鴨≒ダックといえば・・・ダックホーン!!でしょ(^O^)

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s  受注担当 です。

毎日自転車通勤のJです。
気温が下がって大阪城の濠沿いの木々も一斉に色づいています。

ゆっくり自転車を走らせていると、お濠の方から≪クワックワッ・・・≫と聴こえます。
夏の間はあまりの暑さにどこかに避難していた鴨が戻ってきたんだなー。

パタパタ・・・なかなか進まない・・・(・o・)

自転車を止めてみていると、ちっちゃい足をパタパタ動かして
案外かわいいやん・・・などと暫く眺めておりました。

ワインを扱う仕事をしていると、ついつい
≪鴨と言えばダックホーンやん≫とそちらに結び付けてしまいます。

そういえば今年はスペクテイターのトップを飾ったのは
ダックホーン メルロ ナパヴァレー スリー・パームス ヴィンヤード2014(95点)
Duckhorn Merlot Napa Valley Three Palms Vineyard 2014

スタッフ トリーのブログにもありましたが
スリーパームスは毎年少量しか入荷してこないのです。
なので限定品となるのですが、
なんといってもトップですからね~
近日入荷予定のはずですが、手に入るのかな・・・。
入荷のご案内を乞うご期待。

安定した味わいと、幅広いレンジが魅力のダックホーン
個人的にはダックホーン ゴールデンアイ ピノノワール アンダーソン ヴァレー[2014] がお気に入り。

是非いろいろと試していただきたいなあ。

ブログの応援、ぽちっといただけると元気がでます。ぺこり
よろしくお願いいたします。

ダックホーンの魅力・・・(^O^)

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの
オンラインWassy’s
  受注担当 です。

5月に開催されたアメリカンワインデイで圧巻だったダックホーン

安定した味わいと、幅広いレンジが魅力のダックホーン。私も大好き!!
オンラインワッシーズでも大人気のこのワインは
ワイナリ紹介ページにも記されているのですが・・・

ダックホーンのワインはその濃密な風味で人気を博していますが、
それは畑においては徹底的に収量を切り詰め、
その後醸造前の選果も厳しく、といった過程から生まれます。

そのためセカンド・ブランド的位置付けのデコイにおいてさえ、ワインは色濃く心地よいボディと、
十分な濃度にあふれたものとなっています・・・

そうなんです。そこがダックホーンの魅力なんです。
丁寧に選別されたブドウを使って丁寧につくられたワイン。
ぎゅうっと凝縮された果実には一切の妥協なしっ。

そしてダックホーンと言えばナパのメルローを世界に知らしめた立役者ですから、
やっぱりメルロを思い浮かべる方も多いのでは・・・。
美味しいものね。

ですが・・・今日はピノノワールを紹介したいっ!!
ゴールデンアイ/GOLDENEYE
ダックホーンがワールド・クラスのピノ・ノワールを造る為に起こしたブランド。

バラク・オバマ前大統領の就任パーティーで使われ日本でも一気に有名になり、話題になったワイン。
しなやかでエレガント。バランスよく深みのある味わいは、オバマさんでなくても惚れちゃいます。

今の季節はクーラーの効いた室内で、室温より少し冷やして楽しんでください。

ブログの応援、ぽちっといただけると元気がでます。ぺこり
よろしくお願いいたします。

アメリカワインデイ レポート (大阪 リッツカールトン)その1

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s  受注担当 です。

そう、私たちはカリフォルニアワインの・・・と謳っているからには
外すわけにはいかない≪アメリカワインデイ≫(^O^)

今回もスタッフ交替で行ってまいりました。

会場にはアメリカワインの魅力を伝えようと、20社以上のインポーターさんが!
とはいえ、かわりばんこにいくオンラインワッシーズのスタッフには時間に限りがある・・・。
急げ~~

まず、今回とっても気になったのは、ダックホーンがずらりと並んだブース。
生産者さんがいらしているとのことで、人だかりも・・・。

こんなにずらりと並ぶのは珍しいデスネ~
こんな機会はあまりないので一通り試飲をさせていただきました。
安定した味わいと、幅広いレンジが魅力のダックホーン。
もちろんオンラインワッシーズでも大人気。

ゴールデンアイ。
バラク・オバマ前大統領の就任パーティーで使われ日本でも一気に有名になり、話題になったワイン。
しなやかでエレガント。バランスよく深みのある味わいは、オバマさんでなくても惚れちゃいます。
美味しい・・・
オンラインワッシーズでは売り切れていますが、新しいヴィンテージがまもなく入ってくるはずっ
しばしお待ちください<(_ _)>

そしてそのゴールデンアイのセカンドのマイグレーション

いちごやラズベリーの香り、軽やかでエレガント、繊細でほんのり甘さ控えめ。
是非お試しいただきたい1本です。

それから、今回もお目にかかることができました!
シャトー・イガイタカハの杉本ご夫妻と菅原さん。


絆を感じるワインたち。
オンラインワッシーズでも人気のワインです。
入荷してはすぐに売り切れなんてこともしょっちゅう。
特に漢字のラベルが印象的なCh.igai Takahaの【プレミアム】『KANJI』
コンセプトは、サンタリタヒルズのブドウのみを使用した上級品。


フリーマン ピノノワール ロシアン・リヴァー・ヴァレを手にしていらっしゃるのは
ワインインスタイルの磯田さん。
きめ細やかなタンニン、口当たり良く、洗練されたピノ。
アキコ・フリーマンさんは海外で活躍する日本人として憧れの女性。
その彼女が手掛けるワインは、総じて凛として上品。
ブルゴーニュ好きにもきっと気に入っていただける1本です。

まだまだご案内したいワインがたくさんあるのですが、
今日のところはこの辺で。続きはまた明日

ブログの応援、ぽちっといただけると元気がでます。ぺこり

[ハダノリ現地レポ]ナパヴァレーのワインって?

ハダノリ@ナパ
超大盛り朝ごはん。

20150918-01

今日の朝はパラダックス、ダックホーンに向かいまーす*\(^o^)/*

20150918-02


ナパヴァレーについて

ハダノリ@パラダックス

朝一番はナパヴァレーについてのお勉強です。
講師はダックホーンで20年もお仕事しているピートさん

20150918-07
wassysは何度もお会いしてます!

ナパは世界に比べると実は若い地域でもあります。
ロスから600km サンフランシスコからは75キロ離れ
海からはたったの60キロしかはなれていないことから冷涼な海風が入ってきます。

ナパAVAは1981年にアメリカで最初に制定され、
その後 地域の努力によってサブアプレーションが多く認定されてきました。

20年前にロバートモンダヴィがリサーチをしたところ アメリカ人の多くの人が
「ナパヴァレーはアメリカワインの50%を生産している」と答えたのですが、
じっさいは、ほんの4%。大きさもボルドーに比べるとめっちゃ小さい産地なのです。

が、

地域に与える貢献度はとーーーっても高く ナパヴァレーで4600もの雇用を生み出し、
実際にナパでは半分の人々がワインに関わる仕事をしてるんだそうですよっ!

それってすごーーーい(^^)

そしてなんと130億ドルの経済効果をもたらしています。

1億5千万年前に生まれたこの大陸は
33種類の土壌の種類と100の地質を持ちます。

数メートルあるいたら、もう違う土壌、もちろん気候も様々。
だからこそ、複雑なワインが出来るんですね。

気候の幅広さは、こんなに小さいナパでの中でも、
同じある一日でカーネロスは25度カリストガは35度 たった50キロの距離に、熊本と北海道があるようなモンなんです。

20150918-08

20年間ダックホーンに勤めているピートさんにとって日本のマーケットはこの20年でとても変わったと思うけど、それと同じようにナパのワイン産業も大きく変わりました。

例えばダックホーンのスリーパムスヴィンヤード、温暖なあの地に昔はピノノワールを植えていましたがもちろん今は誰も植えません。

ナパのコミュニティはみんなで知識を分かち合い、テクノロジーも共有してきました。
そうやって、ナパ全体のレベルを上げていったのです。

では、次は朝からナパテイスティングです!!

20150918-09

 


この週末も引き続き、本店はアメリカワインポイント10倍!

そして店長ハダノリの秘密のお土産ワード♪企画

3個目のキーワードはこちらで発表しています~!

やっとキターっ(^○^) ダックホーンメルロ

カリフォルニアワインとニュージーランドワインのオンラインWassy’s
受注担当です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
こちらワッシーズ看板犬のモモです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA
シャンプーしたてほやほや~(^○^)ふかふかふわふわしていて激カワ。
もーーーテンションあがるっ
写真撮りまくりでした。
テンションあがるといえば、ダックホーンヴィンヤーズ デコイ メルロー[2013] がやっと入ってきました。
32555-000_1[1]
お客様からなんぼ催促されたか・・・(T_T)
待ってたよ~
昨年秋からアメリカ西海岸湾の労使交渉ストの影響で、船便の大幅な遅延、本数減が続いていたのです。
なかなか入ってこないワインに品切れ続出。
その時のブログはコチラ
で、解決して少しずつ入ってきていたはずなのに、いつまでもいつまでも待たされていたワインが
ダックホーンヴィンヤーズ デコイ メルロー
ちなみにこのダックホーンは1970年代後半に、メルロがまだブレンド品種だった頃に
そのメルロにこだわりそして成功を納め
≪ナパのメルローを世界に知らしめた立役者≫なワイナリーなのです。
デコイはダックホーンのセカンドでありますが、濃密な味わいはさすがダックホーン。
是非皆様にも味わっていただきたいワインですusagi
ブログの応援、ぽちっといただけたら嬉しいです。ぺこり