エデン・リフト ピノノワール(^^♪ ジェロボームさんの試飲会

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

先日、ジェロボームさんのミニ試飲会に行ってまいりました。

10種類ほどのほんとにミニな試飲会なのですが

私たちにとってはとってもありがたい

コロナ対策には本当に気を使っていらして、

室内には2名限定、アルコール消毒、検温・・・。

あらためて私自身も気持ちが引き締まります。

 

さてさて、今回のテーマはピノノワール特集。

メインはブルゴーニュでしたが、

カリフォルニア、ニュージーランド、

オーストラリア・・・とまんべんなくあります。

以前から気になっていた

エデン リフト ピノノワール エステート [2016]

をリストの最後に見つけて、内心「やったー!」

と、逸る気持ちを抑えて順番に試飲をします。

オーストラリアからはほぼ国内とイギリスで売り切れてしまうという

アシュトン・ヒルズ。

オンラインワッシーズでは取り扱いがないのだけど、

この出汁感がブルゴーニュっぽい。

手に入りにくいといわれれば欲しくなってしまう・・・。

ニュージーランドからはクメウリヴァー

ソーヴィニヨンブランやシャルドネのイメージが強い

ニュージーランド、そしてクメウリヴァーですが、

ピノノワールも素晴らしい。

特にこのハンティング・ヒル ピノノワールは

チャーミングかつやわらかな味わい、

そしてタンニンもしっかり感じられて

ポテンシャルの高さは相当なもの。

そしてエデン リフト ピノノワール エステート [2016]

エデン・リフトはカレラの隣に位置しています。

石灰岩、花崗岩、ドロマイトが含まれるミネラル豊富な土壌。

ベリーと肉厚な果実のニュアンス、

紅茶やスパイスの香りも感じられ

凝縮感あるけど濃すぎず、ミネラルと酸味がちょうど良いバランス。

カレラ ジョシュ ジェンセン セレクション セントラルコースト ピノノワール [2014]

を飲んだ時にも思ったけれど、

こういうバランスの良いピノノワールは

日本料理に合わせやすくて重宝します。

Facebookのいいね!をいただけるとさらに元気がでます。

よろしくお願いします。

リトライピノとチーズとサラダ( ̄▽ ̄)特別なことは何もないけど、ええワイン開けました~

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

コロナが落ち着いたら、みんなで集まって開けよう!と

暫く家に置いてあったリトライ

しかし、コロナの状況はひどくなるばかり(T_T)

もう我慢できなくて、

特別なことは何もないけど開けました。

元々オンラインワッシーズでは人気のリトライですが

先だって「ワイナート」のカリフォルニア特集でも取り上げられて

品薄状態。

リトライのエレガントなスタイルを知るならまずこのワインから、と

手に入れたのは

リトライ ソノマ・コースト ピノ・ノワール2018

今ちょうどヴィンテージ変更で、

間もなく新しいヴィンテージ2019が入る予定。

カリフォルニアといえば濃いワイン、

という時代には、

リトライのワインはあまり評価を受けることはなかったそうなのです。

が、だんだんと食事とともに愉しむ

エレガントなワインを求める人も増え、

元からエレガント系であったリトライ

次第に名声を得ていくようになったというわけです。

今日飲んだリトライ ソノマ・コースト ピノ・ノワール

リトライの本拠地であるソノマ・コーストの各地の畑から集められた

良質なピノ・ノワールをブレンドしてあります。

冷涼な地域を感じさせながら、果実味がしっかりある。

だけど重くない。

ぱあっと華やかではないけど存在感がある。

酸味も甘味もタンニンも、全てがバランス良い。

絶対日本食に合いそう・・・と思いつつ

今日はパンとチーズ、そしてサラダと簡単に。

これがまた合うのよ~

Facebookのいいね!をいただけるとさらに元気がでます。

よろしくお願いします。

豚バラと白菜の重ね鍋とボージョレヌーヴォ( ^^)/▽☆▽\(^^ )

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

毎年、チーズとパンだけだったりするのだけれど、

今年は普通の家庭料理と楽しもうと

豚バラと白菜の重ね鍋にしてみました。

そして今年はボージョレヌーヴォーのハーフを3本買って

ちょっとしたお祭り気分。

フレッシュでフルーティ・・・なのは間違いない。

けど、それだけじゃなくて

少し出汁感があるもの、塩味があるもの・・・

いいね、いいね~いろいろあって楽しい

豚バラから出ただしが白菜にしみ込んだ鍋に

勿論合いましたとも!!

鍋とワイン、サイコー(≧◇≦)

今年も美味しく仕上がっていました。

Facebookのいいね!をいただけるとさらに元気がでます。

よろしくお願いします。

明日はボージョレヌーヴォー解禁日ヽ( ^^)YY(^^ )ノ

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

今年はコロナ、コロナで、

時間だけが過ぎていく感覚でした。

が、はっと気が付いたら
明日は ボージョレヌーヴォー解禁日


(昨年2019の店内の様子です)
天候も良く、出来も良いとの現地からのレポートをたくさん見ます。

収穫や醸造にかかわる

人手の確保は大変だっただろうなあ・・・と

思いつつ、年に一度のこの日を

実は楽しみにしています。

私にとってはドイツワインとともに

ワインのスタートでしたから。

今年のボージョレヌーヴォーが

誰かのワインのスタートになったら嬉しいな。

オンラインワッシーズでは

ボージョレヌーヴォーの取り扱いはしていないのですが、

大阪四天王寺のワッシーズ本店では

今年も『樽出しヌーヴォー』があります(*‘∀‘)


(昨年2019の様子です)

大阪近辺にお住いの皆様はぜひお出で下さい

ワッシーズ本店2020ボジョレーヌーヴォーイベント

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます

あくまで私の想像ですっ(≧◇≦)スリーのスパークリング

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

スリー

ジンファンデルやマタロ、プティットシラー、カリニャンなど

カリフォルニアの歴史そのものと言える自根にこだわり

丹精込めて造られる素晴らしいワインを生み出す生産者。

古木にこだわっているからこその

果実の甘味、凝縮感半端ないけど

べたべたしてない。

≪濃厚かつエレガント≫なスリーのワインたち

美味しいし、お値段控えめ。

と、試飲会に行くたびに思っていました。

そうしたらつい最近、

限定販売のスパークリングワインが

リリースされているではありませんか!!

飲んでびっくり!!

これホントにスリーがリリースしているの?

と思うぐらいイメージが違う。

青リンゴの香り爽やかでフルーティ、

酸味ほどよく、そしてコクがある。

使われているのは

シャルドネ68%、ピノノワール32%

そしてシャンパーニュと同じ

瓶内二次発酵製法。

聴くところによると、

オーナーであるマット・クライン氏が

自ら楽しむためやイベント用として

ほんのちょっぴり造っていらしたそうなんです。

それを輸入元さんが

「そこを何とか・・・」とお願いして

少量輸入が決まったのですって。

多分、おそらく、これは私の想像ですが、

≪ちょっとくらいなら分けてもいいかな≫とマット氏が思うほどに

めっちゃいい出来で美味しかったのでは。

間もなくオンラインワッシーズでも取り扱う予定。

四天王寺のワッシーズにはすでにあり〼

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます

ヤッフイー!!と喜ばれた今日の手抜きごはん( ̄▽ ̄) キャノンボールとカチョカバロ

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

四天王寺のワッシーズで大人気の

吉田牧場カチョカバロを買いました。

周りをぱりっと焼くと、ほんにウマウマなのです。

 

そして最近取り扱いを始めたばかりなのに

これまた大人気の「ニクラウス」のシャルキュトリ

(ハムやソーセージ、パテなどのお肉の加工品)を

買って帰りました。

仔羊のテリーヌ、鴨のテリーヌ、鴨のリエット

道すがら美味しいバゲットを買って・・・

スキップです

ワインはキャノンボール イレブン メルロ!!

ジューシーでやわらかなくちあたり。

芳醇でまろやか。

気持ちが解放されます。

キャノンボールは元カリスマ店長のハダノリが

オルカインターナショナルさんへ移って

最初に単独で生産者さんを紹介してくださった

とても印象的なワイン。

その時の様子はこちら

キャノンボールオーナー ヨアヴ ギラット氏 ワッシーズにご来店♪

とても自由で快活で、一本芯があって・・・

やっぱりワインは人ですね~

キャノンボール いろいろあります。

Facebookのいいね!をいただけるとさらに元気がでます。

よろしくお願いします。

見逃せないっ(>_<)ダックホーン デコイ リミテッド カベルネ ソーヴィニヨン

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

試飲会が少しずつ開催されるようになってきました。

が、人数制限があったり、出展数が少なかったり、と

なかなか以前のように伺うことができていません。

先日、私も大好きなダックホーンを扱っていらっしゃる

中川ワインさんの試飲会がありました。


「デコイ安くてうまいんだよ~」

残念ながら私は定員オーバーで参加できませんでしたが、

オンラインワッシーズ副店長サトウが行ってまいりました。

私が気になっていた、

ダックホーン デコイ リミテッド カベルネ ソーヴィニヨン [2018]

「旨かった。これは売れると思う・・・」とボソリ・・・

えっ?ええっっ??ど、どう旨かったの?

果実味が出すぎてなくて、タンニン・酸味のバランスが良くて

より洗練された味わい(^.^)

デコイは果実味がしっかり感じられて、そこがいいところでもあるけれど、

ともすれば甘く感じてしまうことも。

だけど、ダックホーン デコイ リミテッド カベルネ ソーヴィニヨン

違うようです!

ダックホーンのポリシー

「高品質なワインをリズナブルな価格で」、と

格上キュヴェを、同じポリシーでリリースしたのがこのワイン。

価格もかなり抑えられています。

さらにオンラインワッシーズでは・・・

通常¥5,280のところ¥4,180(税込)

ナパ カベルネでこれはちょっと見逃せない。

 

Facebookのいいね!をいただけるとさらに元気がでます。

よろしくお願いします。

からしレンコンと白ワイン合うと思うんだけど・・・(^_-)-☆甲州テロワール セレクション 祝

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

先日からしレンコンを食べました。

合わせたのは日本酒です。

樽酒で、なかなかの芳香。

ヒノキや朴葉、松かな?なんだか心穏やかになれる香り。

味わいはまろやかで旨味があって・・・

からしレンコンの辛味に、染み入ってくるこの美味さよ。

ん?このからしレンコン、白ワインにも合いそうじゃない?

と思い始めたら気になって仕方がない。

いつもこの料理にはこのワインが合うよね・・・

と思いながら過ごしているJです。

まずは日本のワインから合わせてみようと思います。

勝沼醸造株式会社 甲州テロワール セレクション 祝 [2019]

このワインは甲州種ワイン造りに特化する勝沼醸造が、

祝地区から収穫されたブドウのみで仕込みます。

シュール リー製法がワインに独特の深みと旨味をもたらし

優しい味わいは、幅広く日本のお料理に

モチロンからしレンコンにも合うのです。

早く試してみたいっ

Facebookのいいね!をいただけるとさらに元気がでます。

よろしくお願いします。

おでんとアルバリーニョ(´ー`)ゴーディアン・ノット

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

おでん好きです(゚∀゚)

具材をあれもこれも入れたがるので、

家族2人なのに、鍋2つ分が出来上がります

本当に食いしん坊です。

で、ビールや日本酒を合わせることが多いのですが、

ワインの時もあります。

今回はゴーディアン・ノット エリエオ・ヴィンヤード アルバリーニョ

カリフォルニア ソノマのワインです。

アルバニーリョってあまりなじみがないかもしれません。

もともとはスペイン原産のこの品種。

穏やかで、突出した特徴はないけど、そこが

意外と日本料理に合うなと思っているのです。

柑橘系(レモンやみかん)の爽やかな香り。

酸味にキレがあって、

イイ感じのほんのり苦み。

まるですっきりな飲み口の日本酒のよう。

輸入元布袋ワインズの担当者さんから聞いた話によると、

このゴーディアン・ノット ワイナリーは

実は最近廃業されたワイナリー。

もともとご夫婦二人で切り盛りしていたワイナリーなのですが、

昨年ワイン醸造を携わっていたご主人がご逝去され、

後継者もいないことから廃業されました。

そして偶然にも、そのワイナリーの近所に住んでいらした

布袋ワインズのオーナー、ビル・キャンベル氏が

自宅近隣のワイナリーが廃業し熟成したストックを大量に放出、と

地元の口コミにより入手した、

複雑な熟成の風味が薫る素晴らしい味わいのソノマ産ジンファンデルと

爽やかな風味のアルバリーニョを日本へ輸入に至ったそうなのです。

ほどよく熟成したワイン。

本当にお値打ちです!

間もなく皆さんにもご案内ができると思いますので、

今しばらくお待ちくださいね

いやー今日はアルバリーニョ開けてよかった

Facebookのいいね!をいただけるとさらに元気がでます。

よろしくお願いします。

外食行きたーーい(゚∀゚) イタリアンとハイド・ド・ヴィレーヌ ベル・クジーヌ

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

まだまだ気を緩めるわけにはいかないけれど

外食にも少しずつ出かけるようになりました。

この間の日曜日は朝から万博公園あたりまで出かけ、

お昼ご飯は千里中央の串焼き屋さんへ。

外で飲むと普段とは違うワインを

グラスでイロイロ楽しめるところが嬉しかった(*‘∀‘)

こんな風に合わせるのもいいなーとか

新しい発見があったり、

外食の醍醐味ですね

今、行きたいなーと目論んでいる

大阪は京町堀にあるイタリアンレストラン。

一度だけ訪れたことがあるのですが、

肉料理も魚料理もほんとに美味しかった!

で、そのレストランで飲んだワインは

ハイド・ド・ヴィレーヌ ベル・クジーヌ2012

カリフォルニア ナパバレーの赤ワイン。

めっちゃ美味しかったな~(゚∀゚)

焼きたて熱々のピッツアと

ピッツアは

生地にもりもりチーズと生ハムが乗っていて、

しっかりがっつりなピッツア。

これがワインと相性ピッタリだったのです。

厚みのある果実味とやわらかなタンニン、

引き締めてくれる酸味のバランスが

ただ者ではないぞ~、と。

オンラインワッシーズには

ヴィンテージ違いの2015の取り扱いがあります。

■お取寄せ ハイド ド ヴィレーヌ ベル クジーヌ [2015]

ロマネコンティ共同経営者のオベールと

ハイド ヴィンヤードのラリーのコラボ。

バラのポプリ、革、ココアと、プラムやフレッシュなブルーベリー、

スパイスのアロマが感じられ、複雑さと深みを感じるワイン。

皆様にもぜひ味わっていただきたいワインです。

Facebookのいいね!をいただけるとさらに元気がでます。

よろしくお願いします。