臨時休業のお知らせ

本日6月18日に発生いたしました地震の影響により
オンラインWassy’sは臨時休業とさせて頂きます。

ご注文頂いております皆様につきましては、明日以降に
受注確定のご連絡をお送りさせて頂きますので、お待ちくださいませ。

また出荷・配送につきまして、関西地域によりましてはお届けに
遅れなど出る場合がございます事をご了承くださいませ。

ぎょうざとワイン

 

オンラインWassy’sのフジイです。

 

少し前、ゆるゆる飲みながらの夜ご飯でのこと。

 

その時に飲んでいたのは
イタリア北部、オーストリアとスイスと国境を接する
トレンティーノ・アルトアディジェ州のソーヴィニヨンブラン。
(↓↓オンラインでは取り扱いが無いのですm(__)m)

 

ホワイトアスパラなどワインに合いそうなものが
並ぶ食卓の中に「ぎょうざ」が…。

 

しかも、がっつりニラとニンニクが香る、
食欲をそそるノーマルタイプのぎょうざです。

 

ちょっとカオスですが、
それが「おうちごはん」。

 

ソーヴィニヨンブランとぎょうざかぁ、
と思いながらも、
食べてみると、びっくり!!

 

絶妙な組み合わせ。
ニラの風味にソーヴィニヨンブランのほんのりグリーンを
思わせるイメージが寄り添って
「おいしい…、合うんや」と驚きの体験でした。

 

そもそもワイン自体がとても美味しくて、
ハーブやアスパラ、グリーンパパイヤ、ライムの皮などの
緑を想起する香りに、食欲を刺激する柑橘系の酸と
コクのあるしっかりした味わい。

 

ぎょうざとワイン。合うんやなぁと、
インターネットで調べてみると…、
私が知らなかっただけで
たくさん記事が出てきます。

 

いくつか見てみた中で、
おすすめ上位は、ロゼ
まだまだ甘口イメージが払しょくされてはいませんが、
じわりとその万能っぷりが認められてきています。

 

そして、こちらも万能選手の
ふっくらした味わいの白ワインやサンジョヴェーゼなどの赤ワインも。

 

中の具材と調理法によっていろんなワインと合わせた
組み合わせもたくさん載っていました。
私の好きな「パクチー」を使ったぎょうざも(^^)

 

なるほどなぁ、と。
「ぎょうざ」甘く見ていました。

 

ベタにビール♪ビール♪と思っていましたが、
これからは「ぎょうざとワイン、時々ビール」で
いきたいと思います。

 

アメリカワイン デイ(^O^) インポーターさんのこの夏のおすすめは・・・?(その2)

オンラインWassy’s受注担当 です。

ウキウキしながら今年も行ってきたアメリカワイン デイ

前回に続きインポーターさん自慢の
この夏のいちおしワインのご紹介です! 


≪伝説のシャルドネを造ったレジェンドワイン!!≫
ガーギッチ・ヒルズ シャルドネ ナパ・ヴァレー[2014]を手にされているのはワインインスタイルの磯田さん。
生き生きとした酸が魅力のこのシャルドネ。
夏の暑さに疲れた心を癒してくれそうです。

このガーギッチ・ヒルズのワインは、安定した品質と長期熟成可能なワインとして知られていて、
≪まず間違いないですからね~≫と鼻高々に言われる通り、
アメリカのレーガン大統領やクリントン大統領、英国のエリザベス 2 世女王等の晩餐会でも愛飲されていたそうです。

お値段は高めですが、大切な人へのお中元というのもいいですね。

そして、アメリカワインデイでは常連の
杉本オーナーご夫妻、シャトーイガイタカハ
高名なレストランやホテル、航空会社でオンリストされている
シャトー イガイ タカハは
日本人の食事に良く合うようにと、

上品なスタイルに仕上げられたカリフォルニアワインたち。
勿論オンラインワッシーズでも大人気で、売り切れ続出。

奥様の美代子さんに、おすすめを手に取ってくださいとお願いしたところ、
≪園は私のワインなんですよ~!!≫
ダイナミックで力強くたおやか。
奥様のイメージとワインとがリンクしています。

あ!でもオンラインワッシーズには現在 園の在庫がない・・・。

でもイガイタカハにはまだまだ夏にお薦めのワインがあるので
是非コチラをご覧くださいね。

 

株式会社リエゾンさんは、オンラインワッシーズでも大人気の
ヘスティア や パシフィックリムを扱っていらっしゃるインポーターさん。

そのリエゾン河合さんががっしりと抱えているのが
スリー スティックス シャルドネ デュレル ヴィンヤード

あのキスラーの共同所有者オーナーがソノマ5大畑に数えられるデュレルヴィンヤード産の最上級の葡萄のみを使って造ったシャルドネ!!
果実味がしっかりしていて、ヘーゼルナッツ、クレームブリュレのニュアンスも感じられます。リッチな味わい。
クーラーの効いたお部屋で、優雅に味わいたい1本。

あ~もっともっとご紹介したい(-_-)
アメリカのワイン、幅広く懐深いと最近しみじみ実感しているJでした。

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます
よろしくお願いいたします。

大きく出ました、なんと【ポイント15倍】

長らくお待たせいたしておりました本店が先月無事再稼働。
今までご利用頂いておりました皆様も、見捨てず帰ってきて頂いております。

涙、涙・・・(T T)

わたくしスタッフ・トリイもご注文を噛みしめて、受注処理しております。

ここはWassy’sとして、帰ってきて頂いた皆様にお礼をせねば!

おっと、6月はオンラインWassy’sの周年でもありますので、
ここは大きく行っとかないといけませんね

と、いう事で

【ポイント15倍】

日本でWassy’sでしか手に入れることが出来ない、飲むことが出来ない
独占ワインを「どんっ」と15倍。

これだけアップすればインパクトもあるでしょう。

しかも9種類が対象になってます。

■スターレーン ハッピーキャニオン オブ サンタバーバラ メルロ[2013]
特価7,020円(税込) 獲得ポイント:1,053ポイント
https://winestore.jp/fs/wine1227/gr353/38320-000


■ウェンテ ヴィンヤーズ デュエット[2012]
特価13,716円(税込) 獲得ポイント:2,057ポイント
https://winestore.jp/fs/wine1227/gr353/36371-000


■マウント フォード エステイト オマージュ シングル ヴィンヤード[2012]
特価5,400円(税込) 獲得ポイント:810ポイント
https://winestore.jp/fs/wine1227/gr353/43298-000


■マウントフォード グラディエント ピノノワール[2008]
特価18,144円(税込) 獲得ポイント:2,722ポイント
https://winestore.jp/fs/wine1227/gr353/10749-000


■バイロン ニールソン バイ バイロン サンタ マリア ヴァレー シャルドネ2015]
特価4,860円(税込) 獲得ポイント:729ポイント
https://winestore.jp/fs/wine1227/gr353/42541-000


■バイロン ニールソン バイ バイロン サンタ マリア ヴァレー ピノノワール[2014]
特価5,400円(税込) 獲得ポイント:810ポイント
https://winestore.jp/fs/wine1227/gr353/42540-000


■セレシン ノア ピノノワール[2012]
特価11,340円(税込) 獲得ポイント:1,701ポイント
https://winestore.jp/fs/wine1227/gr353/38547-000


■バビッチ ワインメーカーズ リザーヴ シラー[2013]
特価4,860円(税込) 獲得ポイント:729ポイント
https://winestore.jp/fs/wine1227/gr353/35156-000


■バビッチ ワインメーカーズ リザーヴ メルロー[2013]
特価4,860円(税込) 獲得ポイント:729ポイント
https://winestore.jp/fs/wine1227/gr353/35155-000

 

他では手に入りませんから、プレゼントとか最寄りのワイン会とか
誰も知らないワインで、少し鼻高々かもしれません。

 

アメリカワイン デイ(^O^) インポーターさんのこの夏のおすすめは・・・?(その1)

オンラインWassy’s受注担当 です。

今年も行ってきましたアメリカワイン デイ\(^o^)/
お仕事とはいえ心躍ります(^^♪
私たちワッシーズのスタッフは、交替でワイン販売関係者のお昼の部に参加。

夜の部は一般のお客様が対象とのことでしたが、なかなか盛況のようで
アメリカワインの魅力を広く知ってもらうためのイベントとして
着実に根付いてきたみたいです。

会場には、たくさんのインポーターさんが
自慢のワインをすらりと並べていらして、
この夏のいちおしワインを聴いてきましたよ~

勿論どの子(ワイン)もかわいいとは思うけど、
これからの季節におすすめのワインを手に持ってくださいね~と
写真を撮らせていただきました。

オルカインターナショナルさん
元オンラインワッシーズ店長だったハダさんが手にしているのは
ラック アンド リドル ブリュット NVボーグルのシャルドネ

どちらも価格は抑え目で高品質、
そして食事に寄り添うという共通点があります。

ラック アンド リドル ブリュットは2000円台で飲める完成度の高い泡、
ボーグルシャルドネは 華やかさはないけど、
そのクラシカルなスタイルはアメリカ本国でもひっぱりだこ
この品質で価格が2000円ちょっとは魅力的。
ワッシーズでもほんとに人気のワイン。
これからの季節、よーく冷やして楽しみたいワインたちです。

そして中川ワイン武本さんが手にしているのは、
ダックホーン デコイ ソーヴィニヨンブラン

≪夏といったらやっぱコレでしょ。ソーヴィニヨンブラン!≫
ソーヴィニヨンブランと言えばニュージランド・・・
と思われるかもしれませんが、
ダックホーンは1982年からつくっているのです。

で、その長い経験を生かしてソノマのブドウを使ってつくったのがこのデコイ。
レモン・グレープフルーツの香り爽やか、ハーブはやや抑え気味に。
フレッシュで瑞々しいこのワインが
日本の夏の癒しアイテムになること間違いなし!

そしてそしてジェロボーム正道さんが手にしているのは、
さんざん悩みに悩んでカンブリアのシャルドネと
マタンザスクリークのソーヴィニヨンブラン

さんざん迷ってこれも~(^^♪

カンブリアはカンブリア紀からついた名前なのですって。
太古の昔は海底だったそうです。
ラベルのイメージがアンモナイトとかそんな感じのデザインでカワイイ(^O^)
リッチな味わい。パワフルであり繊細さも併せ持つシャルドネ。

マタンザスはセミヨンがほんのちょっぴり入っているのだけど、
これがより質感を滑らかにしているそう。
ニュージーランドの青草のようなハーブとは違って、
より濃厚なドライハーブの香り。
レモン・グレープフルーツの爽やかさが
この季節のじめじめを吹き飛ばしてくれます。

さて、まだまだ紹介しきれないので続きはその2で!

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます
よろしくお願いいたします。

ワシントン・オレゴンに思いを馳せて

オンラインWassy’sのフジイです。

 

みなさまにご迷惑とご不便をおかけしてしまった
システム引越しも無事に終わり、
オンラインワッシーズは改装OPENしております。
ブログもちょっとおしゃれな感じに衣替えしています。

 

会員の方には、一部再設定の手続きをお願いするなど
お手数をおかけしてしまい、すみません。

 

システムの引っ越しというと、
中身をゴソッと外して、新しい型にポコッとはめる…、
というわけにはいかないんですね。

 

今は、細かな調整などを加えながら、
ひとまず大きな山を越えた、というところです。

 

これからは、調整・メンテナンスを続けつつ、
より快適にワインをお選びいただけるよう、
どんどん改善していきたいと思います。

 

ですので、「ここ使いにくいわ」や「こうできたらいいのに」など
お気付きの点がありましたら、ぜひぜひ教えてくださいm(__)m。

 

さて、現在、同じフロアのイベント企画室ミトが、
ワシントン・オレゴン研修ツアーに参加しております。

 

案内して下さるのは、オルカインターナショナルさん。
そして、通訳は波田さん。



はい!そうです。我らが元店長・ハダノリです。

 

訪問するのは
ロングシャドウズ
ウッドワード・キャニオン
ホースパワーヴィンヤーズ
カユース
レコールNo.41
ダンハム・セラーズ
レオネッティ・セラー/フィギンズ・エステート
ジェイ・クリストファー
ソーコル・ブロッサー
ドメーヌ・セリーヌ
ケンライト・セラーズ

と盛りだくさん。

 

ツアーの状況は、随時、Facebookに上がっていますので、
ぜひご覧ください。

 

ここで、元部下の習性といいますか…、
ツアーの写真を眺めていると、
自然に「ハダノリ」を見つけ出しています。

 

あ、「ハダさん」。

 

あ、ここにも。

 

もう梅雨かと思うような重たい空と湿度の中、
現地の雰囲気を感じられる記事と写真を見ながら、
「今日の夜は何飲もうかな」と
おいしいワインに思いを馳せたいと思います。

値段もサイズも評価もビッグなワイン

 

オンラインWassy’sのフジイです。

 

今日の大阪は雨模様。
空はどよんと、空気はひやっと。

 

何となく、気分もどんよりするので
景気よく。

 

今取り扱っているワインの中で、一番高いのってい~くらだ?
と調べてみました。

 

第3位は、
どんっ

シュレーダー セラーズ  カベルネソーヴィニヨン ラス・ピエドラス・ヴィンヤード コールズワーシ―[2015](1500ml)

ラベルの画像しか無かったのですが
(しかもヴィンテージ違いの2014年の画像ですm(__)m)
少し前に入荷した「シュレーダーセラーズ」のマグナムです。
お値段 183,600円(税込)!

ワインアドヴォケイト:97点
限定1本です。

 

そして、第2位は、
どどんっ

【正規品】サロン[2006]マグナム 木箱入り 泡(1500ml)

大人気シャンパーニュの「サロン」マグナムです。
お値段 194,400円(税込)!

レギュラーサイズの750mlは
あっという間に完売してしまいましたが、
マグナムなら、3本在庫があります。

 

堂々の第1位は、
どどどんっ


【正規品】ハーラン エステート レッドワイン[2013] マグナム(1500ml)

お値段はなんと 432,000円(税込)。

ワインアドヴォケイトは100点
こちらも限定1本です。

 

商品リストを見ていて、
2万円や5万円のワインがとっても可愛い
プチプライスに見えてしまうマジック。
恐ろしい。

 

これでもワインの世界においては、
まだまだ可愛いレベルなのでしょうね。
ワインって改めてすごいなと思います。
上をみたらきりがない……。

 

この価格になると、ドキドキしちゃって
「ぜひどうぞ」とは言えません。

 

が……、とびっきりのお祝い事を控えている方など、
いかがでしょう。

 

アメリカワインに溺れる日(^^♪アメリカンワインデイ

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s  受注担当 です。

毎年、アメリカワインの魅力を広く知ってもらうためのイベントが
ドドーンとホテルで開催されています。

今年もやってきましたよ~(^^♪

American Wine Day 2018

参加するたびに、新たな美味しさ、感動を受けるAmerican Wine Day
今年は5月29日木曜日19:00~
場所はリッツカールトン大阪4階

オンラインワッシーズのスタッフは
昼の部(ワイン販売関係者のみ)に交替で参加予定

皆さんは夜の部への参加となるのですが、
なかなかこんなに色々と味わえる機会はありませんから
是非お出かけいただけたら
ワインに携わる者としてとても嬉しいです。

そして気に入ったワインは必ずチェック(^O^)
オンラインワッシーズでは全てのワインが買えますからね。

入場料は6,000円。
ですが、4月28日までの早割ではなんと5,000円!!!
前売りのみですからお早目に(^^♪
お申し込みはこちらから
    ↓
American Wine Day 2018

昨年の参加レポートはこちら
アメリカワインデイ レポート (大阪 リッツカールトン)その1
アメリカワインデイ レポート (大阪 リッツカールトン)その2


大人気のアンダーウッド!昨年はリリースしたてだった。

 


ずらりと並んだイガイタカハ!!!全部味わえます(^O^)


ダックホーンを忘れちゃいけないよ!


黙っていてもどんどん出ちゃうフリーマン

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます
よろしくお願いいたします。

ポチッと押せばやって来る(?)

遂にリリース!

飲みたいとき、ワインが無くなりそうな時に「ポチッ」と押せば
即座にお好みワインをスタッフがお届け。

これでいつでも安心『Wassy’s ダッシュ』

《4月1日発売開始》
価格 100000000000円

・Wassys Dash Buttonは、ワンプッシュでお気に入りの商品を簡単に注文できるボタンです。
あとは必要な時にDash Buttonを押すだけで注文ができます
・Dash Buttonは実質無料、ボタンを通じた初回注文時にご請求額より100000000000円差し引かれます
・商品が届くまでボタンを押しても押した分だけお届け。重複注文大歓迎
・送料は箱数分だけちゃんと頂きます。
・Dash Buttonでの商品設定時とご注文時の提供諸条件(価格、入手可能性及び送料など)は変動する
場合があります。注文送信後に届く通知で注文内容をご確認ください
・スタッフ自らお届けの為、配送費の他、交通費・宿泊費・食事代・飲み代がかかります

 

 

 

 

 

と、4月1日らしい事してみました

マウントフォードのアルザスオマージュ

 

オンラインWassy’sのフジイです。

 

この間飲んだワインが、
「うまっ」と好みにドンピシャでした。

マウントフォード エステイト オマージュ シングル ヴィンヤード[2012]

 

マウントフォードはニュージーランド南島、
ノースカンタベリーのワイパラにあるワイナリーです。

 

1991年に設立され、ブルゴーニュと同じ
石灰質を含んだ粘土質の土壌で
上質なピノノワールとシャルドネが育てられています。

 

もしかしたら、
KOYAMA WINES」の小山竜宇(コヤマ・タカヒロ)さんが
関わるワイナリーとしてご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

 

マウントフォードは、
小山さんが、ニュージーランドに渡り
大学で栽培・醸造を学ばれたすぐ後に
勤務を開始したワイナリー。

 

自身のワイナリー「KOYAMA WINES」の設立とともに
一旦離れたのち、
昨年2017年、マウントフォードの前オーナーから
ワイナリーを引き継ぎ、
小山さんがオーナー兼醸造家に就任されたことも
大きな話題となりました。

 

さて、このワイン、
使用されているのは、
ゲヴュルツトラミネール、ミュスカ、ピノグリ、リースリング。

 

フランス・アルザス地方の高貴品種と呼ばれるぶどうたちです。
マウントフォードの畑の一角で、
アルザスの醸造家マルセル・ダイスのワイン造りの様に、
同じ畑に一緒に植える「混植」によって育てられています。

 

しっかりと熟れた白桃やライチ、トロピカルフルーツ、
石灰のようなニュアンスや白い花など、
香りがゆたかで、ぶどうそれぞれの特長が良く出ているように
感じます。

 

味わいもしっかりしていて、いろんなフルーツの層が
幾重にも重なっているようです。

 

2012ヴィンテージ、5年ほどの熟成を経ているので
いろんな要素がバランスよくまとまっています。

 

個人的に、「いつでも」は難しい価格帯ですが、
今の私の好みにピッタリ寄り添ってくれる嬉しさもあり、
また買おうと思っています♪