赤ちゃんのヌーヴォーと二十歳のワイン『ルー・デュモン』

 

こんにちは♪
オンラインWassy’s ひのみです。

 

家で飲むワインもいいですが、
外で飲むのはやはり格別。
たまのひとり飲みも、わたしにとって
大切な時間です。

 

先日、ワインショップがレジの横で
ちょこっとやってる
角打ち的なお店へ寄ってみました。

日本人醸造家のブルゴーニュワイン
『ルー・デュモン』

 

そこで出会ったのが『ルー・デュモン』の
レア・セレクション。ブルゴーニュでご活躍の
仲田 晃司さんがネゴシアン部門で手掛ける
蔵出し古酒のシリーズです。

2000年のワインをGETしました~!

購入ワインのヴィンテージ記録を一気に更新^^

 

ワイナート 100号 日本の造り手

沖田さんと言えば、
ブルゴーニュの神様
アンリ・ジャイエ氏が認めた日本人醸造家!

ワイナート100号の【日本の造り手特集】で
紹介されていたのも記憶に新しいですね。

 

さて、今週木曜日は
ボジョレー・ヌーヴォーの解禁日でした♪

本日解禁!ボージョレ―ヌーヴォー!

奇遇にも 実店舗ワッシーズ
『ルー・デュモン』のヌーヴォーを発見。
つい予約しちゃいました。

 

沖田さん曰く、
「ガメイは完璧に完熟させてはじめて、
真価を発揮する」とのこと。
そのため、樹齢70~95年の超古木が選ばれています。

 

赤ちゃんワインと二十歳のワインを並べて
記念撮影^^♪

ブルゴーニュワイン ルー・デュモン ボジョレ―・ヌーヴォー

 

いろいろなことがありすぎた2020年も、
残すところあと1か月ばかりになりました。

 

忘年会の予定もないし、
年末用のワインはちょっと奮発してもいいかなぁ?と
秘かに企んでいます。

 

【フランスワインも検索しやすくなりました】

▼オンラインワッシーズで取扱いの ブルゴーニュはこちら から

フランスワインの検索方法 オンラインワッシーズ

国内最大級の品揃え!
カリフォルニアワインと世界各国ワインのお店Wassy’s

お気に入りがきっと見つかる!
カジュアルなデイリーワインから、大切なあの人へ贈りたいワインまで…
約8,000アイテムの豊富な品揃えが自慢のオンラインショップです。
皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

ワインアウトレットセール お買い得ワイン オンラインワッシーズ

 

==============
(* ´艸`)楽しい事つぶやいてます
twitter:@winestoreWassys

(* ´艸`)ワイン情報(新商品・レア商品・イベントetc.)を投稿中
Facebook:@winestore.jp
==============

 

満腹( •̀∀•́ )bコブサラダ 贅沢だけどラドワ合わせた! 

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

コブサラダ。

アボカドやトマト、サラダチキン、ゆで卵などいろんな素材を切って

とにかく彩りよく並べて、

スパイシーなドレッシングをかけるサラダ。

具沢山だし、見栄えもいい、それに満腹にもなる。

大勢集まる年末年始にもぴったり。

贅沢だけど、ブルゴーニュをあわせてみました。

キャピタン ガニュロ ラドワ2013

薄旨なので、繊細な味付けのものこそぴったりなのだが

今日のコブサラダだって相性良い!!

薄旨のほっとさせるブルゴーニュ

オンラインワッシーズでもいろいろ取り扱いがあります

試飲会はしごDay

この時期はあちらこちらで試飲会。

本日2件ハシゴ試飲。

まずはブルゴーニュ。
約100種類、かいつまんで試飲しましたが、
2015年のブルゴーニュはすでに評判もよく
人気銘柄はすでに完売や品薄状態。

その陰に隠れてしまっている2014年が
リリースから時間を得て落ち着きてきた事もあって
当初より好印象


J.カシュー エ フィス ニュイ サン ジョルジュ オー バ ド コンブ[2014]

この日一番のお気に入りはこのN-S-G。
うすウマ系、飲んだひと口目から、飲み終わった後の余韻まで
流れるようにスムーズ。

 


パトリック ジャヴィリエ サヴィニー レ ボーヌ レ グラン リアール[2015]

スルスルと滑り落ちるかのようになめらかな飲み心地。いいワイン飲んでるなぁ
と実感できるような感じ。
やさしい酸とおだやかでいて華やかな果実と後からくるスパイシーなアクセント。

 

他にも色々とゆっくり試飲したいとこでしたが、せわしなく次へ

新しいシャンパーニュ『ドゥ・ヴィノ―ジュ

なんとも個性的なボトルの形
梱包泣かせです・・・(でも売ってます)

 


こちらは店舗未発売の『ルイ15世』
なんと38000円と高額シャンパン、どこかのお店で
「120本くれ!」なんてオーダーがあったそうですが
そんなに無いそうです。
(夜のおみせかなぁ)

 

このボトルの第一印象


これでした。

お詫びにもう1つ

あけましておめでとうございます。

スタッフ・トリイです。

今年もお正月期間は毎度変わらず高知で過ごしてました

 

毎年同じルーティーンの様に31日にバスで帰省

 

元旦はクジラのすき焼き食って

 

2日は帰省している(はずの)広末涼子を探しながら、新年会へ。

 

今年最初のワインは、ブシャールのメルキュレでした。


ブシャールP&F  メルキュレ2016

 

そういや元旦、夜ごはんまで時間の間小腹すいたので、近所のマクドへ
チキンナゲットを買いに。

15個入りを買って(独りで食べたわけでない)、帰宅すると

 

マスタードソースが無いっ!!

 

ひとまず
「ソースなかったんで、取りにいきますんで」
と電話して再度お店に行くと、店員さんが

「先ほどのナゲットお冷めになっているでしょうから、新しいものをご用意しました」

とソースと共に、またも15個入りナゲット。
合計30コ

いや、小腹すいたんでちょっとでよかったんですけどね(^ ^;)

 

そんなツイてたのか、なかったのか解りませんが、そんな出来事で
スタートした2018年もよろしくお願いいたします。

 

(ヒロスエにあえりゃ、文句なしの2018年だったのに。チッ)

 

気になります、このフランスワイン(ー_ー)!! 

カリフォルニアワインとニュージーランドワインのオンラインWassy’s  受注担当 です。
ですが本日はフランスのご案内。

≪あら?オンラインワッシーズにもフランスワインあったのね≫と
思われる方もいらっしゃるでしょう。

あるのです(ー_ー)!! なんと5000種類以上、ちょっとびっくりでしょ。
オンラインワッシーズ フランスワイン

%ef%bd%86%ef%bd%95%ef%bd%94%ef%bd%94%ef%bd%81%e3%82%a8%e3%83%83%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%ab0015s

ただ今イベント企画室スタッフのミトがフランス ブルゴーニュを訪れておりまして、
オンラインワッシーズのフェイスブックは乗っ取られ中・・・
フランス贔屓のJとしては、かなり羨ましい〜ところでありますが、
いろんな情報を発信してくれると、身内ながら楽しみにしているのです。

今回ミトが訪問するのはブルゴーニュとローヌ。
1日2〜4件の生産者を訪問とのことで、11/21の予定は・・・

フランソワ・ラキエ (メルキュレイ)

ラリュー (サントーバン)

レミ・ジョバール (ムルソー)

ジャン・シャルトロン (ピュリニー)

うわーー(@_@;)すごーーい。
こんな感じで1週間滞在します。なかなかタイムリーってわけにはいかないけど
是非フェイスブックもご覧ください<(_ _)> ココ をぽちっとしてご覧ください。

で、気になるフランスワインというのが、
最近フランスに行った方から
≪フランスで飲んでおいしかってん♪≫と注文を戴いたのが
ドメーヌ エリック モルガ サヴニエール フィデス[2013]
美味しかった!というのはホントのようで、複数本のご注文。
ロワールのワイン。今、サヴニエールで最も注目を集めている造り手・・・らしい。
気になる―――と、Jもただ今取り寄せ中。

%ef%bd%87%ef%bd%8c%ef%bd%8e%ef%bd%8a%ef%bd%83%e3%83%8b%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%aa13_1

それにここ2〜3日の間に
ニコラ ジョリー クロ ド ラ クレ ド セラン[2013]
が売れているのです。以前からニコラジョリは人気があるけど。
これもロワールワイン。気なるわ・・・。

ブログの応援、ぽちっといただけると元気がでます。ぺこり よろしくお願いします。

シモン・ビーズが売れていますっ(^^♪

カリフォルニアワインとニュージーランドワインのオンラインWassy’s
受注担当です。
シモン・ビーズが売れているのです。コンスタントに売れているシモンビーズですが・・・
≪へえ、オンラインワッシーズでもフランス ブルゴーニュがあるんだな≫
と思われた方もいらっしゃるでしょう。
そう、シモン・ビーズはブルゴーニュワイン。
カリフォルニアワインとニュージーランドワインのオンラインWassy’sと謳っている私たちですが
ブルゴーニュもあります(^◇^)
それはさておき、こーーんな風に売れるって、もしかしてテレビで紹介された?
と思ったらやっぱりそうでした。usagi
某NHKでとっても美しい風景と、シモンビーズのワインの魅力が紹介されたようです。
ワインの教科書と言われるシモンビーズ。
一昨年当主パトリック氏が突然の事故で亡くなられ、
それ以降は奥様のビーズ千砂さんが切り盛りされているのです。
日本人女性が、ブルゴーニュで頑張っていくのって大変だろうな・・・と思うのですが、
そんなことは微塵も感じさせず、凛として、真摯にワインと向き合っていらっしゃる素敵な女性です。
パトリック氏も素晴らしい醸造家として有名でしたが、千砂さんの手がけるワインを飲んでみたいと
皆さん思われるのでしょう。
リピート放送なのですが、初めて観る方もいらっしゃるだろうし、
2回目、3回目だけどまた観て、飲みたくなった~という方も!!
煌めくシモン・ビーズのワインたち。
私がおすすめしたいのは
シモン・ビーズ サヴィニー レ ボーヌ オー グラン リアール
シモン・ビーズ1
実は私が実際に飲んだのはヴィンテージ09でしたが・・・
最近ニューワールドを飲む機会が多くある私として、このワインは薄旨。
薄旨なんて失礼な言い方かもしれないのですが、言い表すとしたらそれがぴったりかな。
エレガントでもって芯がある。
時間の経過とともに現れる変化をゆっくり楽しんでいただきたいワインです。
それから、売れているのは
シモン・ビーズ ブルゴーニュ ブラン レ ペリエール[2012](750ml)白
101017441_1[2]
フローラルなアロマとピュアな酸味、一本筋の通ったミネラルが感じられる。
どのワインもホント大人気で完売もあります。お急ぎをっ!!走る犬
ブログの応援、ぽちっといただけたら嬉しいです。ぺこり

追記しましたm(__)m ワイン会のご案内♪

大阪のワッシーズでワインメーカーズディナーが開催されます。

ニュージーランドワインとカリフォルニアワインのオンラインWassy’s店長ハダノリです。

はいブルゴーニュです!!!
大阪のワッシーズ、、、、しかもネットショップの店長はハダノリ、、、、

そう、私たちのイメージは “おもいっきりっ” New World ワインですよね。
カリフォルニアワインとか、ニュージーランドワインとか、カリフォルニアワインとか、、、、

その通りっっ!

でもね。

オンラインワッシーズもオープンしてもう11年。ええ感じに年を重ねてまいりました。

そして、だんだん飲むのも、すっかり優しいワイン・・・・・・ばかりです。
今さらながら、ブルゴーニュのよさを再認識中のハダノリです。
( この1年間、NZでNZワインしか飲んでいなかった、反動というのもある。)

さて、サトウは今死に物狂いでカリフォルニアワインを勉強中(のはず)ですが、、、ハダノリはもう一度、ブルゴーニュをお勉強中

( ちょっと、試験受ける事になったからさっ。この先は受験生ハダノリの心の声と共にお送りいたします。)

burgandy 6

今回 なんと、初来日、そして関西空港から直行してくれる ドメーヌラペのヴァンサン・ラペさん(あら、御曹司だわ)

彼の畑とワイナリーは
ぺるなんヴぇるじゅれすPernand-Vergelesses(ああ、こんな綴り絶対暗記できひん)にあります。

で、どこ? Pernand-Vergelesses? (こういうsとeが続くのって嫌いやねん
フランスFrance (このスペルはさすがに書ける)

france 1

ブルゴーニュBurgundy (バーガンディって言うんだよ英語はね。
ブルゴーニュってのはフランス語読みで、私ら日本人はフランス語読みで暗記したのだ!ッてのを
どっちが正しいか、去年クラスメートと口論した、、、のも良い想い出ね♪)

burgandy2 2

衛星写真。(saterite….ちゃう。Satellite、Pernand-vergelessese
おしいっ!eが一個多い。pernand-vergelesses )

pernandvergelesses3.jpg

…..で、みなさん ペルナン・ヴェルジュレス ってどこだか、思い出していただけましたか?

・・・・・・・ ← ハダノリ
もう一度↓ (ああ、この地図を暗記したのはもう、15年も前、、、えーーーっっ15年て。)

winereagion.jpg
pernandvergelesses 5

コート・ド・ボーヌ (Cote de BauneBeaune)
アロースコルトン (Alose Aloxe-CortonなんでXやねんっ!)の西隣
うーーん思い出してきた!

コルトンシャルルマーニュ(Corton charlemagne !あ、書けたっ)がまたがってるのがPernand vergelesses

さて、そのPenand vergelessesで1792年からワインつくりをしているのが
Domaine Rapet ドメーヌ ラペ

robert.jpg

↑ ひいおじいちゃん

roland.jpg

↑ おじいちゃん。
そして、もうすぐ来日の

rapet7.jpg

ヴィンセント
似てるねーー。親子。

ベイビーの時から彼は、ミルクもワインで薄めて飲んでいたに違いない(聞いてください)

由緒正しいワイン一家。ワインプリンスですよ

とは言え、日本のワインプリンスとは違い(誰の事を言うてんの?)
ワインの血というより、土壌の血が流れている彼。
実際にお会いした、ワシノリこと、アカデミーデュヴァン大阪校の講師もつとめる鷲谷紀子曰く、すっごく素朴で、純粋で、ステキな人

さて、皆さんドメーヌラペってご存知ですか?(ここで今さら??)
正直申し上げます。ハダノリ知りませんでした。

それもそのはず、(←だって、フランスワイン弱いから) がんばって日本で売ろうとしなくても毎年予約で完売! 需要に供給が追いついてない(Supply and Demandよー。日本語と逆やのよ。)のです。

そんなん言われたら、余計に飲みたい

今回のディナーのワインリストはワッシーズスペシャル。他では楽しめません。

★ ペルナン・ヴェルジュレス レ・コンボット 2009
★ コルトン・シャルルマーニュ 2010
★ ペルナン・ヴェルジュレス レ・ベル・フィーユ 2009
★ ペルナン・ヴェルジュレス プルミエ・クリュ レ・ヴェルジュレス 2009
と。
★ コルトン 1985


85のコルトンだって!!!

ちなみに、、、、、ハダノリは
ワインが好きなら、チャンスがあるなら是非、生産者さんと会ってください!!運動。を推し進めています。

去年NZで出会ったある人が、
ワインメーカーの話は聞かずにワインはテイスティングしたい。
ワインメーカーの話を聞くと、そこに先入観が入って本当のワインの味がわからなくなる。
と言ってました。

それを聞いたときは 【】 と思ったんですけど。
確かにそうです。
普通に飲むより、美味しく感じます。
でも、それで良いと思います。ぜーーーんぜん、ええやん!

だって、ワインは物語と一緒に飲むもの。歴史や、畑や、ワイン造り中の想い出話をフレーヴァーとして味わうものだと思います。

ストーリーのあるワインが美味しい。ってそれで良いと思います
皆さんにも、そうして、楽しくワインを味わっていただきたいと思います
生産者さんと一緒に飲むワインは、何百倍も美味しいです

ちなみに、ワインメーカーの話を聞かずに、ワインだけをテイスティングしたい。
と言っていた人は、一緒にワイナリーめぐりをした後、すっかりハマってしまい、ワイン造りや、ブドウ栽培のお勉強にのめり込んで行きました。
生産者さんの話って、夢中にさせるものすごーーーーい魔力魅力があるのです。

さて、生産者さんとワインを飲むと、そのワインの美味しさを数百倍に引き上げるのですが、、

そのとき、美味しいお料理が一緒だと、その二乗になります。倍の倍です。
おいしーーーーい料理を、ラペのワインに合わせて作ってくれるのは
もちろんっ フランス語ぺらぺーら。ラペ。

chef.jpg

スープル
 我らの岩田シェフ:得意料理はトリュフ
(とりゅふ:truffleああ、そのスペルは永遠に無理。でもテストには出ない?)
ハイ、、ドメールラペのワインに合わせて、岩田シェフのスペシェルトリュフコースをお召し上がり下さいませ。
トリュフーーーーーーー
101109-tech-black truffle.grid-6x2
melting-butter1.jpg
black-truffle-shavings.jpg
Black-truffle-tagliatelle-001.jpg

さて、がっつり頭の中にトリュフが浮かびましたか?
おまたせいたしました

当日のメニューです。
■□■SPECIAL MENU━━━━━━━━━━━┓


┃◇アミューズ

┃◆ホタテとユリネのロワイヤル

┃◇雉とフォアグラ トリュフのロールキャベツ

┃◆蒸しアワビと根セロリのピューレ トリュフのソース

┃◇仏産 仔鴨のファルス

┃◆吉田牧場さんのチーズと仏産フレッシュトリュフ

┃◇仏産トリュフのアイスクリーム

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□■

で、参加されたお客様は、特典としてラペワイン20%オフ!
秘蔵古酒ワインも特別販売予定だそうです。

さーーーて、気になるワイン会の詳細は
== INFORMATION =======================
●日 時● 2012年2月17日(金)19:00~
●会 場● Wassy’s Dining Souple
●会 費● お1人様¥16,000(お料理・ワイン代込)
●定 員● 限定30名様|先着予約順
●お問合せ・ご予約●
Wassy’s Dining Souple  【TEL】 06-6774-9000
================================

ハダノリ今のところ参加を許可されておりません だって席数少ないし
でもオンラインワッシーズのお客様がたくさんご参加してくれたら、特別に同席させてもらえるかもーーー。

なんて夢を見てます。
あーーーあ。
一緒に楽しみたい

ちなみに、当日のメインは コガモちゃんね duckling!

ducklings.jpg

追記: コガモはコーヒーカップにのって出てきません。申し訳ございませんm(__)m
ちなみに、メニューが間違っておりました。
鴨ではなく、鳩でした。
鳩の写真は可愛くないので、載せません m(__)m