ITEM SEARCH

検索条件をリセット


 をすべて含む(AND)
all these words
 のいずれかを含む(OR)
any of these words

■キーワードを追加

 このキーワードを追加
include keywords
 このキーワードを除く
exclude keywords


CALENDAR

=定休日
営業時間:9:00〜18:00

WASSY'S GROUP LINK

Other LINK

サザン・バンダリー・ワインズ
Southern Boundary Wines

 
サザン・バンダリー・ワインズTOP画像

ワイパラ地区老舗ワイナリーが手がける超コスパワイン

1982年設立。ワイパラ地区で最初にブドウを栽培した家族経営の老舗ワイナリー。
サザン・バンダリー・ワインズは4世代に渡り、マールボロやワイパラ地区のテロワールにひたむきに向き合いワイン造りを行ってきました。生み出すワインはすべて自社畑100%とこだわり高い品質のワインを生み出しています。凝縮した果実と美しいアロマが生まれるワイパラ地区や、エレガントでミネラル感豊かなワインが生まれるマールボロ地区の自社畑でそれぞれのテロワールに最適なブドウを栽培し高いコストパフォーマンスで人気を集める醸造所です。

それぞれの畑の土壌と環境、気候条件を理解し自然と共にワインを造るということをモットーにすることで最高品質のブドウの栽培が可能となります。ワイナリーではまた、サステナブル農法(NZWG認定)を2009年より取り入れ自然と向き合い持続可能なブドウ栽培を行っています。 そして、経験を積んだ畑のエキスパートで構成された少人数の栽培チームによって畑は全ての段階で慎重に管理され、そして質の高いブドウを産み出しています。

サザン・バンダリー・ワインズが目指すのは個性があり、マールボロ地区やワイパラ地区の”テロワールを反映している”ワイン。
そしてその理想を追い求めた結果出来たホーム・クリークは、手ごろな価格でありながらも畑の特徴を表現し、そこから独自のスタイルへと発展を遂げています。

醸造家のスコット・ベリー氏はリンカーン大学で醸造学を学び、その後フランスのサンセールで伝統を重んじる最大の造り手として知られるアルフォンス・メロにてアシスタント醸造家として経験を積みました。
幼いころからブドウ畑が常に身近に存在するという環境の中で育った影響で、自然とワインやワイン造りにパッションを持つようになったと言います。 スコット曰く「ワイン造りは地域環境や畑の持つ味わいなど変化しやすい条件の中で行われます。この変化が自分を突き動かし、畑の持つポテンシャルを最大限にワインに表現させる原動力となっている」のだと。

ワイパラ地区とマールボロ地区の特徴

ワイパラ地区
●標高30-60m:(成長期の1月の気温 9-27度)
テヴィオットデール山から吹く東風を受けることもなく、夏の日中は暑くまた雨も少ないことからブドウの成長に適した産地です。また、収穫期になると穏やかな気候になり寒暖差が産まれます。マールボロに比べて生育期間が短いですが、長く乾燥した秋と涼しい夜が特徴的でしっかりとした酸が期待できます。 また夜間の冷え込みは収量を少なくさせるますが、色が濃く逆に凝縮したアロマが生まれピノやリースリングの栽培に適すると考えられます。 マールボロ地区
●標高 33m:(成長期の1月の気温 13-25度)
ワイパラに比べると気温は一定で穏やかです。
現在マールボロには25ヘクタールのラパウラ地区に土地を所有しています。この地は言わずと知れたソーヴィニヨン、ピノ・グリ、ピノ・ノワールの名産地です。

価格で絞込み:Price -
キーワードで絞込みinclude keywords
該当アイテム数: 6 件
並び替え:
表示件数:
  1   
  1