フランスも試飲しますよ

今回はフランスワイン中心の試飲会
会場のカーペットが豪華です。

 

プリューレ・ロックの『ラドワ・ル・クル・ルージュ2015』

ブルゴーニュのロック様
(こちらはアメリカのロック様)

 

香りが開くまでかなりの時間を要するのと、飲み方がどことなくデリケートな
プリューレ・ロックの中で、抜栓4時間の1回デカンタで提供されたこの
ラドワがとても柔らかく染み込むように飲めてしまった事に驚き。
ロックにあるむずかしさを感じない仕上がりでした。

 

レ・ブリュリエール・ド・ベイシュベル2015
試飲会でテイスティングするボルドーワインってあまり得意ではないんですが(そんな事言っていいのか?!)
このワインこの日飲んだすべての中でもかなり好みでした。

15年と若いんですが、ボルドーの青さや硬さをあまり感じさせず、最初の一口目から
全体的に柔らか。価格も3000円台とお手頃。

 

 

ドメーヌ・ペロ・ミノ モレ・サン・ドニ ラ・リュ・ド・ヴェルジィ2015

ひと口目から「レベル高いなぁ~~」と思ってしまう美味しさ。
ワインに必要な美味しい要素を全て高得点で押えているようなワイン。

 

『ドメーヌ・ベルサン ブルゴーニュ・コート・ドーク・セール・ピノノワール2015』

ミディアムボディで軽めの味わい。うすウマ(薄い味わいながら旨い)系
すいすいと飲めてしまう美味しさで価格も2000円台とブルゴーニュ・ピノと
しては、すいすい飲みやすい価格です。

 

プリューレ・ロックのヤニックさん。

 

ヴァインバックのカトレーヌ女史。
他の生産者さんがブースのテーブルからサービスしてる中、
彼女はブースの前に出てサービスしてました。

〆のラスボスは強敵です

Twitterで随時アップしてましたが、本日はサッポロさんの試飲会
(サッポロの赤星はお気に入り)

 

 

試飲会場入り口、まずはウエルカムシャンパンとばかりに
『ティタンジェ』ブームが鎮座。

大体試飲会では、赤ワインも白ワインもスパークリングも同じ
おひとり様1個の試飲グラスなんですが、テタンジェのこだわりか
このブースだけはシャンパングラスで試飲。

美味しくウエルカムさせていただきました。

 

まずは必須と言えるアメリカワインブースから

 

カリフォルニアのベリンジャーをメインにエチュード、セントジーン、
ワシントンのコロンビアクレストなどなど。

印象的だったのは、地味な方のスタッグスリープ。

パリテイスティングで1位とか言われてるのは『スタッグスリープ・ワインセラーズ』
こちらは『スタッスリープ・ワイナリー』。
スタッグスリープが場所の名前だから仕方ないですが。

しっかりしたタンニンなんですが、きめ細かくジューシーな果実味が
素晴らしい仕上がりに。もっと注目浴びて欲しいワインです。

スタッグスリープ ワイナリー ナパヴァレー プティシラー

 

 

個人的好みなオーストラリアワインからは、ラベルが新しくなった『エヴァンス&テート』
以前のラベルはかなり地味だったんで、この変更はいいと思います。

中でもシラーズは、3方海に囲まれかなり冷涼なマーガレットリヴァーの
シラーズだけあって、イメージされるシラーズの果実味・ボリュームとは
違う、スムースさとエレガントさを感じる仕上がり。

シラーズって甘くて重いイメージの方は驚く出来栄えです。

 

 

時間もせまったたんで、退散で出口で待ち構えているたのが
ビールブース。

さすがサッポロ!

立ちはだかる〆のラスボスに打ち勝つことが出来ず(はなからその気はなかったんですが)
〆ビールを頂いて、本日の試飲終了。

 

明日の試飲会はTwitterで。

 

 

ちょっと、凄い使い方見つけてしまいましたよ。

 

1個216円と手ごろな価格なので、ついで買いにおススメしている
ワッシーズオリジナル シリコン製ワインキャップ

こないだコレ眺めてる時に、ふと ある使い方を思いつきまして
持ち歩いてたんですが、遂に試してみる事が出来ました。

 

このキャップで何を試すのか?!

 

傘をちょっとテーブルとかカウンターに引っ掛ける時、すべって
落ちちゃうことありますよね。

いつも、なんでこの先端部分を丸くするのかな?と
平らにすればひっかけやすいのにと、常々思ってたんですよ。

 

 

で、このキャップの出番。

何を思いついたのかと言えば

 

 

 

シリコン製だから滑らない。

見よ、この見事な安心感。

これからワイン用に一個と、カバンに傘ホルターとして一個
必要ですね。

ワッシーズオリジナル シリコン製ワインキャップ
216円(税込)

 

 

 

 

安心してください、生きてます。

福井をはじめ、北陸の雪が大変そうですね。
北陸方面にも沢山のお客様がいらっしゃいますが、皆様大丈夫でしょうか。

ご不安も多々ありますでしょうが、お怪我などのございませんよう
お気を付けください。

 

雪こそ降りませんが、大阪も寒いです。

とうとうベランダで冬眠中の亀の水槽が朝凍ってました。

しかも背中の甲羅が少しでてたので、氷で固定されているような状態で
身動きも取れない状態に。

 

 

氷を割って救出。

ちなみにこの翌日(今日)はさらに分厚い氷に。

 

 

そんな寒波の中ですが、年明けの試飲会ラッシュ。

昨日のブログでも上がってましたが、スタッフJも色々調査。

 

幸い事務所から地下鉄の乗り場はすぐ側で、試飲会の会場まですべて地下で
行けてしまうので、冷たい風にはほとんど当たることなく行けるのがありがたい。

試飲会の様子やワイン、全くどうでもいい事など、Twitterでもアップしてますので
あわせてフォローお願いいたします。

 

 

只今、試飲会からお伝えしております。

今年最初の試飲会中、トリイです。

なんとウニコ2006の試飲がありました

嬉しいサプライズ

2014からクロアパルタにセカンドが登場。

バレル段階でクロアパルタにならなかったものをセカンドとしてリリース。

近日ご案内予定。

クロアパルタもラベルが新しくなりました

 

 

ウニコの横にあったスペインのプリオラートが、ラベルの花にあった華やかさでとてもいい味わい。ベストな一本。

カミンス デル プリオラート

 

 

 

プシャールはラベルとロゴがリニューアル。

ドメーヌ名が半月表記から直線表記に、家紋でもある狼も少し変わったそうです。
2016年から全てのブシャールで変更。

更にグランクリュ・クラスはボトルも立派な分厚く幅の広い豪華な雰囲気のものになるんだそうですよ。

以上、試飲会会場からでした。

お詫びにもう1つ

あけましておめでとうございます。

スタッフ・トリイです。

今年もお正月期間は毎度変わらず高知で過ごしてました

 

毎年同じルーティーンの様に31日にバスで帰省

 

元旦はクジラのすき焼き食って

 

2日は帰省している(はずの)広末涼子を探しながら、新年会へ。

 

今年最初のワインは、ブシャールのメルキュレでした。


ブシャールP&F  メルキュレ2016

 

そういや元旦、夜ごはんまで時間の間小腹すいたので、近所のマクドへ
チキンナゲットを買いに。

15個入りを買って(独りで食べたわけでない)、帰宅すると

 

マスタードソースが無いっ!!

 

ひとまず
「ソースなかったんで、取りにいきますんで」
と電話して再度お店に行くと、店員さんが

「先ほどのナゲットお冷めになっているでしょうから、新しいものをご用意しました」

とソースと共に、またも15個入りナゲット。
合計30コ

いや、小腹すいたんでちょっとでよかったんですけどね(^ ^;)

 

そんなツイてたのか、なかったのか解りませんが、そんな出来事で
スタートした2018年もよろしくお願いいたします。

 

(ヒロスエにあえりゃ、文句なしの2018年だったのに。チッ)

 

10年、460円

 

5時間体育館のプラスチック製のイスに座ってたんで
翌日体の節々が痛いスタッフ・トリイです。


息子とプロレス行ってました。

 

本日はオーストラリアワインとちょっとシャンパンの試飲会。

オーストラリアワイン好きとしては試飲しとかないと。

現行ヴィンテージとあわせて、インポーターさんの努力で手に入れることが
できるバックヴィンテージ。

オーストラリアだけでなく、アメリカでもニュージーランドでも
ワイナリー自身がバックヴィンテージを持っているところは少なく
インタポーターさんがリリース時に多めに買って、時期をみながら
少しずつ発売してくれているのです。

感謝感謝。

売らずに何年も保管してくれているわけですから、当然その分
価格もあがります。(置いておくだけでもコストはかかる)

 

なのにですよ、この西オーストラリアの『フランクランド・エステート』
のカベルネ、2013年と2003年の10年差。

なのに価格差460円!!

 


(価格のプレート撮れてなかった・・・)

 

フランクランド・エステート オルモズ・リウォード2013
希望小売価格 4,820円 → 販売価格 3,888円

 

■フランクランド・エステート オルモズ・リウォード2003
希望小売価格 5,280円

オーストラリアの中でも肌寒い位に海からの風が入ってくる
西オーストラリア州の産地。
イメージされる高アルコール、ジャミ―な要素は微塵も無く
しっかりとした果実感をもちながらも、ミント系の涼しさも。
細かくやさしいタンニンで、若いヴィンテージながら飲みや
すさも。

2003年は見事な熟成。しかもまだイキイキとした色調、
果実味もしっかり残っており、熟成でなじんだ酸とタンニン
で、丸みのある口当たりの美味しさ。

残念ながら2003年はございませんが、同様に輸入元にて
保管されていた2006年はご購入可能です。

フランクランド・エステート オルモズ・リウォード2006
希望小売価格 5,529円 → 販売価格 4,698円

 

 

 

ボルドーボトルですがピノノワール。

しかもこれがメチャメチャ旨い!
試飲されてた他のお客様達も絶賛。

■ヤラ・イエリング ピノノワール2015

高級ワインなのに、ワインそのものにコストをかけ、ボトルは
低価格ワインとほぼ同じの見た目にも安いものを使ってるという
不思議なワイナリーでしたが、このヴィンテージからボトルが少し
立派なものになりました。

安もん(?)ボトルなのに、ものすごくキレイに熟成する不思議が
楽しかったりしたんですけどね。

 

こちらはその安いボトルながらも美しい美味しさのシラーズ

 

他のシャンパーニュのようにキャラクターを持たず、地味に美味しさを
追及する『デュヴァル・ルロワ』

こちらの2005年もとても素晴らしい熟成感。
シャンパンの細いフルートグラスでなく、シャルドネグラスといった
広がりのあるグラスで飲むのがおススメ。

 

 

あっ、忘れてた

昨日はハロウィン。

すっかり日本でひとつのイベントになりましたね。

なんも仮装はしてませんトリイです

オレンジ色のラベルゃガイコツラベルにはのワインも人気。

ハロウィンは10月31日ですが、11月1日はメキシコのハロウィンって感じの『死者の日』

名前はこわいですがお祭りです。

お盆?って感じ??

そんなわけで死者の日モチーフのTシャツ着用。

 

 

ハロウィンの骸骨ラベルと言えばこれですかね。

まもなく入荷します!!

ケイ ヴィントナーズ キング コール カベルネ ソーヴィニヨン/シラー[2014]

 

 

 

 

 

探してみよう

先日、記憶の範囲では1年振りに休肝日を取ったスタッフ・トリイです。
(途中1回くらい飲んでない日があるとは思うんですけどね…)

 

試飲会シーズンですので、いろいろと試飲したり、新しいワインを
目にする機会がおおいわけですが、最近はラベルも個性的なものが
アレコレ。

かなりなインパクトのあるボトルを見つけた時に
ふと思いついたんですよ。

「番号の付いたワインって多いし、いくつの数字まで集める事ができるかな?}

そんなわけで、ひとまず試飲会でみつけたのと、実店舗で見つけた
ワインを掲載。

オンラインのベストセラーワインも数字はいってる。

ルールとして年号は除きます

1:

試飲会で発見

 

5:

試飲会で発見

 

7:

実店舗で

8:

実店舗で

9:

試飲会で発見

 

32:

オンラインの人気ワインの1つも数字入り
ランチ32 カベルネソーヴィニヨン[2014]

 

38:

 

106:

 

108:

 

 

687:

オンラインのベストセラーワインは、一気に数字が飛んで
687でした。ちょっと解りにくいですが。

シックス・エイト・ナイン セラーズ ナパ・ヴァレー レッド[2015]

 

まだまだありますが、ひとまずここらで。

 

見つけたら、Facebookで上げて行きたいと思います。

 

 

掘り出しものですよ、コレ

フェイスブックでは紹介しておりましたが、ソフィア・スパークリングに
ロゼワインが新登場。初リリース時カリフォルニアでは一瞬で売り切れて
しまったんだそうです。

まもなく入荷予定です。

 

タイトルの掘り出しモノはこれでは無く。

 

アルノー・ロバーツ

 

の、トゥルソー。

 

の、ガメイ

 

でもなく

(この2つは参考出品)

 

こちら『ヴァインクリフ』

 

ヴァインクリフ ロック・ブロック カベルネソーヴィニヨン2009

 

なんと2009年ヴィンテージ。

しかも価格が驚愕の 6372円(税込)

 

通常のヴァインクリフなら1万円台からなんですが、これは2ヴィンテージ
だけ、いくつかの区画ブドウをブレンドした特別版。
ちょっといつもと違うものが作りたくなって作ったんだとか。

そんなわけで、2009年とバックヴィンテージとしても破格のお値段。

しっかりと酸が残り、熟成間にタンニンと旨く馴染んでこれから飲み頃。
「これは買いでしょう。」と思ったら、ひと足先に試飲していた社長が
すでにかっつり買い込んでおりました。

 

飲んだら「これは買い!」と解る特別なヴァインクリフです。

 

ヴァイン・クリフ ロック・ブロック カベルネソーヴィニョン ナパヴァレー [2009]
Vine Cliff Rock Block Cabernet Sauvignon Napa Valley [2009]
価格:6,372円(税込)

このワインはオークヴィルにある自社畑のブドウで造られます。合計14個の区画から収穫され、丘の斜面に位置する区画と平らなベンチの区画のブドウが使われます。5つのカベルネ・ソーヴィニョンのクローンが使われ、ユニークなアロマとフレーバーが感じられます。オークヴィルAVA特有の凝縮感とフレーバーがあります。2009年ヴィンテージは初夏に雨が降り、土壌を潤しました。結果、ブドウの生育が早まり勢いがつきましたが、剪定を行い樹勢を抑えました。6月は暖かく、8月は程よい暖かさで、糖度が上がりすぎず適度な生育が続きました。ほとんどのブドウは雨が降る前に収穫され、凝縮感と骨格があり、程よい酸があるワインです。