パクチー嫌いな人ごめんなさい。

カリフォルニアワインとニュージーランドワインのオンラインWassy’sのフジイです。

 

年末休暇が明けて、
けだるい体もようやく動き始めてきたころでしょうか。

 

さて、先日の事ですがパクチー専門店なるところに食事に行きました。

 

はい。パクチー大好きなんです。

 

パクチーだけじゃなく、バジル、大葉、パセリ、セロリなどなど
香草、薬味の類が大好きです。

 

けれど、世の中にパクチーが嫌いな人は多く、
友人の中にも「名前聞くだけでイヤ!」と言う人が
いるので、普段は割と控えたりします。

 

が、今回は同じくパクチー好きの友人と一緒なので、
思う存分満喫してきました。

 

20160107-02

 

お通しのあん肝パクチーに始まり、パクチーの根っこのピクルス、
生春巻き、天ぷら、チャーハン、餃子…、すべてがパクチーだらけ。
がっつりのものもあれば、あまり主張しないお料理もありましたが、
どれも美味しかったです。

 

しかもグラスには、わんさか葉っぱが入っていて、
お代わり自由!!

 

お店は、ガラガラかな~と思いきや、
一時、満席になるくらいで、
女性率がかなり高かったです。

 

飲物は、メニューをみると「パクチーモヒート」やカクテルが並び、
その中に「パクチービール」とあったので
「???」と思ったのですが、銘柄はベルギービールの
「ヒューガルデンホワイト」。
原材料には、コリアンダーシードとあります。なるほど。
※シード(種)とは言うものの植物学的には果実だそうです。

 

20160107-0120160107-03

 

Wikipediaによると、生食では「パクチー」、
乾燥すると「コリアンダー」と呼ばれることが多いようです。
好きだけど知らなかった…。呼び名は、地域差なのかと思っていました。

 

ちなみに、ワインリストにはチリやイタリアのものが
いくつかあり、これはパクチーには関係ないようでした。

 

…が、ワインの味わいを表現する時に「コリアンダー」の
単語が使われるものがあるので、
オンラインワッシーズで取り扱っている商品から調べてみると
ありました。→→→こちら

 

パクチーと言っても、乾燥してスパイスとして
使われると、風味もまた変わりますし、
コリアンダーシードはオレンジなどの柑橘系の香りがすると言われるので、
パクチーがきらいな方も美味しく飲んでいただけるのでは!?
と思います。(今さら、ですが…)

 

最後となりますが、
パクチー嫌いな方、長々と書いてしまい、ごめんなさい。
ふうん、と流してやって下さいm(__)m。