ITEM SEARCH

検索条件をリセット


 をすべて含む(AND)
all these words
 のいずれかを含む(OR)
any of these words

■キーワードを追加

 このキーワードを追加
include keywords
 このキーワードを除く
exclude keywords


CALENDAR

=定休日
営業時間:9:00〜18:00

WASSY'S GROUP LINK

Other LINK

ルーシー マルゴー
Lucy Margaux

ルーシー マルゴー
TOP画像

ルーシー マルゴー
の画像 ルーシーマルゴーはアントンファンクロッパーが愛娘ルーシーマルゴーの名前を冠して設立したワイナリーです。元シェフにしてアデレード大学醸造家の主席レベルで卒業した天才。彼が生み出すワインは現在オーストラリア国内にとどまらず世界中でセンセーションを巻き起こしています。

糖度計やその他の機械類で測定された数値には一切頼らない彼のワイン造りはシンプル。収穫期には毎日10kg近くブドウを食べるという程に果実の味わいから齎されるインスピレーションこそが彼のワインのスタイルを決定するのです。

収穫された葡萄はすべて野生酵母で発酵。温度コントロールも行わないために出来上がるワインは毎年味わいが違います。加えて毎年収穫されるブドウの味わいによってブレンドやキュヴェを造り変えるために、同じスタイルのワインがほとんど作られません。補酸も補糖も行いません。清澄剤やエンザイムといった添加物も一切使用しません。醸造中もSO2も一切使用しませんが、ボトリングの際には35ppmの極わずかな量だけSO2を使用します。(これはもちろん赤道を越えて日本に輸入する上で最低限の責任量だとアントン自身は言っています。)

彼のスタイルはあくまで「あるがまま」。ワインを飲むと彼の奇人的外見とは裏腹に、ピュアで身体に染み入るような優しさが印象的です。

ルーシーマルゴー人物相関図 ルーシーマルゴーショブルックヤウマジェントルフォークコミューン・オブ・ボタン

アントン ファン クロッパーは心の通ったハグと豪快な笑いで我々を迎えてくれるんだ。彼は自分と、ナチュラル ワイン セオリー のワインに新たなリリースがある度に自らの狩猟話を交えながら、ワイナリーに遊びに来た地元のソムリエやワイン愛好家たちにゆっくりとワインを振る舞う。自らの手で狩った獲物をさばき、仕込み、ワインと共に提供する。言わばジビエのお祭りだ。アントンは自分のワイナリーを立ち上げる前はシェフだったから、そんな作業は当然お手の物ってわけなんだ。

ルーシー マルゴー ワインの中でも、ドメーヌ ルッチは彼が作る最高級ワインに使用するようなブドウとは違うブドウを使っている。でもそれは、訪れる人を暖かく迎え入れるようなぬくもりと素朴感がある。畑だって、そこでワインを飲み続けたくなるような雰囲気がある牧歌的な場所なんだ。アントンのワインは、必ずしも自社畑で収穫するブドウから造られているのではなく、契約農家が丹精込めて育てた多くの単一クリマのピノ ノワールから造られている。それは「場所は味わいによって定義されるもので、線で引かれた区画に限定されるものではない」というアントンの言葉を象徴しているんだよ。

今、世間を賑わせてるこのワインをぜひ試してもらいたいんだ。メリハリがあって、快活で。そして新鮮でファンキーな彼のワインは今地球上で最も熱いワインの一つだよ!


ルーシー マルゴー
の画像Anton van Klopper got started in cookery and hospitality management, but after 10 years of exposure to great wine, it was time to get his hands dirty. He graduated with first class honours from the University of Adelaide, with a Bachelor’s degree in Agricultural Science, Oenology.

Anton spent the next several years travelling the world, working vintages in Germany, New Zealand and in Oregon, USA. “I was lucky enough to work with many winemakers who challenged my conceptual ideas of winemaking. By the time I was at Domaine Serene (Oregon), I understood that all great wines express where they are from and anything that steals from that expression makes for dull wine. A good winemaker must have an intimate knowledge of every part of the vineyard.”

In 2002, with wife Sally and daughter Lucy, Anton purchased a 16-acre cherry orchard and began creating their own “Domaine” in the Adelaide Hills. “We aim to produce wines that express themselves. To achieve this at the highest level I would never consider adding yeast, bacteria, acid, sugar or any of the other artificial or natural additives. A winemaker can choose to be an artist or a chemist. I believe that winemaking is a craft; all our decisions are made with the aid of a wine glass and traditional skills, with the aim of developing the wines true identity.” Anton, along with James Erskine (Jauma) Tom Shobbrook (Shobbrook, Didi) and Sam Hughes form The Natural Wine Theory group, which is making some of Australia’s most innovative new age wines.


Anton Von Klopper greets one with a warm embrace and a giddy laugh. He tells tales of hunting safaris during the course of schlepping his and the Natural Wine Theory's new wines to show sommeliers, and others caught up in the whirlwind that surrounds each release. What is hunted is prepared and served with the wines in a kind of carnal hunter and gatherer celebration of the visceral.
After all, Anton was a chef before he created his own labels: Domaine Lucci, his glug-a-lug rustic house wine-equivalent made from grapes that don't make the cut for the top Lucy Margaux wines. The Lucy Margaux label is defined by a number of Pinot Noirs from individual climats albeit, not necessarily autonomous vineyards. As Anton says, 'place is defined by taste and not limited to a single plot of land.'
Taste what the fuss is about - these are among the hottest wines on the planet right now: edgy, feisty; fresh and funky!


  ルーシー マルゴー
の写真
価格で絞込み:Price -
キーワードで絞込みinclude keywords
該当アイテム数: 0 件
並び替え:
表示件数: