ITEM SEARCH

検索条件をリセット


 をすべて含む(AND)
all these words
 のいずれかを含む(OR)
any of these words

■キーワードを追加

 このキーワードを追加
include keywords
 このキーワードを除く
exclude keywords


CALENDAR

=定休日
営業時間:9:00〜18:00

WASSY'S GROUP LINK

Other LINK



ニュージーランドのポテンシャルを証明する生産者

ベルヒルのオーナーベルヒルはニュージーランド南島のカンタベリーにあります。1997年にオーナー夫婦の、Marcel Giesen(マーセル・ギーセン)とSherwyn Veldhuizen(シェルウィン・ヴェルデゥイゼン)によって、ノース・カンタベリーのWeka Pass(ウェカ・パス)エリアに創立されました。ちなみに、マーセルは、カンタベリーでは皆がしってる、(たぶん日本には輸入されていない?) カンタベリー地方を代表するギーセン 一家のワイナリー、ギーセンワインの息子達の一人です。

そのマーセルとシェルウィンの手がけるワイナリー、ベルヒル周辺は20世紀初頭は石灰の採石場だったため、土壌は真っ白の石灰質。周りには何もない1ヘクタール弱の土地を開墾し葡萄が植えられています。

3つのブロックに分けられ、それぞれは全て北向きの緩やかな丘あります。最初の年、1997年にピノ・ノワールが植えられ、翌1998年と1999年にはピノ・ノワールとシャルドネが植えられ、2005年には若干のリースリングが植えられました。

ピノ・ノワールは全てディジョン、またはポマールのクローンが使われています。一番古いブロックであるQuarry Block(クアリー・ブロック)は9259本(1ヘクタール当り)、ヒルサイド・ブロックには11111本(1ヘクタール当り)、そしてライムワーク・ブロックには9090本が植えられています。畑により石灰岩を畑にまき、日光の反射をよくさせ、葡萄の糖度を上げ、バランスよいものを造り上げるよう工夫を重ね努力しています。

最初のヴィンテージは1999年の『オールド・ウェカ・パス・ロード』。この名前は、ここの住所名前は、ここの住所Weka Pass(ウェカ・パス)に由来します。その後、2003年にファースト・キュヴェを名乗れる実力のワインが出来たため、それを『ベル・ヒル』と名づけ、生産量はごく少量と大変貴重ながらも、多くの方に愛されるワインとなりました。

手摘みされた葡萄は全て除梗され、1週間低温で発酵タンクに浸けられます。5日間アルコール発酵に移り、その後マセラシオンを3日から16日間施されます。

ベルヒルの畑

価格で絞込み:Price -
キーワードで絞込みinclude keywords
該当アイテム数: 4 件
並び替え:
表示件数:
  1   
  1