そろそろ《濃い赤》飲んどきましょうか。よそでは飲めないワッシーズ独占カベルネ

まだ暑さが残るとは言え、もう9月。
夜は多少過ごしやすくなってくるでしょうし、食欲も戻ってくる時期のはず。

ここらでちょいとしっかり系の赤ワイン、カベルネソーヴィニヨンのおすす
めでもいっときますか!!

『パワーズ』
https://winestore.jp/fs/wine1227/62326

まだ暑いけど気合いで飲めと言った意味での言葉じゃありません。ワインの名前です。

このワインなんと言っても、熱烈におススメする理由は

なんと、ワッシーズの【独占販売】

独占だからと言っても、決して高額では無くてどんな方でも手の届きやすい5500円(税込)のナイスプライス。

そこらのお店でも売ってませんから、自分で飲むだけでなく、プレゼントとしてもOK(値段がバレにくい ^^;)。日本で飲むならここで買って飲むしかないんです。

パワーズは1982年にビル・パワーズによって設立されたワシントンのワイナリー『バジャー・マウンテン』のブランド。
このバジャー・マウンテン・ヴィンヤードはワシントン州で初めてUSDAオーガニック認証を取得したワイン用ブドウ畑で、ここでリリースされるワインは環境などに配慮、ブドウ栽培に関して当然のように天然由来の物のみを使用。作られたワインの各ボトルにはグルテンフリーとビーガンの宣言とともに原材料リストも記載しているこだわりの作り手。

ワインスペクテーター誌の「ライジングスター」ワインエンスージアスト誌の「50 Great U.S. Cabernet Producers」にも選ばれました。

今回おすすめするこの『パワーズ』は、ワシントンの中でも長い歴史を持つ作り手と言う事で、様々な高級生産者と長い附き合いと信頼を得て、最高品質の様々なブドウを調達。ワシントン州のミクロクリマを表現しており、このコヨーテヴィンヤードもそのひとつです。

ワッシーズの【独占販売】

■パワーズ リザーヴ カベルネソーヴィニヨン
コヨーテ ヴィンヤード ワルーク スロープ[2015]
https://winestore.jp/fs/wine1227/62326
特価5,500円

味わいは濃い系のカベルネです。ブラックチェリー、プラム、なめし皮やユーカリの香も有り、濃厚なフレーバーを感じられます。
カシス、アメリカンチェリーと言った赤い果実系に加えて、スパイスのアクセント、そしてダークチョコレートの甘さと苦さ。 しっかりとした、豊かなタンニンは決して粗さや硬さはありません。ワシントンのカベルネがもつエレガントさを兼ね備えた美味しさ。
フィニッシュから余韻に酸味、スパイスの素晴らしいタッチで最初の一口から最後までバランスが取れていた味わい。2015年と落ち着きも少しでてこれからがおススメ。もちろんこのクオリティ、良い熟成が期待出来るワインです。

 

《 Wassy’s独占ワインコーナー 》

────────────────────────────
パワーズ以外にもここでしか買えない独占ワインがあるんです。
しかも《送料込み》ワインなのでお得です。
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/gr353

 

 

POWERと言えば、この曲。
それではお聞きください、Snap! で The Power

【今年も入荷しました】サッシカイア・オリーブオイルでバーニャカウダ

 

サッシカイア オリーブオイル 簡単おつまみ

 

こんにちは♪
オンラインWassy’s ひのみです。

 

『家呑みワイン』では
おいしいごはんとお酒を愛するスタッフが、
オリーブオイルを使った簡単なワインのお供をご紹介します。

 

サッシカイア・オリーブオイル入荷♪

\お待たせしました!/
サッシカイア エクストラ ヴァージン オリーブオイル

サッシカイア エクストラ ヴァージン オリーブオイル

旨味がぎゅっと詰まった軽い口当たりの上質なオイル。

ひとかけするだけで、どんな素材も
立派なワインのお供に変えてくれるデキる奴が
今年も入荷しました~☆彡

 

ハーブ系の香りや、ほんのりスパイスのような
ピリッと感がある大人味で、
毎年リピートしてくださるお客さまも多い
秘かな人気アイテムなんです♪

 

お鍋ひとつで!簡単バーニャカウダソース

バーニャカウダに合うワイン

そんなオリーブオイルを使って『バーニャカウダ』を作りました。

 

『バーニャカウダ』は北イタリア・ピエモンテの郷土料理。
イタリア語で“熱いソース”を意味します。

あのソースがあれば、いくらでも野菜が食べられちゃいますよね~^^

 

攪拌して滑らかに仕上げるレシピもありますが、
お家でちょこっと作る分には
ブレンダーやミキサーを出すのは面倒…

 

わたしはいつもお鍋ひとつで作っています。

___________________
<材料・作り方>

オリーブオイル 大さじ2、にんにく2片
アンチョビ 6枚
生クリーム(動物性)100ml
⇒200mlパックを買ってきて、だいたい半量入れればOK♪

 

1)小鍋にオイルと、皮を剥いて芽を除いたにんにくを入れて
弱火にかける。ミニホイッパーでにんにくを潰しながらじっくり炒める。

2)香りが出たらアンチョビを加え、同様に潰しながら炒める。

3)だいたい細かくなったら、生クリームを注ぎ入れ
混ぜながらひと煮立ちさせ、お好みで塩加減を調整する。
___________________

お鍋1つで作るバーニャカウダソース

時間が経つと分離しやすいので
食べる直前に作るのがおすすめです。

 

時々にんにくの塊があるのはご愛嬌。
「それ当たりやで」と笑顔で言い切りましょう( ´艸`)

 

バーニャカウダに合うワイン

土地のワインを合わせるのも素敵ですね♪
▼ピエモンテのワインはこちらから▼

 

わたしは、アンチョビの塩気と野菜の自然な甘みに合わせて
この白ワインを合わせたいです。

エロイカ リースリング[2018]

エロイカ リースリング ワシントン白ワイン

チョーキーなニュアンスとフレッシュなオレンジや桃、
ジャスミンの華やかなアロマをもつ
ワシントン州のリースリング。

味わいはオフドライに仕上げられています。

 

ドイツ モーゼルの優良生産者
『ドクターローゼン醸造所』と
ワシントンにおけるリースリングのパイオニア
『シャトー サン ミッシェル』のコラボワインです。

 

野菜もたっぷり食べられて、テーブルも華やぐバーニャカウダ。
乾杯のひとときに、ぜひお試しくださいね♪

 

国内最大級の品揃え!
カリフォルニアワインと世界各国ワインのお店Wassy’s

お気に入りがきっと見つかる!
カジュアルなデイリーワインから、大切なあの人へ贈りたいワインまで…
約8,000アイテムの豊富な品揃えが自慢のオンラインショップです。
皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

オンラインワッシーズ まとめ買い割セール

 

<こちらもあわせてどうぞ>
『サッシカイア・オリーブオイル』の関連ブログ

【サッシカイア オリーブオイル入荷】桃モッツァレラの決め手はオイルにありました★

ワインの〆にも!レンジで作れるサバ缶パスタ

================
(* ´艸`)楽しい事つぶやいてます
twitter:@winestoreWassys

(* ´艸`)ワイン情報(新商品・レア商品・イベントetc.)を投稿中
Facebook:@winestore.jp
================

 

改めて整理してみよう『K ヴィントナーズ』

『K(ケイ) ヴィントナーズ』
ワシントンワインで最も有名な生産者かもしれません。

白と黒でデザインされた個性的でインパクト大なワインラベル、ワインメーカーのチャールズスミスさん自身もインパクト大なルックス。

多才すぎて、いろんなシリーズやコラボワインを手掛けているんで、取り扱っているこちらも訳わからんような状態になってきます。

そういったわけで、ちょっとラインナップを整理しながら改めてワインのご紹介。


『K ヴィントナーズ』
————————————————-
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/17007
Kヴィントナ―ズは2001年にチャールズ・スミスが手掛けた最初のワイナリーでありメインとなるシリーズ。ワインはすべてが手摘み、天然酵母、バスケットプレスをつかっており、違いの分かる愛好家にアピールするよう極少量しか造られていません。

■K ヴィントナーズ シラー キャトル キング[2016]
https://winestore.jp/fs/wine1227/gr1410/59282

■K ヴィントナーズ シラー ザ ヒドゥン[2016]
https://winestore.jp/fs/wine1227/gr1410/59281

■K ヴィントナーズ シラー ザ ディール[2016]
https://winestore.jp/fs/wine1227/gr1410/59280

■K ヴィントナーズ シャーロット[2016]
https://winestore.jp/fs/wine1227/gr1410/59279

■K ヴィントナーズ シラー パワーライン ヴィンヤード[2016]
https://winestore.jp/fs/wine1227/gr1410/59277

■K ヴィントナーズ シラー ザ ビューティフル[2016]
https://winestore.jp/fs/wine1227/59278

■K ヴィントナーズ キング コール カベルネソーヴィニヨン シラー[2015]
https://winestore.jp/fs/wine1227/54806

■K ヴィントナーズ ロイヤル シティ シラー[2015]
https://winestore.jp/fs/wine1227/54805

■K ヴィントナーズ ヴィオニエ アーデン ホード ヴィンヤード[2017]
https://winestore.jp/fs/wine1227/51518

『カーサ・スミス』
————————————————-
Kヴィントナ―ズは2001年にチャールズ・スミスが手掛カーサ スミス シリーズは、ワシントン産のクラシックなイタリア品種を原料に作られるワインシリーズ。2010年にピノグリを初リリース以降、全てシングルヴィンヤードで栽培された葡萄からワインを造っています。

■カーサ スミス ヴィーノ モスカート[2016]《おススメ!》
https://winestore.jp/fs/wine1227/51060
ほんのりとした甘みとフレッシュさが「ホッ」としてしまうリラクゼーションワインといった感じ。ホワイトピーチ、ネクタリンなどが感じられます。フレッュなミネラル感あわせてのおいしさがあります。食前はもちろん、食後酒としてもオススメ

■カーサ スミス チンギアーレ サンジョヴェーゼ[2016]
https://winestore.jp/fs/wine1227/51059

■カーサ スミス セルヴォ バルベーラ[2016]
https://winestore.jp/fs/wine1227/56046

■カーサ スミス ポルコスピーノ プリミティーヴォ[2016]
https://winestore.jp/fs/wine1227/56045

『ワインズ・オブ・サブスタンス』
————————————————-
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/17044
化学記号のようなラベルが印象的なこのブランドは、立ち上げ当初「アメリカで一番コストパフォーマンスの高いカベルネ・ソーヴィニヨン」を目指して造られました。現在では、メルローやソーヴィニヨンブランも手掛けています。
今チャールズスミスが最も力を入れていると言ってもいいシリーズです。

■ワインズ オブ サブスタンス カベルネ ソーヴィニヨン ストーンリッジ ヴィンヤード[2016]
https://winestore.jp/fs/wine1227/gr1410/59276

■ワインズ オブ サブスタンス カベルネ ソーヴィニヨン パワーライン ヴィンヤード[2016]
https://winestore.jp/fs/wine1227/gr1410/59275

■ワインズ オブ サブスタンス メルロ ノースリッジ ヴィンヤード[2015]
https://winestore.jp/fs/wine1227/17044/58781

■ワインズ オブ サブスタンス ソーヴィニヨン ブラン サンセット ヴィンヤード[2017]
https://winestore.jp/fs/wine1227/17044/56787

■ワインズ オブ サブスタンス カベルネ ソーヴィニヨン[2017]
https://winestore.jp/fs/wine1227/17044/56086

『チャールズ&チャールズ』
————————————————-
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/17047
ニューヨークのワイン・インポーターで企業家のチャールズ・ビーラーとコラボレーションして造られるブランド。二人のチャールズが持つブドウ農家との強いコネクションを使い調達したワシントン州全土の高品質の葡萄を使ってワインを造っています。

■チャールズ & チャールズ カベルネ シラー[2016]
https://winestore.jp/fs/wine1227/17047/56066

■チャールズ & チャールズ ロゼ[2017]
https://winestore.jp/fs/wine1227/17047/56065

その他のスミス関連ワイン


『チャールズ・スミス ワインズ』
————————————————-
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/17050
チャールズスミスなんですが現在は別のワイン会社が所有しているとちょっとややこしいですが人気は今も変わらず。『飲み易い』『手頃な価格』『高品質』の三拍子揃ったシリーズ。

『ハウスワイン』
————————————————-
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/17043
チャールズ・スミスが2004年に設立したマグニフィセントが手掛けていましたが現在は売却。手頃な価格で楽しむことのできる親しみ易い、毎日家で飲めるワインです。名前も解りやすいですよね。