ITEM SEARCH

検索条件をリセット


 をすべて含む(AND)
all these words
 のいずれかを含む(OR)
any of these words

■キーワードを追加

 このキーワードを追加
include keywords
 このキーワードを除く
exclude keywords


CALENDAR

=定休日
営業時間:9:00〜18:00

WASSY'S GROUP LINK

Other LINK

ジャムシード
Jamsheed

ジャムシードTOP画像

ジャムシードの画像古代ペルシアの伝説によると、ペルシアのジャムシード王はワインの入った杯を通して彼の王国をすべて見通せたといいます。生の葡萄を好んだ王はいつでも食べられるようにと冬の間も壷に葡萄を入れ保管していました。言うまでもなく葡萄は自然に発酵し、それは“毒”と思われそのままになってしいました。
ある日、王のハーレムで仕える女の一人が偏頭痛に悩まされており、いっそ死んでしまおうとその毒を飲んだところ、今まで悩んでいた頭痛が嘘のように治ってしまいました。すぐにその事を伝えると王は大喜びし、それからはせっせとこの「毒」を造らせました。これがワインの誕生と言われています。

西オーストラリア生まれのゲイリー・ミルズは、大学では文学を専攻し卒業後、日本に留学し英語の教師として働いていた。オーストラリアに帰国後クイーンズランドで日本語ツアーガイドの仕事をしていた際、突然思い立ち、マーガレットリヴァーの畑で働き始めた。
その後5週間のつもりで収穫時に参加したカリフォルニアのリッジ・ヴィンヤーズ(Ridge Vineyards)にて、ワインメーカーのポール・ドレイパーのもとで結局、正規のスタッフとして2年間ワインメイキングに携わる。
その後、オレゴンやオーストラリアのさまざまな地域で経験を積み自分のブランドである「ジャムシード」を2003年に立ち上げた。彼のワイン造りはヴィクトリア州の単一畑シラーと個性豊かなアロマティック・ホワイトに目を向けている。  

ヤラ・ヴァレーの新世代の小規模生産者グループSouth Packのメンバーで、オーストラリアワイン界のニューリーダーであるゲイリーは、畑の個性を表現し手をかけ過ぎないワイン造りをモットーとしている。その通り彼のワインは上品で土地の個性が存分に表れている。


日本で最も影響力があるバイヤーの一人、大橋健一氏がYOMIURI ONLINEの記事の中で「ジャムシードのシラーが2010年に飲んだワインの中で最も素晴らしかったと」評していたので、試してみたところ世界がひっくり返るほどの衝撃を受けた!大橋氏は、鋭い味覚の持ち主で、現在マスター・オブ・ワインを取得するべく勉強中だ。
ジャムシードのワインメーカー、ゲイリー・ミルズは、気分屋でセミプロの野球選手でもあり、大の日本びいきだ。
今回ワインダイヤモンズの為特別に、単一畑のシラーとリーズナブルレンジのいわゆるがぶ飲みワインを少しだけ分けてくれた。ゲイリーは(オーストラリアスタイルの)シラーズではなく、シラーをつくることにこだわっている。彼にとって自分のワインを「シラー」と呼ぶこだわりは、暖かい気候から生まれるパワフルなモンスターワインから、大型の古樽、野生酵母、特別な斜面にある畑から造られる野性味溢れ、魅力的名ボディを醸し出すワインのスタイルへの転換という強い決意を意味するのだ。


ジャムシードの画像Ancient writings tell an endearing tale of Jamsheed, a Persian king who was said to be able to see his kingdom in a cup of wine, and whose fondness for fresh grapes lead him to store them in jars over winter where they would inevitably spontaneously ferment and be set aside as ‘poison’. One of King Jamsheed’s harem, despairing of frequent migraines, chooses to commit suicide by drinking from a poisoned jar. She wakes to find herself miraculously cured, informs her king, who is most pleased and sets about making many jars of ‘poison’ - thus wine was discovered.

Western Australian born Gary Mills completed a Bachelor of Literature before moving to Japan to study and work as an English teacher. Upon returning to Australia he had an epiphany during a brief stint as a Japanese-speaking tour guide in Queensland, and began work in the vineyards of Margaret River. A five week vintage posting at Ridge Vineyards California turned into a two-year full-time position under the tutelage of winemaker Paul Draper, and from there Gary has worked in Oregon and various regions within Australia. The Jamsheed label began in 2003 with a focus on single vineyard Syrahs, and aromatic whites from unique sites in Victoria.

A member of the avant-garde South Pack posse of site-sensitive winemakers, Gary is one of the current doyens of the Australian wine scene, practicing minimum intervention and maximum individuality. Gary’s wines are wines of place and grace.


When Kenichi Ohashi, one of Japan’s most influential buyers, claimed Jamsheed Syrah as his best wine of 2010 in the Daily Yomiuri, I leapt at the chance to taste it and it rocked my universe! Ken is a Master of Wine student with an edgy palate. Gary Mills, Jamsheed’s maker, has an edgy disposition and as a semi-pro baseball player with vested interest in Japan, he leapt at the chance to give Wine Diamonds a small stash of his single-vineyard hands-off Syrahs and some of his quaffers. ‘A good tax break’, he chortled. Gary believes in Syrah and not Shiraz. For him the choice of nomenclature speaks of a stylistic diversion from the ripe behemoths of warmer regions, to Syrahs that are rendered with whole bunches for feral funk and compelling structure; large format older oak, wild yeast, and specific hillside sites.


  ジャムシードの写真
価格で絞込み:Price -
キーワードで絞込みinclude keywords
該当アイテム数: 2 件
並び替え:
表示件数:
  1   
  1