ITEM SEARCH

検索条件をリセット


 をすべて含む(AND)
all these words
 のいずれかを含む(OR)
any of these words

■キーワードを追加

 このキーワードを追加
include keywords
 このキーワードを除く
exclude keywords


CALENDAR

=定休日
営業時間:9:00〜18:00

WASSY'S GROUP LINK

Other LINK

サッカリー
THACKREY

Sean Thackery is a self-taught winemaker who believes that the practical challenges one encounters when fermenting grapes have little to do with what's taught in a classroom.
"Wine science is to winemaking the way food science is to cooking. They're simply different problems," he says.
Thackrey is an eccentric, some say maverick winemaker who crafts his distinctive wines at his home in the town of Bolinas.
In his bib overalls, he strikes you as a farmer, but when you speak with him he impresses you as a scholar.

Like any experienced chef or winemaker, Thackrey has a distinctive style.
Tastings of his wines reveal consistently powerful, intense flavors and rugged tannins, especially in the Sirius and Orion bottlings.

ローヌ品種の鬼才、ショーンサッカリーが手がける原始的なワイン造り

マリンカウンティの山中で暮らす鬼才サッカリーの「古」に対する探究心は計り知れない。数百年前の醸造文献を学者達とともに解読し、18、19世紀のワイン造りについて語りだしたらとまらない…。

そんな彼のワイン造りは非常に原始的。セラーに空調設備はなく天井にはツバメが巣を作り、親鳥が出入りしやすいように扉は少し空けられている。一般的なワインメーカーが見たら仰天しそうな「100年前」の環境。そこから生まれてくるワインは高い完成度の中にどこか田舎っぽい、良い意味で粗野な風味が漂う。

1905年から続く伝統的なロッシヴィンヤードのシラー、”オライオン02”がワインアドヴォケイト誌において96〜100pts、プティシラーの”シリウス01”が96ptsという驚異的なポイントを獲得。マニアックなファンのワインであったサッカリーは世界の愛好家の知るところとなったが、彼は全く意に介さず、自分のワイン造りを続ける。

テクニカルな質問を向けても彼は一切答えず、「料理がおいしいからってシェフに『この料理の塩は何グラム?』なんて野暮なこときかないだろ?」と笑うばかりだ。

 
価格で絞込み:Price -
キーワードで絞込みinclude keywords
該当アイテム数: 3 件
並び替え:
表示件数:
  1   
  1