ソムリエ試験で1年越しのビックリ!

 

オンラインWassy’sのフジイです。
 
9月に入り、私の周りではソムリエ試験の2次へ向けて
準備を進めている人の声なども入ってきました。
 
そこで、昨年書いた「2次試験受けてきました」ブログが
検索でわりと上位に上がっているよ、と教えてもらい、
見返していました。
 
他の人の体験談とかもあるかなぁと
いろいろ探して読んでいたら……、
衝撃の事実が判明。
 
どうも去年の私、論述問題の設題を取り違えて解答していたみたいです。
今さら!? 一年越しに気付く!?
ビックリです。
 
というのも、
問① 赤ワインを冷やして飲みたいというお客様にお勧めするワインとお料理
問② 初めてワインを飲むというお客様へ、問題①で挙げたワインを説明してください
→→この問題、どうやら、テイスティングで出題された②番めのワインについて
述べさせる問題だったようです。
問③ 「ひやおろし」について述べなさい
 
ホントにびっくりして、しばらくぼんやりしていました。
ちなみに問①については、若いヴィンテージのピノノワールと
ラタトゥイユとかチキンの軽いトマト煮込みとか答えたと思うんです。
 
なので問②では、オーストラリアのシラーズについて説明すべきところを
若いVTのピノについて説明したので、ずいぶんめちゃくちゃな解答だったと
思うのですが…。
 
何で受かったんやろ…。
とりあえず、結果オーライで良かった。
 
取り急ぎ、前のブログには訂正を入れたけれど
まだビックリが止まりません。
 
テイスティングと論述、連動していたなんて……。
 
と言うわけで、私のような早とちりのおっちょこちょいは
いないと思いますが、くれぐれも落ち着いて
皆さまの合格を心よりお祈りしていますm(__)m。

mini-bottle

【ソムリエ試験】3次試験に向けて

 

いつも試験の話ですみません。オンラインWassy’sのフジイです。

 

1次試験は8月。
春頃からテキストをちらちら見始めていたことを考えると、
なんだかんだこの一年の大半、試験のことしてるなぁ、
とぼんやり考えていました。

 

長いなぁ。
ソムリエ試験、なかなかハードです。

 

けれど、あと少し。
踏ん張りどころなので、
ここでコケるわけにはいきません。

 

3次試験はサービス実技。

 

試験官をお客さんに見立てて、
パニエを使っての抜栓、デキャンタージュして、サービス。

 

昨年までは、このような試験のようです。

 

本当は、2次、3次のことも考えながら勉強を進められたら
良かったのかもしれませんが、何となく、
先々の事を考えて足元をすくわれてしまいそうな怖さがあって、
今回のソムリエ試験では、1次に受かってから2次のこと、
2次に受かってから3次のこと
という風にしか考えられませんでした。

 

そんなわけで、2次の結果が出てから急いで
パニエとデキャンタを購入。

 

昨日は、姉妹店のレストラン・スープルの
オーナーソムリエであるワシノリこと鷲谷紀子が対策講座を開いてくれ、
スープルから受験するスタッフとともに受講させてもらいました。

 

ソムリエ協会から提供されている動画は
それはそれはしなやかなサービスで、
「あんなん絶対無理やわ…」と試験までの日数を思いやって
ヒヤッとしていたので、
本当にありがたい。そして、何とも心強い

 

今は、ひたすら一つ一つのパートを練習しています。
キャップシールを切る・取る、とか、コルクを抜く、とか
いつも何となく適当にしていたことを、ゆっくり丁寧に。

 

開けるためだけにワインを何本も買えないので、
空き瓶とかも使って、できる限り何度も練習です。

 

●当日は、絶対緊張してしまうので
緊張したとしても動けるように何度も練習すること。

●とにかく、ほんの少しでも落ち着くこと。

●作業は丁寧に目の前のお客様(試験官だけど)のことを
想って動くこと。

を、念頭に。

 

何を隠そう、
車の免許の卒検では、信号無視で落ちた私……_| ̄|○。

 

本番に弱いことは、誰よりも自覚してます。

 

あと少し。頑張りどころ。

 

ちなみに、オンラインワッシーズでは、
ワイン以外の雑貨も扱っています。

lb-accessories

 

ソムリエ試験に受かったら、
ご褒美にちょっといいグラスかソムリエナイフか
買おうかな…とふわぁっと気持ちが飛んでいきつつ……、
あかんあかん、今は練習。
頑張ります。

【ソムリエ試験】2次試験を受けてきました

 

オンラインWassy’sのフジイです。

 

大阪は、連日雨降りです。
9月も終わりだというのに、ジトッと湿気がまとわりつきます。

 

今週の月曜日はソムリエ試験の2次試験を受けてきました。

 

なかなか言葉が出てこないくらい、
まだ自分の中で消化できていないんですよね。

 

エキスパートの時もそうでしたが、記憶が無い。
あっという間で、全然時間が足りなくなってしまいました。

 

結果は、品種でいうとワイン2/3、リキュール1/2の正解率。
品種だけで考えると、望みはあるのですが
いろんな人と話してもサイトを見ても「大事なのはコメント」と。
そうですよね……。

 

気にしてもしょうがないことは分かっているのですが、
不安ばかりがムクムクわいてきます。
期待しすぎず、絶望もしないように、気持ちの置き所が難しいです。

 

そして、姿が見えないからこそおびえていた論述。

 

確かに、論述。解答欄には各200文字のマス目が並んでいました。

 

設問は、ざくっと覚えている限りでは
① 赤ワインを冷やして飲みたいというお客様にお勧めするワインとお料理
② 初めてワインを飲むというお客様へ、問題①で挙げたワインを説明してください
→→どうやら勘違いしていたようで、テイスティングで出題された②番めのワインについて
述べさせる問題だったようです。

③ 「ひやおろし」について述べなさい
といった感じのものでした。

 

問題文を見て一瞬止まってしまいました。
「そうかぁ、そうなんかぁ、こういう問題なんやぁ……、
アドバイザーの口頭試問の過去問とか日本ワインとかワインの製造過程とか方法とか、
論述対策と思って準備してみたけど、意味なかったわぁ……。
しかも日本ワインじゃなくて、日本酒なんや……」と、
いろんな思いが頭を巡りました。

 

今となっては、こんな風に書けばよかったのかな、とか
そういえば、夏の間、姉妹店のワッシーズに『冷やしワインコーナー』があったな、とか
雑誌で、冷やして提案するワインの記事を確か読んだよな、とか
ヒントは周りにあったんだなぁと、思いますが、
あの場では「これって何書けばいいんやろ? 自分の意見? テキストに沿って??」と
困り切ってしまいました。

 

他の人のブログとかサイトなど見ると、今回の論述の出題内容も想定内だったという
言葉も見られましたが、私の中では、ふいを突かれたというか、
無防備だったなぁと思います。

 

けれど、ワインが好きで、ワイン業界の中にいるのなら
そこで困っていてはだめなんだとも思います。

 

なので、今は、あの場で困ってしまったことや
「なんであんなことしか書けなかったんやろう」と
ちょっと恥ずかしい気持ちです。

 

とは言っても、テイスティングの合格発表はもうすぐ。
気にしないでいるということはできないので、
「受かりたい」と願っていようと思います。

 

どよんとした話になってしまいましたので、
最後に明日(9/30)までのお得な情報を。

 

オンラインワッシーズでも人気のヴァーナーから、4アイテムが
9月だけの特別価格となっています。
明日までですよ~。

ヴァーナー

 

最後までご覧いただきありがとうございます。
ポチッと応援いただけると、元気が出ます。

「論述」が検索ワード急上昇中

 

オンラインWassy’sのフジイです。

 

毎回、試験の話ですみません。
スタッフトリーもブログで書いていましたが、
私も、ふと気づくと、どこにも行かず何もしないまま
夏が終わります。

 

先日、ソムリエ試験の結果が発表され、
私もご報告させていただきましたが、
その後ブログ検索で急上昇しているワードがあります。

 

「論述」



ですよね。ソムリエ資格を受ける方は
「論述ってどういうこと!」って思って
どこかに情報がないかと探しているところですよね、
きっと。

 

私も驚いて、友人に
「論述試験が追加されてん。論述って何よ!?」とぼやいたら…、
「論じて、述べる。 ぼけて、つっこむ。 ガンバレ」と
返ってきました。
(もちろん大阪人の友人です)

 

うーん、どうやって準備したらいいのかなぁ、と悩みますが、
とりあえずは、一次で覚えたことを忘れないようにして
前年までのアドバイザー資格の口頭試問の問題で
公表されているものは確認しておこうかなと思っています。

 

そんなことをしながら、テイスティングの訓練も。

 

今は、ミュスカデや甲州、シャルドネなどの白をしています。

 

ブラインドでテイスティングをする時に、
銀紙で巻いたり、ゴルフクラブの先につけるような靴下みたいなので
くるんだりといろいろあると思うのですが、
オンラインワッシーズでお勧めしたいのはこれ↓です。

 

オリジナルワインバッグ(不織布製) 1本用\324(税込)
wa-1_1
※注 現行バージョンは、少しデザインが変わっています。

 

事務所内でブラインド試飲するときに重宝しています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
こんな感じ

 

良い点は、ボトルの形状も分からないというところ。
そして、何より楽ちん。入れるだけです。

 

試験対策以外でも、持ちよりワイン会で
最初だけブラインドにしてみるなど、盛り上がりますよ。

 

ちなみに、スタッフがブラインドで本気で選んだセットも販売中です♪
なんと、上で紹介したワインバックがおまけでついています。
staff-honki2-s

 

【ソムリエ試験】1次の結果が発表されました

 

オンラインWassy’sのフジイです。

 

この間の日曜日に受験したソムリエ試験。

 

試験は全てマークシートなので、
結果発表はとても早くて、なんと3日後でした。

 

試験のドキドキがそのまま、合格発表のドキドキへ。

 

合格速報が発表されて10分後くらい。
「見よう!」と覚悟してから、画面へ。
指が焦っていたので、上手にスクロールできず、もたつきましたが、

 

はぁぁぁ、受かっていました。
本当にホッとしました。
今回は「嬉しい」というより「安心」。

 

試験準備期間中は、気持ち的に落ち着いているつもりだったのですが、
試験が近づくにつれて、急速に、びっくりするくらいの不安と焦りが
やってきました。

 

今から思うと「受からないといけない」という気持ちが、
自分では気付いていないけれど、強くあったんだと思います。

 

今年の試験は、問題数はここ数年と同じくらいでしたが、
全体の構成が少し変わって、一瞬戸惑いました。

 

一通り解答すると、時間はもうほとんど残っていなくて、
ゆっくりと見返すこともできず、あっという間に終わった印象です。

 

けれど、ホッとする間もなく
1か月後には2次試験が行われます。

 

ソムリエ資格の試験には、今年からテイスティングの他に
論述試験も追加されたとのこと。

 

論述ってどんなのが出るんだろう、と悶々としますが、
もう一度テキストを見直しながら、
1か月後へ向けて、しっかりテイスティングの練習を
したいと思います。

 

家で一人ではたくさん開けられないので、
ハーフだなぁ…と色々探し中です。

 

mini-bottle

【ソムリエ試験】ゲーム??いえ、勉強です

 

通勤時間がとても長いオンラインWassy’sのフジイです。

 

ここ数カ月は、電車の中でソムリエ試験の勉強をしていることが多いです。

 

時おりウトウトしてしまって、テキストの同じところばっかり
読んでいることもありますが、家に帰ると眠たくなってしまうので
貴重な勉強時間です。

 

テキストを読むのがしんどいなぁ、と思うときは
こんなこともしています。

 

写真 1

 

イギリスに本部を置く酒類の教育機関WSET
(Wine&Spirit Education Trust)のアプリで、
ワインの情報をヒントにその産地を地図から選ぶというものです。
制限時間があるので、なかなか忙しいです。

 

写真 2

 

レベル6まであって、全問正解すると次のレベルに進めます。
私はまだレベル3なので、この先どんな問題になるのかは
まだ分かりません。
レベル6は変態チックに難しいのかな、なんて想像しています。

 

遊びながら覚えられるので良いのですが、
時々、本気になってしまって、間違ってイライラしたりするので
要注意です。

 

正解率100%のコンプリートを阻むのは
決まっていつもオーストラリアで
苦手やったんやな、と初めて気づいたりもして。

 

昨日、スタッフトリーがブログに書いていた
今話題のポケモンGOを試しにダウンロードしてみようと思ったものの
スマホが古すぎてできませんでした。
「今は勉強しろ」っていうことですよね、きっと。

 

試験まで、あと1カ月を切ってしまいました。
今年受験される方、しんどくなる時もありますが
がんばりましょうね。

ソムリエ試験……受けるのです。

 

オンラインWassy’sのフジイです。

 

今日は七夕。
短冊に願いを込めて、と言うわけではありませんが…、

 

実は、今年ソムリエ試験を受けるのです。

 

2年前にエキスパートを取得したものの、何とも勉強した内容が残ってないなぁ、
と常々感じていました。

 

そこへ、ソムリエとアドバイザーの資格が今年から統合されるという話を聞き、

「へぇ、どんな感じの試験になるんやろう」

「あれ。もしかして、私、今年ソムリエの受験資格クリアしてる?」

「受けてみようかなぁ」

という感じで申し込んでしまいました。

 

テキストを読んでいると、不思議な感覚があって、忘れていると思っていたことでも、
意識せずに頭の中の納まるところにカチリとはまる時があるんです。
何というか、昔、何度も繰り返し遊んだパズルを触っているみたいな感覚です。

 

テキストを読んでは「何か頭の中がムズムズする~」と、その感覚を面白く思っていました。

 

が……、ムズムズを楽しんでいる場合ではないのです。
もう7月で、試験は来月なのです。

 

過去問をしてみて、かすりもしないほどスッカリ忘れ去っていること、
覚えきれないまま放置していたことなどがわんさかあったことに気付きました。
受験申し込みをした時に、チラッと頭をよぎったことですが、
今、ちょっとだいぶ焦っています。
(「格付け ワイン 覚え方」とググってしまったほどに

 

あかんやん……_| ̄|○。

 

2回目だからと言って、楽ではなくて、大変なことに変わりはないんやわぁと実感しています。

 

この2年間に増えた体重がワインの知識やったら余裕で受かるのになぁ…とかね、
余計なことばっかり考えてしまいますが、あとひと月ちょっと、グッと踏ん張って勉強します!

 

mini-bottle

↑↑↑オンラインワッシーズには、テイスティング訓練に重宝するハーフボトルもありますよ!

かわいい子達が我が家に来ました

カリフォルニアワインとニュージーランドワインのオンラインWassy’sのフジイです。

 

涼しくなってきて、ようやく赤に手が伸びる機会が増えてきました。

 

さて、先日、かわいい子達がワラワラと我が家にやってきました。

 

かわいい子というのはこれ↓↓↓
写真 2
ミニボトルです(※後ろの1本は比較対象のフルボトルです)
うん。ちっちゃい。

 

今まで、「ものすご~くワインが飲みたいけど、今から開けるのもなぁ」
と思うことが多々ありました。

 

そして「泡ものが飲みたいけれど1本はなぁ、キツイなぁ」と思うときは、
缶のスパークリングを買って帰ることもあるけれど、
断念することがほとんどでした。

 

……が、ふと「ミニボトルがあるやん!!」と気づき、
さっそく試しに購入。

 

ちょっと物足りない感じが無いわけではないですが、
チョイ飲みにはピッタリです。

 

そして、ソムリエ試験の2次を控えている皆様も最終確認の飲み比べに
ちょうどいいのでは無いでしょうか?

 

「チョイ飲み」という選択肢が増えて喜んでいる私に、
受注Jがひと言。

 

「ボトルが小さいからって、何本も飲んだら同じやで」

 

はい。しっかりと心に留めました。

 

ミニボトルはこちらからどうぞ♪
187ml→こちら
375ml→こちら

ほのぼのワンコ(^○^) ちょっと休憩しましょ♪

カリフォルニアワインとニュージーランドワインのオンラインWassy’s
受注担当です。

ワッシーズには看板犬が2匹います。
ミニチュアシュナウザーのもも
もも

黒ラブのブルーノ
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今日はもも 久々の登場デス。

長らくブログに登場していなかったのですが、最近ちょっぴり変わったところがあるのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お分かりでしょうか?

SANYO DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そう、もこもこしていたしっぽが・・・とってもシャープになっています。

へえ~しっぽも進化するのね~と思っていたら、これが本来のシュナウザーのしっぽだそう。

しっぽ しっぽ しっぽ

しっぽふりふりしている姿は何とも愛らしく、ついつかんでしまいます・・・(-_-;)い、いかん。

掴んではいかんな。

ま、その後ちゃーーんとお腹なでなでしてご機嫌をとっていますが。

私たちスタッフにとっては大切な癒し犬。

二次試験前の緊張高まっているタナカもフジイも、この子たちに助けられているのです。

 

今一生懸命受験勉強に励まれている皆さんも、ちょっとここらで休憩しましょ(^O^)

そして気分一新、また頑張りましょうね~

ソムリエ、ワインアドヴァイザー、ワインエキスパート・・・もうそこまで見えていますよぺんぎん

このワンコ達には、お弁当をまるまる横取りされたり、

秘蔵のおやつを奪われたり、とんでもないいたずらには頭を抱える一方、

ずーーっと元気でいて欲しいなあ・・・と思う今日この頃です。

ブログの応援、ぽちっとお願いいたします。ぺこり