ITEM SEARCH

検索条件をリセット


 をすべて含む(AND)
all these words
 のいずれかを含む(OR)
any of these words

■キーワードを追加

 このキーワードを追加
include keywords
 このキーワードを除く
exclude keywords


CALENDAR

=定休日
営業時間:9:00〜18:00

WASSY'S GROUP LINK

Other LINK

ウェンテカリフォルニア・シャルドネの”ルーツ”

ウェンテ・ヴィンヤーズは、カリフォルニアのワイナリーの中でも、その歴史は古くて創業は1883年。カリフォルニアのゴールドラッシュ時代に、ドイツから移住してきたカール・ウェンテ氏によって 開かれたワイナリーです。 セントラルコーストのリヴァモア・ヴァレーに19ヘクタールの土地を購入し、その歴史は始まりました。

禁酒法の時代も、ウェンテ・ヴィンヤーズはミサ用のワインとして生産を許可され、設立以来5代に渡り130年以上も愛され続けていることから、 「途切れることのない家族経営ワイナリー」と呼ばれています。

ウェンテ・ヴィンヤーズといえば、
カリフォルニアの他のワイナリーにも大きな影響を与えた「シャルドネ」。

ウェンテ・ヴィンヤーズのシャルドネの歴史は2代目のアーネスト・ウェンテ氏から始まりました。 1912年、フランスのモンペリエ大学の育苗場からシャルドネの挿し木を持ち帰り、セントラルコーストのリヴァモア・ヴァレーで慎重に栽培、選別と植樹を繰り返し、カリフォルニア・シャルドネが誕生しました。

しかし、その後に発令された禁酒法により、多くのワイナリーが生産を中断し、カリフォルニアのワイン産業は壊滅状態に。この危機的状態状況を救った生産者こそがウェンテ・ヴィンヤーズでした。

ミサ用のワインとして生産を許可されていたウェンテ・ヴィンヤーズは、禁酒法撤廃後、衰退の道を辿っていた他のワイナリーに、大切に育てたシャルドネの苗木を譲与し、カリフォルニアワイン産業の復活の礎となりました。
のちにこの苗木は「ウェンテ・クローン」と呼ばれるようになります。

現在、カリフォルニア・シャルドネの75〜80%は、元を辿ると「ウェンテ・クローン」だと言われています。キスラーフラワーズコングスガードピーター・マイケルといった「シャルドネの大家」とされる造り手たちのワインにも、歴史を眺めると「ウェンテ・クローン」の名が刻まれています。

また、ウェンテ・ヴィンヤーズはシャルドネが有名ですが、その他にもカベルネソーヴィニヨンはシャトー・マルゴー、ソーヴィニヨンブラン/セミヨンはシャトー・ディケムの苗木に由来していることでも知られています。

現在、ウェンテ・ヴィンヤーズは、リヴァモア・ヴァレーに1000ヘクタール、モントレー郡のアロヨ・セコに400ヘクタールのブドウ畑を所有しています。自社畑のブドウのみを使用し、栽培から醸造、ボトリングまで全て自社で行い地球の環境に配慮した持続性農法(サスティナブル・ファーミング)にも早くから取り組んでいます。

2011年には、アメリカを代表するワイン雑誌のひとつ「Wine Enthusiast(ワイン・エンスージアスト)」が毎年実施する、ワイン・スター・アワードにおいて、長い間アメリカワイン産業を根底から支え高品質のワインを造りつづけてきたことが高く評価され、≪アメリカン・ワイナリー・オブ・ザ・イヤー≫に選出され、7000を超えるアメリカ国内のワイナリーの頂点に輝いています。

『ワイン・エンスージアスト』コメントより
「1883年に創設されたリヴァモアヴァレーのウェンテは、アメリカで最も古く、また途切れることワイン造りを行っている家族経営ワイナリーである。すべての価格帯において優れたワインを造っており、カリフォルニア州に初めてシャルドネを紹介したことでも知られるワイナリーである。」

価格で絞込み:Price -
キーワードで絞込みinclude keywords
該当アイテム数: 12 件
並び替え:
表示件数:
  1  2   次のページ
  1  2   次のページ