ソノマ一番人気!?皆さん大好きな『フラワーズ』

時、寒すぎる気候でブドウ栽培
に適さないとして、誰も手を付けていなかったソノマコーストを
切り開いた生産者。

 

『フラワーズ』
https://winestore.jp/c/gr411/california/cal6/4058

誰も寄り付かなかった地が、まさか世界に誇るブドウ産地になろうとは。

今ではナパとカリフォルニア2大ワイン産地と言ってもいソノマ。ソノマ・コーストの険しい海岸沿いの尾根で、ピノ・ノワールとシャルドネが育てられ。海からの冷涼な風と、高い標高の影響を受けた、非常に複雑でエレガントなワインを生み出します。

フラワーズの創業者は、ペンシルバニア州で苗木屋を営んできたウォルト&ジョアン・フラワーズ夫妻。(苗木屋でフラワーズさんって、他に仕事の選択肢が無いような名前ですね。)

いつかブドウ畑を持ちワイン造りをしたいと言う夢を持っていた1989年、ワイン・スペクテイター誌の巻末に掲載された、たった3行の小さな広告から見つけました。

当時ワイン造りでは無名のソノマ・コースト。しかも広告の土地は僻地と言っても過言ではない、ソノマ・コーストの曲がりくねった山道の先にある尾根に位置していました。

しかし、職業柄ブドウという植物の特性をよく知っていたフラワーズ夫妻は、この土地で農業ができることを確信、ここを購入し自らの畑『キャンプミーティング・リッジ』を拓き初めてシャルドネとピノノワールを植えました。

キャンプ・ミーティング・リッジは、かつてポモ・インディアンの避暑地で、農業としては全くの手付かずの土地でした。太平洋からは約3.5km距離にあり、標高が約350~440mと霧より上に位置するため、ブドウの生育期には十分な日光を浴びることができる場所。非常に美しい景観と起伏がしっかりとしています。

(わたくしトリイも一度伺いましたが、そりゃまぁ素晴らしい場所でした。)

このブドウを絶賛したのあのカリフォルニア・シャルドネの王として有名な『キスラー』。
このブドウをとても気に入ったキスラーはブドウを購入しキスラーの名前で『キャンプミーティング・リッジ』名でワインをリリースしました。このワインが評判を呼び、瞬く間にフラワーズの畑の名はアメリカのみならず世界に広まり、更にはソノマ全体がブドウ産地としても注目を浴びます。

その後は今でもソノマを代表するワインとして高い人気を誇っています。

フラワーズ夫妻はご高齢の為2008年に引退。現在はチリの『コンチャイトロ』やナパの『クインテッサ』などを手掛けた醸造家アグスティン・フネアスとそのファミリーがフラワーズのワイン哲学を引き継ぎ運営しています。

今回の案内分のフラワーズも試飲いたしましたが、いつでも変わらない、美味しさと品質。フラワーズのいい土地といい哲学は、まだ続いてますよ。

 

スタッフの間で大人気。
──────────────────────────

■フラワーズ ロゼ ワイン ソノマ コースト [2020]
販売価格 6,237円
フラワーズがソノマ・コーストの良質なピノノワールを使い直接圧搾法で作る本格的なロゼ・ワインです。冷涼感と複雑な風味が楽しめる高品質な1本です。
エレガントで個性的、新鮮なベリー、スイカ、スターフルーツが感じられます。フレッシュな柑橘類が、口の中に広がり、ネクタリンやストーン・フルーツの香りとのバランスがとれています。絹のようになめらかな口当たりとフレッシュで爽やかな酸味と相まって、フラワーズの特徴であるソノマ・コースト沿岸部を表現しています。

~スタッフ ひのみ が飲んでみました~
【野花を摘んで束ねたような、美しいロゼ】
野花のブーケやピンクグレープフルーツ、いちごのフレッシュな香りと味わいが広がる、“たおやかな”辛口のロゼ。

酸やミネラルは強く主張してこないのに、確かな存在感があります。さすがフラワーズ…格が高いピノノワールでできているとひしひしと感じさせられます^^♪

──────────────────────────

■フラワーズ ピノノワール ソノマ コースト [2018]
販売価格 7,656円
スタンダード品とは思えないクオリティ。厳しいソノマ・コーストの気候、特殊なテロワールを体現するスタイルです。強い日差しによる凝縮した果実味と冷たい気候がもたらす酸味との絶妙のバランス。他の産地にはない個性的な味わいです。
クランベリーやチェリーの熟した赤いフルーツ香、豊かで伸びのある酸きめ細かなタンニン。クローヴなどのかすかなスパイスがアクセントとなり、ワインに複雑味を与えています。中盤はしっかりとした果実味を感じ、華やかな香りの余韻が楽しめます。旨味もしっかりとあり、スケールの大きさを感じるワインです。

~スタッフ J が飲んでみました~
クランベリーやイチゴのアロマ。
口に含むと凝縮した果実味ときめ細かいタンニンが心地よい。
エレガントでなめらかな質感は極上で
冷たい気候がもたらす酸味とのバランスは
スタンダード品とは思えないクオリティ。
皮をパリッと焼いたローストチキンや
カツレツなんかと合わせたい。

──────────────────────────
■フラワーズ ピノノワール シー ヴュー リッジ ヴィンヤード [2016]
販売価格 12,600円
《ワインアドヴォケイト:93点》
太平洋から、わずか3キロにも満たない沿岸に近いエリアで、自社畑キャンプ・ミーティング・リッジより、さらに海に近く、100m近く標高が高い標高600mの、この畑(シービュー・リッジ)は、冷たい海風を受け、非常にエレガントで骨格のあるスタイルとなります。

強い日差しによる凝縮した果実味と、しっかりとしたタンニン、冷たい気候がもたらす酸味との絶妙のバランス。他の畑より標高が高いため、やや明るいフルーツ感と強い酸味を感じます。

ラズベリーやクランベリーの凝縮した果実味と、ローズマリーやタイムなどのハーブ香が感じられ、豊かなタンニンと酸を併せ持つ、エレガントかつ芯のある味わいです。非常に寒いエリアながら、熟度もしっかりあり、類まれなバランスを持つワインに仕上がっています。果実味豊かで美しいこのワインは、シービュー・リッジ・エステート・ヴィンヤードのエレガンスを見事に表現しています。

──────────────────────────
■フラワーズ シャルドネ ソノマ コースト [2017]
販売価格 7,304円
《ワインアドヴォケイト:90点》
スタンダード品とは思えないクオリティ。厳しいソノマ・コーストの気候、特殊なテロワールを体現するスタイルです。強い日差しによる凝縮した果実味と冷たい気候がもたらす酸味との絶妙のバランス。他の産地にはない個性的な味わいです。
オレンジやマイヤーレモン、新鮮なパイナップルなどの果実味にほのかに白胡椒などのスパイスが加わった洗練された辛口です。冷涼なエリアらしい爽やかな酸味がありながらも、豊かな果実と骨格が基盤にあり、非常に豊かな味わいです。スタンダードのキュヴェでありながら、完成度の高さに驚かされます。

~スタッフ J が飲んでみました~
白い花、レモン、洋梨、パイナップルと魅惑的でリッチな果実の香り。
後からふわっとやってくるトースト香。その口当たりはクリーミーでいきいきとした酸味のバランスが素晴らしい。今の醸造家はよりエレガントさを追求しているとのことでこちらもスタンダード品とは思えないクオリティ。クリームチーズのおかか和え、クリーミーなカマンベールや酸味の効いた山羊のチーズを合わせるのも面白そうです。

──────────────────────────
■フラワーズ シャルドネ キャンプ ミーティング リッジ ヴィンヤード [2014]
販売価格 12,610円
フラワーズの自社畑で最も人気のワインが『キャンプ ミーティング リッジ』
暑いカリフォルニアの夏、その昔、先住民達が避暑のために、この地に集ま
っていた事からその名がつきました。キャンプ・ミーティング・リッジは、
無名だったソノマコーストの名を世界に広めた愛好家垂涎の最高級ヴィンヤ
ードです。生産量が非常に少ない希少品です。

強い日差しによる凝縮した果実味と冷たい気候がもたらす酸味との絶妙のバ
ランスです。

 

 

 

 

 

フラワーズ 布袋ワインズさんが試飲ワインを持ってきてくださいました(*´▽`*)

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

先日、ホテイワインズのみとさんが

フラワーズの試飲を持ってきてくださいました(*´▽`*)

試飲会が皆無のこのご時世。

ホント助かる

■お取寄せ フラワーズ ソノマ コースト シャルドネ [2017]

クリーミーでいきいきとした酸味のバランスが素晴らしい。
今の醸造家はよりエレガントさを追求しているとのことで
こちらもスタンダード品とは思えないクオリティ。

■お取寄せ フラワーズ ソノマ コースト ピノ ノワール [2018]

エレガントでなめらかな質感は極上で
冷たい気候がもたらす酸味とのバランスは
スタンダード品とは思えないクオリティ。

フラワーズは太平洋の寒流の影響を強く受ける沿岸の

ソノマコーストにあります。

寒すぎてブドウ栽培は向かないとされてきた土地に

先代オーナーのウォルト&ジョアン・フラワーズ夫妻が

長年の夢を叶えるべく土地を見つけたのがはじまり。

すごいなあと思うのは、

こんな寒いところでブドウなんか育たないよって言われたら

私なら挫けるかも・・・

それが1989年のことだから30年以上の月日が流れ、

キスラーをはじめ多くの人に認められ

今やピノ・ノワール&シャルドネの新しい聖地として

不動の地位を築いているのです。

前置きが長くなってしまいましたが

ピノノワールもシャルドネも共通しているのは

きれいな酸と凝縮した果実。

ブルゴーニュでもカリフォルニアでもなくソノマの美しいワイン。

是非手に取っていただきたい1本です。

Facebookのいいね!をいただけるとさらに元気がでます。

よろしくお願いします。

アリシアン ピノノワール ロキオリ ヴィンヤードとオードブル盛り合わせ~(≧◇≦)

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

ローストビーフとかパテやハム、エビフライがのった

オードブル盛り合わせに心を惹かれます。

今年は特に子どもの日や母の日あたりは

デパ地下でオードブルの盛り合わせがずらりと並んでいた気がします。

しかもお値段もお手頃!!

やっぱりおうち需要なのかな。

そのままテーブルに並べてもいいし、

残ったらサンドイッチにするのも大好き!

オードブル盛り合わせを買った日は、

サラダくらいしか作らなくていいのも嬉しい。

ラクちん、ラクちん(≧◇≦)

そのかわりワインは大奮発。

「ギャリー・ファレルのワインだよー」とどどーんと出したワイン。

ギャリー・ファレルって書いて無いやん・・・ってつっこまないで。

かつて一世を風靡し高品質なピノ・ノワールやシャルドネで

ワインラヴァー達を魅了したギャリー・ファレル。

恥ずかしながら、ギャリーさんが一世を風靡したという

ピノやシャルドネは知りません。

この仕事に携わるようになってからはギャリーさんのお名前は

目にすることも多く

気になる醸造家でありました。

アリシアン ピノノワール ロキオリ ヴィンヤード [2012]

ギャリーさんは2012年ヴィンテージを最後にアリシアン・ワインズを引退。

アリシアン ピノノワール ロキオリ ヴィンヤード [2012]

はワイナリーに眠っていた、

ギャリーさんが最後に手掛けた“お宝”ワイン!と

銘打たれたワイン。

栓を抜いた瞬間に、

ああ・・・これはするっと飲んでしまうアカンやつや、と確信。

ラズベリーの凝縮感ある香りあふれ、

シナモンやクローブのスパイス、タバコ・・・と

幾重にも香りが重なってくる。

口にしたらもう最後。

なめらかなタンニン、ほどよい厚み

果実の花束を引き締める美しい酸、

バランスよく、

余韻もしっかりある。

んまーーーー(≧◇≦) 

2012年だからほぼ10年経つわけですが、

まだまだいける。

今飲んでも、これからも楽しみなワインの典型だ~

今日のオードブルは、脂少なめのローズとビーフがメイン。

上手く引き立て合ってくれました。

Facebookのいいね!をいただけるとさらに元気がでます。

よろしくお願いします。

スタッフ全員が大ファン。試飲でもついついおかわりしたくなる『リヴァース マリー』

シュレーダー、ダブル・ダイヤモンド、ヘスタン、カーサ・ピエナ、レヴァーナ、ハンドレッド・エーカー、アウト・ポスト、マイ・バッハ、ブラック・シアーズ、まだまだありますが、これらの名前、皆さん聞いた事あるんじゃないでしょうか。

カリフォルニアでもTOPクラスのワイナリーばかり。実はこれらのワイン全て同じ人物が手がけているワインです。
手掛けているのは”トーマス・リヴァース・ブラウン“。今一番ワイン業界で注目されている人物。

彼が手がければ瞬く間にそのワインは話題となり高評価を獲得しています。中でもカベルネソーヴィニヨンはワインスペクテイター誌やワインアドヴォケイト誌でも超高得点を獲得。

その彼が妻と2人で自らの名前を冠したワインをリリース。それが今回紹介する

『リヴァース マリー』

カベルネで高評価を獲得する彼が、プライベートブランドとして手掛けるのは、なんとピノノワール!

カベルネのプロが手がけるピノノワール、当然気になります。

で、実際飲むとこれがもう「たまらなく美味しい」

試飲会などで口にする機会が何度もかありますが、いつも終わってからスタッフ全員が良かったワインを照らし合わせると、必ずリヴァースマリーの名前があります。これだけは試飲にも関わらず、ついゴクリと飲んでしまう位。

ピノノワールの高貴でエレガントな感じはあるんですが、どこかプライベートブランドとしての親しみやすさ、飲んだ時の飲みやすさがあり、飲むとついつい嬉しくなってしまうんです。

ピノノワールはソノマに特化し、その年のいい畑のブドウをブレンドしてつくられる、最も手頃なソノマコーストと、秀逸な畑のブドウを用いて作られるシングル・ヴィンヤードのラインナップ。

リヴァース・マリーのワインは1300~2000ケースという生産量の少なさから4000人以上がワインの購入を待つメーリング・リストのみで販売されていましたが、数年前から日本へは輸入販売される特別対応。現地の人もうらやむこのご案内は飲むしかないですね。

※2021.4.26現在の価格です(変動がございます事ご了承ください)
※表示価格はすべて税込です

飲んでないなら、まずはこれから!
──────────────────────────

■リヴァース マリー ピノノワール ソノマコースト[2019]
販売価格 5,423円

リバース・マリーの入門的ピノノワール。
とは言っても、リヴァースマリー好きならなんどもリピートする安心のワイン。
ソノマ・コーストらしく、ピノ・ノワールらしく、リヴァース・マリーらしい、ピュアな魅力溢れるワインです。

華やかな赤い花、赤系ベリー、スパイス、芳ばしいパンを焼きあげた香りに、フレッシュな酸が惹き立ち、一本のボトルを二人で楽しんで飲み干せるようなバランスに仕上げています。毎年、畑の割合は異なりますが、そのヴィンテージの特
徴を良く表したワインとなりますが、この2019年は初めて単一畑で作られました。

毎年入荷数の少ない人気の単一畑シリーズ。
──────────────────────────

■リヴァース マリー ピノノワール プラット ヴィンヤード[2019]
販売価格 12,210円
初リリースから2年目。この畑はラジオ・コトー、レイミー、レッド・カー、リトライ、フェイラ、シェアーなど名だたるワインが生まれた畑、かねてから熱望していたリヴァースマリーも遂に手に入れる事が出来た念願のワイン。

■リヴァース マリー ピノノワール シルヴァ― イーグル ヴィンヤード[2019]
販売価格 9,350円
3つの個性が異なるクローンから生まれたブドウを使用。そのコンビネーションから生まれる複雑味がこのワインの個性。

■リヴァース マリー ピノノワール オキシデンタル リッジ ヴィンヤード[2019]
販売価格 9,350円
オキシデンタル・リッジは、ピノ・ノワールスーマ・オールド・ヴァインと双璧を成すフラッグシップといっても過言ではないワイン。2019年はまったく欠けることなく全ての要素が整った最高の出来。

■リヴァース マリー ピノノワール スーマ オールド ヴァイン[2019]
販売価格 12,155円
オールドヴァインと言う名前の通り古い樹齢(約40年)の為収穫量は落ちますが、ブドウに凝縮感が生まれます。

■リヴァース マリー ピノノワール スーマ ヴィンヤード[2019]
販売価格 9,350円
2019年のスーマは、スーマ・オールド・ヴァインと注ぎ間違えたかと思うほど味わいの差が近くなりました素晴らしい仕上がり。

専門家評価が非常に高いカベルネシリーズ
──────────────────────────
■リヴァース マリー カベルネソーヴィニヨン ハーブ ラム ヴィンヤード ナパ ヴァレー[2018]
販売価格 18,260円

■リヴァース マリー カベルネソーヴィニヨン カリストガ ナパ ヴァレー[2018]
販売価格 14,080円

生産数が1,300~2,000ケースと非常に少なく、アメリカでは
メーリングリストのみで手に入るワインですが、日本では一
般販売というアメリカの人もうらやむ状況。

 

 

ケラー ラ クルーズ ヴィンヤード ソノマ コースト シャルドネとエビのレモンソテー(^^ゞ

カリフォルニアワインの オンラインWassy’s 受注担当 です。

今日は殻付きのエビの背を割り、ワタをとって

殻はそのままつけたまま

レモンとお醤油でソテーしただけの簡単な一皿。

エビの大きさによっては、ずいぶんと豪勢に見えたりもします。

レモンの皮もすりおろして使い、

果汁もしっかりたっぷりと。

ぱあっと広がるレモンの爽やかさと、

お醤油の芳ばしさがなんともたまりません!

さて、

合わせたワインは、年末から飲むのを楽しみにしていた

ケラー ラ クルーズ ヴィンヤード ソノマ コースト シャルドネ [2016]

カリフォルニア ソノマのワインです。

外観は蜂蜜がかった麦わら色。

穏やかな酸。

クリーミーで旨味とコクがあり

厚みのあるボディはまさに飲みごたえあり。

しかーし、ここで自分の失敗に気づきました。

エビにこれでもかとたっぷりレモンをかけていたのです!

そのためにせっかくのワインの味がぼけ気味に・・・

控えめにすればよかった~

味付けは、ワインの味をみてからね、という教訓。

そんなの基本やーーーんトホホ面目ない。

 

こういう日もあります。

Facebookのいいね!をいただけるとさらに元気がでます。

よろしくお願いします。

ハーシュとクリスマス料理(^○^)

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

もうすぐクリスマスです。

今年はみんなで集まってのクリスマス会はできないので、

家族だけでいいワインと

クリスマスらしい丸鶏を使った料理を楽しみます。

で、今日はハーシュ・ヴィンヤード ウェストリッジ2013と

鶏のロースト。

ハーシュ・ヴィンヤードはカリフォルニア ソノマで

超有名なヴィンヤード。

バランスのとれたピノノワールを追求し続けているワイナリー。

きれいな酸、

アルコールは低めだけど完熟した果実を感じる。

決して軽いわけじゃなく、味わい深い、

とても美しいピノノワール。

鶏のローストは低温でゆっくりじっくり焼きます。

そうすることで、

しっとりふっくらと焼きあがった鶏の美味なこと!

控えめだけど、味のあるワインと料理の相性二重丸!!

Facebookのいいね!をいただけるとさらに元気がでます。

よろしくお願いします。

リトライピノとチーズとサラダ( ̄▽ ̄)特別なことは何もないけど、ええワイン開けました~

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

コロナが落ち着いたら、みんなで集まって開けよう!と

暫く家に置いてあったリトライ

しかし、コロナの状況はひどくなるばかり(T_T)

もう我慢できなくて、

特別なことは何もないけど開けました。

元々オンラインワッシーズでは人気のリトライですが

先だって「ワイナート」のカリフォルニア特集でも取り上げられて

品薄状態。

リトライのエレガントなスタイルを知るならまずこのワインから、と

手に入れたのは

リトライ ソノマ・コースト ピノ・ノワール2018

今ちょうどヴィンテージ変更で、

間もなく新しいヴィンテージ2019が入る予定。

カリフォルニアといえば濃いワイン、

という時代には、

リトライのワインはあまり評価を受けることはなかったそうなのです。

が、だんだんと食事とともに愉しむ

エレガントなワインを求める人も増え、

元からエレガント系であったリトライ

次第に名声を得ていくようになったというわけです。

今日飲んだリトライ ソノマ・コースト ピノ・ノワール

リトライの本拠地であるソノマ・コーストの各地の畑から集められた

良質なピノ・ノワールをブレンドしてあります。

冷涼な地域を感じさせながら、果実味がしっかりある。

だけど重くない。

ぱあっと華やかではないけど存在感がある。

酸味も甘味もタンニンも、全てがバランス良い。

絶対日本食に合いそう・・・と思いつつ

今日はパンとチーズ、そしてサラダと簡単に。

これがまた合うのよ~

Facebookのいいね!をいただけるとさらに元気がでます。

よろしくお願いします。

ヤッフイー!!と喜ばれた今日の手抜きごはん( ̄▽ ̄) キャノンボールとカチョカバロ

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

四天王寺のワッシーズで大人気の

吉田牧場カチョカバロを買いました。

周りをぱりっと焼くと、ほんにウマウマなのです。

 

そして最近取り扱いを始めたばかりなのに

これまた大人気の「ニクラウス」のシャルキュトリ

(ハムやソーセージ、パテなどのお肉の加工品)を

買って帰りました。

仔羊のテリーヌ、鴨のテリーヌ、鴨のリエット

道すがら美味しいバゲットを買って・・・

スキップです

ワインはキャノンボール イレブン メルロ!!

ジューシーでやわらかなくちあたり。

芳醇でまろやか。

気持ちが解放されます。

キャノンボールは元カリスマ店長のハダノリが

オルカインターナショナルさんへ移って

最初に単独で生産者さんを紹介してくださった

とても印象的なワイン。

その時の様子はこちら

キャノンボールオーナー ヨアヴ ギラット氏 ワッシーズにご来店♪

とても自由で快活で、一本芯があって・・・

やっぱりワインは人ですね~

キャノンボール いろいろあります。

Facebookのいいね!をいただけるとさらに元気がでます。

よろしくお願いします。

ワイン好きなら絶対行くべき庭!

ハダノリ@ケンダルジャクソン!!!です。

大阪で日本にいる時から、ウェブサイトをみて不思議に思ってた。

センサリー(感覚)の庭ってなんだ???

サイトはここ

そして、行ってわかった!
IMG_1310.JPG

たとえば、ヴィオニエに含まれると言われる、香りのする果物やハーブが植えてある。

オレンジとか、レモンとか、

皆、聞いた事あるけど、実際そういうの日本にないしわからないよーーー。ってものを実際に香る事が、できる!!

瓶のなかじゃないよ。本物の植物で香る事が出来る!

例えばハニーサックル!よく聞くけど 実際 香った事ない人たくさんいるよねー。

IMG_1312.JPG

これ↑

そして、びっくりのこれ
IMG_1308.JPG

パイナップルセージ ハーブのセージの仲間なんだろうけど、パイナップルの香りがする!!

ホンマにするんです。

その他、アニスの花も衝撃でした。アニスの香りがする 生花

そしてーーーーー、

これっ!

IMG_1316.JPG

なんとっっ!なんとっ!!!

オイスターレタス!!!!!

オイスター牡蠣の香りがするんです。ほんまにほんまにするんです!

IMG_1306.JPG

楽しかった。ここは絶対もう一度来たい場所です♥︎

そして、ディナー

IMG_1319.JPG

IMG_1321.JPG

となりは、ヴェリテのモニークさん

IMG_1325.JPG

ジャクソンファミリーのお嬢さん ジュリアさんも来てくれました・

ソノマ最後の夜でした。

庭にこんなに興奮すると思わなかった(笑)

今日もぽちっとランキング投票していただけると、ハダノリ喜びます。