ITEM SEARCH

検索条件をリセット


 をすべて含む(AND)
all these words
 のいずれかを含む(OR)
any of these words

■キーワードを追加

 このキーワードを追加
include keywords
 このキーワードを除く
exclude keywords


CALENDAR

=定休日
営業時間:9:00〜18:00

WASSY'S GROUP LINK

Other LINK

ワシントンワイン

ワッシーズは5年連続ワシントンワインプロモーションで入賞しました!


取り扱いワシントンワイン180点以上

アメリカが誇るワシントンワイン

ワシントンワイン畑イメージアメリカ合衆国北西部に位置するワシントン州は、フランスのボルドーとほぼ同じ緯度に位置し、11のAVA(ワイン栽培指定地域)を有するワインの名醸地。 ワシントンワインは、アメリカ国内でカリフォルニア州に次ぐ全米第二位の生産量を誇っています。

ワシントンワインは、カリフォルニアと比べて1日平均約2時間以上も長い日照時間、標高差に富んだ地形、火山性の水はけのよい土壌など、様々な条件に恵まれており、ワシントン州は、ボルドーやコート・デュ・ローヌ計品種をはじめとする約30種類の葡萄栽培に適していると言われています。

この理想的なテロワールを反映したワシントンワインはの魅力は、果実味の豊かさと穏やかな酸味を保ったエレガントさをあわせ持っていること。さらにバラエティーが豊かなので様々な料理にあわせて楽しむことができます。

是非、あらゆるシーンにワシントンワインを沿えて、いつもの食事をモット美味しく、華やかに楽しんでください。


ワシントンのワイン産地
アメリカ/ワシントン州のワイン産地の特色について、もっと詳しく書かせていただいていますので、ご興味がございましたら、こちらも、どうぞ、ご覧くださいませ→→


ワシントン州ワイナリー訪問レポート2012
2012年には、ワシントンへ訪問し現地でのお話をたーーくさんお聞きしてきましたよ! 訪問中の詳しいレポートはこちらから→→


スタッフが試飲し、厳選したオレゴン&ワシントンワイン!!

オンライン・スタッフが、オレゴン&ワシントンワインの試飲会に参加して、実際に飲んで「おいしい。」と選んだワインを、各スタッフが、それぞれ1本ピック・アップしています。どれも、おすすめの1本です。詳しくは下記↓から、どうぞ!

コロンビア・クレスト



コストパフォーマンス大!!コロンビア・クレスト・ワイナリー

コロンビア・クレスト・ワイナリーは、1983年に設立されたコロンビア・ヴァレーのホース・ヘブン・ヒルズ地区に 約1000ヘクタールのブドウ畑を所有するワシントン州でも最大級のワイナリーです。

設立から、これまでに、150アイテム以上で、90点以上のスコアを獲得するなど、コロンビア・ヴァレーのブドウの個性を最大限に活かしたワインのコスパの高さは、 ワイン評論誌でも折り紙つきです!!

商品ページには、下記↓からどうぞ。
コロンビア・クレスト



パーカー高得点を連発するワシントン・カルト・ワイナリー

クイルセダ クリーク

ワインアドヴォケイトで数多くの高得点を獲得したことのあるワシントン・カルト・ワイナリー。

特に、カベルネソーヴィニヨンでは、 2002、2003、2005、2007年ヴィンテージに100点、 2004、2006、2008年は99点というハイスコア記録しています。

ワインアドヴォケイトだけではなく、多くのワイン雑誌や評論家からも高い評価をうけています。そのため、世界中で現在も人気が高く、日本への入荷量も限られています。 ワッシーズでも、毎年、輸入業者から割り当てられた少量の数量しか 入荷することができないワイナリーです。




一押し!ワシントン・ワイン生産者

レコール No.41

レコールNo.41は、1983年にコロンビアヴァレー/ワラワラ・ヴァレー地区に設立した。ワラワラ・ヴァレー地区で、3番目に古い家族経営にワイナリーで、 アメリカのメルローとセミヨンのトップ・プロデューサーとして最も知られているワイナリーのひとつです。

レコールNo.41のメルローは、オンライン・ワッシーズのスタッフ試飲会でも、ワシントン州のメルローでは、3本の指に入るのではと人気のワインです。 受注Jのブログでも、絶賛していますので、見てね→≪こちら≫




Kヴィントナーズ

K ヴィントナーズのオーナー兼ワインメーカーのチャールズ・スミス氏は、 元々、ヨーロッパでロックンロール・バンドのマネージャーをしていました。 その後、ワシントン州に移り住んで、わずかな資金でワインの生産をはじめたそうです。

特に高い評価を得ているKヴィントナーズのラベルのワインは、単一畑のシラーを中心に、手作りで極少量ずつ造られています。 日本への入荷数も少なく、とてもレア度は高いです。ワッシーズにも、いつも少量の割り当て数しか入荷しないワインです。

その他にも、気軽に楽しめるチャールズ&チャールズや、チャールズ・スミス・ワインズといったシリーズも展開しています。




ヘスティア・セラーズ

ヘスティア・セラーズ

家族経営の小さなワイナリーですが、
すべての過程において品質への妥協のない姿勢と情熱を持ってワインを造っています。 その知名度も、じわじわと上がってきている注目の生産者です。

副店長サトウが2015年8月に参加したワシントン訪問ツアーには、
13人のワインのプロが参加しており、ほとんどの方が初めてのヘスティア試飲でしたが、 その品質には多くの方が驚かれて、ご自分の店舗やレストランへのラインナップにと真剣に 検討されていたそうです。

まだ飲まれたことのない方には、入門クラスとなるヘスティアセラーズ レッドなどは、 3000円台前半の価格帯でコストパフォーマンスも高く、おススメです。




グラマシー

オーナーのグレック・ハリントン氏は、1996年、25歳の若さで、 「コート・オブ・マスター・ソムリエ」協会の最高位「マスター・ソムリエ」を取得した天才です。

2005年ヴィンテージより、ワシントン・コロンビア・ヴァレー、ワラワラ・ヴァレーのブドウを中心につかい、 「土地の個性を表現し、新樽が強く出過ぎない、酸のバランスが良く、食事と共にあるワイン」を 造りたいと生産しています。

ワシントンワインは、力強いというイメージが先行しがちですが、 「こんなにもエレガントで複雑味のある素晴らしいワインもあるんだよ。」と、 ワシントンワインの新しい一面を見せてくれる生産者だと思います。

シラーで注目を浴びることが多い生産者ですが、カベルネソーヴィニヨンからも素晴らしいワインを 造っていますので、是非お試しくださいませ。




ワシントンを知る・楽しむ!オススメワインセット



3000円以下のおすすめワシントン

3000円以下の比較的リーズナブルな価格帯のワインから、おススメのワインを、
ピックアップいたしました。夕食のお供や、晩酌のお供にいかがでしょうか。


3000円以上の価格帯にも、素晴らしいワインはございます。ワシントンワインを、価格帯別に
選べるように分類しますのでご利用くださいませ。

3000円以下のワシントンワイン 3000円以上5000円以下のワシントンワイン
5000円以上10000円以下のワシントンワイン 10000円以上のワシントンワイン


ワシントンの取り扱いワイナリー






赤ワイン 白ワイン スパークリング ロゼワイン

該当アイテム数: 58 件
表示方法: リスト表示ON画像表示Grid リザルト表示OFF詳細表示List
並び替え:
表示件数:
  1  2   次のページ
  1  2   次のページ