円かぁ…、個人的にはキツイです)

 

先日、第三回ソムリエ試験を受験された方と
お話しする機会がありましたが、その方のバッジは
もっと小さなブドウのデザインでした。

 

バッジもいろいろ変わるんだなぁ、などと思いながら
この間の試験を振り返ってみました。

 

一次試験は、前半が共通問題で後半が呼称別問題と分かれていました。
共通問題は基本的な問題が多いと感じたものの、
呼称別はグンとレベルが上がった印象で難しかったです。
今回は公衆衛生の項目から出題されなかったことがちょっと話題になりましたが、
出題範囲は、東欧などメジャーどころ以外の国からの出題も増え、
幅広かったように思います。

 

二次試験のテイスティングは、生産国と品種の選択肢の数が増えて
「こんな多かったっけ…」とちょっと焦りました。
そして、ソムリエには三次試験の結果に加算されるという
論述が急きょ追加されました。

論述は、赤ワインを冷やして飲みたいお客様にお勧めするワインと料理を挙げ、
そのワインについて説明させるもの
(→勘違いしていたようで「テイスティングに出題されたワインの味わいを分かりやすく説明させるもの」だったようです)

日本酒の「ひやおろし」について述べさせるもの
の3問で、それぞれ200字の解答欄が用意されている、まさに「論述」でした。
一次試験の延長と思って対策していた私は、しょんぼり落ち込んで、
「これは、どうやって試験対策すればいいの?」という印象でした。

 

三次試験は、初めての経験。
試験官をお客様に見立ててサービスをするというもの。
2015年の試験までは、会場に用意されているワインと
試験官から出題されるワインが異なるもので
出題されたワインだと想定してサービスしてください、
という内容だったようです。
なので、空気に触れさせるためのデキャンタージュなのか
澱を除くためのデキャンタージュなのかは
年代などから自分で判断してよかったようです。

が、今回は用意されているワイン(2014年のボルドー産)=出題ワインで、
「想定ではなく目の前のものを見てサービスしてください」と説明されました。

ここからは、完全に私個人の体験談なのですが、
若い年代のワインなので、全部注ぎ切っても大丈夫かなぁと思いながら
進めると、瓶の中にもやぁっと雲のように漂うものが見えててきたので
デキャンタージュの手を止めました。

お客様(試験官)には、「確認すると澱がみられたので少しボトルに残しました」
といったようなことを伝えたのですが、4人いた受験生のうち
ボトルにワインを残したのは私だけでした。
お一方はうっすら残した程度で、他の方のボトルは空でした。
実技終了の合図の後、試験官は、私がボトルに残したワインをグラスに注ぎチェックし、
もう一人の試験官は驚いたような表情でボトルを見ていました。
「これは、やってしまったな。アカンかも」と
めっちゃ怖かった瞬間です。

家に帰って、持ち帰ったワインをもう一度確認すると
やはり酒石のようなものがあり、小指の先ほどのものも見られたので
瓶差だったのかもしれませんが、あの瞬間の怖さは合格発表まで
ずっと残っていました。
(念のため、空瓶の写メ、いっぱい撮りました)

三次試験に向けては、たくさん練習しましたが、
会場では、2人の試験官に向かって4人が同時に実技するので
他の方と声がかぶってしまい、練習してきた自分のリズムがずれて
ちょっと焦ってしまいました。

終わってみて、テレビをつけたままとかにぎやかな中で
練習しとけばよかった、というのが反省材料です。

 

こうして振り返ってみて、特に二次、三次は何が正解だったのか
今でも分かりません。

 

が、試験を通して感じたことは
あくまで私個人の捉え方ですが
ソムリエ協会は、ワインスクールやいろんなサイトで
試験対策の情報がたくさんあり、
「ココさえ押さえれば大丈夫」的な現状を変えたかったのかなぁ、
と思いました。

 

山を張らずに幅広く。
臨機応変に。
そして、常日頃からワインに関してアンテナ張っていてね。
といった感じの印象を受けました。

 

試験のための勉強、訓練ではなく
何かを変えたいということは伝わってきました。

 

でも、それだったら「こんな風に変わりますよ」といった
ヒントのようなものがもうちょっと欲しかったなぁ…。

 

2017年度受験される方のための参考になればよいなぁと思いつつ、
けれど2016年を踏まえて、また変化があるかもしれないですしね。

 

う~ん、やっぱり大変だったな、というのが所感です。

 

書き始めたら、どんどん思い出してきて
とても長くなってしまいました。
最後まで読んでいただきどうもありがとうございますm(__)m

 

【ソムリエ試験】3次試験の結果発表

 

オンラインWassy’sのフジイです。

 

早いもので12月まであと少し。

 

つい2日前、本当の意味でのソムリエ試験最終。
3次試験の結果発表がありました。

 

無事、合格!していました。

 

あー良かった。
あー長かった。
あーホッとした。

 

実は、3次試験の直前に
「頑張ったけど残念ながらダメでした」という
かなりリアルな夢を見てしまっていました。

 

試験が終わり、ホッとした気持ちと
日に日に増す不安感。
ただただ、この日を待つしかありませんでした。

 

実際のところ、実技試験と先だって行われた論述試験の結果は
それぞれどんな感じだったんだろう…と気になるところでは
ありますが、知ることはできないので、そこは気にせず
結果オーライで素直に喜ぼうと思います。

 

ワイン屋ならではの光景だと思いますが、
結果発表は平日夕方、会社での確認でした。
「受かりました!!」と報告すると
「おめでとー!……ぽんっ」
とフロアのスタッフがお祝いしてくれました。

 

img_9240s
なんと、イベントチームスタッフの私物の泡。
嬉しい。

 

今回のソムリエ受験は、春先に、ふと「受けてみようかな」と
思ったことから始まったのですが、今となっては、
本当にたくさんの方にサポートをしていただいたんだな
と思います。

 

3次試験対策として、姉妹店のレストラン「スープル」の
ランチとディナーの間の時間、レストランにとっては
つかの間の休憩や準備の大事な時間に講習を受けさせてもらえたり、
スタッフトリーの私物のワインを抜栓させてもらったり、
受注Jからは、抜栓練習用に抜きたての(?)コルクを
いっぱいもらったり。
オンラインワッシーズの元店長ハダノリからは、
テイスティング訓練用のお酒の小瓶ももらいました。

 

いろんなことを含めて、受かって良かったと感じます。

 

それにしても1次試験の8月からこの11月まで。
本当に長かったです。

 

今回の受験については、感じたことなどを
またゆっくりお伝えさせていただきたいなと思っていますが、
取り急ぎ、合格のご報告をさせていただきたいと思いますm(__)m

 

【ソムリエ試験】3次試験を受けてきました

 

オンラインWassy’sのフジイです。

 

11月になりました。

 

とうとうその日が来たんです。

 

先日、ソムリエ試験の最終。
3次試験を受けてきました。

 

1週間前くらいから、ソワソワ。

 

泣いても笑っても、ぐずっても
この日が来てしまったんです。

 

当日は、ちょっと着くのが早すぎて、
試験官ご一行とすれ違ってしまい、
緊張が倍増しました。

 

控室の開場時間が近づくと、エプロンにベストのソムリエスタイルの方や
コック服、和装の方にCAさん、と仕事着に着替えた
受験生が続々と集まります。

 

女性も男性も仕事の勝負服姿は、みなさんカッコ良いなぁ、
などと思いつつ控室へ。

 

試験は、4人一組で別のフロアに移動して行われます。

 

会場の小部屋は思った以上に狭くて、試験官との
距離も近かったです。

 

試験は、頑張りました。

 

……が、今は、細かいことが思い出せません。

 

緊張と脱力と、
そして、3次試験は何が正解かが分からないので、
試験の事を思い出すと「あれがアカンかったかも」とか
「あそこはこうすべきやったかも」とか、
いろんなダメ出しばかりが出てきてしまいます。

 

なので、「今はとりあえず落ち着きなさい」と
記憶に蓋がはまっているのかもしれません。

 

それでも、頭の中では止めなさいと言っているのに
「ソムリエ 3次 合格基準」や「ソムリエ 実技 不合格」
などと、ググってしまう毎日。

 

そんなちょっとナイーヴな状態なので、
結果が出て全て終われば、ちょっといいグラスを買おう、
と気持ちをそちらに向けたいと思います。

gz300so_1

今、一番欲しいのは「Zalto(ザルト)」のグラス。

 

前から欲しかったのですが、きっかけがないと
なかなか買えなくて……。

 

試験については、また改めてご報告させていただきますm(__)m。

【ソムリエ試験】3次試験に向けて(その2)

 

オンラインWassy’sのフジイです。

 

10月もあと数日。

 

なんということでしょう……。

 

11月になってしまったら、
ばぁっと今年がおわって、
だぁっと年始が過ぎて、
気が付いたら3月くらいなんでしょうね。

 

ああ、コワイ。

 

今の私にとっては、
11月になる = 3次試験です。

 

現在、姉妹店のレストラン・スープルのオーナーソムリエである
ワシノリこと鷲谷紀子の指導の下、3次試験のための猛練習中です。

 

全体の流れを通しての練習に入りましたが、
いろいろ気にしながら進めてしまうので、制限時間オーバー。
これからは、もっと素早くできるよう、
時間短縮を意識しないといけないところです。

 

今年の大半をかけて取り組んでいる試験もあと少し。
試験の緊張感と、ゴール地点が視界に入ってきたことで
気持ちの落ち着きどころが無く、そわそわしています。

 

家では、空き瓶を使ってキャップシールを剥がす練習や、
一旦、抜いたコルクを戻しての抜栓練習など、スポット練習を繰り返しつつ、
時おり、実際にワインを開けて通し練習をしています。

 

全体の動きは、エアー抜栓、エアーデキャンタージュなんかしたりして、
イメトレで復習・確認しています。

 

エアーでしてると、たしか10年ほど前にあったドラマ「白い巨塔」で
手術前の財前先生がエアー手術してたわぁ、など、
しょうもないことを思い出しつつ
全体をつかむにはなかなか良いと思っています。

 

通し練習をした時には、せっかくなので瓶とデキャンタを行ったり来たりさせて
何度もデキャンタージュの練習をします。

 

それだけ入れ替えてしまうと
さすがにワインもへこたれてしまいますが、もったいないのでもちろん飲みます!

 

そんな中で、印象に残ったのがこのワイン。

38990-000_1

■ヴィーニャ コボス フェリーノ カベルネソーヴィニヨン メンドーサ[2014]  (750ml)赤
\2,203(税込)

 

3次対策の講習の時に使ったもので、
キャップシールの練習に良さそうだったので購入してみました。

 

ガンガン入れ替えて、ワインにとって、ひどい仕打ちをしたのに
まろやかな果実味とチョコの風味で最後まで美味しくいてくれたことに驚きです。

 

試験が終わったら、今度はひどいことをせず、ゆっくり味わいたいと思います。

 

【ソムリエ試験】3次試験に向けて

 

いつも試験の話ですみません。オンラインWassy’sのフジイです。

 

1次試験は8月。
春頃からテキストをちらちら見始めていたことを考えると、
なんだかんだこの一年の大半、試験のことしてるなぁ、
とぼんやり考えていました。

 

長いなぁ。
ソムリエ試験、なかなかハードです。

 

けれど、あと少し。
踏ん張りどころなので、
ここでコケるわけにはいきません。

 

3次試験はサービス実技。

 

試験官をお客さんに見立てて、
パニエを使っての抜栓、デキャンタージュして、サービス。

 

昨年までは、このような試験のようです。

 

本当は、2次、3次のことも考えながら勉強を進められたら
良かったのかもしれませんが、何となく、
先々の事を考えて足元をすくわれてしまいそうな怖さがあって、
今回のソムリエ試験では、1次に受かってから2次のこと、
2次に受かってから3次のこと
という風にしか考えられませんでした。

 

そんなわけで、2次の結果が出てから急いで
パニエとデキャンタを購入。

 

昨日は、姉妹店のレストラン・スープルの
オーナーソムリエであるワシノリこと鷲谷紀子が対策講座を開いてくれ、
スープルから受験するスタッフとともに受講させてもらいました。

 

ソムリエ協会から提供されている動画は
それはそれはしなやかなサービスで、
「あんなん絶対無理やわ…」と試験までの日数を思いやって
ヒヤッとしていたので、
本当にありがたい。そして、何とも心強い

 

今は、ひたすら一つ一つのパートを練習しています。
キャップシールを切る・取る、とか、コルクを抜く、とか
いつも何となく適当にしていたことを、ゆっくり丁寧に。

 

開けるためだけにワインを何本も買えないので、
空き瓶とかも使って、できる限り何度も練習です。

 

●当日は、絶対緊張してしまうので
緊張したとしても動けるように何度も練習すること。

●とにかく、ほんの少しでも落ち着くこと。

●作業は丁寧に目の前のお客様(試験官だけど)のことを
想って動くこと。

を、念頭に。

 

何を隠そう、
車の免許の卒検では、信号無視で落ちた私……_| ̄|○。

 

本番に弱いことは、誰よりも自覚してます。

 

あと少し。頑張りどころ。

 

ちなみに、オンラインワッシーズでは、
ワイン以外の雑貨も扱っています。

lb-accessories

 

ソムリエ試験に受かったら、
ご褒美にちょっといいグラスかソムリエナイフか
買おうかな…とふわぁっと気持ちが飛んでいきつつ……、
あかんあかん、今は練習。
頑張ります。

【ソムリエ試験】2次試験の合格発表

 

オンラインWassy’sのフジイです。

 

先週、受けてきましたとご報告させていただいた2次試験。

 

マークシートならではのスピード感で
合格速報が、さっそく先週末に発表されました。

 

結果は、無事に合格していました!

 

嬉しいっ! 本当に嬉しい!!
発表を見て脱力しました。

 

飲用可能なお酒は全部好きだと答える私でもへこたれる
リキュール類のテイスティングトレーニングや、
模範解答と自分の感覚とのずれに悶々としたり……、と
なかなかに苦しい日々もあったので、
なおさら嬉しかったです。

 

しかも、同じく2次を受けたスタッフも全員合格!!
同じフロアのスタッフは全員、そして社員も全員有資格者になったそうで、
「いやぁ、すごいやん。」と頷きあっていました。

 

が、ソムリエ資格にはもうひと山あります。

 

今年から3次試験まであるんですね。
サービス実技に、この間の2次の際に一緒に受けた論述の点数が
加算されるようです。

 

サービス実技。学生の頃ワインバーでバイトをしていたときに
抜栓などいちから教えていただいたものの、
それから十数年、家飲みばかりでずいぶん気ままにワインを開けていました。

 

しかも、デキャンタ、パニエ、あぁ……、なじみが無い。
どうしたもんか……。

 

ソムリエでもある社長ワッシーからは、
「とにかく練習あるのみ。一日一回は練習せなな。がんばれ」と。

 

あと一か月、みっちり頑張ります。

 

…の前に、友人にもらったビールでひとまず祝杯あげました。

ビール

 

なんだかんだ、久々のビールは
めっちゃおいしかったです(^^)

さぁ、あとひと踏ん張り、頑張ろっ!!

【ソムリエ試験】2次試験を受けてきました

 

オンラインWassy’sのフジイです。

 

大阪は、連日雨降りです。
9月も終わりだというのに、ジトッと湿気がまとわりつきます。

 

今週の月曜日はソムリエ試験の2次試験を受けてきました。

 

なかなか言葉が出てこないくらい、
まだ自分の中で消化できていないんですよね。

 

エキスパートの時もそうでしたが、記憶が無い。
あっという間で、全然時間が足りなくなってしまいました。

 

結果は、品種でいうとワイン2/3、リキュール1/2の正解率。
品種だけで考えると、望みはあるのですが
いろんな人と話してもサイトを見ても「大事なのはコメント」と。
そうですよね……。

 

気にしてもしょうがないことは分かっているのですが、
不安ばかりがムクムクわいてきます。
期待しすぎず、絶望もしないように、気持ちの置き所が難しいです。

 

そして、姿が見えないからこそおびえていた論述。

 

確かに、論述。解答欄には各200文字のマス目が並んでいました。

 

設問は、ざくっと覚えている限りでは
① 赤ワインを冷やして飲みたいというお客様にお勧めするワインとお料理
② 初めてワインを飲むというお客様へ、問題①で挙げたワインを説明してください
→→どうやら勘違いしていたようで、テイスティングで出題された②番めのワインについて
述べさせる問題だったようです。

③ 「ひやおろし」について述べなさい
といった感じのものでした。

 

問題文を見て一瞬止まってしまいました。
「そうかぁ、そうなんかぁ、こういう問題なんやぁ……、
アドバイザーの口頭試問の過去問とか日本ワインとかワインの製造過程とか方法とか、
論述対策と思って準備してみたけど、意味なかったわぁ……。
しかも日本ワインじゃなくて、日本酒なんや……」と、
いろんな思いが頭を巡りました。

 

今となっては、こんな風に書けばよかったのかな、とか
そういえば、夏の間、姉妹店のワッシーズに『冷やしワインコーナー』があったな、とか
雑誌で、冷やして提案するワインの記事を確か読んだよな、とか
ヒントは周りにあったんだなぁと、思いますが、
あの場では「これって何書けばいいんやろ? 自分の意見? テキストに沿って??」と
困り切ってしまいました。

 

他の人のブログとかサイトなど見ると、今回の論述の出題内容も想定内だったという
言葉も見られましたが、私の中では、ふいを突かれたというか、
無防備だったなぁと思います。

 

けれど、ワインが好きで、ワイン業界の中にいるのなら
そこで困っていてはだめなんだとも思います。

 

なので、今は、あの場で困ってしまったことや
「なんであんなことしか書けなかったんやろう」と
ちょっと恥ずかしい気持ちです。

 

とは言っても、テイスティングの合格発表はもうすぐ。
気にしないでいるということはできないので、
「受かりたい」と願っていようと思います。

 

どよんとした話になってしまいましたので、
最後に明日(9/30)までのお得な情報を。

 

オンラインワッシーズでも人気のヴァーナーから、4アイテムが
9月だけの特別価格となっています。
明日までですよ~。

ヴァーナー

 

最後までご覧いただきありがとうございます。
ポチッと応援いただけると、元気が出ます。

「論述」が検索ワード急上昇中

 

オンラインWassy’sのフジイです。

 

毎回、試験の話ですみません。
スタッフトリーもブログで書いていましたが、
私も、ふと気づくと、どこにも行かず何もしないまま
夏が終わります。

 

先日、ソムリエ試験の結果が発表され、
私もご報告させていただきましたが、
その後ブログ検索で急上昇しているワードがあります。

 

「論述」



ですよね。ソムリエ資格を受ける方は
「論述ってどういうこと!」って思って
どこかに情報がないかと探しているところですよね、
きっと。

 

私も驚いて、友人に
「論述試験が追加されてん。論述って何よ!?」とぼやいたら…、
「論じて、述べる。 ぼけて、つっこむ。 ガンバレ」と
返ってきました。
(もちろん大阪人の友人です)

 

うーん、どうやって準備したらいいのかなぁ、と悩みますが、
とりあえずは、一次で覚えたことを忘れないようにして
前年までのアドバイザー資格の口頭試問の問題で
公表されているものは確認しておこうかなと思っています。

 

そんなことをしながら、テイスティングの訓練も。

 

今は、ミュスカデや甲州、シャルドネなどの白をしています。

 

ブラインドでテイスティングをする時に、
銀紙で巻いたり、ゴルフクラブの先につけるような靴下みたいなので
くるんだりといろいろあると思うのですが、
オンラインワッシーズでお勧めしたいのはこれ↓です。

 

オリジナルワインバッグ(不織布製) 1本用\324(税込)
wa-1_1
※注 現行バージョンは、少しデザインが変わっています。

 

事務所内でブラインド試飲するときに重宝しています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
こんな感じ

 

良い点は、ボトルの形状も分からないというところ。
そして、何より楽ちん。入れるだけです。

 

試験対策以外でも、持ちよりワイン会で
最初だけブラインドにしてみるなど、盛り上がりますよ。

 

ちなみに、スタッフがブラインドで本気で選んだセットも販売中です♪
なんと、上で紹介したワインバックがおまけでついています。
staff-honki2-s

 

【ソムリエ試験】1次の結果が発表されました

 

オンラインWassy’sのフジイです。

 

この間の日曜日に受験したソムリエ試験。

 

試験は全てマークシートなので、
結果発表はとても早くて、なんと3日後でした。

 

試験のドキドキがそのまま、合格発表のドキドキへ。

 

合格速報が発表されて10分後くらい。
「見よう!」と覚悟してから、画面へ。
指が焦っていたので、上手にスクロールできず、もたつきましたが、

 

はぁぁぁ、受かっていました。
本当にホッとしました。
今回は「嬉しい」というより「安心」。

 

試験準備期間中は、気持ち的に落ち着いているつもりだったのですが、
試験が近づくにつれて、急速に、びっくりするくらいの不安と焦りが
やってきました。

 

今から思うと「受からないといけない」という気持ちが、
自分では気付いていないけれど、強くあったんだと思います。

 

今年の試験は、問題数はここ数年と同じくらいでしたが、
全体の構成が少し変わって、一瞬戸惑いました。

 

一通り解答すると、時間はもうほとんど残っていなくて、
ゆっくりと見返すこともできず、あっという間に終わった印象です。

 

けれど、ホッとする間もなく
1か月後には2次試験が行われます。

 

ソムリエ資格の試験には、今年からテイスティングの他に
論述試験も追加されたとのこと。

 

論述ってどんなのが出るんだろう、と悶々としますが、
もう一度テキストを見直しながら、
1か月後へ向けて、しっかりテイスティングの練習を
したいと思います。

 

家で一人ではたくさん開けられないので、
ハーフだなぁ…と色々探し中です。

 

mini-bottle