ITEM SEARCH

検索条件をリセット


 をすべて含む(AND)
all these words
 のいずれかを含む(OR)
any of these words

■キーワードを追加

 このキーワードを追加
include keywords
 このキーワードを除く
exclude keywords


CALENDAR

=定休日
営業時間:9:00〜18:00

WASSY'S GROUP LINK

Other LINK

ピーター・レーマン
Peter Lehmann

ピーター レーマン Peter Lehmann

バロッサが生んだ伝説的ワインメーカー

peter lehmann
ピーター・レーマン氏

Andrew Wigan
チーフ・ワイン・メーカー
アンドリュー・ウィガン氏

オーストラリアで最も知られるるワインの産地バロッサは、樹齢100年を超える古木が多く残存し、今でも素晴らしい実をつけています。代々続くブドウ栽培農家が丹念に育てた葡萄から世界最高級のシラーズが造りり出されています。そのバロッサで地元の人々に最も尊敬されているのがピーター・レーマン(Peter Lehmann)です。ピーター・レーマンがいなければ、今の美しいバロッサは存在していなかっただろうと言われています。

ドイツ系移民の6代目である創設者のピーター・レーマン(Peter Lehmann)は、長年、バロッサで醸造に携わってきました。その年のブドウと購入するかどうかは、ブドウ栽培家たちとの握手と信頼で決めていたピーター・レーマンですが、自分の雇い主が、ブドウの供給過剰を理由に一方的にブドウ買取契約を破るように強要したとき、彼は会社を去り、私財を注ぎ込みピーター・レーマン・ワインズ(Peter Lehmann Wines)をつくります。存続の危機に瀕した栽培農家からブドウを引き取り、ワイン造りをはじめる動きに、現在のチーフ・ワイン・メーカーであるアンドリュー・ウィガンやその他数十人も、ピーター・レーマンと行動を共にしました。

 以来、ピーター・レーマン・ワインズ(Peter Lehmann Wines)とバロッサ・ヴァレーの180軒以上の独立した栽培農家との強い絆からは、毎年、素晴らしいワインが生み出されています。彼らが所有する樹齢の高い900を超える畑のブドウを自由に使えることは何物にも変えられない宝です。より質の高いブドウ作りに一緒に取り組むために、グロワーズ・リエゾンという部署を設けているのも、ピーター・レーマン・ワインズの特徴のひとつです。担当のピーター・ナッシュはワイン業界が大ベテランです。毎日、バロッサ中を駆け巡り、栽培者一人一人とコミュニケーションを取り合ってバロッサ・ヴァレーの隅々まで土壌や気候の違いなどを把握しています。

誰よりバロッサ・ヴァレーを愛しているピーターは、100%バロッサのブドウにこだわり、サブ・リージョンや畑それぞれの特徴を生かしたブレンド技術により1990年、ストーンウェル・シラーズ’89でジミー・ワトソン・トロフィーを獲得、1980年代にクナワラやマーガレット・リヴァーに圧倒されていたバロッサ・ヴァレーの赤ワインに新しい風を吹き込みました。そんな彼を、人々は「バロッサの男爵」と呼んでいます。

ピーター・レーマン・ワインズ(Peter Lehmann Wines)の品質とコスト・パフォーマンスの良さは、オーストラリアの「ワインステート」誌などのみならず、アメリカの「ワイン・スペクテイター」やロバート・パーカーの「ワイン・アドヴォケイト」でもしばしば取り上げられています。

ピーター・レーマン・ワインズ(Peter Lehmann Wines)は、2003年、米国へス・コレクション・ワイナリーのドナルド・ヘスをパートナーとし、ヘス・グループ傘下に加わりました。2007年、ピーター・レーマン・ワインズとヘス・グループは「ピーター・レーマン・シラーズ・ワールド・ソムリエ賞」を新設、世界ソムリエ協会の協力のもとに、世界ソムリエコンクールに併せ審査が行われることになりました。今後も3年に1度、最優秀シラーズ・ソムリエが選抜されることになっています。

ピーターレーマンのワイナリー風景1 ピーターレーマンのワイナリー風景2 ピーターレーマンのワイナリー風景3
ピーターレーマンのブドウ畑1 ピーターレーマンのブドウ畑2 ピーターレーマンのブドウ畑3
価格で絞込み:Price -
キーワードで絞込みinclude keywords
該当アイテム数: 39 件
並び替え:
表示件数: