まだまだ、若いもんには負けへんでぇ~~

あら、もう9月になるじゃないですか。

でカレンダーを見ると秋の試飲会シーズン到来。
スタッフ総出でアチコチ、美味しいワイン見つけてみますよ。

 

そんなシーズン開幕(?)にふさわしく、カリフォルニアワインの人気インポーターさん
の試飲会へ。

 

プラミアムもずらっとならんでおりますが、

 

 

目についたのは、こちらの新商品『ワンス&フューチャー』

ジンファンデルで名を知らしめた”ジョエル・ピーターソン”がレーヴェンスウッドを離れ
新たに手掛けるブランドがこれ。

ジョエル氏、70歳。まだまだ突き進みます!

まだまだ進化し続ける、ジョエル・ピーターソン。

息子のモーガンが手がける『ベッドロック』に影響を受けたかのように、
これまでのカリフォルニア・ジンファンデルらしさ溢れる『レーヴェンスウッド』に、息子の
新世代感を取り入れ、息子や他の作り手に「まだまだ、こんな作り方もできるぞ」とベテラン
の技を見せつけるかのような味わいに。

これは驚いた。

4つのワインが用意されてたんですが、息子と同じ畑のブドウを使いながらも、こんなに違う
と思える『ワンス&フューチャー ベッドロック・ヴィンヤード』。
ジンファンデルらしいたっぷりと果実感がありながらも、味わいのポイントポイントが引き締
まったスタイル。

個人的にはプティ・シラーを使った『ワンス&フューチャー パリセーズ・ヴィンヤード』が
印象的。なかなかプティシラー種のワインを飲むことは少ないですが、今まででベストの美
味しさかも?!と思える美味しさ。もともと濃いい味わいになる品種ですが、しっかり残った
酸味とパワフルながらきめ細かく口当たりのいいタンニン。
間違いなく多彩なテクニックを持つ彼だから出来るプティシラーなのかもしれません。

 

まもなく入荷する予定ですので、要チェックです。

 

 

リースのシャルドネもお高いワインではありますが、素晴らしい。

シャブリのようなミネラルと酸を感じるアルパイン・ヴィンヤード。

モンラッシェのふくよかな果実感を持つホースシュー・ヴィンヤード。

どちらも思わず、ゴクリと飲み込んでしまいました。

 

こちらはもう別次元、アミューズ・ブーシュの3ヴィンテージ、垂直試飲。

 

 

どれも、入荷が楽しみです。

 

シュナンブラン最強(*^_^*) ボーグルシュナンブラン

カリフォルニアワインとニュージーランドワインのオンラインWassy’s  受注担当 です。

仕事柄、だけではなく自宅でもワインナリーのホームページをみます。
ワインについて調べたり、ワインメーカーを調べたり・・・と
結構見る機会があります。

ワインにあう料理なんかも結構詳しく載っていたりするので、
とても重宝するのです。

特に、ボーグルヴィンヤードはレシピ集があり、
見るのがとっても楽しい(^O^)

お姉さんのジョディさんはお料理がとっても上手で、
私が訪問した際も、手料理でもてなしてくださってとても感激したことを思い出しました。
(写真真ん中がジュディさん)

時々このレシピを参考に、家で料理します。
週末はこのレシピを参考にサラダを作って、
ボーグルヴィンヤードのシュナンブランをいただきました。

このワインはついついリピートしてしまう1本。、
これと言ってものすごい特徴があるというわけではないけど、
とてもやわらかで、幅広くどんな料理をも引き立ててくれる。

主張しすぎることのないほんのりとしたはちみつや洋梨の香り、心地よい酸味。、
今日のメニューアボカド・コーン・紫玉ねぎのサラダやチーズといった簡単な食事から
天ぷらとか、お刺身もよし。惣菜にも合いましたよ。
シュナンブラン最強

料理に合わせるワインに困ったら、シュナンブラン合せてみてください
きっと新しい発見があるはずです。

ブログの応援、ぽちっといただけると元気がでます。ぺこり
よろしくお願いいたします。

ポルトガルっておいしい。

 

オンラインWassy’sのフジイです。

 

スタッフトリイが今回のブログで書いていたガンダムネタ。
やっぱりみんなガンダム好きなんですね。

 

ガンダムの話題が出たら、場がワッとなりますもんね。
名ゼリフとか名シーンとかわれさきに話したりして。

 

週1回のミーティングで各自発表するとき、
だいたい「○○から報告します。」といって話し始めるんですが、
スタッフトリイの場合「トリイ、行きまーす」。

 

だからっていうわけでもないんですけど、
実は、入社してずっと「トリイさんガンダム好きなんやろな」って思ってました。

 

さて、事務所ではパクチー好きで認知されるようになり、
いろんな情報を寄せてもらえるようになった私ですが、
ちまたの「パクチスト」なんて呼ばれるのは嫌で、
細々とパクチー商品を摂取しています。

 

例えば、スタッフトリイに教えてもらった
ローソン限定発売のプリッツとかパクチーソイソースとか。

↑↑わりとリアルな再現力で美味しい♪
↑↑ごま油も入って、水餃子のタレとかに良さそう。

 

けれど、先日、衝撃的な出会いがありました。

 
初めて食べたポルトガル料理。
個人的にどのお料理も好みで、めちゃくちゃ美味しかったです。

 

魚介やお肉の凝縮したエキスにスパイス、レモンの酸味、
ガーリック、そしてパクチー(コリアンダー)がふんだんに。
私の好きなものばっかり。
西ヨーロッパでパクチーをたくさん使うのって珍しいそうです。
アジア料理よりもパクチーの主張は控えめかも。

 

今まで、アジア料理がわりと好みだと思っていましたが、
どどんと一位に躍り出たポルトガル料理。

 

ワインも美味しく、勧めてもらうままにロゼ、白、マデイラと堪能。
試験の時は、ポルトガルは駆け足で勉強してしまって、
ヴィーニョ・ヴェルデにポート、マデイラ…、
あんまりしっかり覚えてなかったのですが、
「ポルトガルいいやん♪」と俄然興味が湧きました。

 

今もずっとドルーアン熱は冷めやらず、
家ではドルーアン祭り中で、このまま我が家の
定番ワインになっていくんだろうと思っていますが、
飲みたいワインがどんどん増えて、
「たくさん美味しく飲んで食べるには、体力やな」と。
秋に向けての身体づくりを計画中です。

 

見せてもらおうか、〇〇のコラヴァンの性能とやらを

注)ガノタ(ガンダム・オタ)なスタッフ・トリイがお送りする
今日のブログがガンダム要素強めです・・・

 

 

高価なワイングッズではありますが、貴重なワインを長時間
楽しめる、ワインバーでのご利用などで予想以上の人気をみ
せてくれている『コラヴァン』。

雑誌などでも取り上げられだしたようで、まだまだ人気は続きます。

 

コルクを抜かずにボトルワインが注げる「コラヴァン」が日本上陸(家電Watch)
http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/1055461.html

コラヴァンが日本上陸、高価なワインがグラスで楽しめる(ワインレポート)
https://www.winereport.jp/archive/802/

5年経っても酸化しないワインシステム「コラヴァン」 ついに日本上陸(livedoor NEWS)
http://news.livedoor.com/article/detail/12993587/

もうコルクは抜かない!?「コラヴァン」がおうちワインの新時代を築く…!(macaroni)
http://macaro-ni.jp/43069

 

 

やはり1番人気は鮮やかなレッド

CORAVIN コラヴァン ワインシステム モデル Elite RED
価格:73,440円

通称:シャア専用コラヴァン
さすが、「大尉の色は人気がありますから」

で、アメリカ本国では発売されてたのですが日本未発売の
コラヴァンがこの夏新たにデビュー

 

これが、真っ赤なコラヴァンにはこの色しかないと思える
色でして

 

 

白!!

 

さらに驚く事にこのコラヴァン

コラヴァン ワインシステム モデル1
価格:43,070円

 

価格が安いっ

 

通常のコラヴァンと比べますとプラスティックのパーツが
多かったりと高級感では劣ってはしまいますが、POPな
色使いが気に行ったり、家庭用なら性能は同じですから問
題ないかもしれませんね。
お店とかではちょっと可愛らしすぎますかね。

 

しかしこの白いコラヴァン。
赤いのをシャア専用なんて呼んでしまうと、見えちゃいますよね。

 

 

 

そんなわけで、ちょっと赤色を加えてみた。

 

ほら、もうこれで

地球連邦軍専用MS コラヴァン

 

 

そんなお買い得モデルのコラヴァン、本日から発売開始です!

コラヴァン ワインシステム モデル1
価格:43,070円

 

「見せてもらおうか、連邦軍のコラヴァンの性能とやらを」

 

でもよくよく考えたら、廉価版になるわけだからガンダムで無くて

ジム!?

 

 

ちょっと本国のコラヴァンのサイトをみてみると

 

グリーン

量産型カラー

 

きっ、金色!!


クワトロ大尉の百式カラー

 

 

コラヴァンの関係者、
君らガンダム好きでしょ絶対!!

 

 

 

高得点に納得!フリーマークアビーのシャルドネ(^O^)

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s  受注担当 です。

突然ですが、私はパクチーは嫌いではありません。
むしろ好きです。
あの青々とした爽やかさ、清々しさが何となく、
なんとなくですよ、体の中がきれいになるような感覚があります

でも近頃流行の≪パクチー三昧≫やら≪パクチー食べ放題≫は無理かもー・・・(-_-)

先日家族がフルーツサンドで有名なお店のサンドイッチをたくさん買ってきてくれました。
イチゴやマンゴー、キウイなどなど。
生クリームとパンにやわらかく包まれたサンドイッチはどれもこれも美味しく・・・。
ですが一個だけどうしても食べられないものが

そう、皆さんお考えのようにパクチーサンド。
パクチーがこれでもかとぎゅうぎゅうに詰められ、アボカドが覗いています。
香りが清々しさを通り越して、毒々しささえ感じます。
家族全員、どうしても食べることができず、
買ってきた本人もギブアップ。

爽やかさも過度になるとつらいものがあるかも

でも・・・じゃじゃーーん。

これはパクチーではありません。
姫みつば。普通のみつばよりさらに香りがやわらかく、こんなにてんこ盛りにしても
優しい味です。オマールのトマト味パスタにとても良いマッチング。

さらにそれに合わせていただいたのが
フリーマークアビーシャルドネ

トロピカルフルーツのアロマ、リンゴや桃の香りそしてオーク由来のトースト香。
複雑でクリーミーで重厚なシャルドネ。そう、重厚ということばがぴったり。
しっかり濃いオマールソースに合う!

勿論魚介料理だけでなく、幅広く料理に合いそうです。
フリーマーク アビー シャルドネ

ワインアドヴォケイト:91点、スペクテイター:89点 と評価も高いことに納得の1本です。

ブログの応援、ぽちっといただけると元気がでます。ぺこり
よろしくお願いいたします。

世界に1本だけのワイン染めのウクレレ

 

オンラインWassy’sのフジイです。

 

先日、ちょっとしたご縁で
ウクレレ職人さんにお会いしました。

 

オーダーメイドで、
ひとつひとつ丁寧に手作りされているウクレレ。

 

実際に見せていただいて、心ひかれた1本。

 

木材を赤ワインで染めているんだそうです。

 

布地や紙のワイン染めは聞いたことありますが、
木材を染めているのは珍しいなぁとまじまじ見ていました。

 

屋外の自然光の中で見るといちごミルクキャンディーのような
おいしそうな色。
光の加減によってはもうちょっと濃く深みのある色調にも見えます。

 

それもそのはずで、何度も何度もワインを重ねて
塗っているそうなんです。

 

私のような飲んだくれは
「赤ワイン塗っちゃうの!?もったいない……」
と思ってしまいますが、
グラス一杯くらいの量でいいようで
ホッと安心しました。

 

音色は、明るくて軽やかな感じ。
ウクレレも素材によって、中の構造の具合によって
いろんな表情の音になるそうです。

 

オーダーメイドなので、
例えば「思い出の家具の木を再利用して…」とか
「この産地のこの木で…」とか
希望をかなえてもらえるし、
もしワイン染めにするんだったら、
記念のワインやお気に入りのワインを
使ってもらえたりもするそう。

 

同じものはふたつと無い
世界に1本だけのウクレレ。

 

う~ん、欲しい…。
物欲がムクムクします。

 

けれど、楽器はやっぱり弾かないとね、
と思うので、ウクレレ練習して弾けるようになったら
また考えようっと。

 

この飲み方、とてもいい!

お盆休み、な~んの予定も無く過ごしてましたトリイです。
お休み、とある1日は家で映画見ながらのロゼワイン。

 

今回はそのまま飲むのではなく、何やらニューヨークなどで
流行っている飲み方『FROSE』(フローゼ)に挑戦。

 

この情報はオーストラリアワインのインポーターさんの情報なんですが、
暑い中、するだけで「ゴクリ」となってしまう美味しい提案。

『FROSE(フローゼ)』 = frosen rose wine

NYのレストランから始まった飲み方でロゼワインで作った氷を
グラスに注いだロゼワインに浮かべて飲むそうです。

シャーベット状のロゼワインが少しずつ溶けて・・・

製氷機の四角い氷では味気ないので

100均行って丸型につくれる製氷トレーを購入。

 

ところが、氷1個が大きすぎていつものワイングラスに入らない!!

他のグラスを探したらありました。

 

お~~、丸い氷とピンク色がいい感じじゃないですか。

しかも溶けだしたら、スプーンで崩してシャーベット状になった
大人のかき氷。

 

今回使ったロゼは

アンダーウッド ロゼ [2016] 

凍らせてのロゼなら、もうちょっと色の濃いい方が
もっと見栄えよかったかな。

 

まだまだ暑い日は続きます。
ぜひ試してみてください。

 

インポーターさんのおすすめワインは

ボエジャー・エステート・プロジェクト・シラーズ・ロゼ [2016]

 

エアコン故障

オンラインWassy’sはお休み中ですが、ひと足先に出勤中の

スタッフ・トリイです。

出勤してみたら

 

 

エアコン壊れてる!!!

 

 

ここ数日の中では一番涼しいらしいですが、
只今12時、ジワジワと暑さと湿度が上がってきました。

15時に修理が来てくれるそうです

 

これで涼しく・・・(アカン!)

 

スタッフJは、これで過ごしたそうです
(正しい考え)

 

皆様も熱中症にはご注意くださいね。

元店長もお気に入り・・・テキストブック(^O^)

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s  受注担当 です。

先日、オルカインターナショナルさんの試飲会へ行かせていただきました。

オルカさんには私が訪問させていただいたことがあるワイナリーがたくさんあります。

ボーグル・ヴィンヤーズ
テキストブック
チョークヒル
フリーマークアビー
ラック&リドル

訪問した時のことを思い出しながら、試飲をすすめていると・・・

だーれだ?
元オンラインワッシーズの名物店長ハダノリ・・・いやいや今はオルカインターナショナルでばりばり活躍している波田さん!

波田さん、扱っている立場からどの子(ワイン)もみんなかわいいとは思うのですが、
お気に入りがあったら教えてくださいとお願いしました。

これかなーと手にしてくれたのはテキストブック。

うわーテキストブック(^O^) オーナーのジョナサンさんに畑を案内していただいたことが
鮮やかに蘇ります。その時の記事はコチラ

オーナーのジョナサンさんは18年前に奥様のスーザンさんとテキストブックを設立。
どのようなスタイルのワインにするかと考えたとき、
自分たちが飲みたいワインを造ることに決めたそうです。

ハンドメイドのこだわり。
剪定や収穫は手で行います。9月10月の収穫時期に目で選んで1房ずつとるのです。
フランスの光学式の機械も駆使して厳しくチェックします。
大事なのは、一粒たりとも不完全なものは入れないということ。
フランス産の樽を使ってつくる。そしてフィルターをしないで清澄は卵白で行います。

徹底した品質管理。但し価格は適正。
これにはスーザンさんの功績が大きく、彼女が携わってきたワインビジネス、
レストランでの価格をよくわかっていたからこそ、
手はかかっていても、あまり高額なワインにしたくなかったそうなのです。

テキストブック カベルネソーヴィニヨン ナパヴァレー[2014] \4,222(税込)
チェリーや黒スグリ、スパイスに、ほんのりスモークとミネラル感のある香り。
柔らかなタンニン。今飲んでも、数年セラーで熟成させても十分に楽しめるワイン。
テキストブック メルロ[2014]\4,136(税込)
評価も高く、余韻も長く滑らかなタンニンで洗練されたワイン。

適正価格を信条につくっているテキストブックでありますが、
その価格以上に美味しいと思う。
元店長もお気に入りのテキストブック、納得です。

ブログの応援、ぽちっといただけると元気がでます。ぺこり
よろしくお願いいたします。

何やってるんでしょう~~か?!

オンラインWassy’sトリイです。

東京は最高気温が37度超え予想とか、熱中症など気を付けてくださいね。

オンラインWassy’sも配送倉庫や輸入元さんがお休みに入りますので
あわせてお休みとなります。
ご注文は受け付けておりますが、お届け日などにはご注意ください。

 

ボンド

ボンド ヴァシィーナ[2013] 

 

 

 

事務所にあった空瓶をみながら
ふと、思いつく事がありまして、

 

オッサンがSNOWのアプリをダウンロード

 

 

 

なぜかと言いますと

 

 

顔、入れ替えてみた。

 

色んなボトルで挑戦したものの、素材のサイズとかもろもろで
なかなか上手くいかず、唯一成功したのがコレ。

(これの為に顔入れ替えアプリ4つもダウンロードしてもた)

 

 

べっ、別に暇じゃないんだからねっ!!