あれもこれもアメリカン・ワインヾ(*´∀`*)ノ

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

今年も行かせていただきましたアメリカン・ワインデイ
アメリカワインの魅力を広く知り、広めるための試飲会。
あれもこれも(当たり前だけど)ぜーーーんぶアメリカワイン。

まあ、試飲会はワイン販売に携わるプロのみが対象なのですが
夜は一般にも開放されていて、
入場料は必要なのですが200種類以上のワインと
おつまみがついていてなかなかお得なイベント。

来年は是非皆様にも参加していただきたいJです。

「これこれ!大人気のナパ・ハイランズもいいけど
お得感のあるナパのカベルネソーヴィニヨンってことで
探したのよ!!」

イーター カベルネソーヴィニヨン ナパヴァレー[2017]

バランスよい酸味、タンニンやわらか、そして果実感もしっかり。
ナパで3000円台ってお得感あるーー

おっと!同じ中川ワインさんに
ホーニッグ ヴィンヤード&ワイナリー ソーヴィニヨン ブラン[2018]発見!

大好き~ホーニッグ。

さてさて、マイブームでもあり
気にしているせいか、
会場を見渡すと、やっぱりロゼが目に付きます。

ダックホーン・デコイのロゼ

ディストリクト 7 ピノ ノワール ロゼ S[2017]

リキッドファームのロゼも!

そして、ワイン・イン・スタイルの磯田さんが持っていらっしゃるのは、

ザ・ヒルト

オーナーがカリフォルニア/ナパヴァレーの
スクリーミング・イーグルと同じスタン・クロンキーさん。

副店長サトウも先日セミナーにて全種類を試飲。
「ピノノワールもシャルドネも良かった!
何といってもシャルドネの、
ほとばしる豊かな酸が印象的!!」と絶賛していたな。

あれもこれもと紹介したいワインがたくさん!!
続きは是非私たちのお店で。。。

何といっても、
カリフォルニアワインワイン専門店のオンラインWassy’sですから

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます

6月はさくらんぼタルトとスパークリングって決めてる(*´°`*)

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

6月になるとさくらんぼが出てきます。
これはアメリカンチェリー。

色が濃くって甘くて酸味はまずまず。
そのまま食べても、お菓子にしても美味しい。

我が家では、お砂糖とキルシュというさくらんぼの蒸留酒につけて
半日置いたものをタルトに仕上げるのが定番。

そして合わせるのはスパークリングって決めてる。
タルトとスパークリングって合うのですよ~

先週末は夫の誕生日だったので、シャンパーニュと

赤はケン ライト セラーズ ピノ ノワール ウィラメット ヴァレーを用意。
ガツンと飲み応えある。ワイルドといったら言い過ぎか?
メインの濃いソースにもしっかり合ってた!美味しーーーっ

前菜と魚でスパークリング、
メインはケンライトセラーズのピノで、
最後にスパークリングに戻ってタルトを楽しもう!

と思っていたら、思いのほか前菜で泡を飲み尽くされ
タルトにたどり着くころにはワインは何一つ残っておりませんでした。

決めてたのにーーーー

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます

最近どはまり( ̄∀ ̄)≪赤寄りなロゼ≫シャトーイガイタカハ トキメキ

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

最近Jのマイブームはロゼなんですが、
ここ1ヶ月ほどはまってるのが≪赤寄りなロゼ≫
まあ、Jが勝手にそう呼んでいるだけなのですが
飲みごたえのあるロゼのこと。

この間行ったワインコンプレックスの会場で
思わず「ストライク!」と思ってしまった
シャトー・イガイ・タカハ の

トキメキ ロゼ サンタバーバラカウンティ

口あたりやわらかで、上品。
酸味のバランスが絶妙で、すっきりしすぎてないところがサイコー

残念ながらオンラインワッシーズでは
このロゼの取り扱いがないのです・・・
ごめんなさい
ですが!!!
シャトー・イガイ・タカハ のラインナップは

バラエティに富んでいるのに
飲むごとに「はずれたことないなー」と実感。
ますます好きになってしまう魅惑のワインたちなのです。
オンラインワッシーズにもたくさんございます。

是非お試しください

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます

贅沢、でも幸せっ( ♥︎ᴗ♥︎ )ケークブレッドセラーズ ダンシングベア

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

暑いけど、またまた赤ワインのお話です。

先日ジェロボームさん主催の
ワインパーティに参加してまいりました~

ケークブレッドセラーズ

カンブリア

マイケルモンダヴィ・ファミリー・エステート

の生産者を迎えて
カリフォルニアのチーズとともにお料理も楽しむという素敵な会。

思いっきりお客さんとして楽しんできました(⚆.̮⚆)!!エヘ

試飲会と違って、グラスにしっかり入れてもらって
お料理と楽しめるなんて夢のようです。

始まる前に料理をパチリ・・・

どんどん出てくる・・・
やっぱり料理と合わせて楽しむのはいいな~
そこには人との会話あり、
ワインはコミュニケーションツールのひとつでもあるよなーなどと
あらためて思う・・・(●ᵔᴗᵔ)(ᵔᴗᵔ๑)✩

そしてそして目玉は


ケークブレッド セラーズ ダンシング ベアー ランチ カベルネソーヴィニヨン

濃厚でありながらタンニンは過ぎず、とてもなめらかで心地良い。
お肉が合ーーーーうーーーー
ああなんて贅沢、でもシアワセ~

このシアワセを是非皆様にも・・・
今の季節はクーラーきいたお部屋で楽しんでくださいね

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます

暑くても薦めたいっっ( ・◡・ )♫•*¨*•.¸¸♪インポーターさんお薦め安定のヘスティアレッド

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

ニュースでは今日の最高気温は7月並になる・・・と言っていました
皆様クール便の指定をお忘れなくーーーー

昨日 試飲会のワインコンプレックス大阪に行ってまいりました。
赤はつらいかなー(´._.`)と思いつつ
今日は赤のご紹介です。

この元気全開娘は株式会社リエゾンの河井さん。
彼女が、どうしてもお奨めしたいと手に持っているのが
ヘスティアのレッドとリースリング。

ヘスティア セラーズ レッド[2016]
ヘスティア セラーズ リースリング[2017]

ヘスティアレッドは本当に安定の味わい。
ソフトでかつ独特な口当たりのフルボディ。
ヴィンテージ変わっても味わい変わらず安心して飲める。

Jにとってはちょっとビンが重いのですが
そこも高級なワインの証明ってかんじで好評。

柔らかなタンニンとエレガントなフィニッシュ。
今すぐ飲んでも、数年寝かせてからも楽しめる

ヘスティア セラーズ レッド[2016]

是非お試しを

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます

最近のマイブームはロゼなのだ(∩˃o˂∩)♡アンダーウッドロゼ

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

今日は試飲会 ワインコンプレックス大阪に行ってまいりました。
たくさん紹介したいものがあるのですが、
Jの最近のマイブームはロゼ。

さらりとした白ワインチックなロゼもいいのだけど、
飲みごたえのあるロゼにはまっています。


アンダーウッド ロゼ [2016]

ピノグリ、ピノノワール、リースリング、ミュスカ、シャルドネ、シラーで造られた美しいワイン。
主張しすぎず、とはいっても果実味しっかりミネラルたっぷり。
食事に寄り添うってこんなワイン?
是非ぜひ食事と一緒に楽しんでもらえたら
ハレもケも関係なく、幸せな気持ちになりそう

しっかり冷やして、是非試してみてください。

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます

夏だ~ヾ(≧∀≦☆) ニュージーランドワインの出番じゃない?

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

暑くなってきました。
まだ夏本番ってわけではないけれど、
暑さに弱いJはすでに弱りつつあります。

でもその弱りつつあるJを元気にするワインたち。
ニュージーランドワインの出番です。

もちろんソーヴィニヨンブランははずせない・・・

そして暑いときでも飲みたいのがピノノワール

うす旨ピノをお探しなら是非試していただきたい!
エレガントでフレッシュで・・・
夏の疲れを癒してくれること間違いなしです

そんなニュージーランドのピノ、
先週、ラックコーポレーションさんの
ニュージーランド試飲会で見つけてきましたよ!

オスラー ヴィンヤーズ ノース オタゴ キャロラインズ ピノ ノワール[2013]
いちごやラズベリーそれにブラックベリーの芳醇な香り、
ほんのりスパイシーさもあり、うす旨だけど複雑味も感じる。

オスラー ヴィンヤード
はニュージーランドの南島のノースオタゴにあります。
冷涼で、ブルゴーニュの気候に近い。
他にピノグリやリースリングもあります。
しっかり冷やして是非味わって。

ピノも温度はやや低めがおすすめ 

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます

フロッグスリープを楽しむ(*´ᴗ`*)♪ Jのちいさな野望

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

ワッシーズで働きはじめて約10年。
それまでフランスワインばかり飲んでいたJにとって
カリフォルニアのワインをこんなに飲む機会に恵まれるなんて
夢にも思っていませんでした。

10年位前はカリフォルニアといえば
まだまだパワフル・パワー全開なワインが幅をきかせていた時期。
そんな中で出会ったのが

フロッグス リープ ソーヴィニヨンブラン ラザフォード ナパヴァレー
はある意味衝撃でした。

透明感があって爽やかで、エレガント。
なんか・・・思っていたのとチガウ。

それに・・・この感じ、
サンセールみたいで、すごく懐かしい。
こんなカリフォルニアワインがあるんだ~

それから10年。
パワフルなワインも、樽をきかせたワインも勿論あるのだけど
エレガントなワインもカリフォルニアに増えてきました。
その時々のニーズに合わせて、
ワインも生き物のように変化しています。

フロッグスリープは、ずーーーっと創業当時からエレガント路線。

食事にあうワインエレガントなワインを・・・と
作り続けているのです。

モチロン!これからの季節、外のみもおススメ

Jはテラスで冷えたフロッグス リープ ソーヴィニヨンブラン を

楽しみたいなあ・・・と密かに企んでいます。

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます

暑いっっ!!白ワイン飲みたい(*´°`*)ニュージーランドワイン

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

気温ぐんぐん上昇中・・・
まもなくゴールデンウィークになろうとしているわけですが
初夏というより「夏」なかんじです。

最近は買うワインも白や泡ばっかりで、
体が欲しているのだなあと思っています。

週末に飲んだのは
ベビー ドール スパークリング ブラッシュ ピノグリ NV イーランズ

かわいらしい羊マークのラベルに心癒され・・・
繊細でふわっと香る白い花や梨。
細やかに続く泡が、口元に運ぶたびやさしさに包まれるよう。

そして

バビッチ ファミリー リザーヴ シャルドネ[2016]

グレープフルーツのような柑橘系の爽やかな香りそして心地よい酸味。

どちらもニュージーランドのワイン。

爽やかといえばソーヴィニヨンブランを思い浮かべるかもしれませんが
いやいやなかなか、このこたちできる子なんです。
料理を選ばずに楽しむことができるってのも強み。

今回あわせた料理はプロヴァンス風にたっぷりトマトを使った品々。
爽やかワインたちとの相乗効果で
ホンマ美味しくいただきました。

これからの季節、ニュージーランドの白 おススメです。

 

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます

買わなきゃ~\( ˆoˆ )/ シャトーラグランジュ2016

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

ですが、今日はフランスボルドーワインの話です。
ここ最近、爆発的というほどではないけれど、
シャトーラグランジュが売れています。

日本企業が手がけるワイナリーとしてテレビで取り上げられたのがきっかけ。


(これは姉妹店ワインショップワッシーズのラグランジュたち)

日本企業というのはサントリーのこと。
17世紀からという歴史のあるシャトーでありながら、
1929年の世界大恐慌以降、畑は切り売りされたり、
シャトー自体も荒廃していたのですって(・_・、)

1983年にサントリーが入ってからは、どんどん手を入れてグランクリュの名声ふっかーつっっ!!
フランス人からみればよそ者がやってきたーーーってなもんです。
さぞやりにくく、ご苦労があったのだろうなあ・・・とお察しいたします。

今や国際的な評価もすごく高く、2016年はこれまでの最高評価、ワインアドヴォケイトは94点。
1980年代にワインを飲み始めたJは、
美味しく変化していったラグランジュを実際にみていたので、
なんだか感慨深いものがあります。

そういえば、最近ボルドーが高くなっちゃった~と敬遠していたけど、
久しぶりに飲んでみよう。
何といっても、オンラインワッシーズでは
シャトーラグランジュ
通常11,232円のところ特価8,630円(税込)で買えます。

こんな高得点のワインが税込みで1万円どころか、9千円を切っています。

買わなきゃ~っっ!!
ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます