ITEM SEARCH

検索条件をリセット


 をすべて含む(AND)
all these words
 のいずれかを含む(OR)
any of these words

■キーワードを追加

 このキーワードを追加
include keywords
 このキーワードを除く
exclude keywords


CALENDAR

=定休日
営業時間:9:00〜18:00

WASSY'S GROUP LINK

Other LINK

 

パイパーズ・ブルック&ナインス・アイランド

タスマニアをリードするハイ・センス・ワイナリー

『パイパーズ・ブルック』は、タスマニア州で最大の生産者で、プレミアム・レンジ゛の『パイパーズ・ブルック』早飲みタイプの『ナインス・アイランド』の2つのシリーズを持っています。

涼しい気候でできるブドウには、素晴らしい風味の元となるしっかりとした酸味があります。そのため、温暖な地域のワインのような力強さやアルコールの強さ は無いものの、エレガントで繊細なワインとなります。香り高く、引き締まった充実感のあるワインがタスマニア・ワインの特徴です。

1973年、アンドリュー・ピーリーはタスマニア島北部のパイパーズ・ブルックに畑を造り始めます。ブドウを育てるにはギリギリの冷涼地区のため、まずブ ルゴーニュ品種のシャルドネとピノ・ノワールが中心に植えられ、その後リースリング、ゲヴルツトラミナー、カベルネ・ソーヴィニヨンなどの品種が加わりま した。オーストラリアでは珍しい高栽培密度でブドウの樹勢をコントロールし、収穫量を抑え品質の高い果実を得ています。

1998 年、同じタスマニア北部のヒームズカーク・グループを買収、同グループのヒームズカークとロシュコムのワイナリー及び畑を獲得、質量ともにタスマニアを代表する生産者となりました。現在パイパーズ・リヴァー、パイパーズ・ブルック、タマール・ヴァレーに計10ケ所の土地を所有し、総面積約700ha、ブドウ畑176ha となっています。

1999年には4年の歳月をかけて造られた最初のスパークリング・ワイン『ピーリー』を発売。たちどころにマスコ ミやワイン評論家の注目の的となり、オーストラリアで1、2を争うスパークリングと絶賛されました。
タスマニアは冷涼地区のためヴィンテージの差が大きいですが1998、1999、2000年とすばらしい年に恵まれました。

2001年ベルギーのクレリンガーがパイパーズ・ブルックの親会社となり、2003年から醸造責任者がルネ・ベゼマーに変りました。

プレミアム・レンジの
『パイパーズ・ブルック』

早飲みタイプの
『ナインス・アイランド』)

 

価格で絞込み:Price -
キーワードで絞込みinclude keywords
該当アイテム数: 4 件
並び替え:
表示件数:
  1   
  1