ITEM SEARCH

検索条件をリセット


 をすべて含む(AND)
all these words
 のいずれかを含む(OR)
any of these words

■キーワードを追加

 このキーワードを追加
include keywords
 このキーワードを除く
exclude keywords


CALENDAR

=定休日
営業時間:9:00〜18:00

WASSY'S GROUP LINK

Other LINK

リッジ ヴィンヤーズ
Rigde Vineyards
リッジ

リッジヴィンヤードから、ワインメーカーのエリックと副社長のディヴィッドが来店しました♪

パリ対決30周年記念テイスティングで、堂々1位に!!

パリ対決

パリ対決とは?
1976年5月24日に、イギリス人ワイン商のスティーヴン・スパリュアが行った伝説的な ブラインドテイスティングのこと。最高クラスのボルドー赤/ブルゴーニュ白と、カリフォルニアの カベルネ/シャルドネを、フランスワイン業界の重鎮たちが比較試飲・審査したというものである。 当時のカリフォルニアワインはまったく無名の存在。誰もがフランスの勝利を信じて疑わなかった 中、赤では スタッグス・リープ・ワイン・セラーズ のカベルネ1973が、 白では シャトー・モンテリーナ のシャルドネ1973がそれぞれトップに立った対決です。

カリフォルニアワインの実力を世界に知らしめた、「パリ対決」から30年。去る2006年5月24日、 30年前と同一のワイン・同一のヴィンテージを、再び利き比べする記念テイスティングが行なわれました。 そこで、モンテベロの1971年が堂々一位に輝やきました。

2006年のテイスティングでもまた、スティーヴン・スパリュアが取りまとめ役を引き受けました。 ロンドンとナパで同時に開催し、英米各9名の審査員がブラインドで採点を行うという形式です。 審査員の顔ぶれは、ヒュー・ジョンソン、ジャンシス・ロビンソン、マイケル・ブロードベント、 ミシェル・ベタンヌ、フランク・プライアルなどなど、英米仏の高名なワインジャーナリストが中心となりました。 1976年当時の審査員からは、ラ・トゥール・ダルジャンの元ソムリエであるクリスチャン・ヴァンヌケと、 著述家のミシェル・ドヴァスが参加しています。

30年前と同じ古酒だけでなく、近年のヴィンテージについても、 カリフォルニアとボルドー/ブルゴーニュの若い赤白(カベルネとシャルドネ)が試飲されることになりました。 パリ対決30周年記念テイスティングの結果は下記の通り、古酒部門、若いヴィンテージ部門ともに、 リッジ モンテベロが1位を獲得しています!!


<古酒部門の採点結果>
1位 Ridge Monte Bello 1971
2位 Stag's Leap Wine Cellars 1973
3位 Heitz Martha's Vineyard 1970
3位 Mayacamas 1971
5位 Clos du Val 1972
6位 Chateau Mouton-Rothschild 1970
7位 Chateau Montrose 1970
8位 Chateau Haut-Brion 1970
9位 Chateau Leoville-Las-Cases 1971
10位 Freemark Abbey 1969
137点
119点
112点
112点
106点
105点
92点
82点
66点
59点
<若いヴィンテージ部門の採点結果>
1位 Ridge Monte Bello 2000
2位 Stag's Leap WineCellars Cask23 2001
3位 Staglin 2001 Rutherford
4位 Shafer Hillside Select 2001
4位 Joseph Phelps Insignia 2002
6位 Clos du Val 2000 Reserve
※ 正規審査員18名による採点
77点
76点
64点
59点
59点
43点

今から約120年前、サンフランシスコのイタリア人地区の名士であり医師でもあった “オセアペロン氏”がモンテベロリッジの頂上近くに180エーカーの土地を購入したのがリッジの始まり。

1969年にはスタンフォード大学で哲学を学び、チリの海岸沿いにワイナリーの設立を手掛けた経験に富んだ 醸造家、“ポール・ドレーバー氏”が事業に参加しています。 リッジにてワイン造りをすることにより、彼の品質の高いワインと伝統的な手法に関する知識はより開拓された率直な手作りの手法を完全なものとなりました。
彼の指揮の下に古いワイナリーは復元され、リッジのワインは安定した品質と世界的な評判が確立、そんな世界各国から注目されるワイナリーとなったリッジは1986年、『大塚製薬』により購入されました。
オーナーである『大塚製薬』・“大塚明彦氏”はワイナリーの運営が今までと変わらずに行われることを望むと表明しています。

リッジは現在6万から7万ケースを生産していますが、生産量のほとんどがカベルネおよびジンファンデルが占め、メルロー、マタロ、プティ・シラーおよびシャルドネをわずかに生産しています。

『リッジ・ヴィンヤーズ』に訪問しました!!

リッジ・ヴィンヤーズ訪問 リッジ・ヴィンヤーズのワイナリー1 リッジ・ヴィンヤーズのワイナリー2
リッジ・ヴィンヤーズのワイナリー3 リッジ・ヴィンヤーズのヴィンヤード1 リッジ・ヴィンヤーズのヴィンヤード2
リッジ・ヴィンヤーズのヴィンヤード3 リッジ・ヴィンヤーズのヴィンヤード4 リッジ・ヴィンヤーズのヴィンヤード5
価格で絞込み:Price -
キーワードで絞込みinclude keywords
該当アイテム数: 10 件
並び替え:
表示件数:
  1   
  1