デュヴァル ルロワ 頑張るフランスのオカンが創るほっとするシャンパン

オンラインWassy’s受注担当 です。

ここ数日、気温も湿度も急上昇。
熱中症にお気を付け下さい。

こんなジメジメ蒸し暑い日は、
冷たーい白ワインやロゼ、そしてスパークリングワインが嬉しい。

中でもシャンパーニュって特別な気がしませんか?
ちょっと敷居が高そうなこのワインを、
もっと皆さんに楽しんでほしいなあ、何かヒントがないかなあ・・・と
先だってデュヴァルルロワ
シャンパンセミナーに参加してまいりました。

シャンパーニュというのは、フランスシャンパーニュ地方に於いて
伝統的な瓶内二次発酵によって手間暇かけて作られた
スパークリングワイン。
だから高いんだよ~ってことなんですが、
それだけじゃない気がするんですよね。

デュヴァル=ルロワの現当主は若くして夫に先立たれ当主となった
キャロル・デュヴァル=ルロワさん。もと主婦なのですって。

そのキャロルさんが、メゾンを
まだ小さかった息子たちに受け継がせるために、
当主となったわけです。

いわば中継ぎのような感じだったようなのですが、
もともと才があったこと、
料理上手な主婦の感覚を活かしたことなどなど
そういったことが幸いして良い方向に働き、
事業は拡大されていきました。

とはいっても、ものすごーーーく努力されたはず。
日本のオカンも強いけど、フランスのオカンも負けてません。

キャロルさんの感性を活かした
新しいシャンパーニュが次々と研究開発され、
今のデュヴァル=ルロワには驚くほどのラインナップ。

伝統を守り、新しいことにも挑戦し結果を出す。
今は頼もしい息子たちに囲まれた良きママン(お母さん)
何だか素敵だな~。。。

今日のおすすめは
デュヴァル=ルロワ・ブリュット・レゼルヴ・ピュール・シャルドネ NV

ほんのりと旨みや甘み。日本料理に寄り添うワイン。
きりっとした感じではなく、やわらかな印象。厚みもある。
ほっとする。
いつも頑張っている人に是非飲んでいただきたい1本。

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます
よろしくお願いいたします。

世界のセレブより早く飲めます。

03

 

待ちに待った、シャンパーニュ『サロン』

2004年ヴィンテージの発売記念試飲会。

 

 

 

数々試飲会はありますが、これは初めて。

 

なんと、神戸からのクルーズ船の中

02

 

さすが、なによりスペシャルなサロンの発表だけあって、気合いが違います!!

 

試飲会参加の皆様続々。

 

 

停泊している船の上だけあって、酔ってもないのに足元ふわふわ。

 

おぉ~~、遂に2004年。

 

今回のプロモーションで日本に来る前はイギリスからニューヨークまで、超豪華客船
クリーンメリー号で大西洋を7日間かけて航海。
プライベートでなく、お仕事だったんだそうで。

「今回は海に縁のあるプロモーションだ」

 

さて、2004年

「サロンの味わいはこんな感じ」とイメージを持たれてる方ほど、一口目に
驚かれるはず。

最初から華やかで広がる香りが印象的。

でも安心してください。
その後口の中の華やかさが弱まってくると、サロンらしい、シャープな酸をミネ
ラル感がのびやかにアフターの余韻まで続き、ほんのりと苦みを残す長い余韻
と、最後はちゃんとサロンらしさはでフィニッシュ。

一瞬の驚きと、サロンらしい安心感の両面が楽しめる珍しい仕上がり。
2004年は通算39回目のヴィンテージ。
この年は、ブドウの収穫量が多くなりそうだった為、早い段階(7月/8月)
でグリーンハーベストを初めて行いました。それにより収量は減るものの
クオリティを重視。最終前回2002年に比べて30%減の生産量に。
42000本(750ml)、3000本(1500ml)

デュポン氏いわく、

「このヴィンテージをイメージするなら「火山」。
今は物静かな味わいだが、どこかのタイミングで爆発するかのように
味わいが変化するとおもう。
そのタイミングがいつかはまだわからないが、すごく楽しみだ。」

いつ爆発するのかなぁ~~~。

 

ところでこの2004年。
本来4月1日に全世界同時発売なんですが、
日本のみ2月1日から先行
販売となってます。

そんなわけで今飲めば世界中のどんなセレブよりも早く味わうことが出来ます。

12705295_1215920741756287_8197971295665739830_n

サロン[2004](750ml)SALON Salon

 

01

シャンパーニュ ニコラフィアットの秘密(^^♪

 

カリフォルニアワインとニュージーランドワインのオンラインWassy’s  受注担当 です。

ですが、今日はフランスの シャンパーニュ ニコラフィアット のお話です。

先日幸運なことに、ニコラフィアットのセミナーを受けることができました。

内心では≪やったー!!(^O^)≫と心躍っていたJですが、そんなそぶりを見せず、落ち着いて受けてきましたよ。

ニコラフィアット≫はシャンパーニュの中では今年40周年を迎えるとても若い会社。

何代も続く老舗のメゾンがひしめき合っているシャンパーニュの中にあって、フランス国内売り上げ№1という実績

多くのエアラインと契約し、機内でサービスされるシャンパンとしても有名。

伝統を重視されるフランスにおいて、これほどまでに飲まれるシャンパーニュの秘密は?

他のメゾンとちがうところは?

ドキドキしながらお話を伺います。

走る犬 走る犬 走る犬

まず、この創始者のニコラフィアットさん、若いうちにコーヒービジネスにおいてアメリカで成功されました。

そんな人が、なんでシャンパーニュ?

1970年にランスというシャンパーニュ地方に12ヘクタールの畑を所有するドメーヌを相続したことがきっかけでフランスへ帰国。

その後1976年にメゾンを立ち上げたのが始まりなのですが、ただ立ち上げただけなら、

新参者の小さなシャンパンメーカーとして終わっていたと思うのですが・・・。

コーヒービジネスで成功したことは大きかったようです。

その時の人脈を通じて様々なチャンスをつかんだようですからね。

有名なものは1978年にワシントンの「ナショナル・ギャラリー」で開催された

当時のフランス大統領ジスカール・デスタンを迎えての晩餐会に起用されたこと。

名もない小さなメゾンではありえない快挙。

それから、シャンパーニュの生産者協同組合と合併したこと。

5000軒のブドウ生産者がニコラフィアットのシャンパンのためにブドウをつくります。

ブドウ栽培者が株保有者となるということは、

ニコラフィアットのシャンパーニュが売れれば売れるほど所得が増えるのであるから、

より一層高品質なものをと努力します。

そのことがシャンパーニュの質を上げることになり、さらに売り上げにつながるというサイクル。

うーーんかんがえましたねーー(@_@;)

オンラインワッシーズで取り扱いがあるブルーラベル

13236-000_1[1]

ニコラフィアット ブルーラベル(ブリュット・レゼルヴ)

高品質であるのにお得感があるなと思われる1本です。

いきいきとした酸味、ボリュームある果実味。バランスよく、食事にあわせやすく、シーンを選ばない。

若い会社だからできることなのかもしれないけど・・・。

フランスで最初にスーパーマーケットに置くようになったシャンパーニュであるということ。

確かに高級なシャンパーニュをスーパーマーケットで買うなんて20~30年前は考えられなかったはず。

そういったアイディアの積み重ねが今の位置を築いたんだろうなあ。

≪ニコラフィアットの秘密あばいたり・・・!≫usagi

最後に、このセミナー、ランチをいただきながらの素敵なセミナーであったのですが

シャンパーニュは本当にオールマイティに合わせることができる飲み物だとあらためて思わせてくれました。

サラダ、穴子のフリット、天草大王(鶏)のポシェ・・・

それからそれから≪トリュフのスクランブルエッグ≫

IMG_0736

シャンパーニュとのお互いを引き立てあう素晴らしい組み合わせに、セミナーということを一瞬忘れて

しまいそうでありました・・・反省(@_@;)

これは、お家ではなかなか味わえないお料理。

Jが家で試すとしたら、バターたっぶりのふわふわオムレツに、

塩はトリュフ入りのゲランド塩を使ってみる。

そりゃあ生の、しかもフランス直輸入にはかないませぬが・・・。是非お試しください。

トリュフ入りゲランド塩

14277-000_1[1]

ワッシーズの姉妹店であるスープルではまさに今、トリュフの季節なのです。

フレッシュで濃厚、クラクラする芳香に是非シャンパーニュやワインと酔ってみたいわと

仰る皆さま!是非 こちら をご覧ください。

ブログの応援、ぽちっといただけると元気がでます。よろしくお願いします。ぺこり

受注担当J 女王様になりました~(^O^)えへ

カリフォルニアワインとニュージーランドワインのオンラインWassy’s
受注担当です。
1月に入って初めてのブログです。
昨日シャンパンとガトーデロワというお菓子をいただきました。
image1
ガトーデロワというのはフランスのお菓子で、
アーモンドクリームのパイの中に小さな陶器製の人形フェーヴが1個隠されていて
ガレットの中に隠されたフェーヴに当たった人が、その日の王様になります。
ちなみにワタクシJがゲットいたしました~usagi
うふふ~女王様だ~
一応王冠をかぶってみましたが、あまりにも恥ずかしかったので写真は却下です(ー_ー)
勿論紅茶とあわせてもいいんですが、大人な感じでシャンパンとあわせるの最高!
やっぱり泡があるとその場がはなやぎます。
年末年始何かと飲む機会が多くて、もうお腹いっぱい・・・と思っても
泡ならダイジョーブ\(^o^)/
気軽なスパークリング
とっておきのシャンパン
オンラインワッシーズならいろいろ揃ってます
是非ご覧になってくださいね~
ブログの応援、ぽちっとお願いいたします。ぺこり

昼シャンにメロリン(*^_^*) オンライン女子チーム

カリフォルニアワインとニュージーランドワインのオンラインWassy’s 受注担当です。

先週の金曜日はオンラインチームの女子3人(制作クロカワ、受注ニシムラと受注J)で姉妹店スープルにランチに行ってまいりました(^○^) 

平日はなかなか3人一緒にお昼をとることは難しいのです。

でもどーーしても行きたかった。

だって ≪昼シャン≫ ランチの時にお一人様一杯限りですが500円で シャンパン が飲めてしまう! 

もうね、行くしかないです。しかも3月いっぱい。急げーーーっ!!!

DSC03172
うっふっふっふ・・・(*^_^*) ワクワク・・・

DSC03171
制作クロカワしあわせいっぱいの笑顔です。

自分にご褒美・・・なんて言いながら、留守を守ってくれている男子たちにごめんよ<(_ _)>と複雑な心境。ありがとう!みんなっ!

ですが、やっぱりシャンパンいいっ!

おうちでも、シャンパンがあるだけで、華やいで幸せな気持ちになります。 特別なんだなあ・・・。

勢いよく立ち上る泡に≪がんばろう≫と勇気づけられたり、ゆっくりやさしい泡に癒されたり・・・。

Jにとってシャンパンはその時その時の気持ちに寄り添ってくれる、そんな特別な飲み物なのです。

オンラインワッシーズではカリフォルニアワインとニュージーランドワインのと謳っておりますが、勿論シャンパンも取り揃えておりますよ~。

オンラインワッシーズでシャンパンをお探しの時はコチラ→ シャンパーニュがいっぱい  

ブログの応援、ぽちっとお願いいたします。ぺこり

一緒にローランペリエの醸造家さんに会いに行きませんか?

ニュージーランドワインとカリフォルニアワインのオンラインWassy’s店長ハダノリ@なんか月曜気分です。

前回は、『一緒に飲み会してくれる人募集』しましたが、
今回は、『一緒にワインメーカーさんに会ってくれる人募集』です

名称未設定 1
フランス シャンパーニュ ローランペリエ

英国皇室ご用達 ウィリアム王子の結婚式『晩餐会』でも振舞われた老舗のシャンパーニュ

2012年には、創業200周年を迎えます。
それを記念して、ローランペリエ社最高醸造責任者 ミッシェル・ファコネ氏をお迎えしてのワイン造りに関するこだわりを語るセミナーが輸入元であるサントリーさんの主催でヒルトン大阪にて開かれます。

招待された人しか、お話しをうかがう事が出来ない滅多とないチャンスです

しかも
参加費:無料  でございます。

fauconnet.jpg

ローランペリエ最高醸造責任者 ミシェルファコネ氏

2012年4月5日(木) 18:00-20:00
セミナー内容
※ シャンパーニュ トピックス
※ ローランペリエ者の哲学
※ ローランペリエの造りのこだわり
ー 特にロゼの造りについて、最高醸造責任者だから知りえるこだわり。
( テイスティング予定アイテム(ブリュットL・P / ウルトラブリュット / グランシエクル / ロゼ )
↑ きゃーーー豪華なテイスティング ↑
セミナー: 18:00-19:00
懇親会:  19:00-20:00
場所: ヒルトン大阪 5階 桜園
参加費:無料  でございます。

が、一つだけ条件がございます
参加された感想を、ブログ または facebook でご紹介ください。

そして、オンラインWassy’s へリンクをつけてくださいませ。

もちろんですが、お席には限りがございます。
今すぐ、online@wassys.co.jp
までお申し込みメールを下さい。

その際には、
お名前:
携帯番号:
ご自身のfacebook url またはブログurl:

を必ずお書き下さいませ。
お待ちしてまーーース♪♪

( え?そうですよ
オンラインWassy’s ニューワールド以外だって取り扱いしてます カリフォルニア・ニュージーランドのワインだけで売上の70%を越える変態ショップには変わりないですけど、最近はフランスワインもがんばってるんです )