古書とワイン

 

オンラインWassy’sのフジイです。

 

ここ数日で気温がグンと下がり、秋の気配。

 

まだまだ昼間は暑く、本格的な秋にはもう少しですが、
ワインの美味しい季節になってきました。

 

秋と言えば読書!?
ワインと同じくらい本が好きで、しかも古書のたぐいがたまらなく好きです。
(ちなみに、読書というより、本そのものが好きなのでちょっと偏っていますが。)
どちらの世界も踏み入れれば踏み入れるほどに奥が深くて、
我ながらあきらめていますが、お金がたまるはずもありません。

 

先日も、買ってしまいました……。
買おうと思って探していたわけでもないのに、
ひょんなタイミングで出あってしまって……。

 

 

1927年にフランスで発行された、
ニコラ商会のワインの販促本とのことです。

 

私は知らなかったのですが、
この本は『葡萄酒閣下』と呼ばれていて
ワインが好きな人の間では挿絵がとても有名で
絵としても販売されているそうです。

 

私がひと目で気に入ってしまったのもその挿絵。
古いけど古くないような、何とも言えずかわいいんです。

 

コルクを抜いて

 

コルクの状態を確かめて

 

ゆっくり注いで

 

気持ちを整えて

 

目で…

 

鼻で楽しんで

 

味わって

 

うっとり

 

みたいな感じです。

 

本文用紙はしっかりした厚手の紙で、
「元々はもっとしなやかな手触りだったんだろうな」とか考えたり、
「簡素だけれど糸で綴じられているな」とか確かめたり、
「本文の端は切れないナイフで切り開いたから
ギザギザしているんだろうな」とか想像したり。

 

もうそろそろやってくる秋の夜長も
ワインと本で、ひとり長々と楽しめそうです。

 

  • 日本ブログ村 酒ブログワインへ

“古書とワイン” への2件の返信

  1. 素敵な本を手に入れられましたね。
    ところでおいくら位で入手されたのでしょうか?
    そっと教えていただけませんか。

    1. ありがとうございます。
      購入したのは割と前のことなのではっきりとしないのですが、
      7~8000円台だったと思います。
      古書は、このタイミングを逃すともう出合えないかも、と
      ついついお財布のひもが緩んでしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA