ITEM SEARCH

検索条件をリセット


 をすべて含む(AND)
all these words
 のいずれかを含む(OR)
any of these words

■キーワードを追加

 このキーワードを追加
include keywords
 このキーワードを除く
exclude keywords


CALENDAR

=定休日
営業時間:9:00〜18:00

WASSY'S GROUP LINK

Other LINK

セバスチャーニ
Sebastiani

セバスチャーニ

セバスチャーニ・ヴィンヤーズの歴史は1825年にさかのぼります。その年、地元ネイティブ・アメリカンのアシストによりサンフランシスコ、ソラーノの近くにフランシスコ教会の伝道師達が初めてのワイン畑を造りました。そして結果これらの畑はカリフォルニア北部の一番古い畑の一つに入ります。創立者のサミュエル・セバスチャーニはイタリア、トスカーナ地方でワイン生産経験を経て1895年にアメリカへ移住、1904年この畑は彼の手に渡りました。

サミュエルの人生はかなり興味深く、彼がカリフォルニアに初めて降り立った際、彼は文字通り移民者で背中に背負う洋服以外何も持っていませんでした。彼は日雇いなどの仕事をし始め、特にソノマ地区にある丘陵など山々の採石場からの石運びをし、ついには馬とワゴンを手に入れるに十分なお金を貯める事が出来ました。この石というのはサンフランシスコの歩道の基盤となり今でも残っています。

1904年この事業で貯めたお金で土地を買い、ワイナリーを設立し、ブドウ栽培を始めることが出来たのです。アメリカに移住する前に学んだ巧みで高度な技術を用い、良質なソノマ・ヴァレーのワイン造りに着手しました。

1944年のサミュエルの死後すぐに、彼の息子オーガスト・セバスチャーニと彼の妻シルヴィアが父の意志をしっかりと受け継ぎ、ワイナリーの生産高を100倍に増加、独創的な発想をもとに、人気のマグナムなどの価格付けなどプレミアム・ヴァラエタルワインを使って成功へ導きました。

”Noveau” ガメイ、ボジョレーなどをアメリカに紹介、”Eye of the Swan”と呼ばれピノ・ノワール・ブランとして知られているブラッシュ・ワインも造りました。このワインの色はオーストラリアのブラック・スワン(黒鳥)の目の色、ピンク色を思い出させるのでした。そして全ての試みや努力が実り、オーガストはすぐにアメリカの最も熟練された革新的ワインメーカーの一人として名声を得ることになりました。

この有名なワイン醸造ファミリーの3代目マリー・アンはセバスチャーニ・クネオの代表、チーフ・エグゼクティブ・オフィサー。リーダーシップ的存在でワイナリーの舵取りを任されています。マリー・アンは待望のプロジェクトであった1903年創立当時のオリジナルなワイナリーを復元、2年がかりの一大プロジェクトを成功に導きました。

伝統ある葡萄品種全てはソノマ・カウンティで元気に育っています。しかし気候、土壌、標高、照射、そして畑自身の力生命力において、それぞれの品種にとって理想的な場所があり、それを把握し、尊重することはブドウ栽培において最も重要な事。セバスチャーニ・ヴィンヤーズでは100年近くの葡萄栽培またソノマ・カウンティでのワイン造りを通して、模範として見せるに値する最高の葡萄ができると深く感じています。

価格で絞込み:Price -
キーワードで絞込みinclude keywords
該当アイテム数: 5 件
並び替え:
表示件数:
  1   
  1