商品検索/ITEM SEARCH







CALENDAR

=定休日
営業時間:9:00〜18:00

TOPページ > ワイナリー > オーストラリア > ハ行



120 件中 1-20 件表示  1 2 3 4 5 6 次のページへ最後のページへ

パトリック サリヴァン ジャンピン ジュース サンセット[2019]

パトリック サリヴァン ジャンピン ジュース サンセット[2019]

NEW!!

通常3,850円のところ
特価3,850円(税込)

Patrick Sullivan(パトリック サリヴァン)曰く、

「時々単なるジュースを飲みたくなるんだよな」

「それと時々ブドウから?まれる錬?術みたいなワインを何も考えずに飲みたくもなるんだよな」

ルール無用で結果が美味しければ何も気にしない、これはJumpin’ Juice(ジャンピン ジュース)のコンセプトが誕生した時から何も変わらない哲学。

Half Full Red(ハーフ フル レッド)から更にバリエーションが増えた現在でも彼の想いは不変です。

これまたMike Sleggers(マイク スレッガース)のビオディナミ ヴィンヤードからのフルーツを使用。スキンコンタクトをたっぷり施したソーヴィニヨンブランをベースに、ゲヴェルツトラミネール/カベルネソーヴィニヨンをブレンド。エッグタンクで熟成しています。

表記上ロゼとしていますが、その味わいは正に玉虫色。果実味も酸も溌溂としており、ジュース感が弾け飛んでしまいそうな美味しさに溢れています。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る

パトリック サリヴァン ジャンピン ジュース ジー ダブ[2019]

パトリック サリヴァン ジャンピン ジュース ジー ダブ[2019]

NEW!!

通常3,850円のところ
特価3,850円(税込)

Gee Dub(ジー ダブ)とはGreat White(グレート ホワイト)の略。2018ビンテージからJumpin’ Juice(ジャンビン ジュース)の生産拠点を西オーストラリアに移しに当たって、ホオジロサメを意味するこの言葉を、白ワインに冠する事を前々から頭の中に描いていたそうです。

ブドウは、セミヨン。このフルーツもMargaretRiver(マーガレット リヴァー)でビオディナミを貫くMike Sleggers(マイク スレッガース)の畑から。実はこの畑、かつてはPatrickSullivan(パトリック サリヴァン)の大親友、Si(スィ)のIwo Jakimowicz(イーウォ ヤキモウィッツ)が契約していたオーガニック ヴィンヤード。Siが完全自社畑に移行するタイミングで新たな借主を探していた為、Patrickがその権利を得たという訳です。

早摘みせずに完熟を超えて数日、ギリギリの酸が残っている状態で速やかに収穫。低温マセラシオンの後にプレス、ステンレスタンクで3週間のスキンコンタクト。同じくステンレスの意ノックスでシュール リ熟成。フレッシュで、潮風を感じさせるミネラル感、エネルギーに満ちた爽快さがあり、熱の入っていない「生」の味わいが満載です。

これぞ正にシー ブリーズと言ったところでしょうか。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る

パトリック サリヴァン ジャンピン ジュース ハーフ フル[2019] 赤

パトリック サリヴァン ジャンピン ジュース ハーフ フル[2019] 赤

NEW!!

通常3,850円のところ
特価3,850円(税込)

ワイナリー創設以来9ビンテージ目に突入したPatrick Sullivan (パトリック サリヴァン)の代名詞的存在とも言えるバッチ。2019年からはメインで使用するブドウ品種を、西オーストラリアのMargaret River(マーガレット リヴァー)産にスイッチ。

完全なるオーガニックの畑を盟友Mike Sleggers(マイク スレッガース)から手に入れ、そのシラー種を中心に複数の黒ブドウと白ブドウを混醸して作られています。

「このワインはカンパリと同じで厳密なレシピは公開していなんだ」

とブドウ品種に関する質問に対してPatrickは口を閉ざしますが、それは各品種の重さを一切測らずに感覚で構成を決めているからこそ。

シラー、ソーヴィニヨンブラン、ゲヴェルツトラミネール、カベルネソーヴィニヨン、ピノノワール、ピノグリを無作為にブレンド。相変わらずの飲み易さに加え、若干のファンクが戻って来た様に感じます。

フレッシュで食べて美味しいフルーツをスロープレスに掛けてガブガブと飲む感覚。このワインには正にそれがあります。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る

ペンフォールズ マックス シャルドネ[2018]

ペンフォールズ マックス シャルドネ[2018]

NEW!!

通常4,400円のところ
特価3,740円(税込)

橘類、ホワイトネクタリン、レモンカードのフレーバーに隠れて、アーモンドミールと円熟したオークの特長が絡み合っています。すばらしいテクスチャーとクリーミーなパレートが、柔らかい酸味と相まって、ゆっくりと余韻を残します。あらゆる意味でひと味違ったおいしさを堪能できます。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る

ペンフォールズ シラーズ マタロ ビン2 [2016]

ペンフォールズ シラーズ マタロ ビン2 [2016]

NEW!!

通常3,630円のところ
特価2,934円(税込)

若々しさもある濃い赤紫。しっかりとした骨格を伴った、バランスのとれた芳醇で豊かな口当たり。赤系果実の果実味にチョコレートやフルーツケーキの甘みが融合しておりニュアンスも感じられます。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る

ペンフォールズ セント アンリ シラーズ[2014]

≪高得点≫
ペンフォールズ セント アンリ シラーズ[2014]

NEW!!

通常15,400円のところ
特価12,442円(税込)

このセント・アンリは、数十年使用する1460Lの大樽で熟成させることで果実味を最大限まで引き出します。ペンフォールズのグランジとは、同等のブドウを使いますが、熟成方法の違いにより、和食にも合うエレガントなシラーズとなっています。ワインメーカーのライバル魂から生まれた、グランジとは異なるスタイルのワインです。

香りは、赤スグリのような小さなフルーツから時間が経ち空気に触れると共に、青いフルーツへと変化します。涼しい年の品種特徴である胡椒、シナモン、グリーン・オリーヴも香ります。味わいは、印象的な直線的ストラクチャー、繊細で余韻も長く、ボイズンベリー、クランベリー等の赤いフルーツがグリーンオリーヴやメロンと調和しています。様々なスパイスが綺麗に融合し、セント・アンリらしい感触のタペストリーを織り成しています。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る


■【お取寄せ】ピッツィーニ ヴェルディッキオ S[2016]

■【お取寄せ】ピッツィーニ ヴェルディッキオ S[2016]

通常2,970円のところ
特価2,640円(税込)

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る

■【お取寄せ】ピュージー ヴェイル イーデン ヴァレー リースリング(スクリュー)[2014]

■【お取寄せ】ピュージー ヴェイル イーデン ヴァレー リースリング(スクリュー)[2014]

通常3,938円のところ
特価3,140円(税込)

ピュージーヴェイルの畑は、1847年英国からやって来たジョセフ ギルバート氏がイーデン ヴァレーでブドウを植えたことに始まります。これがオーストラリアに植えられているブドウの先祖に当たるといわれます。イーデンヴァレーに145haを所有、うち50haがブドウ畑。区画ごとに土壌や斜面の向きが異なり、細かく分けて収穫、醸造を実施。この地で20年以上に渡りサステイナブルなブドウ栽培を続けている。凝縮したレモン、ライムや滑石の香りに、パイナップルやドライハーブの香り。口に含むとすぐにその余韻の長さと味わいの深みが感じられ、その中に白い花やフレッシュローズマリーなど、果物やハーブのフレーバー。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る

ペンフォールズ クヌンガ ヒル シャルドネ(スクリュー)[2018]

ペンフォールズ クヌンガ ヒル シャルドネ(スクリュー)[2018]

通常2,200円のところ
特価1,859円(税込)

洗練され、はっきりとしたクヌンガ・ヒルの特徴が活かされた風味。フルーツの新鮮みと純粋さが香る。白い果実、グレープフルーツとキウイ、レモンシトラスの香りにほのかに感じるヌガーとホワイトブロッサムが複雑みを与えている。

フレッシュフルーツにシトラスとレモン、ライムが感じられる。キレの良い酸味にミネラルのテクスチャー、印象的なライムが長く続く。素晴らしく調和のとれた味わいである。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る

バスケット レンジ ワイン シェード[2018]

バスケット レンジ ワイン シェード[2018]

通常4,620円のところ
特価4,620円(税込)

SholtoBroderick(ショルト ブローデリック)は師匠であるLucy Margaux(ルーシーマルゴー)のAnton Klopper(アントン クロッパー)の元で働いていた頃から、一つの夢を見ていました。それは、父の手で長年育てられてきたボルドー品種に、師匠から教わったPinot Noirを始めとするAdelaide Hills(アデレードヒルズ)を代表する「地域適合品種」をブレンドして、新たに自分のスタイルを確立する事です。

過去にチャレンジする事、数回。各ブドウ品種にとって最適と自身が感じたタイミングで収穫し、醸造してからブレンドする挑戦を繰り返しては、自身がイメージする味わいと遠い結果に落胆し、最終的には無難に各品種を分けてリリースする過去に落ち着いていたとの事。

2018は、晩熟させたPinot Noirと早期収穫したCabernet Sauvigonの混醸。結果を恐れずに、アッサンブラージュを避け、冒頭から互いが馴染み合うスタイルと執りました。

大部分を全房発酵した為、色調の薄さに相対する様なしっかりとした骨組が感じられます。アロマは正に「レッドフルーツ」のそれで、サクランボやフレッシュのプラムを明確に意識させてくれる新鮮さと爽快さに満ちており、実にユースフルな仕上がり。

ゴクゴク飲めるのに、アフターには十分な満足感。どんな食事のシーンにも寄り添ってくれる様な、全方位型のワインとなりました。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る

バスケット レンジ ワイン ヴィンヤード ブレンド[2018]

バスケット レンジ ワイン ヴィンヤード ブレンド[2018]

通常4,950円のところ
特価4,950円(税込)

Sholto Broderick(ショルトブローデリック)は現在、若干23歳。父が設立したワイナリーのガレージとブドウ畑を所狭しと駆け回り、同じ集落に住むファンキーなワインメーカー達に可愛がられながら育った彼にとって現在進行形で変化を続けるオーストラリアの新たなワインスタイルこそがスタンダードであり続けて来ました。

小遣いを稼ぐ為にお隣さんで、あるLucyMargaux(ルーシー マルゴー)で働いていた彼にとって、JAUMA(ヤウマ)達は兄の様でもあり、伯父の様でもあり、同時にワイン作りに於ける先生でもあった訳です。

このワインは、Sholtoが研修に赴たワイナリーの美しきMyleneBru(ミレーヌブリュ)がオーストラリアへビンテージにやって来た時に共作した事をきっかけに生まれたワインです。

2018年のブドウは、Petit Verdot、Cabernet Sauvignon、Merlotの混醸。全房発酵を全体の70%程度にし、残りを除梗してタンクに全て同時に放り込みます。フットクラッシュの後はシンプルに放置するスタイル。

噛み応えのあるタンニン、しかしながら決してパレットにストレスを残さない潔いスタイル。往々にしてパワー偏重主義に転じてしまう品種達を実に美味く導いた結果生まれた、国境を取り払う新世代のオーストラリアワインと言えるでしょう。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る

■【お取寄せ】ヘギーズ ヴィンヤード エステート シャルドネ (スクリュー)[2016]

■【お取寄せ】ヘギーズ ヴィンヤード エステート シャルドネ (スクリュー)[2016]

通常4,345円のところ
特価4,345円(税込)

ワインメーカーはヒルスミスファミリーで11年以上シニアワインメーカーとして働くテレサ ハーゼンローダーが務め、栽培責任者は40年以上の経験を持ちピュージーヴェイルの畑の責任者も務めるダレル クリュガー。3種類のブルゴーニュのクローンを使用し、複雑なフレーバーを表現。畑内の古い区画のシャルドネで造られます。淡い緑がかった黄金色。フレッシュなピーチやネクタリンのアロマと、柑橘系、ヘーゼルナッツの香り。いきいきとしたミネラルを感じさせ、クリーミーさとしっかりとした骨格を兼ね備える。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る

■【お取寄せ】ピュージー ヴェイル ザ コンツアーズ リースリング(スクリュー)[2013]

■【お取寄せ】ピュージー ヴェイル ザ コンツアーズ リースリング(スクリュー)[2013]

通常5,346円のところ
特価3,927円(税込)

ピュージーヴェイルの畑は、1847年英国からやって来たジョセフ ギルバート氏がイーデン ヴァレーでブドウを植えたことに始まります。これがオーストラリアに植えられているブドウの先祖に当たるといわれます。イーデンヴァレーに145haを所有、うち50haがブドウ畑。区画ごとに土壌や斜面の向きが異なり、細かく分けて収穫、醸造を実施。この地で20年以上に渡りサステイナブルなブドウ栽培を続けている。リッチで凝縮した味わい。芳醇だが、レモンや花のような落ち着いた香りに焦がしたトーストやレモングラス、クローヴオイルのようなニュアンスが感じられます。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る

■【お取寄せ】ピュージー ヴェイル イーデン ヴァレー リースリング(スクリュー)[2018]

■【お取寄せ】ピュージー ヴェイル イーデン ヴァレー リースリング(スクリュー)[2018]

通常3,938円のところ
特価3,140円(税込)

ピュージーヴェイルの畑は、1847年英国からやって来たジョセフ ギルバート氏がイーデン ヴァレーでブドウを植えたことに始まります。これがオーストラリアに植えられているブドウの先祖に当たるといわれます。イーデンヴァレーに145haを所有、うち50haがブドウ畑。区画ごとに土壌や斜面の向きが異なり、細かく分けて収穫、醸造を実施。この地で20年以上に渡りサステイナブルなブドウ栽培を続けている。凝縮したレモン、ライムや滑石の香りに、パイナップルやドライハーブの香り。口に含むとすぐにその余韻の長さと味わいの深みが感じられ、その中に白い花やフレッシュローズマリーなど、果物やハーブのフレーバー。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る

パトリック サリヴァン ウォータースキン[2018]

パトリック サリヴァン ウォータースキン[2018]

通常7,700円のところ
特価7,700円(税込)

Patrick Sullivan(パトリック サリヴァン)はある種人を寄せ付けない空気感を持つ天才肌。

このワインの説明を求めた時も彼独特の言葉で語ってくれたのですが・・・「Sauvignon BlancもSemillonも土地の味を凄く反映するブドウなんだって事に気付いて作り始めたキュヴェなんだ。どちらも水分を貪欲に摂取する品種で、近くを流れてる河の水と同じ味がすんだよ」と言われた時は思わず閉口してしまいました。

2016年にWilliam Downieと共同購入/運営を始めたWild Dog Vineyard(ワイルド ドッグ ヴィンヤード)のフルーツを使用しているんですが、 Sauvignon Blanc、Semillon、Cabernet Sauvignonの野心的ブレンドです。

一般的に公開した資料にはSauvignon Blanc、Semillonとしか表記しなかったとの事。説明が面倒くさかったと語っておりました。

白品種は混醸。Cabernet Sauvignonはまだ青さが残る程度、通常よりも2週間前に収穫してセラミックのエッグタンク1/5程度にダイレクト プレスして放置、ベースとなるSauvignon Blanc、Semillonをステンレスタンクで4週間のスキンコンタクトをしながら発酵。マロラクティックが終わる前にエッグタンクに投入したそうです。そのまま10カ月の熟成、何もせずにボトリングされています。

青みが少し残ったプラムやパイナップル、メロンやグレープフルーツ、カボスのニュアンスがあり実に食欲が湧きます。微かに塩味があって、旨味が濃過ぎずに絶妙。Patrickらしいシニカルで挑戦的な仕上がりになりました。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る

フレデリック スティーヴンソン サンジョヴェーゼ[2017]

フレデリック スティーヴンソン サンジョヴェーゼ[2017]

通常5,720円のところ
特価5,720円(税込)

2017年は、FrederickStevenson(フレデリック・スティーヴンソン)にとって初めてのリリースとなるSangiovese(サンジョヴェーゼ)。しかも地元BarossaValley(バロッサヴァレー)ではなく、冷涼なAdelaideHills(アデレードヒルズ)から収穫したフルーツを使用しています。

畑はUraidla(ウレイドラ)にあるParishHill(パリッシュヒル)。海抜500mの位置に、イタリアに家族のルーツを持つ一族が所有しており、VermentinoやNero d’Avola、ProseccoやLambruscoまで栽培している稀有な存在です。2000年初冬からAlberto Antonini(アルベルト アントニーニ)に師事し、テラコッタでワインも作る小さな農園です。

一部を全房発酵で、古い大樽で仕上げられたこのキュヴェは冷涼気候故にChianti Classico(キャンティ クラシコ)よりも明らかにライトでチャーミングなスタイルは、ベリーのフレーヴァーが増幅したVino Nobiledi Montepulciano(ヴィーノ ノービレ)を彷彿とさせてくれます。

タンニンの触感は品種に忠実ですが、イタリアのそれよりも果実味が豊かで別の品種を飲んでいるかの様です。現地のソムリエ達の間でも大きな話題になっていて、瞬く間に完売してしまいました。今後、彼のワインを代表するキュヴェとなっていきそうです。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る

フレデリック スティーヴンソン ホンゲル グルナッシュ[2018]

フレデリック スティーヴンソン ホンゲル グルナッシュ[2018]

通常4,840円のところ
特価4,840円(税込)

Hongel Vineyard(ホンゲル ヴィンヤード)は、バロッサ ヴァレー最大のオーガニック ファームであるVine Vale(ヴァインヴェール)の単一畑。Steven Crawford(スティーブン クロフォード)が作る最上質のグルナッシュ・キュヴェとなります。

フルーツの40%を全房発酵。4000Lの古い大樽に投入した後、手除梗したフルーツを上から投入します。まだ茎が残った全房部分は人間が体重を掛けてもクラッシュ出来ませんが、その隙間を除梗されて、足踏みされたフルーツから流れ出るジュースが埋めていく訳です。

後はじっくりと時間を掛けながら発酵熟成。澱引きを経て、更にバスケットプレスからボトリングという実に単純なプロセスです。

著名ワインジャーナリストであるマイク・ビニーが「ピノ・ノワールと勘違いするところだった。」と、そのエレガンスを称賛した美しきグルナッシュです。バラの香りやチェリーのアロマが生き生きしていて、マイクの言わんとしている可憐な表情が全開です。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る

フレデリック スティーヴンソン ドライ レッド[2018]

フレデリック スティーヴンソン ドライ レッド[2018]

通常4,180円のところ
特価4,180円(税込)

このDry Redは、Steven Crawford(スティーヴン クロフォード)流のテーブルワイン。スルスルと飲み心地良く、夜通し飲んでも疲れない、アプローチしやすいカジュアリティが身上です。

フルーツは、Vine Vale(ヴァイン ヴェール) Vineyardから収穫。オーガニックの畑が全作付面積の5%程度しか存在していないBarossa Valleyで最も良質で健全な畑です。

サンソー、シラーズ、グルナッシュ、ムールヴェドルを46:36:11:7の割合でブレンドしています。品種毎に収穫期のずれがありますので、ワイナリーへの運搬とコールドソークを終えたブドウを順次同じステンレスタンクに投入して混醸しています。大部分をステンレス熟成、一部を古い大樽で熟成。果実感がピチピチしております。

「兎に角、飲み手が蘊蓄なんて語る事無く無心でガブ飲み出来るワインにしたかったんだ。」とはStevenの弁。ラズベリーやクランベリー、イチゴやフレッシュプラム、チャーミングな赤いフルーツ総動員といったニュアンスが堪りません。灼熱の地Barossa Valley(バロッサ ヴァレー)で作られたワインとは到底思えないキュートな飲み心地は正に「既成概念の破壊者」を模索している輸入元・ワイン・ダイヤモンズのポートフォリオ哲学にピタリと嵌っております。

冷やし目で楽しんで下さいませ。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る

■【お取寄せ】ボーエン エステート クナワラ カベルネ ソーヴィニヨン S[2017]

■【お取寄せ】ボーエン エステート クナワラ カベルネ ソーヴィニヨン S[2017]

通常4,400円のところ
特価3,300円(税込)

生き生きとしたダークベリーの果実をミントのニュアンスが縁取り、活気に満ちて芳醇。オーク樽由来のきめ細かく粉っぽいタンニンが味わいの骨格をなしている。有機栽培された樹齢47年以上のブドウを用い、フレンチオーク小樽で18ヶ月間熟成。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る


120 件中 1-20 件表示  1 2 3 4 5 6 次のページへ最後のページへ