驚きの美味なオレンジワイン(^O^) サトウワインズ

オンラインWassy’s受注担当 です。

先日サトウワインズの佐藤さんがワッシーズにいらっしゃいました。
ニュージーランドでワインを造っている日本人のひとり。
今は8人くらいいるけど、僕が始めたころは3人だった・・・とぽつり。
先駆けでいらしたのです。

先駆けってやはりいろんな苦労を伴うものですが、
佐藤さん然り、でもいつもやるべきことをひとつひとつクリアしていく。
その真摯な姿勢はお目にかかるたびに
こちらもぴっと背筋が伸びる・・・そんな佐藤さんがつくるワインは
やっぱりまじめなのです。

これまでは畑を借りて、そこで育てたブドウを使って
ワインを醸造されていたのですが
いよいよご自分の畑を手に入れられたそう。

セントラルオタゴには変わりないけど、標高が300~350mと高い東向きの畑。
ここを選んだのはやはり理由があります。

ニュージーランドのセントラルオタゴでは日中の寒暖差が激しく
従来の生産では
ジューシーで厚ぼったいピノノワールができがちだと思っていたそうです。
その解決策として、高いところで生産するという選択。
勿論、好みはあるのでその従来のピノノワールが良いという方もいらっしゃる。
かくいう佐藤さんの奥様もその方がお好きだそうです。

そして東向きの畑に拘ったのは、
北向きの緩やかな斜面はアサヒは浴びるけれど、
日中の暑い光は浴びないでいられるということ。
とにかく日中の光はとても強い。

さて、その畑はぶどう以外の作物からの転換というわけではなく、
一からの開墾。
そしてその畑の中にはワイナリーも建設されています。
地中からは岩がごろごろ、合計800トンも出てきて、
思っていたよりコストがかかったこと、
スムーズに交渉が進まなかったことなどなど・・・
大変な労力であると思うのです。

新しい畑からの待望のリリースは2019年ヴィンテージから。
今までやってきたことが実を結ぶヴィンテージ!!
と力強く語っていらした佐藤さん。
すごくすごく楽しみです\(^o^)/

さて、今回は短い時間で無理をきいていただいていたので
ピノグリに特化したミニセミナーでした。

試飲はピノグリとピノグリを使ったオレンジワインの比較。

サトウ ピノ グリ S[2016]
ピノグリは個人的にも大好きな品種の一つで、
肉・魚問わずいろんな料理に合わせやすいと思っているのです。


サトウ ピノ グリ ラティピック S[2016]
オレンジワインって少し前からよく耳にするけど、
どんなワインかご存じですか?
果物のオレンジでできたワイン?
いえいえ、オレンジワインは
≪白ブドウを赤ワインと同じ方法で醸造したワイン≫です。
つまり白ブドウを果皮や種子と一緒に時間をかけて醗酵させたものです。
この時間をかけて・・・というのが大切で、
その間にゆっくり果皮の色がでたり、
熟成していくうちにオレンジワインと言われる所以の色に仕上がっていきます。
色の濃淡は様々。

白ワインのシュールリーのような複雑さ、それが旨みとなって
好きな人にとってはそれはそれは堪らない魅惑のオレンジワイン。

とはいいつつ、苦手な人がいるのも事実

サトウさんのオレンジワインは???
ピノグリの果皮の色が上品に移り、
味わいは驚くほどエレガント。

フレッシュでイキイキとした酸、
ドライほど凝縮されていないけどアプリコットの甘みを楽しみながら
後に残るやわらかな塩味。
もともとピノグリは料理を選ばないなーと思っていたけど、
このオレンジワインはさらにカジュアルからフォーマルまでいける!!
是非試していただきたい1本。

サトウ ピノ グリ ラティピック S[2016]

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます

 

キウイ200%!!な大人のデザート。

こんにちは。
ただいま絶賛夏ばて中。。。オンラインワッシーズ制作のクロカワです

 

お盆明けすこーーし朝晩過ごしやすくなったなぁと思ったら
一気に夏ばてがやって来ました・・・。

こうなると、どうしても軽いくてさっぱりしたたべものを選びがちです。

 

そんななか、先日無性に果物がたくさん食べたくなり、思いつきで作っちゃいました。

20160826-1

 

メインはイチジクと生ハムたっぷりのサラダ。
イチジク、生ハム、水菜とポーチドエッグにオリーヴオイルとバルサミコ、プロセスチーズを散らしただけ。

実はいままでイチジクの甘さとかプチプチ感が苦手だったのですが食べてみてびっくり
めっちゃうまい!生ハムの塩気がちょうどいい具合に効いてて、イチジクの嫌な感じがしない!

いままで食べなかったことをちょっぴり後悔しました。

 

で、その横に添えてあるものは何?

 

20160826-2

NZのキウイフルーツスパークリングをつかったフルーツポンチ

スパークリングワインに切ったキウイフルーツを放り込んだだけなんですけどね。
200%キウイフルーツ!なシュワッと美味しい大人のデザートになりました♪

他のフルーツも入れたらちゃちゃっと作って見栄えもするし、パーティにもいいかも。

 

IMG_2940

 

キウイスパークリング自体もほんのり甘いから、ワイン単体でも十分美味しくいただけますよ♪


キウイフルーツ スパークリングワイン
15%OFF価格:2,386円(税込)

 

 

スパークリングと手抜きごはん。

こんにちは。
オンラインワッシーズの制作の黒川です

 

毎日暑い日々が続いている大阪。
こう暑いと、お料理するのも嫌になってしまいます

そんなわけで、食卓にお店で買ったお惣菜が登場する頻度も上がってしまい
先日の晩御飯も買ってきたエビフライとコロッケだったり

20160722-3

手抜き?いえ、省エネだと言っていただきたい(笑)
だって暑い中キッチンに立つのって辛いんですもの・・・。

そして、暑いときはやっぱり冷たい飲み物♪♪
とくに発泡した飲み物が欲しくなりますよねーーっ!

ということで晩酌ワインはコレでした↓↓

20160722-1

スパイヴァレー エシェロン [2009]
3,670円(税込)

林檎や柑橘の爽やかな香りと後からやってくる香ばしい味わいがうまーーい♪♪
っていうか揚げ物との相性が良すぎてビックリ

エシェロンに感じる香ばしさのおかげかな。
ついつい食がすすみます。

しかもこのスパークリング、揚げ物だけじゃなくデザートにまで合っちゃうから
さらにびっくり。

20160722-2

ベイクドチーズケーキとの相性はほんとに抜群!
ケーキ食べて、ワイン飲んで、またケーキ食べて・・・
永遠に続けられそうな気すらしてしまいました(笑)

 

皆様も、暑い日には美味しいスパークリングワイン
(・・・と、たまには楽してお惣菜♪)をお楽しみくださいませ。

誰もいない時の ヒ・ミ・ツ

蒸し暑いですね。

一向に梅雨の開けない大阪、今日も降ったり止んだり。
止んだら一気に不快指数MAX。

 

今日のオンラインWassy’sの事務所。

 

誰も居ない・・・

 

試飲会にでかけておりまして、トリイがお留守番。

 

 

 

 

こっそり飲んじゃお。

13600036_1116495108407013_7269978113057134724_n

 

 

蒸し暑い日には、ソーヴィニヨンブランが気持ちいいですね。

 

蒸し暑さを忘れさせてくれる、ニュージーランドのソーヴィニヨンブランは
>>  コチラ

リッポン ニックさんを質問攻めにっ!

こんにちは。
カリフォルニアワインとニュージーランドワインの専門店オンラインWassy’s
制作のクロカワです

昨日、オンラインワッシーズもお取扱いをしている
ラックコーポレーションさんのニュージーランドワイン試飲会に行ってまいりました

20151009-1

ニュージーランドワインを一挙50種類も試飲
しかも会場にはリッポンヴィンヤードのニックさん♪♪

20151009-3
実店舗のスタッフ甲斐くんも一緒に写真をぱしゃり。

そして折角ワインをつくっているご本人がいらっしゃるから、と
皆で質問攻めにしてしまいました

20151009-5

クロカワがとっても気になったのは、↓で、スタッフタナカがもってるワイン。

20151009-4

リッポン メイチャア(マチュア) ヴァイン ピノノワール[2012](750ml)赤
の右肩部分に注目です!

ちょっとわかりにくいので綺麗な写真でみるとコレ↓
20151009-6

 

このワインだけなんで?

ニックさんに聞いてみると、2012年は
リッポンファミリーがニュージーランドに来て100年、そして
ニックさんのお父さんがワイナリーを初めてからに30年になる特別な年なんだそう。

このワインだけじゃなく、リッポンの2012年ヴィンテージすべてに

100
—–
 30

って書いてあるんですって。
お手元に2012年のリッポンのワインがあったらぜひ見てみてください!

 

そしてもう一つ質問。
今度は副店長サトウから。

じつは、試飲会ではメイチャア ヴァイン ピノノワールを
2011年・2012年・2013年と垂直に3ヴィンテージも試飲させていただけたのですが、

しっかりとした果実味を感じる2012年、2013年に対して、少し青っぽい茎のような風味を帯びた2011年。

この違いってどこから来るの??

 

ニックさんいわく、2011年は夏、花が咲いた後に涼しく曇りがちだったそう。
そのおかげで葡萄は、ゆっくりと時間をかけて育ったそう。

その影響でほかの2つのヴィンテージとは少し違った味わいに仕上がったのだそうです。

あっ、涼しかったからってワインが良くないとか、美味しくないとかじゃないんですよ。
この3つの中だとクロカワのお気に入りは2011年ですし♪

青っぽさとエレガントさにハマってしまいました

同じワインでもその年によって味わいが違う!
ほんとワインって奥深いなぁって思いました

ちなみに、なんとオンラインワッシーズにはメイチャアヴァインが4ヴィンテージも

★最後におまけ★
ニックさんにしたもう一つの質問。
みんなが気になってたTシャツ!

20151009-7

A MOMENTARY LAPSE OF RIESLING

ピンクフロイドのアルバムタイトル
『a momentary lapse of reason』をもじったものですって。

まさかのダジャレ(笑)

キムラさんのピノとロゼ

こんにちは。

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの専門店オンラインWassy’s
制作のクロカワです

昨日ニュージーランドから素敵なお客様がいらっしゃいました

20150925-1

 

キムラセラーズの木村滋久さん

じつは毎年来ていただいているのです。
去年来店されたときのブログはここ→

その場でキムラセラーズについてたくさんお話いただきました(^_^)/

20150925-2

毎年人気のピノノワール。2014年はとても良い年。
しっかりとした力強いピノノワールに仕上がったそう。

そしてピノロゼのお話。

20150925-4

 

2015年のピノロゼはラベルにプレステージとの表記が。

20150925-5
↑見えますか?シルバーのキラキラなので上手く撮影できなかった・・・

赤ワインを造る際の副産物としてできることが多いロゼワインですが、
この木村さんのロゼはブドウの実と皮の間の美味しいところ(どの果物でも皮と実の境って美味しいですよね♪)
のうまみがギューーーっと入っていることからプレステージという名前にしたんだそう。

・・・の、飲みた~い!

ですが、このロゼ生産量も少なく、
オンラインワッシーズでもごくわずかしか販売できないので
私たちがスタッフが買い占めるわけにもいかず・・・

ぜひお客様にお楽しみいただければと思います

ちなみに、今オンラインワッシーズでは売切れですが、
26日夕方くらいにほんのすこーーし入荷予定です^^;

気になってたオイスターベイソーヴィニヨンブラン(・.・;) 遅すぎっ??

カリフォルニアワインとニュージーランドワインのオンラインWassy’s
受注担当です。
日本酒類販売さんの試飲会へ行ってきました。
ここ1~2年の間にオンラインワッシーズでひそかに、でもコンスタントに売れ続けているワイン
オイスターベイ マールボロ ソーヴィニヨンブラン[2014]を扱っていらっしゃる会社です。
Jはたまたまこのオイスターベイを試飲するチャンスがなく、
やっと≪キターーーっ!!!≫って・・・遅い?otemo_08
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
オイスターベイ マールボロ ソーヴィニヨンブラン[2014]
ニュージーランド マールボロのワインです。
トロピカルで華やかな香り、口に含むとすごくすっきりしているのに、味にふくらみがある~(^^♪
上質な感じのソーヴィニヨンブラン。
お、美味しいやんっ・・・暑くなってくるこの季節にぴったり。
あ~あ、今まで知らずにいたことが悔やまれます。
冷涼な気候はブルゴーニュにも通じているようで、オイスターベイ マールボロ ピノノワール[2013]
≪ブルゴーニュ?いやいやいや・・・≫と一人ツッコミしてしまいそうなワインでした。
ブログの応援、ぽちっといただけたら嬉しいです。ぺこり

ジメジメむしむしにはこのワイン

こんにちは。
カリフォルニアワインとニュージーランドワインの専門店オンラインWassy’s
制作のクロカワです
今日の大阪は雨が降ったりやんだり落ち着かない天気
気温も高いからムシムシジメジメ・・・。
 
こういう時は、ニュージーランドのソーヴィニヨンブランが飲みたいなぁ~~!!
 
と思ってたら、本日のスタッフ試飲ワインがこれ♪♪
20150420

ドッグポイント ソーヴィニヨンブラン[2014]

 
 
やったぁ!ドッグポイントのソーヴィニヨン♪
レモンやライムといった柑橘系や、レモングラス、ディルといったハーブの香り
さわやか~でもしっかり飲みごたえっ!うまーーーい!
 
やっぱりジメジメにはソーヴィニヨンブランですよねー
一気に気分もアガッたクロカワでした♪

春休み、オカンの心境です

こんにちは。
カリフォルニアワインとニュージーランドワインの専門店オンライン
Wassy’s制作のクロカワ@春は憂鬱です・・・
 
今日は受注のフジイと店長ハダノリが浜松にある配送訪問
フジイは、初の倉庫訪問なので定温でしっかりと管理されている倉庫を見て
びっくりしてるんじゃないかと思います
今日はぽかぽかした春らしい気候ですし、出張日和かなーー
 
さて、そんななかクロカワは憂鬱・・・
なぜなら息子の春休みが始まってしまったから
 
当然のようにいつもの起床時間には起きない息子・・・。
そして、うちの学校は春休みなのに宿題がたんまり出てるのです・・・(T_T)
全部やってくれるのかしら・・・(去年はまったくやらずに新学期を迎えました
 
あぁ、四月までに教科書片づけなきゃっ!
必要なものも用意しなきゃ!
去年から通い出した塾は春期講習もあるし・・・!
気持ちだけがあせってたんまりある仕事に憂鬱になります(笑)
そんなときは気分転換に仕事!
というわけで新しい企画ページが出来上がりました↓
journey-nzwine-top
店長ハダノリと旅するニュージーランドワイン

ほんとに旅する企画・・・ではないですよ。
ハダノリが毎回テーマごとにワインを紹介しちゃいます。
じつは以前、あるお客様から「ニュージーランドワインについて知りたい」とお声をかけていただいたのです。
いろんなテーマごとにニュージーランドワインをご紹介しているうちに、
せっかくだからたくさんの方にも知っていただきたい!という想いが強くなり・・・
ずーーーーっと温めていたのですが、ようやく陽の目を浴びました♪
毎月1テーマを目標に定期的に更新していきますので、
ぜひ一緒にニュージーランドワインを楽しんでいただければ!
私もワインを飲んで憂鬱を解消しようと思います

働いておりますm(_ _)m

ハダノリ@軽くあせってきました。

 

11月22日はオンラインWassy’s東京試飲会です♪

前回、ワッシーズブースの特別ワインを発表して以来、参加チケットもおかげさまで完売!!!

 

と、言っている間に、日にちはどんどんすぎ・・・・・

 

 

ハダノリがあちこち、行ったり来たりしてると、どんどん時間は過ぎていきます・・・・

 

 

 

今回のテーマは【コストバリュー良!】ワインです。

価格見ないで飲んだら思わずびっくりーーーーーヽ(゚Д゚;)ノ!!

なワインを、各インポーター様おすすめで出典していただきますよーーーー。

 

 

 

さて、最近のオンラインWassy’s♪には、ニュージーランドプロヴィダンスから

 

オーナーのジムさんがご来てーーーん。

 

providence_top

 

 

プロヴィダンス、2011年も12年もつくってないんですよねーーー。

次のリリースが待ち遠しいっ!ここだけの話・・・・・実は白も造り始めたんだそう!!!

 

 

そして、相変わらず、

オンラインWassy’sで写真をとると、遠近感が狂います。

 

 

さて、どの順番でならんでいるのでしょう? (誰が一番前で誰が一番後ろでしょう?)

 

_1540449 PB071791 pb071794 pb071795

 

今度全員一列で並びたいと思います。