ITEM SEARCH

検索条件をリセット


 をすべて含む(AND)
all these words
 のいずれかを含む(OR)
any of these words

■キーワードを追加

 このキーワードを追加
include keywords
 このキーワードを除く
exclude keywords


CALENDAR

=定休日
営業時間:9:00〜18:00

WASSY'S GROUP LINK

Other LINK

スポッツウッド
SPOTTSWOODE

コ コで造られるワインは"カベルネ・ソーヴィニヨン"と"ソーヴィニヨン・ブラン"のたった2種のみですが、非常に高い評価を得ています。ワイナリーはナパ の核心地帯ともいうべきセントヘレナの町の北西に位置し、マヤカマス山の裾野に広がる畑は20ヘクタールほどの面積があります。歴史は古く120年以上 前、1882年に拓かれたカリフォルニアでも由緒あるエステートのひとつですが、現在のオーナー、ノヴァク家が1982年以来所有しています。そしてワイ ナリーの名称は、1910年代にこのワイナリーを所有していたスポッツ家に由来しています。

ラ ベルにも描かれている通り、ワイナリーの入り口にあるヴィクトリア様式の瀟洒な建物が、いかにも高級ワイナリーといった雰囲気を醸し出しています。肝心の 畑は手入れが行き届いていますが、それもそのはずで、ヴィンヤード・マネージャーはカルト・ワイナリーの多くを手がける、あのデイヴィッド・エイブリュー が担当しています。地元ラザフォード生まれでナパを知り尽くしているエイブリューにとって、スポッツウッドは自分の庭のようなものですし、自身のワイナ リーもこの近くにあります。栽培はオーガニックでおこなっていますが、昨日今日始めた訳ではなくもう20年もの歴史があり、ワイナリーの誇りでもありま す。植えられているのはほとんどがカベルネ・ソーヴィニヨンで、それにカベルネ・フランが少々という割合です。つくりはステンレスのタンクで2、3週間前 後のアルコール発酵、樽熟はフレンチ・オークを用いそのうちの6割ほどは新樽、という具合で、とりたてて秘密等はありません。ただ最初期のワイン・メー カーにトニー・ソーター、その後もコンサルタントとしてミア・クライン両者がスポッツウッドに関わっていた、ということはありますが。

ス ポッツウッドのワインを一言で表現すれば「洗練」ということに尽きます。色調も濃く、凝縮感に富んでいてタンニンも十分ですが、そのタンニンは磨きぬかれ た感があります。重すぎるというようなことはなく、熟成によってその洗練さにさらに磨きをかけるといった具合です。ワイナリー自らが、10年前後のセラー リングを奨めているというのも、カリフォルニアでは非常に珍しいことといえます。洗練さということにおいては、カベルネも然ることながらソーヴィニヨン・ ブランもフィネス溢れる仕上がりで、ぜひとも試していただきたい1本であります。が、大変残念なことにソーヴィニヨン・ブランはほとんどアメリカ国内で完 売してしまうため、国外でその姿を見かけるのはほとんど稀、という状態です。

 
価格で絞込み:Price -
キーワードで絞込みinclude keywords
該当アイテム数: 2 件
並び替え:
表示件数:
  1   
  1