ITEM SEARCH

検索条件をリセット


 をすべて含む(AND)
all these words
 のいずれかを含む(OR)
any of these words

■キーワードを追加

 このキーワードを追加
include keywords
 このキーワードを除く
exclude keywords


CALENDAR

=定休日
営業時間:9:00〜18:00

WASSY'S GROUP LINK

Other LINK

マサイアソン
Matthiasson Family Vineyards

マサイアソン
ワインメーカーオブ・ザ・イヤーが造るバランスワイン

オーナー醸造家のスティーヴ・マサイアソンは、2014 年にアメリカの有力紙サンフランシスコ・クロニクルの「Winemaker of the Year」に選ばれ、今後の活躍が期待される敏腕カリフォルニアワインメーカー。

スティーヴにとって、ワインを造るという事は、畑仕事の延長にしか過ぎません。マサイアソンで使われるブドウはナパ・ヴァレーとソノマ・ヴァレーの6 つの畑から収穫され、どれもスティーヴ本人が生育期を通して栽培を管理する畑です。

スティーヴはブドウ品種が本来持つ個性や香りをワインにそのまま反映させるスペシャリストです。彼は、どこにでもあるようなシャルドネやカベルネ・ソーヴィニョンはもとより、リボッラ・ジャッラやレフォスコ・ダル・ペドゥンコロ・ロッソのような、普段あまり見かけない品種も得意とします。どんな品種であっても、彼の仕事は、ただひたすらそのブドウが育つ土壌と品種の個性をワインに反映させることです。

マサイアソンのワインの特徴は、お食事に合わせる事を前提とした爽快感と、通常のカリフォルニアワインよりも低めのアルコール度数です。畑それぞれに適した栽培農法を用いることによって凝縮感のあるブドウを育て、醸造家としての自己顕示欲を極力抑え、ブドウの個性を尊重することによりアロマティックな香りに包まれたバランスの良いワインを造ることが可能になります。

2015 年現在、カリフォルニアにおいて優れたバランスを持つシャルドネとピノ・ノワールを探求する組織「In Pursuit of Balance」のメンバーでもあり、高品質ワインを造ることに定評があります。

Steve Matthiasson
スティーヴは幼い頃から農業に興味がありました。大学在学中、哲学を専門として勉学に励む傍ら、家庭菜園と料理を趣味とする、いわば農芸マニアでした。大学卒業後は、3 年間メッセンジャーとしてアルバイトをし、1994 年に大学院園芸学研究科に入学します。大学院在学中には、サステイナブル・アグリカルチャーを推進するコンサルタント事業に携わり、1999 年にはカリフォルニアにおいてのサステイナブル葡萄農法のガイドブックの共同執筆者として名を連ねます。2002 年にはナパ・ヴァレーで栽培コンサルタントとしての仕事を始め、現在ではナパ・ヴァレー屈指のヴィンヤード・コンサルタントとして活躍しています。彼のクライアントリストには、アローホシャペレスポッツウッド等があります。

Jill Klein Matthiasson
ジル・クラインは自然と文化が交差する場所に強い憧れを感じていました。アメリカのペンシルベニア大学ではイスラエルの古代農業技術を、UC デーヴィス校の大学院では土壌環境について学びました。1990 年代は、農業家同士を繋げることによってサステイナブル・ファーミングを推進する事業に携わります。現在では地元の小学校でガーデニングを教える傍ら、ナパ・ファーマーズ・マーケットの役員として活躍しています。マサイアソンではスティーヴのパートナーとしてワイナリーの経営面を担当します。

価格で絞込み:Price -
キーワードで絞込みinclude keywords
該当アイテム数: 4 件
並び替え:
表示件数:
  1   
  1