ジャンバラヤとワイン(o´∀`o) ボーグルのプティットシラー

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

ジャンバラヤってご存知ですか?

名前は聴いたことあるけど、

ワタクシ恥ずかしながら、

カーペンターズの歌だとばっかり思ってました。

いや、歌でもあってるんだけど、

お米を使った「ケイジャン料理」のひとつなんだそう。

料理の名前だったのです。

たぶん、Jが気づいていなかっただけで、

昔からある料理のようです。

実は、ボーグルヴィンヤードのホームページを見ていて、

簡単そうな料理だなあ・・・と見つけてしまったジャンバラヤ。

見た目はパエリヤっぽい。

ちなみにケイジャンって

祖先が北米東部のアカディア地方に入植したフランス人の直系で、

アメリカ合衆国ルイジアナ州南部に永住した人々のこと。

だからヨーロッパのエッセンスが入った

アメリカ料理といっていいのでしょうね。

で、そのジャンバラヤを作ってみた。

ボーグルヴィンヤードのホームページにあるレシピを参考に

ジョディのジャンバラヤ

【材料】

ジャンバラヤのもと1箱
※パプリカ、オレガノ、タイム、ガーリックパウダー、オニオンパウダー、
カイエンペッパー、黒胡椒、塩などを混合したもの。
カルディとか大きなスーパーで手にはいります。

鶏むね肉のぶつぎり大1枚
大きな海老(殻をむく)300g
ソーセージ      450g
お米  1.5合
赤唐辛子 (大1本) スライス
玉ねぎ大1個みじん切り

オリーブ・サラダ油
お好みでチリパウダー、カイエンペッパー

【調理法】

大きめのフライパンで、みじん切りにした玉ねぎをオリーブオイル大さじ1で

半透明になるまで炒める。

鶏むね肉を入れてさっと焼き色をつけておく。

同じフライパンでソーセージとエビを別々に焼き色がつくまで焼く。

一旦取り出して、お皿にとっておく。

大きめのスープ鍋に水700ccとサラダ油1?4カップを沸騰させます。

(オイルはお好みで)

ジャンバラヤのもとと白米を加えてひと煮立ちさせる。

弱火にして、時々混ぜながら15分ほど煮る。

火を通した肉を加え、さらに15分ほど煮る。

好みでチリパウダー、カイエンペッパーと胡椒で味を調える。

10分ほどたったら輪切りにした唐辛子を入れる。

汁気がなくなって、お米が柔らかくなるまで炊きます。

できあがり~ かなりスパイシーな香り

この料理のおすすめワインは

ボーグル ヴィンヤーズ オールド ヴァイン ジンファンデル[2016]

だったのだけど、家にあったワインが


ボーグル ヴィンヤーズ プティット シラー[2016]

少し冷やして一緒に楽しみました。

スパイシーな料理にどこまで合うかしら?と

ちょっと心配したのですが

いやいやプティットシラーもジューシーでスパイシーで

笑ってしまうくらいピッタリで、

ジョディさんにもお知らせしなきゃ!と

思ったJでした。

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます

ちょっと涼しくなった。赤ワイン飲みたいっ(o´∀`o) 

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

布袋ワインズさんの試飲会に行ってまいりました。

ここ2~3日、ちょっと涼しくなって、

赤ワイン!どんと来ーーいの気分だったので

しっかり試飲をさせていただきました。

カリフォルニアの赤といえど、エレガント系が多いなあと思う昨今。

飲み疲れないし、食事にあわせやすい。

とはいえ、

「どーんと重くて、甘いって思うぐらい凝縮感のある

カリフォルニアの赤ないですか?」

と言われることもあるのです。

ありますよ~

こんな風に、焼肉とかに合わせるなら濃いワインが絶対ウレシイ

スカラー メイソン ナパ ヴァレー カベルネ ソーヴィニヨン[2015]

キャッスル ロック コロンビア ヴァレー カベルネ ソーヴィニヨン[2016]


(真ん中がキャッスルロック

甘いと思うほどの凝縮感のしっかり濃い目でありながら

タンニンほどよく、やわらかな口あたり。

そして、今回の布袋ワインズさんで超安いのに旨い!めっけもの~と思ったのは

なんと1500円を切るリーズナブルな価格でがんばっている

ジェイ ダブリュー モリス

特にメルロがおすすめ!

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます

夏でもがっつり肉を食べたくなる日は・・・(σ・∀・)σ メルロがおすすめ

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

夏でもがっつり肉を食べたくなる日があります。

じゃーーーーん!これでもかというくらい大きなステーキ。

夏は白ワインだーーーっっといっているJですが、

こんなときはメルロでいきたい!

ええっ!ステーキってカベルネソーヴィニヨンじゃあないの?

って言われると、そうなんだけど・・・。

そうなんだけど、

今日は口あたりのやさしいメルロでいきたい気分なのです。

体が暑さについていけてなくって

ワインにも優しさを求めてるってことかな。

今日はボルドーのシャトー・サント・リュス・ベルヴュ・ルージュ

だったのだけど、

Jのおすすめメルロ

レコール No.41 メルロ[2015]

やわらかな口あたり、そしてこくがあり、

ワイン飲み慣れていない方にも、

飲みなれている方にも

満足度の高いワインであることは間違いありません。

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます

ワインあわせ放題(´∀`) 夏こそポトフだ! 

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

こんなに暑いとつるつるっとそうめんとか

ざるそばばかり食べてしまいそうなJです。

こんなことではアカン!と

超簡単で野菜もどーーんととれるポトフを作りました。

たまねぎ、じゃがいも、にんじんは皮をむいて大きめにカット。

セロリは申し訳程度に筋を除き、これまた大きめにカット。

キャベツが半分残っていたから、ざくざく四等分に。

お肉の代わりといっちゃあ何ですが、

塊ベーコンとお弁当の残りのウィンナーを

圧力鍋にどーんと入れたら水を注ぎます。

あればローリエ数枚と白ワインをちょっぴり。

ブイヨンキューブを使って加熱10分を含めても

所要時間はたったの15分!

ほーら、簡単で野菜もたくさんとれるでしょ~

そして、どうしてもワインを飲みたいという夫のために

昼のみ用にと冷蔵庫で冷やしておいた

ドイツのロゼとアルザスのゲヴェルツをあわせました。

弾みがついてくると、

お中元でいただいたハムの盛り合わせやら

チーズの盛り合わせも出すはめに・・・。

うーーん、せっかく野菜たっぷりの

健康的な食事だなーと思っていたのだけど

でも、まあ夏こそポトフだ!!

というのは、クーラーで冷えた内臓を温めたり

手軽に野菜を取れたりということで

かなりおすすめなのです。

あわせるワインは結構幅広く、

重い赤以外わりと何でもあわせやすい。

勿論ロゼはおすすめ!

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます

美しく熟成がすすんだ白ワインは年中飲みたい(σ・∀・)σ シャトーミュザール 

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

夏は白ワインが飲みたくなる!

と連呼しているJです。

きりりと冷えた白ワインをグラスに注いで

グラスがみるみるくもって汗をかく様子が好き。

涼しい感じがするでしょ

昨日は夏のアロマティック・ホワイトと白ワインに特化した

ジェロボームさんの試飲会に行ってきました。

これ、白なんですよ。2009ヴィンテージ。

シャトーミュザール というレバノンで作られているワイン。

ほーーーーっ・・・なんて美しいオレンジ色。

あ!これは傷んでるというわけではなく、熟成によるもの。

熟成が進んでいくと、白ワインは少しずつ琥珀色に近づいていきます。

こんなに明るくて美しいオレンジ色ははじめてみました!

味わいも美しく、思い描いていた酸化熟成のシェリーのニュアンスも

ほぼなく、

商品説明に辛口のソーテルヌや熟成したグラーブの白ワインの

スタイルを連想させると記載があったのを見て納得。

さらに

「こんな美しく熟成した白ワイン、

夏は勿論だけど、年中飲みたいよねー」と思った次第。

オンラインワッシーズでもシャトーミュザールは取り扱いがあります。

ジェロボームさんに確認をすると、

シャトーミュザールはどのヴィンテージも白も赤もロゼも

熟成感のしっかりしたスタイル。

赤白は最低でも7~8年熟成させリリースされているとのこと。

赤、白、ロゼと潤沢にあるようです。

酸化熟成のニュアンスはあるが、シェリーっぽさとはまた違った感じ。

不思議なワイン。

是非試していただきたいワインです。

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます

カレーは案外ロゼが合うんじゃないかな(σ・∀・)σ 

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

突然ですがクスクスという料理があります。

ちっちゃいつぶつぶパスタに

スパイシーな軽い煮込みをかけて食べる。

もともとはアラブの料理で

フランスではアラブから移民してきた人たちが持ち込んで

もうすっかりフランスの国民食。

暑い国のスパイシーな料理は

定期的に食べたくなってしまう。

そう、まるで日本でのカレーみたいなもの。

フランス旅行で出会ったクスクスが美味しかったから家で再現して以来、

夏になると無性に食べたくなる。

コリアンダー、キャラウェイ、チリパウダー・・・。

いろんなスパイスが入っていて

こういうところもカレーみたい。

で、これ合わせるワインなのだけど、

煮込む肉にあわせて赤とかでもいいけど、

やっぱりロゼが良かった。

個人的にはタヴェル ロゼ

ワインはしっかり冷やして、

スパイシーなクスクスを、汗をかきつつ食す。

ちょっとまだ試してないけど、

カレーも案外ロゼが合うんじゃないかな~

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます

週末の家ごはん アスパラソバージュ(σ・∀・)σ

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

市場で見つけた

アスパラソバージュ

これ、言葉だけを日本語に訳したら野生のアスパラなんだけど

一般的なアスパラとは違って、同じユリ科でもアスパラガス属ではなくオオアマナ属の多年草で別の分類だそう。

見た目緑のつくし?って感じ。

そして出回る期間が短いし、高価。

フランスでも1回しか食べたことない。

でも春を感じる野菜としてめっちゃ人気でした。

ロワールの穏やかな白ワインと合ってた

それにしても、こんなタイミングで見つけるなんて!ラッキー

食べると、シャクシャクした歯ざわりと、ちょっとぬめりがあって

味自体はそんなに癖がない。それが癖になる?

さて、あわせるワインは何がいいかな。

J的にはニコラ ジョリー サヴニエール レ ヴュー クロ[2016]

なんかを楽しみたいところ。

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます

あれもこれもアメリカン・ワインヾ(*´∀`*)ノ

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

今年も行かせていただきましたアメリカン・ワインデイ
アメリカワインの魅力を広く知り、広めるための試飲会。
あれもこれも(当たり前だけど)ぜーーーんぶアメリカワイン。

まあ、試飲会はワイン販売に携わるプロのみが対象なのですが
夜は一般にも開放されていて、
入場料は必要なのですが200種類以上のワインと
おつまみがついていてなかなかお得なイベント。

来年は是非皆様にも参加していただきたいJです。

「これこれ!大人気のナパ・ハイランズもいいけど
お得感のあるナパのカベルネソーヴィニヨンってことで
探したのよ!!」

イーター カベルネソーヴィニヨン ナパヴァレー[2017]

バランスよい酸味、タンニンやわらか、そして果実感もしっかり。
ナパで3000円台ってお得感あるーー

おっと!同じ中川ワインさんに
ホーニッグ ヴィンヤード&ワイナリー ソーヴィニヨン ブラン[2018]発見!

大好き~ホーニッグ。

さてさて、マイブームでもあり
気にしているせいか、
会場を見渡すと、やっぱりロゼが目に付きます。

ダックホーン・デコイのロゼ

ディストリクト 7 ピノ ノワール ロゼ S[2017]

リキッドファームのロゼも!

そして、ワイン・イン・スタイルの磯田さんが持っていらっしゃるのは、

ザ・ヒルト

オーナーがカリフォルニア/ナパヴァレーの
スクリーミング・イーグルと同じスタン・クロンキーさん。

副店長サトウも先日セミナーにて全種類を試飲。
「ピノノワールもシャルドネも良かった!
何といってもシャルドネの、
ほとばしる豊かな酸が印象的!!」と絶賛していたな。

あれもこれもと紹介したいワインがたくさん!!
続きは是非私たちのお店で。。。

何といっても、
カリフォルニアワインワイン専門店のオンラインWassy’sですから

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます

6月はさくらんぼタルトとスパークリングって決めてる(*´°`*)

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

6月になるとさくらんぼが出てきます。
これはアメリカンチェリー。

色が濃くって甘くて酸味はまずまず。
そのまま食べても、お菓子にしても美味しい。

我が家では、お砂糖とキルシュというさくらんぼの蒸留酒につけて
半日置いたものをタルトに仕上げるのが定番。

そして合わせるのはスパークリングって決めてる。
タルトとスパークリングって合うのですよ~

先週末は夫の誕生日だったので、シャンパーニュと

赤はケン ライト セラーズ ピノ ノワール ウィラメット ヴァレーを用意。
ガツンと飲み応えある。ワイルドといったら言い過ぎか?
メインの濃いソースにもしっかり合ってた!美味しーーーっ

前菜と魚でスパークリング、
メインはケンライトセラーズのピノで、
最後にスパークリングに戻ってタルトを楽しもう!

と思っていたら、思いのほか前菜で泡を飲み尽くされ
タルトにたどり着くころにはワインは何一つ残っておりませんでした。

決めてたのにーーーー

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます

最近どはまり( ̄∀ ̄)≪赤寄りなロゼ≫シャトーイガイタカハ トキメキ

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

最近Jのマイブームはロゼなんですが、
ここ1ヶ月ほどはまってるのが≪赤寄りなロゼ≫
まあ、Jが勝手にそう呼んでいるだけなのですが
飲みごたえのあるロゼのこと。

この間行ったワインコンプレックスの会場で
思わず「ストライク!」と思ってしまった
シャトー・イガイ・タカハ の

トキメキ ロゼ サンタバーバラカウンティ

口あたりやわらかで、上品。
酸味のバランスが絶妙で、すっきりしすぎてないところがサイコー

残念ながらオンラインワッシーズでは
このロゼの取り扱いがないのです・・・
ごめんなさい
ですが!!!
シャトー・イガイ・タカハ のラインナップは

バラエティに富んでいるのに
飲むごとに「はずれたことないなー」と実感。
ますます好きになってしまう魅惑のワインたちなのです。
オンラインワッシーズにもたくさんございます。

是非お試しください

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます