しめは、アタランギ!

オーナーのフィルと、ワインメーカーのヘレンが、アテンドしてくらました。

女性ワインメーカーらしく、丁寧なワイン作りが特徴的です。
そして、2人ともとっても穏やかに話をしてくれます(^。^)
なんていうか、ゆっくり時間が流れて行く感じ。

新しく、今回の訪問でしったのは、今ニュージーランドで人気のピノグリですが、アタランギでは、15年以上前から栽培していたんですね~。
フィニッシュの、深みがたっぷり感じら、はやりのピノグリとは、待った違います!

オススメです。
と、いうわけで今回のワイナリー訪問はアタランギで終わりです(^。^)
今回はメモをとらず、ボイスメモを使いました。
後ほど、聞き起こします。
ってか、たぶん10時間以上あんねんけどー( ̄ー ̄)
さて、今日の送料無料キーワードは、
” ホークスベイに帰ります。”
ご協力いただきました、インポーターの皆さんも本当にありがとうございました。
また、続きまーす。

マーティンボロヴィンヤード

アポとれてたと思ったら、
やっぱりダメだったり、
あれ~?
な感じのマーティンボロヴィンヤードでしたが、パリサーのアシスタントワインメーカーpipが、マーティンボロヴィンヤードのアシスタントワインメーカーに、直接連絡してくれ、今日のアポが、とれました。
Pipに、感謝です☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

二年前からオーガニック栽培に変わったそうです。
そう、畑みて、あれ?
スプレーしてないよね?と、気がつきました。

ここも、バレルテイスティングをさせてもらいました。
品質管理の、よいものは完成系でなくても、美味しいからスゴイです。

julicher ユリカーと読む

取り扱いしていないけど、日本には入っていたワイン。
jのラベルが,覚えやすい!
オーナーさんの、家のキッチンでテイスティングしました。

とても、暖かい感じ。
若いヴィンヤードでしたが、たくさんトロフィーをとっていました。
実際飲みやすいく、果実がたっぷり(^_-)
これは、人気に、なるわなー。
と、感心。

escarpment エスカープメント美味しいやーん。

アシスタントワインメーカーのヒューが、アテンドしてくれました。

キュペのバレルテイスティングもあせてもらいました[emoji:v-10]
しかも、100%と50%のホールバンチ飲み比べもさせてもらった!
なぜか、50%の方がタンニンが、強く感じたけど(; ̄O ̄)

Palliser Estate パリサーが素敵すぎる。

マーティンボロ、、、アポとっていないと冬はどこも閉まってる
ま。そんなもんだ。
だって、人いないし、、、、
そんな中で、本日最後のアポ!
Palliserパリサー
IMG_2121.jpg
なんちゅーても、びっくりした!!!
IMG_2124.jpg
きゃーーーーーーっ
私だわっ
ワインメーカーのPIPが案内してくれました。
ワイナリーの中を詳しく見せてもらって、バレルテイスティング
その後は、現在リリースされているワインをすべてテイスティングしました。
IMG_2127.jpg
最も、美味しかったのは、、、、、

■パリサーエステート メソッド トラディショネル [2006]Palliser Estate Methode Traditionnelle [2006]

ヴィンテージ スパークリング
深みがあり、長いフィニッシュ複雑みの中に甘さもあり
これは、お買い得です!!!
IMG_2134.jpg
今日の一番は間違いなくパリサーです。
ちなみに、いけないと思っていたマーティンボロヴィンヤードも
PIPが直接電話してくれて、アポをとってくれました!!
素敵ですっ。

big サンドウィッチ


マードックジェームスで、聞いたカフェでランチ。
サンドウィッチでかっっΣ(゚д゚lll)
送料無料キーワードは、
” マーティンボロは、近かった。”

Murdoch James estate

ランチを食べようと、思いマードックジェームスに行きましたが、
閉まってました( ̄ー ̄)
が、
しっかりテイスティングは、してきました。

dry river

今回の旅で、出会った人の中で1番物静かで、研究者タイプのニールさん。

畑は、ものすごーく整っていました(^O^)/
おお、美しいっっ!
エレガントなピノノアールのテイストと、畑のイメージが、ぴったりとマッチします。

20年、熟成させるピノ!
がんばって、熟成させねば( ̄ー ̄)
絶対価値はありますよ(^_-)