ITEM SEARCH

検索条件をリセット


 をすべて含む(AND)
all these words
 のいずれかを含む(OR)
any of these words

■キーワードを追加

 このキーワードを追加
include keywords
 このキーワードを除く
exclude keywords


CALENDAR

=定休日
営業時間:9:00〜18:00

WASSY'S GROUP LINK

Other LINK

バスフェリップ
Bass Phillip


フィリップ・ジョーンズもピノ・ノワールに魅せられた、ただ1人のオーストラリアのワインメーカーだった。
「Chateau Ducru Beaucaillou」に短い恋をした後、伝説のブルゴーニュのワインプロデューサーである、晩年の「Henri Jayer」の素晴らしいワインに魅了されたのだった。

その当時彼の畑の大部分に植えられていたカベルネ種は全て抜き取られ、ピノ・ノワールに植え替えられた。それが彼の完璧主義者としての行動であり、これから始まる終わり無き戦いへの序章であった。

この小さな10エーカー程の土地に1979年にフィリップ・ジョーンズによって設立されたワイナリーは、ブルゴーニュの偉大なドメーヌとそう違わないほどの名声を急速に得ている。
時にはエーカーあたり1トン以下という非常に少ない収量で、毎年の生産量もわずか数百ケースのみである。年によっては一樽分のみのリザーブワインが瓶詰めされるといったようなこともある。

そんなワイン作りをしているワインメーカー「フィリップ ジョーンズ」氏が少量生産でしかワインを造らないのは彼の細部にわたるこだわりによるといえる。
それぞれのぶどうは手摘みで収穫され、選別される。そして「バス・フィリップ」としての厳しい基準をクリアーしなかったものは全て除かれる。(難しい年は最大30%くらいのぶどうが選果後搾取される)。

ワインはそのヴィンヤード・サイトいわゆる、「テロワール」を表現したものであるということを考えると、バスフィリップにおけるキー・プライオリティは、「ドライ・ファーミング(dry farming)」、「低収量」、「殺虫剤の使用を最小限(現在はほぼ無し)にし、醸造過程では添加物も最小限にし、自然酵母を使い、「ノン・フィルターリング」、「機械的なポンプなどは使わない」といった所にある。

 

価格で絞込み:Price -
キーワードで絞込みinclude keywords
該当アイテム数: 2 件
並び替え:
表示件数:
  1   
  1