ITEM SEARCH

検索条件をリセット


 をすべて含む(AND)
all these words
 のいずれかを含む(OR)
any of these words

■キーワードを追加

 このキーワードを追加
include keywords
 このキーワードを除く
exclude keywords


CALENDAR

=定休日
営業時間:9:00〜18:00

WASSY'S GROUP LINK

Other LINK

ハーラン・エステート
HARLAN ESTATE

ハーラン・エステート ワイン通なら垂涎のカルトワイン
パーカーポイント100点を4回獲得!!

ウイリアム・ハーラン氏

オーナー:ウイリアム・ハーラン氏

ハーラン・エステートの風景

ハーラン・エステートのブドウ畑

カルト・ワインの言葉とともに『ハーラン』の名も多く見聞きするようになりました。しかしその姿に接し、『ハーラン』とはなにかを知る人はごく少数に限られます。以下にそのプロフィールを紹介します。

オーナーの“ウィリアム・ハーラン”――1940年生まれ――はカリフォルニア大バークレー校で 学んでいた1950年代後半、ナパをたびたび訪れ、広々と緑 がうねる牧歌的風景に魅せられ、その地でのワインづくりの思いが芽生えるようになりました。 しかし卒業後ワイン関係の仕事に就いたわけではなく、事業とし てはゴルフ場開発、 ホテル経営等を手掛ける不動産デヴェロッパーとして、大きな成功をおさめました。

これを機に、以前から抱いていた、“世界でトップ・クラスのワインを自らの手でつくりあげる” という夢を実現するため、その一歩を踏み出し、1980年代 半ばからぶどう畑用の土地の購入を始めました――現在ではおよそ100ヘクタールにまで 広がりました――。それらはナパの中心地帯ともいうべきオークヴィ ルの西に位置する丘陵――すそ野には有名なマーサズ・ヴィンヤードやト・カロンが あります――にあり、そのなかの標高100〜180メートル付近、約15 ヘクタールほどのかなりの傾斜地にぶどうは植えられています。その3分の2が カベルネソーヴィニヨン、残りがメルロとカベルネフランそれにごく少量のプ ティヴェルドとなっています。

ぶどう栽培とワインづくりを担当しているのは“ロバート・レヴィ”です。 カリフォルニア大デイヴィス校を出た後いくつかのワイナリーを経て、1980年代 前半、ウィリアム・ハーランも出資していた『メリーヴェル』のワイン・メーカーとなりますが、 ハーランがメリーヴェルを売却する1998年まで、ハーラン とメリーヴェル、ふたつのワイン・メーカーを兼務していました。同時にボルドーの有名な ワイン・コンサルタント、“ミシェル・ロラン”もハーランの最初期 から参画しています。

ほとんど黒に近い色調でパワー溢れる濃厚なワインでありながら、たいへん柔らかな タンニンが滑らかさを付与し、しっかりした酸が凝縮感に富みながらも優雅 さを感じさせる、これこそがハーランをハーランたらしめている点といえましょう。 それは畑での、ぶどうの成分の凝縮をねらっての徹底した収量の抑制、加え て糖分を上げるためだけではなく、タンニンを熟させるための遅い収穫、 という2点からもたらされます。収穫されたぶどうは除梗された後、多くの人手により 厳しい選果を経て発酵タンクにおくられますが、そのタンクはステンレスとオークを併用しています。 当然ヴィンテージ毎に異なるとはいえ、高い温度で1ヵ月 以上におよぶ発酵というのが基本のスタイルです。

90年ヴィンテージが最初のリリースとなったハーランですが、発表と同時に一大センセーションを 巻き起こし、その後もパーカーが94年と97年、そして01年、02年の4回、100点 満点を献上するなど、瞬く間にカリフォルニア・ワインの最高峰に駆け上りました。 95年ヴィンテージからはセカンド・ラベルのメイデンの生産を開 始、97年にはワイナリーも完成――それまでのワインはメリーヴェルで醸造――しました。 また新たに99年ヴィンテージからは、ハーランとは別にボンドの 名のもと、メルバリーとヴェシーナ――2001年ヴィンテージからはこれにセント・エデン という銘柄も加わります――、 2種の赤をリリースと、大きな躍進 を続けるハーランであります。

ハーラン・エステートの新プロジェクト「BOND」

「ボンド」は、ハーラン・エステートが10年前より温めてきた、新プロジェクト。
ハーランは、数種の畑のブドウをブレンドして造られますが、ハーランのそれぞれの畑は ブレンドしてしまうのが
惜しいぐらいの秀逸なポテンシャルを持っています。

このハーランの畑ごとの個性を生かした新しいブランドが、「ボンド」シリーズです。

とはいえ、シングル・ヴィンヤードということに頑なにこだわるわけではなく、
ボンドでは、何よりも「ワインの質のよさ」が追求されます。
ブランド・イメージを重視、ハーランはあくまでハーランでなくてはならない。
そこで、ワイン・メーカーのボブ・レヴィは、ボンドで新たなるカベルネによるワインを試みているのです。

使用ブドウは10年契約となっており、栽培・収量なども、ワイン・メーカーの ボブ・レヴィが細かく指示を出しています。
彼はブルゴーニュのワイン(とりわ けDRC)に 興味を持っており、ボンドでは、ナパのカベルネによるテロワールの違いを
表現したいという思いを抱いています。

それぞれの畑の個性を生かしたテロワール重視のワインを造りたい、より様々な栽培方法に チャレンジしたい、という
ハーランのプロジェクト(ボンド)は、よりすばらしい カベルネによるワインを造っていこうとする試みで、 各専門誌・専門家も
非常に高評価をあたえており、 現地ではハーラン同様、非常に入手が困難 となっています。

 
価格で絞込み:Price -
キーワードで絞込みinclude keywords
該当アイテム数: 4 件
並び替え:
表示件数:
  1   
  1