何かが始まる!?

カリフォルニアワインとニュージーランドワインのオンラインWassy’sの今年こそは何が何でもモテたい、モテたいタナカです。

最近のタナカはラグビーW杯や野球の日本シリーズに夢中です。
とくにW杯は遅い時間なので睡眠時間を削ることとなり、なかなか大変な毎日を送っております。

そして、日本シリーズ・野球関連ですと、
オンラインワッシーズではYahoo!ショッピング店をオープンしたところなので、ホークスが勝ち日本一となれば
Yahooショッピングの優勝セールはどんな事になるのだろうと半ばドキドキと半ばウキウキが入り混じっています。

それはさておき
タナカが写真班を仰せつかっていまして、本日のワッシーズ事務所での風景をいくつか紹介します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
みんなでブラインドでテイスティングをしています・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
厳しい表情で真剣に、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
時には和やかに、

2015102803
ホワイトボードに何かを書き込み・・・
と、
新たな企画に向けて段取りをしています。

どんな企画になるかは、近日中の発表をご期待ください!

試験受けてきました

カリフォルニアワインとニュージーランドワインのオンラインWassy’sの今年こそは何が何でもモテたい、モテたいタナカです。

 

今週月曜日の19日はソムリエ協会の資格認定試験の2次試験当日。
会場のホテルまでソワソワとした状態で、遠足に行く前の子供と言うか変な緊張状態でした。

そして、午前の試験を終え、午後にその日の問題に出た品種の発表がありました。
受験された皆さん、いかがだったでしょうか?
タナカは当たったところ、ミスったところそれぞれありましたが何とか首の皮はつながっているかなと自分の中で思っています。

そして、試験が終わったことで、
対策用に自分で買っていたミニボトル・ハーフボトルが
いくつか残っています。

082101
今、これらを心置きなく飲んでやる!という事に心躍らせています。

フルボトル1本よりも、お手軽に手を出せるので重宝しています。

オンラインワッシーズでは少しずつ、お試し用にハーフボトルや187mlサイズをまとめたミニボトルコーナーがありますので、
チョイ飲みする用にぜひアクセスください!

新たな試み

カリフォルニアワインとニュージーランドワインのオンラインWassy’sの今年こそは何が何でもモテたい、モテたいタナカです。

突然ではございますが、オンラインWassy’sでは
Yahoo! ショッピング店を10/13よりスタートしました!!

2015101401

慣れてない最初はすごくドキドキで、作業もおぼつかなかったりし、
ページ内容などまだまだで、これから充実させていくという課題もありますが、
Yahoo!ショッピングではTポイントを貯めたり・使ったりできます。
Tポイントを貯められていらっしゃる方はぜひ一度ご訪問ください!

(どうでもいい話ですが、ワタクシ、タナカは
実はハズカシながら、Tポイントのカードを生まれてこの方持っておらず、
某コンビニF社で「ポイントカードは」と聞かれるのが実は面倒だったりしてました。)

そして、インターネットでワインをお買い求めの際は

生産者やワイナリー情報が充実しているオンラインWassy’s本店

T-ポイントを貯めるオンラインWassy’s Yahoo!ショッピング店とシーンに合わせて使ってください!

 

100周年を迎える生産者さんがっ

カリフォルニアワインとニュージーランドワインのオンラインWassy’sの今年こそは何が何でもモテたい、モテたいタナカです。

本日、ニュージーランドからワイナリー・バビッチを代表してセールスマネージャー・ジョンさんが
実店舗Wassy’sに来訪されました!
2015100701
この夏からオンラインワッシーズでも各ラインナップを取り扱いはじめています。

ニュージーランド・オークランドで設立され、来年2016年でなんと創設100周年を迎える老舗ワイナリー。
ワインスペクテイター誌では、NZワインの中で90点以上を獲得した最安値のワインに選ばれたこともある
コストパフォーマンスの高さに定評のあるワイナリーです。

そして、幾つかお話を伺った中で、ヘェーと感じたのが
ニュージーランドでは珍しくグリュナーフェルトリーナー品種を作っておられるそうです。


バビッチ ヘッドヴォーターズ オーガニック グリュナーフェルトリーナー [2014]
ニュージーランドでも作ってらっしゃる所は数えるくらい。
でも自信作で日本料理、特にお刺身なんかにあう辛口だと仰ってました。

そして、スタッフと記念写真。
_1580210
後ろに回っても顔のデカいタナカ・・・。

そんな顔のデカさはさておき、
来年の100周年に向けて、様々と準備をされていらっしゃり、
2015100702 OLYMPUS DIGITAL CAMERA
100周年ステッカーや、100周年パンフレットなんかを準備されています。

そして、バビッチオフィシャルホームページでも今までの歩みや100周年記念動画などを公開されて、
すごくカッコイイので、是非見てみてください!!

特に動画は2分少々ですが、見てみてすごくかっこよくできているので、
このブログにも直接リンクを貼ってみました。

(動画の扱いに中々苦心しましたが、、何とかできました。)

そして、オンラインWassy’sでのバビッチの取り扱いはコチラです

刺激を受けてきました。

カリフォルニアワインとニュージーランドワインのオンラインWassy’sの今年こそは何が何でもモテたい、モテたいタナカです。

最近は、資格認定試験の対策ばかりにいそしんでます。

そして、先週末には外部のワインスクールの2次対策講座に行ってみました。
何気に外部に行くのは初めてだったので、
また社内で「外部のスクールに行ってみる」というと「あぁ、大体スパルタだからっ!」と言われたり、
内心ドキドキだったのですが、

日頃あまり会う事のなかった他の受験生がたくさんおられ、とても刺激になりました。

2015093001

色々と資料とにらめっこしながら解説をうけ、試験想定で回答してみて、違ったことを言うと「ありえないですよっ!」と
ケチョンケチョンにされたり濃密な時間でした。

当日、タナカが目からうろこだったのが、
講座の先生の一言
「赤ワインで、伝統国か、ニューワールドかで迷ったら、1回の食事で1本空けれるかどうか考えてみな。
伝統国だと空けれるけど、ニューワールドだとちょっときついかなと思うんじゃないかな」と。

聞いた瞬間は、「なるほどたしかに!!これだけは覚えとこう」と思ったのですが、
後々よく考えてみると、こんなあてすっぽ的でいいのか?と自分で自分を言い聞かせてます。

それはともあれ、
初めてお会いする他の受験生たちと触れ合い、気を引き締めるタナカでした。
受験生の皆さん、試験までもう少し、最後の追い込みがんばりましょう!

 

この数値は高くなくていいんです。

カリフォルニアワインとニュージーランドワインのオンラインWassy’sの今年こそは何が何でもモテたい、モテたいタナカです。

前回も書いてましたが
ソムリエ協会の資格認定試験の2次試験までいよいよ迫ってまいりました。

その間に点を少しでも高くするため、自主練用ワインをということで、
コンビニにふらっとよったり、夕飯の買い出しにスーパーに行った時の
ワインコーナーでついついミニボトルを買っちゃいます。
IMG_1805
品種をまんべんなくと思っているのですが、
なぜかカベルネの割合が高く、同じものを2本買ったりなどしちゃっています。

そんな、アルコールを摂取できて喜ばしいのですが、
最近の悩みの種は↓コチラ
IMG_1807

受注担当の以前の記事を受けまして
健康診断の結果がでました。
肝臓項目のγ-GTPは3年連続3桁越え。
プロ野球でたとえると、3年連続ホームラン30本打ったようなもののはず!?

いやいや、そんな喜んでる心境じゃないんです。
振り返ってみると健康診断を受けだしてから、直前に断酒しようが何しようが100を切ったことはないような・・・

試験の点は高くほしいですが、γ-gtpは低くていいんです。
どなたか下げる方法あったら、教えてください・・・

1年早いと実感してます

カリフォルニアワインとニュージーランドワインのオンラインWassy’sの今年こそは何が何でもモテたい、モテたいタナカです。

本日21日から、副店長サトウのオレゴン・ワシントンのワイナリー訪問キャンペーンとして、アメリカワインのポイントキャンペーンがスタート!
他にもサトウの体重予想など企画盛りだくさんですので、ぜひお楽しみください!!

(因みにタナカは半年前の健康診断から、今回の健康診断で-2.1kg
まぁ、デカい分変動しやすいだけだとおもいますが。)

8月21日と言いますと、タナカとしてはもう1つ忘れられない出来事、
去年の8月21日ははソムリエ協会の資格認定試験の1次試験の合否発表日でして、
何とか1次試験パスしていましたという日でした。(その後2次試験で×でしたが。)
1年、早いですねぇ~。

そして今年は1次試験は、いよいよ今週末開催。
受験生の皆さん最後の追い込みがんばりましょう!

そして、2次試験のテイスティング対策がタナカの悩みのタネ。
なかなか香りなどの特徴をまとめきれず、苦戦中です。
082101
今回での合格のため、色々な種類を少しずつ比較するので自宅にもワインが溜まっていきます。

そんな受験生にも朗報!

ワッシーズでは少しずつ、お試し用にハーフボトルや187mlサイズをまとめたミニボトルコーナーがありますので、
受験対策にチョイ飲みする用にぜひアクセスください!

南アフリカから、ニューワールド最古のワイン生産者ご来訪

カリフォルニアワインとニュージーランドワインのオンラインWassy’sの今年こそは何が何でもモテたい、モテたいタナカです。

本日、南アフリカのワイナリー、ボッシェンダルのリゼル・ガーベルさんが
実店舗Wassy’sに来訪されお話をお伺いすることができました。
2015072401
ボッシェンダルはニューワールド最古のワイン生産者の一つで、
今年で330周年だそうです。

日本は1685年と言えば、もちろん江戸時代。。。

↑この方、時の将軍 徳川綱吉が生類憐みの令を
  出した年なんだそうです。
そのころから、ワイナリーが続いているという歴史を感じます。

高品質を追求し、一番輸出しているイギリス国内で
一番売れているプレミアム南アフリカワインメーカーなんだそうで、
とても人気なんだそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
そして、幾つかテイスティングをさせていただいて、
タナカが気になったのがこちら。


ボッシェンダル シャルドネ ピノノワール[2014]

白ブドウのシャルドネと、赤ブドウのピノノワールをブレンドしたワインが
ある事自体に意外でした。

実際に少ないけどもこのブレンドで作っているワイナリーはあるものの、
南アフリカの同じ地域で初めて作ったのはボッシェンダルなのだそう。
ラベルにも創業の1685がっ。

リゼルさん曰く「ワインを持ち寄るパーティーなどに持って行けば、
注目のワインとなる事間違いなし」との事で、
タナカは「いつかこのワインで周りの目を、注目を集めてやろう」と
心にきめました。

また、初めての来日のリゼルさんは、ボッシェンダルのワインは和食にも
よく合うと確信されたとのことで、 すし、刺身、天ぷらとよく合うと
おっしゃってましたので
ご興味持たれた皆様、ゼヒお試しください!

嵐の中の勉強会

カリフォルニアワインとニュージーランドワインのオンラインWassy’sの今年こそは何が何でもモテたい、モテたいタナカです。

台風11号、皆様のところでは被害などありませんでしたか?
タナカ家では古い家ということもあり、夜中に雨漏りがひどく、また箇所がブレーカー近くということで、
水受けやタオルを敷いたりとあわただしくしていました。

そんな台風の通過中の先週金曜日、スタッフでの勉強会
自分の中であんまり頻繁に飲んでなかった品種をいろいろと飲んでみようと

レ ロッシュ ノワール ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ シュール・リー[2013]

ヒューゲル エ フェス リースリング[2013]

ドライクリーク ドライ シュナンブラン[2013]

教科書的な品種ごとの特徴まとめや、インポーターさんのコメントなどを紹介しつつ飲んでみれればいいんじゃないかと
色々とキーワードになる様、教本を調べたり・インポーターさんの資料をみたりして、
20150722-01
集めた自分用資料が↑コチラ
結構なボリュームに。

レ ロッシュ ノワール ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ シュール・リー調べている中で、
ロワールの土壌で「頁岩粘土土壌」を読めず、「けつがん」と読むのをはじめて知り、
受験生なのに・・・とちょっと自分にビビりました。

いざ、緊張の発表の瞬間
2015072202
内心ドキドキ・・・

しかし、
実際に緊張が走ったのは用意した3本ではなく、
集合を待っている間に始まった
「ブラインドで当ててみよーコーナー」
お題は


サザン・バンダリー・ワインズ ザ・スプリングス ソーヴィニヨンブラン[2014]
タナカにはスッキリ・サワヤカ、ハーブやライム・グレープフルーツといった印象だったので、
なんとかソーヴィニヨンブランにたどり着きました。

すっきり爽快で
これからの暑さや湿気を吹き飛ばすのにうってつけの1本ですので、
帰って1杯、乾杯の1杯に、とりあえずの最初の1杯にキンキンに冷やして、皆様もいかがでしょうか。

そして、会も終わり、肩の荷も降ろして、一安心しましたが、
帰って雨漏りの対策でなみだするのでした。。。

ここは馬にまつわるワインしかないでしょう!~ワインダービー出走ワインPart2~

カリフォルニアワインとニュージーランドワインのオンラインWassy’sの今年こそは何が何でもモテたい、モテたいタナカです。
姉妹店のPWC(パシフィックワインセラーズ)POL(ピノノワールオンライン)の店長トリーからの記事によるバトン指名を受け、
タナカも自分のワインダービー出走ワイン(出走馬?)を紹介させてください!
ダービー1
実はタナカは自他ともに認める競馬大好き人間。
今回15周年企画として、オンラインチームでワインダービーをやろうと言っていた頃から、
内心「競馬好きとしては、ダービー⇒競馬⇒馬にまつわるワインをしかないでしょう」と密かに思っておりました。
そして実際に選んだワインはコチラ!!

ワイルドホース アンブライドルド サンタバーバラ ピノノワール[2006]

ワイナリーの名前が、ワイルドホースワイナリー(ワイナリー開設時、近辺を野生馬がたくさんいたことから名付けられたそうです。)
そして中でも上位グレードに名づけられる、アンブライドルド(Unbridled)と言うネーミングには、実際にアメリカで同じ名前の競走馬がいたんです。
1990年に全米3歳チャンピオンを決めるケンタッキーダービー、そしてその年の全米チャンピオンを決めるブリーダーズカップ・クラシックを勝つほど強かったんです。
日本にもその血筋を引く馬がいて、JRAでも重賞を勝ったレッドチリペッパーやレディバラードと言った馬のお父さんなんです。
詳しくはウキペディアにも記事がありますので、ご興味ある方はご覧ください。
そして、
5月のG1で2000万円馬券が出ましたが、
タナカが順位上の方に行けば諸先輩方を出し抜いて競馬でいう所の「大穴」が空いたというネタができる事ですし、
ここは少しでも上位を狙って、大外からの追い込みを狙ってみたいと思います。
実際に飲んでみた個人的な感想としては
シソやチェリー、樽の香りに、2006年ヴィンテージという事もあって穏やかな味わいでした。
割引率は普段よりも高めの30%オフとなってますので、
競馬に興味もある方もない方もこの機会にぜひお試しください!!
 
賞品が当たるかもしれない着順予想もありますので、ふるってご参加ください!
==============================
『スタッフおすすめワインダービー着順予想』
=============================

予想受付期間は、6/1(月)~6/10(水)まで。
着順を予想して、オンラインワッシーズ(online@wassys.co.jp)
まで送信くださいませ。
【件名】
スタッフおすすめワインダービー着順予想
【本文】
・ご自身のお名前
・予想順位 1位スタッフ名
・予想順位 2位スタッフ名
・予想順位 3位スタッフ名
ワインダービーの期間6/8(月)~6/15(月)に購入頂いた
ワインが集計対象です。
着順をあてられた方の中から抽選で1名様に、豪華ワインセ
ラーをプレゼント
当選発表は6/16(火)を予定しております。
==============================
 
そのほかにも本日は15周年イベントページをいくつか更新しています!!
制作クロカワ渾身の動くダービー実況画像の更新や、
(↓こんな感じの画像です。)
derby
7月9日の15周年記念 第2回試飲会 in 東京の早期ご購入キャンペーンの当選者様発表
本日更新していますのでぜひ
オンラインワッシーズ15周年イベントページご覧ください!!