ITEM SEARCH

検索条件をリセット


 をすべて含む(AND)
all these words
 のいずれかを含む(OR)
any of these words

■キーワードを追加

 このキーワードを追加
include keywords
 このキーワードを除く
exclude keywords


CALENDAR

=定休日
営業時間:9:00〜18:00

WASSY'S GROUP LINK

Other LINK

ブラック エステート 冷涼な気候と石灰質の土壌における有機栽培。ナチュラルな造りを標榜する、ワイパラ・ヴァレーのライジングスター。

ブラック・エステートはニュージーランド南島、ノース・カンタベリーのワイパラ・ヴァレーに位置するワイナリー。 ブラック・エステートは1994年に日本人女性クミコさんのご主人ラッセル・ブラック氏が、オミヒにピノ・ノワールを植えたことに始まります。

彼女の死後、しばらく小休止状態にはいっていたワイナリーですが、2007年にロッド・ナイシュとその家族が買い取ったのことで新たな一歩を踏み出しました。 現在、ロッドの娘、ペネローペの夫であり、以前ダニエルシュースターの下で働いていたニコラス・ブラウンが、ワインメーカーを務めています。

もともと8haだったブラック・エステート・ヴィンヤードは2011年に4haのブドウを新たに植え、今日、12ha。さらに7.5haのダムスティープ・ヴィンヤードと4.5haのネザーウッド・ヴィンヤードを加え、総面積は24haとなっています。 土壌はおもに褐色をした粘土のローム層だが、母岩は新世界では珍しく石灰岩。活性石灰の強い石灰粘土質の土壌も見られ、このブルゴーニュとよく似たテロワールが、ピノ・ノワールのポテンシャルを約束してくれます。

気候的にも恵まれ、北向き斜面をもつ丘陵地で陽当たり良好。夜間の低い気温がきれいな酸味をキープしてくれます。ワイナリーが栽培するピノ・ノワール、リースリング、シャルドネといったブドウ品種にとり、酸が不可欠な要素であることはいうまでもありません。

年間降雨量は600ミリと少ないにも関わらず、石灰質の母岩がスポンジの役割を果たし、ブラック・エステートでは灌漑を必要としないドライファーミングを実現させています。 乾燥した気候は病害の心配も少なく、ワイナリーでは有機栽培を実践し、バイオダイナミックにも挑戦。現在、Bio Groの認証を申請中です。

ワイン造りもナチュラル。ピノ・ノワールやシャルドネはもちろん、リースリングさえも選抜酵母の添加をせず、畑から持ち込まれた自生酵母で発酵。 ピノ・ノワールは除梗しない全房のままのブドウを一部残すことで、ワインにフレッシュさと複雑味がもたらされます。 瓶詰め時には必要最小限の酸化防止剤を添加するのみ。清澄もろ過も行いません。 新世界にあって、きわめて旧世界的なアプローチの造り手といえます。

ボブ・キャンベルやマイケル・クーパーといったマスター・オヴ・ワインの評価も高く、ボブは2011年のピノ・ノワールに五つ星、94点を与えている。 ワイパラ・ヴァレーを代表するワイナリーのひとつとして、ブラック・エステートの名前は覚えておいてほしいです。

価格で絞込み:Price -
キーワードで絞込みinclude keywords
該当アイテム数: 16 件
並び替え:
表示件数:
  1  2   次のページ
  1  2   次のページ