昭和の味!?

 

オンラインWassy’sのフジイです。

 

少し前、スーパーで「昭和フェア」なるものをやっていてつい買ってしまったもの。

 

「ニッカウヰスキーのアップルワイン」

 

現在販売しているアサヒビールさんのサイトを見ると、リンゴのワインにリンゴブランデーを加えてブランデー樽で熟成させたもの、とあります。

 

昭和13年からあるそうで、アルコール度数は22%。

 

買ってから気付いたのですが、楽天などのモールの売れ筋ランキングに入っているので人気なのでしょうか。
もしかして超有名!?

 

さっそく、ストレートで味見をすると、とても甘くてイメージ的にはアップルパイ、焼きリンゴ、カラメル、そしてモロゾフのリンゴチョコレートのリンゴを食べた時のような感じの香りと味わい。

 

ロックにしてみても、炭酸水で割ってみてもしっかり甘い!

 

普段甘いものや甘いお酒をあまり取らない自分に気が付き、「う~ん」1本飲みきれるかなぁ、と思い、別のもので割ってみることに。

 

ちょっとの間はまっていたレモンの炭酸飲料で、緑色のペットボトルでおなじみのミネラルウォーター「サンペレグリノ」のリモナータ。
思い出すだけで唾液がでてくるくらい、ちゃんと酸っぱくて好きなのです。

330mlで200円くらいとちょっと高くて、高級感を醸し出す帽子をかぶっています。

 

これで割ってみると、ドンピシャめっちゃ合います。個人的に最高の組み合わせではないかと思うくらい。

 

これに調子をよくして、辛いジンジャーエールでも試してみます。こちらは、のどの奥に残るピリピリした辛みとも合いますが、味わいは私にしてはやっぱり甘いです。

 

アサヒビールさんのホームページには、ウーロン茶割りとかホットにするとか他の飲み方も載っていたので試してみようと思います。

 

最初は一本飲みきれるかと心配になりましたが、日々、いろいろ割って試しているうちに底が見えてきました。

 

1000円を切る価格の安さが嬉しいし、いろんな飲み方で楽しめるし、食後にちょっと飲むのにもちょうど良いし……、家に常備するのもありかと思っています。

 

日曜日お時間あります?

まだまだ大雨の影響が残っているところがございますが、
皆様はいかがでしょうか?
九州地方など一部エリアへはお届けに遅れなどが出ておりますので
ご注文頂いております商品のお届けにつきましては、佐川急便の
配送確認ページなどをご確認くださいませ。

 

さてこの週末は3連休。
お天気も《THE 夏》!!

と行った具合でかなりの暑さになりそうです。
大阪、関西圏の皆様で15日日曜日お時間ありましたら、大阪梅田の
中之島へちょいと足伸ばしてみませんか?

いや、時間作ってくる価値あります。

お昼の部なら、暑さをさけての涼みがてらに
夜の部なら、この試飲販売会で色々楽しんでから梅田で晩御飯

と言った充実の休日が送れます。

5年の期間からスタッフが美味しいと思った30種類をテイスティング。
さらにワンコインなどで、普段ちょっと手がでないブルゴーニュワイン
なんかも飲むことができます。

次の日も祝日ですから、夜までど~んと行っちゃいましょう。

 

看板犬に癒されてます(*^_^*)

オンラインWassy’s受注担当 です。

ワッシーズの看板犬モモです。8歳。
やんちゃで食いしん坊。
しかしご覧のとおり可愛らしいので、
スタッフみんなちやほやします(*^_^*)
これは2週間ほど前の写真。

なんでエリザベスカラーをつけているの???

というのも・・・

ある日、いつものように出勤したモモですが、
じーーーーっと動かない。

≪おやつだよ≫と呼んでも来ない。
眠いの?お父さんがいなくて寂しい?
地震の後だったし、不安定なのかな?

それにしても、いつも絶対に残さないごはん。
ちょっぴり口をつけただけで食べなかった・・・。
おかしいよねー(@_@。どうしたんだろう。

心配になって覗いてみると、じーーーっと丸くなって、
時々お腹を舐めている・・・
ど、どうしたのモモーーーーーっ!!

なんと、子宮蓄膿症だったそうで、急遽手術(-_-) 
痛かったんだね・・・(@_@。

ぬいぐるみみたいに縫われてしまったお腹。
カラーを着けているせいで、あちこちにぶつかるモモ・・・。
心細いのか、≪きゅーーん≫と鳴きながらすりすり寄ってくる姿は
痛々しくっていつもよりちやほやしてしまった。

そんなモモでしたが、抜糸も済み、今ではすっかり元気に。
あー良かった・・・。やんちゃ姫健在
じっとしてないから写真を撮るのも難しい・・・

これは少し前の写真。

2~3日モモの顔を見なかっただけなのに、
ほんと寂しかった~
私たちスタッフがモモをかまってあげてると思っていたけど、
癒してくれているんだなあ。。。

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます
よろしくお願いいたします。

ワイン木箱でお片付け

 

オンラインWassy’sのフジイです。

 

今に始まったことではないのですが、
部屋が雑多としていて、くつろげないのです。

 

それもそのはずで、
たいして物を捨てることなく本やらなんやら
ポチッ…、ポチッ…、といろいろ買っていました。

 

そこで、そろそろ片付けないとなぁと思っていたところ、
「ワイン屋で働いているから木箱で片付けたらいいやん♪」
と、ワインの木箱を購入。
※片づけたい時に、物を捨てずに収納を
買ったらダメらしいですね、本当は。

 

以前に入手したものも含めて、
1本箱×1個、3本箱×1個、6本箱×1個。
特に手入れすることもなく、放置していました(-_-;)

 

オンラインワッシーズで販売しているワイン木箱は
実際に入荷する時にワインが入っていたものなので
運搬用のシールやメモ書きなどが残っている場合があります。

 

私が購入したものも、わりとしっかりシールの跡が
残っていました。

 

なので、ムクムクとやる気が湧き出てきて、

 


手芸用のコテで温めて残ったシールをはがす。
→おもしろいくらいスルスルはがせました。

 

 


中の間仕切りは不要だったので、のこぎりで切る。
→さすがピゾーニ、木箱で使われている木も
杉やヒノキのような良い香りのする
きれいな木でした。

 

 


ときどき犬に邪魔されながらも、全てカット。

 

 


全体をヤスリがけ。
→少し残っていたテープのベタベタもささくれも
ツルリとして色白に、とってもきれいになりました。

 

が、ここで、
みなぎっていたやる気と体力が燃え尽きました。

 

最後、1本箱に蝶番と取っ手を付けようと思っていましたが、
「腕だるいし、蚊にいっぱい刺されてかゆいし、
ひとまずきれいになったし……」
という思いが頭の中をグルグルし出して、
「また今度にしよ」と。
(きっと、これがダメなんですよね。)

 

その翌日、手洗い石鹸のポンプがうまく押せないほど
二の腕が筋肉痛に。

 

次に、いつ「やる気」の波がくるかは不明ですが、
ひとまず、ちょっとした達成感で大満足。
(けど、また木箱買ってしまったりして……。)

 

実は人気商品のワイン木箱。
いろいろ使えて便利です↓↓

用途いろいろ、送料無料のワイン木箱

正規品?

スタッフ・トリイです。

先日電車の中でみかけて

「えっ?こんなん売ってるの」

と驚いてしまったので、こっそり服だけパシャリ

 

 

ラフィット Tシャツ!!

 

観光地とかで売ってるビールとかのラベルデザインしたような
バッタもんかと思ってたら、Supremeがちゃんとリリースして
るらしい。

って事はめちゃ高いんちゃうの。

 

 

うちでもなんかワインラベルTシャツこっそり・・・・

 

 

Wassy’sのワインはもちろん全て正規輸入のインポーターさんの
商品ですよ。

スープルのオマールランチに嬉しい驚き(^O^) ガーギッチのシャルドネ

オンラインWassy’s受注担当 です。

ワタクシごとですが、昨日は誕生日でした。
なので・・・贅沢しちゃおーーっと
姉妹店スープルで優雅なランチをいただいてきました。

姉妹店スープルは、フレンチレストラン。
ワッシーズのお店ですから、勿論ワインも充実しています。

お目当ては以前からどうしても食べたいと切望していた
オマールランチ(^O^)


見てください!このプリップリの身!!
豪勢に半身が使われているのです
添えられているバジルの優しい味わいにも感動。。。

かかっているのは甘酸っぱいマンゴーソース。
付け合せのお野菜の一皿もこんなに手が込んでいます。

実はこのオマールランチはセットメニュー。
野菜の自然な甘みが嬉しい野菜スープ、
色とりどりの前菜盛り合わせ、
そしてオマールちゃん
デザートはスイーツのセットかチーズ盛り合わせ。


前菜の盛り合わせです!

Jはチーズの盛り合わせをチョイス。

これで3500円

びっくりしませんか???

素材もほんとにいいものを使っていることを知っているワタシ。
何故なら、何度か入荷してきた活けのオマールを
この目で見たから。

カナダからはるばるやってきたオマールちゃんは
冷蔵の状態で入ってくるのですが、
少し温度が上がると、ガサガサ
わしゃわしゃ・・・元気いっぱい。

そんなオマールに合わせたワインは
オンラインワッシーズでも取り扱いをしている
ガーギッチ・ヒルズ シャルドネ ナパ・ヴァレー[2014]

輝く麦わら色、クリーミィかついきいきした酸
バランスよく、口当たり滑らかなこのシャルドネは
オマールとソースの甘みが絡み合ってとろけていきます。
んまーーーーい

シアワセな誕生日でありました。

お近くにお住いのみなさま
大阪四天王寺のスープルへ是非オマールランチを食べに来てください。
その美味しさと内容に、絶対びっくりします。
数量と期間が限定とのことなので、
ご来店の際はお電話で確認をお願いします<(_ _)>

ワッシーズ ダイニング スープル
06-6774-9000

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます
よろしくお願いいたします。

デュヴァル ルロワ 頑張るフランスのオカンが創るほっとするシャンパン

オンラインWassy’s受注担当 です。

ここ数日、気温も湿度も急上昇。
熱中症にお気を付け下さい。

こんなジメジメ蒸し暑い日は、
冷たーい白ワインやロゼ、そしてスパークリングワインが嬉しい。

中でもシャンパーニュって特別な気がしませんか?
ちょっと敷居が高そうなこのワインを、
もっと皆さんに楽しんでほしいなあ、何かヒントがないかなあ・・・と
先だってデュヴァルルロワ
シャンパンセミナーに参加してまいりました。

シャンパーニュというのは、フランスシャンパーニュ地方に於いて
伝統的な瓶内二次発酵によって手間暇かけて作られた
スパークリングワイン。
だから高いんだよ~ってことなんですが、
それだけじゃない気がするんですよね。

デュヴァル=ルロワの現当主は若くして夫に先立たれ当主となった
キャロル・デュヴァル=ルロワさん。もと主婦なのですって。

そのキャロルさんが、メゾンを
まだ小さかった息子たちに受け継がせるために、
当主となったわけです。

いわば中継ぎのような感じだったようなのですが、
もともと才があったこと、
料理上手な主婦の感覚を活かしたことなどなど
そういったことが幸いして良い方向に働き、
事業は拡大されていきました。

とはいっても、ものすごーーーく努力されたはず。
日本のオカンも強いけど、フランスのオカンも負けてません。

キャロルさんの感性を活かした
新しいシャンパーニュが次々と研究開発され、
今のデュヴァル=ルロワには驚くほどのラインナップ。

伝統を守り、新しいことにも挑戦し結果を出す。
今は頼もしい息子たちに囲まれた良きママン(お母さん)
何だか素敵だな~。。。

今日のおすすめは
デュヴァル=ルロワ・ブリュット・レゼルヴ・ピュール・シャルドネ NV

ほんのりと旨みや甘み。日本料理に寄り添うワイン。
きりっとした感じではなく、やわらかな印象。厚みもある。
ほっとする。
いつも頑張っている人に是非飲んでいただきたい1本。

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます
よろしくお願いいたします。

取扱い注意!!思い出のワインボトル(@_@。 

オンラインWassy’s受注担当 です。

先だっての大阪北部地震で怖い思いをされた方、
心からお見舞い申し上げます。

かくいうJの家も、震度6地域にかかっていてかなり揺れ、
何かにつかまっていないと立っていられず、
また色々なものが割れて散乱し怖い思いをいたしました。

特に、これは絶対してはいけないなと肝に銘じたこと
≪割れ物は高いところに仕舞わない≫

置く場所がないからとビンをまとめて高い場所に並べていたのです。
いわゆる≪思い出のワインボトル≫で、
生産者の方のサインが入っていたり
5大シャトーやダブルマグナム・・・。
眺めていると飲んだ時のシーンが蘇ってきます。
確かに捨てるに忍びないのですが、
危うく頭を直撃されるところでした(-_-)

粉々になったビンもありました。
ラベルで辛うじて繋がってはいるけど、
危なくて触れない・・・。
ビンはぶつかり合っても床に落ちても割れるし、
グラスも、ランプシェードも・・・怖い怖い。
形あるものはいつかは・・・とはわかっていつつも悲しい。

まだ余震がくるかもと床に置いたものを上げる気になれず、
空いたビンはラベルを取って、捨てようと決心。
そして無事なワインは割れる前にとせっせと飲んでいます。
あーでも、また買い足してしまうのだろうな。

皆さんは思い出のワインボトルなどはどうなさっていますか?
高いところにはおいてはだめですよ~
何が何でもご安全に!

ブログの応援、ぽちっといただけると元気がでます
よろしくお願いいたします。

臨時休業のお知らせ

本日6月18日に発生いたしました地震の影響により
オンラインWassy’sは臨時休業とさせて頂きます。

ご注文頂いております皆様につきましては、明日以降に
受注確定のご連絡をお送りさせて頂きますので、お待ちくださいませ。

また出荷・配送につきまして、関西地域によりましてはお届けに
遅れなど出る場合がございます事をご了承くださいませ。

ぎょうざとワイン

 

オンラインWassy’sのフジイです。

 

少し前、ゆるゆる飲みながらの夜ご飯でのこと。

 

その時に飲んでいたのは
イタリア北部、オーストリアとスイスと国境を接する
トレンティーノ・アルトアディジェ州のソーヴィニヨンブラン。
(↓↓オンラインでは取り扱いが無いのですm(__)m)

 

ホワイトアスパラなどワインに合いそうなものが
並ぶ食卓の中に「ぎょうざ」が…。

 

しかも、がっつりニラとニンニクが香る、
食欲をそそるノーマルタイプのぎょうざです。

 

ちょっとカオスですが、
それが「おうちごはん」。

 

ソーヴィニヨンブランとぎょうざかぁ、
と思いながらも、
食べてみると、びっくり!!

 

絶妙な組み合わせ。
ニラの風味にソーヴィニヨンブランのほんのりグリーンを
思わせるイメージが寄り添って
「おいしい…、合うんや」と驚きの体験でした。

 

そもそもワイン自体がとても美味しくて、
ハーブやアスパラ、グリーンパパイヤ、ライムの皮などの
緑を想起する香りに、食欲を刺激する柑橘系の酸と
コクのあるしっかりした味わい。

 

ぎょうざとワイン。合うんやなぁと、
インターネットで調べてみると…、
私が知らなかっただけで
たくさん記事が出てきます。

 

いくつか見てみた中で、
おすすめ上位は、ロゼ
まだまだ甘口イメージが払しょくされてはいませんが、
じわりとその万能っぷりが認められてきています。

 

そして、こちらも万能選手の
ふっくらした味わいの白ワインやサンジョヴェーゼなどの赤ワインも。

 

中の具材と調理法によっていろんなワインと合わせた
組み合わせもたくさん載っていました。
私の好きな「パクチー」を使ったぎょうざも(^^)

 

なるほどなぁ、と。
「ぎょうざ」甘く見ていました。

 

ベタにビール♪ビール♪と思っていましたが、
これからは「ぎょうざとワイン、時々ビール」で
いきたいと思います。