ITEM SEARCH

検索条件をリセット


 をすべて含む(AND)
all these words
 のいずれかを含む(OR)
any of these words

■キーワードを追加

 このキーワードを追加
include keywords
 このキーワードを除く
exclude keywords


CALENDAR

=定休日
営業時間:9:00〜18:00

WASSY'S GROUP LINK

Other LINK

幻ワイン イメージ


まぼろしのオーナー兼ワインメーカーの私市友宏さんがWassy'sにご来店♪奥様とともにワイン会も開催していただきました。

カリフォルニアでワイン作りに情熱を傾ける一人の日本人がいます。
私市友宏(きさいちともひろ)氏。妻レベッカさんと共に自分達のワイン「幻メルロー」を1999年に初めてリリースしました。

この二人が手がけた初ヴィンテージ、ここまでの道のりは決して平坦なものではありませんでした。 私市氏は大阪府交野市生まれ。家業が酒類販売だったこともあり青年期からさまざまなお酒に慣れ親しんでいました。

お店に並ぶ国内外のワインを体験し続ける中で、「アッっ、これは!!」という素晴らしい出会が彼に訪れました。

そのワインの名は“ラ・ターシュ”。

オーナー兼ワインメーカーの私市友宏さんと奥様のレベッカさん

出会ってしまってからというもの、自分の中でワインを造ってみたい、みようとの思いがつのり、お店の主人としての地位を捨て、
自分自身のワインを造ろうと決心。 その年である1991年に、素敵な米国人女性の奥様、レベッカさんと3歳になる詠美ちゃんを連れ立って、私市氏は半ば勘当同然でワイン造りの修行へと、フランス、ブルゴーニュへ旅だったのです。

彼の現在ある類まれなる非凡さのエネルギーはこの出発が原点です。
1月からジュブレイ・シャンベルタンのドメーヌ・アルマン・ルソーで1年間働くことになりました。しかし、そこで待ち受けていたのは期待とはかけ離れた、過酷な肉体労働でした。有名ワイナリーでの仕事は、ぶどうの木の剪定から房の摘み取り等、ありとあらゆる力仕事からなり、「ワインを造る」事からはかけ離れた単純作業でした。(もっともこの経験が現在の仕事の根幹をも担っているのはまぎれもない事実です。)

求人広告を頼りに他のワイナリーを回ってはみたものの環境はそう変わりそうにもありませんでした。個人的に親切な人もいて、友人も出来たのですが、フランス語が苦手な妻のことも考え、新天地を一路カリフォルニアに求めることにしました。

二人は1年間のフランスでの経験を通して、フランスワインの出来上がってしまった"型"を実感し、自己実現の可能性はカリフォルニアにあると考えたのです。カリフォルニアの澄んだ青い空の下、肉体労働者としてではなく、セラー・ワーカーとしての道を歩み始めました。友宏氏はストーンストリート・ワイナリーのセラー・ワーカーから始め、現在はミシェル・シュランバージェ・ワイナリーでエノロジストをしています。
レベッカさんも、サイモン・レヴィ・セラーズにてワインメーカー(醸造責任者)として活躍、2人でソノマのロシアン・リヴァ・ヴァレーに念願のピノノワール畑を購入、敷地内に新居を構え自分たちの畑から取れたピノノワール造りに力を注いでいます。

ちなみに幻ワイナリーのワインにつけられている幻想的なラベルは、私市さんの自作で、月の周りに、羊と鷲がいます。この羊はムートンを、鷲はスクリーミング・イーグルと米、仏 を代表するワイナリーが月(まぼろし)を追いかけている様子なのだそうです。

『まぼろしのワイン会』2004年6月23日
オンラインWassy'sに大人気の 『まぼろし』のオーナー兼ワインメーカーとして活躍中の私市友宏さんと、栽培を担当している奥様の"レベッカさん"がWassy'sに来店!
それを記念して、Wassy's Presents『まぼろしのワイン会』が開催されました。

私市さんといえば、今やカリフォルニワイン会が認めた 『日本人ワインメーカー』として各方面から注目されています。
そんな、私市さん&レベッカさんご夫妻を囲んでのワイン会。 なんといっても今回は、全て日本語でOK!? ワインの説明も質問も日本語。 参加された皆さんは、日本語にて私市さんとレベッカさんとお話できて大満足(*^-^*)

すごく和やかな雰囲気で、行われた今回のワイン会の目玉はなんといっても、
ファーストリリースの"1999年"から"2000年"、"2001年"の垂直試飲!
どの年も個性的でかつ深い味わい。

参加されたみなさんもグラス片手に、好みのワインを楽しまれてました。

まぼろし ワイン会
まぼろし ワイン会
まぼろし ワイン会

私市さん&レベッカさんを囲んで和やかな雰囲気でのワイン会、当然ながら質問は日本語でOK!
世界トップレベルの醸造家の生の声が聞けるチャンスと参加したお客様の質問攻めに。

まぼろし ワイン会
まぼろし ワイン会
まぼろし ワイン会
この日のための、スペシャルメニュー。メインは"フランス産バスク豚とバスク地方のチーズ『オッソイラティ』のオーブン焼 〜根セロリのピューレとトマトのソース〜" 私市さんも「おいしい!」のお墨付き。
私市さんがこの日のために持参してくれた、2002年産「まぼろし・カベルネソーヴィニヨン」?!
『まぼろし』といえばメルロ。なぜ、カベルネソーヴィニヨン?幻? (写真・右)
私市さんご夫婦
記念撮影1
記念撮影2
もちろん、恒例のサインボトルもいただきました。 今回は、私市さん&レベッカさんの2人のサイン入り。(写真・左)
そして、最後はWassy'sスタッフと記念撮影。

価格で絞込み:Price -
キーワードで絞込みinclude keywords
該当アイテム数: 6 件
並び替え:
表示件数:
  1   
  1