再確認(@_@)ボルドーメドックワインの魅力!!

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s  受注担当 です。

久しく飲んでいなかったボルドーワイン。
古いヴィンテージは高額すぎて買えないし、
新しいヴィンテージは飲むには若すぎてかたいしなあ・・・と買うのを躊躇していたボルドー
このブログを見てくださっている皆様の中にもいらっしゃるのでは?

そんなJに、≪メドックワインテイスティングセミナー大阪≫の招待状が届いたので
この機会にボルドーの良さを再認識してこよう!といそいそと参加してまいりました。

講師はホテルニューオータニ エグゼクティブ シェフソムリエ  谷 宣英先生。
(ソムリエコンテストでたくさん優勝されている方なのです!!)
実際にボルドーに何度も足を運んでいらっしゃるので、最新の情報もおりませながら
話していただきました。

その中でとっても印象に残ったのは格付けシャトーのお話。

格付けつまりランクなのですが、現在ボルドーには公式に決められたランクがあるのはご存知ですね。
現在総生産量の5%を占めるボルドーワインがその格付けにランクイン。
5%ですから、ボルドーワインのピラミッドの頂点ってわけですね~
その中で1級、2級・・・と分けられているのですが
とにかくランクインしているってことがすごい、と谷先生。

まず気の使い方が格段に違う。良いワインを造るための投資を惜しまない、
常に勉強を怠らない、そして環境を美しく保っている。
谷先生が訪れた格付けシャトーは、どこも本当に美しく環境が整っており
さすがだなと思われたそうです。
そんなの当たり前じゃないの?と思うかもしれませんが、
当たり前のことを続けるのはたゆまぬ努力が必要なのです。

そのランク付けは1855年に行われて、
その後1973年に一度だけ改定されたほかはずーーーーっと変わらず。
びっくりしますね。

そんなすごい煌めく格付けシャトーたちでありますが、
そればかりがボルドーメドックワインではないのです。
むしろ「えっ?この価格でこんなに美味しいの?」と底力を見せてくれるのは、
格付けシャトー外だったりします。

今回の試飲ワインは全て2014ヴィンテージでした。

2014年というのは暖かい春でスタートし、
8月になると冷涼で湿った天候に果実の完熟が遅れました。
しかし10月初めまでの晴天続きの暑い夏のおかげで、理想的な天候の中で果実が摘まれたことが
素晴らしくポテンシャルの高いワインを生み出す大きな要因となったそうです。

生育期間が長く、遅い時期に気温が上昇し日照量が増えた年は
カベルネソーヴィニヨン、カベルネフラン、プティヴェルドのようなゆっくりと成熟する
品種にとって有利というわけです。

ちなみに、プリムールでの評価というのはやはり早熟のメルロにとっては有利で、
カベルネソーヴィニヨンの可能性をその時点で見出し、手に入れるというのは
本当に難しいことのようです。

その点2014年は、メルロにとってもカベルネソーヴィニヨンにとっても
良い年であったようです。今飲んでも楽しめるし、少し先取っておくこともできる。
(価格は参考までに)

AOCメドック    ル・グラン・ダール(@2~3000)
AOCオー・メドック シャトー・ベルグラーヴ(@8000)
※ワッシーズでは2005ヴィンテージです。
AOCマルゴー    シャトー・ラスコンブ(@20000)
AOCリストラックメドック シャトー・クラーク(@5000)
AOCムーリスアンメドック シャトー・ラゴルス・ベルナルダ(@2000)
AOCサンジュリアン サルジュ・ド・グリュオ・ラローズ(@5000)
AOCポイヤック   シャトー・ピブラン(@6000)
AOCサンテステフ  シャトー・トロンコワ・ラランド(@6000)

オンラインワッシーズにも2014年のメドックワインありますよ~
是非ご覧いただいて、ボルドーワインも楽しんでいただけたらなあと思います。

ワインを飲み始めた20歳頃は、ボルドーワイン渋くて無理だー・・・と思ったことが懐かしい。

ブログの応援、ぽちっといただけると元気がでます。ぺこり
よろしくお願いいたします。

おいしい!おもしろい!! ニュー・カリフォルニアワイン

 

オンラインWassy’sのフジイです。

 

昨日、「ニュー・カリフォルニア」ワインの試飲会に行ってきました。

 

1960~70年代頃の素朴なワイン造りに立ち返り、
「土地固有の風土を表す本来のエレガントなカリフォルニアワインを造ろう」を
スローガンとする生産者たちによるワイン。

 

「ニュー・カリフォルニアワイン」と呼ばれる動きや
スタイルがあることは知っていましたが、
ニュー・カリフォルニアワイン=エレガントっていうことかな、と
ぼんやりひとくくりにしてしまっていました。

 

が、ズラリと並んだワインを試飲して、
その多様性と自由さにびっくり。

 

・新しいムーヴメントではなく、以前からの変わらぬ方法でエレガントなワインを造り上げる生産者。
・昔は栽培されていたというぶどうに再び注目してワインを造る生産者。
・自由な発想で栽培や醸造をする生産者。
・手を加えることなく、自然なワイン造りを尊重する生産者。
などなど。
ひとくくりにはできない面白さがありました。

 

その中で気になったワインをいくつかご紹介したいと思います。

 


レイン ロイヤル・セント・ロバート キュヴェ ピノ・ノワール ソノマ・コースト[2015]
http://winestore.jp/fs/wine1227/41678-000
ロバート・モンダヴィを祖父に持つ兄弟が造るワイン。
鮮やかでクリア。ラズベリーなどの果実味としっかりと感じられる酸、
かすかに感じる樽のニュアンスとのバランスが良くて、
ずっと飲んでいたくなりました。

 


クルーズ ワイン カンパニー スパークリング サン ローラン ペティヤン ナチュレル カーネロス[2016](発泡酒)
http://winestore.jp/fs/wine1227/41675-000
超レアなスパークリング「ウルトラマリン」で有名な
マイケル・クルーズが手掛けるワイン。
オーストリアやドイツで作られるサン・ローラン(ザンクト・ ラウレント)100%。
泡はしっかりとしていて、フルーティで爽やかな酸味。
栓は、王冠です。

 

ドメーヌ ド ラ コート ピノノワール サンタ リタ ヒルズ [2014]
→オンラインで、今 取り扱いがあるのは、2013ヴィンテージです。
http://winestore.jp/fs/wine1227/41773-000
上品に香る樽のニュアンスと、柔らかく優しいうま味。
じんわりと沁みこんでくる味わいに、
これはおいしいわ…とうっとりしました。

 

まだまだ、おもしろいワインおいしいワインいっぱいありました。

 

ちなみに、我が家で抜栓スタンバイ中なのは
このワイン↓↓↓

クルーズ ワイン カンパニー モンキー ジャケット レッド ブレンド ノース コースト[2016]
http://winestore.jp/fs/wine1227/42160-000
果実味強すぎず、すっきりした中にタンニンも豊かに感じられて、
今飲んでおいしい味わい。

 

いつ飲もうかな…。

 

探してみよう

先日、記憶の範囲では1年振りに休肝日を取ったスタッフ・トリイです。
(途中1回くらい飲んでない日があるとは思うんですけどね…)

 

試飲会シーズンですので、いろいろと試飲したり、新しいワインを
目にする機会がおおいわけですが、最近はラベルも個性的なものが
アレコレ。

かなりなインパクトのあるボトルを見つけた時に
ふと思いついたんですよ。

「番号の付いたワインって多いし、いくつの数字まで集める事ができるかな?}

そんなわけで、ひとまず試飲会でみつけたのと、実店舗で見つけた
ワインを掲載。

オンラインのベストセラーワインも数字はいってる。

ルールとして年号は除きます

1:

試飲会で発見

 

5:

試飲会で発見

 

7:

実店舗で

8:

実店舗で

9:

試飲会で発見

 

32:

オンラインの人気ワインの1つも数字入り
ランチ32 カベルネソーヴィニヨン[2014]

 

38:

 

106:

 

108:

 

 

687:

オンラインのベストセラーワインは、一気に数字が飛んで
687でした。ちょっと解りにくいですが。

シックス・エイト・ナイン セラーズ ナパ・ヴァレー レッド[2015]

 

まだまだありますが、ひとまずここらで。

 

見つけたら、Facebookで上げて行きたいと思います。

 

 

≪北カリフォルニアを日本から応援しましょう!≫チャリティワインパーティのご案内(^O^)

11月12日中川ワイン_チャリティーワインパーティご案内カリフォルニアワインとニュージーランドワインのオンラインWassy’s  受注担当 です。

米国カリフォルニア州ナパ・ヴァレー、ソノマ、メンドシーノで
10月はじめに発生した「山火事」は大きな被害をもたらしました。
少しずつ被害の詳細を知るにつれて、失われたものの大きさに胸を痛めています。

そんな中、いち早く株式会社中川ワインさん主宰で
≪北カリフォルニアを日本から応援しましょう!≫チャリティワインパーティが開催されます。

株式会社中川ワインさんは1985年よりカリフォルニア・ワインを輸入し販売されてきました。
カリフォルニアワインに力を入れてきたオンラインワッシーズとも古くからのお付き合い。
なくてはならない存在なのです。(中川ワインさんのワインたち

≪北カリフォルニアを日本から応援しましょう!≫チャリティワインパーティ

日時:2017年11月12日(日) 17:00~

会場: リビエラ青山 2F ザ・パーチ
〒107-0062東京都港区南青山3-3-3 TEL.03-5411-1140
会費:15,000円(税込)当日現金にてお支払い下さい。

★ワインは全て㈱中川ワインさんの提供!
★会場費、食費を除いた全額が寄付されます。

先着100名様限定

チャリティー・ワイン・パーティーの内容をみてびっくり!

立食ブッフェ形式のお食事とワイン15種類ほどとのことですが、
ボンド、ルイス、ダックホーン、ホーニッグ、シュグ、ノリア、ベッドロック、ゴールデンアイなどが
予定されているのです。ワインだけでも垂涎もの。

中川ワインさん曰く
「この度はナパ・ヴァレー、ソノマ、メンドシーノの一部地区が被災しましたので、その地域のワインを
皆様にご提供します。」とのこと。

上記のワインのほかに、有料試飲ワイン(限定品)として ハーラン1杯5,000円、スケアクロウ1杯5,000円、
シュレイダー1杯5,000円などが予定されています。(当日17:00オープンより先着受付ですって。急がねば)

そしてチャリティー・ワイン・オークションも予定されていて、
中川ワインさんの秘蔵の希少限定ワイン、マグナム・サイズを中心に出品されるそうですよ。

有料試飲もオークションも全額が寄付されます。

参加申し込み方法は次の3つ

①中川ワインさんに直接電話でお申込み TEL 03―3631-7979 (受付時間:平日10時から17時迄)
②申込書にご記入の上、FAX下さい。 FAX 03-3161-7980 (FAX申込書PD
③お名前、ご連絡先、参加人数を記載の上、contact@nakagawa-wine.co.jpへメール下さい。

Jも飛んでいきたいこのパーティ。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

ブログの応援、ぽちっといただけると元気がでます。ぺこり

水無月と大掃除

 

オンラインWassy’sのフジイです。

 

少し空気の冷たい日もあったり
過ごしやすくなってきたと感じていたら、
連日の雨模様。

 

気分も何となく沈みがちです。

 

そんな時に、おいしい差し入れをいただきました。

 

「水無月(みなづき)と茶団子」

 

水無月は京都のお菓子で、外郎の上に小豆をのせたもの。
「夏越大祓(なごしのおおはらえ)」という神事が行われる
6月30日に厄除けの意味も込めて食べられたりするんだそうです。

 

和菓子や季節ごとの行事などに疎いので、初めて食べたのですが、
優しい甘さで、見た感じよりも軽くておいしかったです。
確かに初夏の季節に合いそうです。

 

10月も半ばとは言え、大掃除まではもう少し…という季節ですが
事務所ではいろんなところで掃除や整頓が始まっています。

 

スタッフ私物の「ご自由にお持ち帰りください」コーナー

 

とか

 

傘立てには返却不要の「ワッシーズ印」の置き傘ができたり

 

とか

 

植物も新しい鉢にお引越し

 

などなど。

 

そんなこんなしている間に
年末が来てしまうんでしょうね。

 

水無月を食べながら、
今年もあと少し、体調崩さないように頑張ろう
とじんわりほっこりしました。

 

何故かタコス

なぜか突然にタコスが食べたくなっておりましたスタッフ・トリイです。

とは言え、焼き鳥みたいに「じゃあ、ちょっと食べてこよう」なんてもんでもないし。

そういうわけで週末午前中映画見終わった後、次の映画まで2時間程時間があったんで(久々に映画ハシゴ)、Googleさんで検索。

そしたら関西では既に存在しないと思ってた『タコベル』がある事を発見!

 

しかも大阪ミナミのど真ん中、観光客でごった返すかに道楽の斜め前。
今居るところから近いしこれ幸い。
“トランキーロ”  な気持ちを抑えず、早速ダッシュ。

 

中入れば海外で何度か見た事ある似た店内、しかし店内日本人がほとんどいない。
白人、黒人、アジア人・・・。

店内満席ながら日本人が僕含めて数名。人気がないのか、はたまた知られていないのか?

 

 
ともかくかれこれ1週間以上、欲してたタコスに無事ありつけたわけです。

しかし十年以上食べてないタコベル、メニューの見方も解らず店員さんに
「フツーのタコス1個」とオーダーしたら、本当にタコス1個。
いや当たり前なんですけどね、サイドメニュー付いたセットにすりゃよかった・・・


(さすがにコレ単品はちょっと寂しかった)

 

お店ではビールでしたが(コロナでなくアサヒ)、ワインなら同じ南アメリカ地域で
タコスに入ってるミンチとか豆にあわせて、ラポストールなんか合うと思うよ

“En serio マジで。”

 

ラポストール カルメネール[2013]
1,851円
http://winestore.jp/fs/wine1227/YLPAC13K

 

 

美味しいんですけど・・・ポルトガル(-_-)

カリフォルニアワインとニュージーランドワインのオンラインWassy’s  受注担当 です。

先月はほぼ半分、システムがダウンしていましたので
その対応に追われ、試飲会に参加することもブログをあげる余力もなかった・・・。

少しずつ日常を取り戻し、先だって大きな試飲会に行ってまいりました。

合同の試飲会でしたので、たくさんのインポーターさんたちが
自信を持ってお勧めするワインをもって大集合!!

ワッシーズさん、もっともっとポルトガル宣伝して!
こんなにコスパのいいワインないから!
木下インターナショナルの藤原さん。

ポルトガルのワインのイメージは安くてコスパいいけど、1000円ワインが中心じゃないの~
確かにデイリーワインでいいんだけど~とぶつぶつ呟いていると
ポルトガルワインをなめたらあかん!!と怒られました。

藤原さんが手に持っているワインは上代2500円のポルトガルワイン ソアリエイロ。
ヴィーニョヴェルデ。ポルトガルでは一番北にある産地。
軽やかで、豊かな酸味。アルコールが低く軽快なスタイルのワインが特徴なのですが、
このソアリエイロはコクもあるのです。

いくつか3000円位のワインを試飲させてもらってびっくり。
美味しいやん・・・。
厚みもあるし、余韻も楽しめる!!
最近3000円位のの価格帯のワインの質がかなり向上しているらしい。
カテゴリーはクラシックの上からプレミアム。(その上のスーパープレミアムってどんなんだろ?)
オンラインワッシーズではポルトガルの取扱い数がまだ少ないのだけど、それでもほら!100種近くあるのです。
試してみるのは面白いはず。
きっと新しい発見がありますよ

ポートやネコがかわいいガタオ(これはこれで大好き)ばかりに目が向いていたことを反省。

ブログの応援、ぽちっといただけると元気がでます。
よろしくお願いいたします。

パラダイス・リッジ・ワイナリーと長澤鼎

 

オンラインWassy’sのフジイです。

 

カリフォルニアで同時発生した山火事について
連日報道されています。
ワッシーズゆかりの土地、
カリフォルニアでの惨状にスタッフ一同
一刻も早い鎮静化を祈りながらニュースを見ています。

 

その中で、取扱いのある
パラダイス・リッジ・ワイナリーが
焼失したと伝えられました。

 

パラダイス・リッジ・ワイナリーは
アメリカで「グレープキング」と呼ばれた
長澤鼎(ながさわ・かなえ)のワイン造りを
今に伝えるワイナリーです。
以下にご紹介させていただきたいと思います。

 

長澤鼎とは、1800年代の中ごろ、
西洋文化を学ぶために、イギリスに渡った薩摩藩士。
当時の日本は鎖国政策中だったため、
仲間とともに密かに渡航したそうです。

 

 

最年少の13歳という若さから
他の仲間と同じ大学には入れず、
スコットランドの学校で学び、
とても優秀な成績を修めていたという長澤。

 

その後、イギリスを訪れていたアメリカ人
トーマス・レイク・ハリスに出会い、
仲間とともにニューヨークへ渡ります。

 

五大湖のあたりでブドウ園を開き
ワイン造りを始めますが、
当時のストイックな生活や藩の財政難、
明治維新の知らせを聞いたことなどで
次々と仲間が帰国していく中、
長澤はハリスとともにカリフォルニアへ移り、
サンタローザ近郊のファウンテングローブに
ワイナリーを開きました。

 

このファウンテングローブ・ワイナリーが、
ソノマでのワインづくりの始まりと
言われているそうです。

 

やがてハリスからワイナリー事業を受け継いだ長澤が
手掛けたワインは高い評価を受けて成功を収め、
カリフォルニアの10大ワイナリーに
数えられるようになります。

 

数多くのコンテストでも入賞していた
長澤のワインは、当時、アメリカワインに
見向きもしていなかったイギリス市場に
初めて輸出されたカリフォルニアワインともなりました。

 

「カリフォルニアのワイン王」や「葡萄王(Grape King)」
と呼ばれるまでになっていた長澤は、
排日運動や禁酒法など厳しい時代の中でも
強い意志でもってワイナリーを守り続けました。

 

長澤の死後は、外国人だったことで土地の相続が叶わず、
ワイナリーは人の手に。その後、1900年半ばまで続けられた
ファウンテングローブ・ワイナリーは閉鎖となり、
その名前は途絶えてしまいました。

 

しかしながら、長澤が開いたワイナリーの一部は
ビック・ファミリーという家族経営のワイナリーによって
「パラダイス・リッジ・ワイナリー」として継承され、
長澤の偉業に感銘を受けたオーナーにより、
その名前を冠したワイン
パラダイス リッジ カナエ・ザ・グレープ・キング
が造られています。

 

 

カリフォルニアワインの礎を築いた長澤の生涯は、
日本ではあまり知られることがありませんでしたが、
1983年に来日したレーガン大統領が彼の名をあげ、
その偉業を称えました。

 

それにより広く知られるようになり、
2014年に鹿児島県に開館した薩摩藩英国留学生記念館には
長澤の苦難の歩みとともにパラダイス・リッジのワインが
展示されているそうです。

 

今回の山火事により
サンタローザ周辺は大きな被害を受け
長澤によって建てられ地元の人にも愛されていた
歴史的建造物「ラウンド・バーン」も
焼け落ちてしまったそうです。

 

生活や住まいが復興し
ぶどう畑が回復してワインができるまで
途方もない時間がかかるのかもしれないですが、
150年以上も前に、たった一人異国の地で勤勉に働き
生涯を終えたひとりの日本人。

 

長澤鼎の生涯とカリフォルニアの地で造られたワインが
今後もつながっていくといいなと願います。

なにより、これ以上被害が広がらず、
一刻も早く消火されることを祈ります。

 

11/16 ドルーアン・ディナー会をおすすめしたい5つの理由

 

オンラインWassy’sのフジイです。

 

今年の6月に訪問させていただいた
フランスのメゾン・ジョゼフ・ドルーアン社。

 

なんと、11/16(木)ボジョレ・ヌーヴォー解禁日に
姉妹店レストラン・スープルで
ドルーアンのスペシャルディナー会が開催されます!!
※【追記】おかげさまで満員御礼となりました。

 

関西にお住まいの方、ちょうどその日は大阪にいるよ
という方に、ぜひおススメします!!

 

《おすすめその1》
フランスから輸出部長のクリストフ・トーマス氏来日

2メートルを超える長身のトーマスさんは、
ドルーアン社の名物輸出部長。
世界中を飛び回っていて、いたる所にトーマスさんの
ファンがいるんだそうです。

私もその一人。
現地でお会いして、紳士でお茶目でお話が面白くて、
顔芸(トーマスさんゴメンナサイ)の域に達する
表情の豊かさにもすっかり魅せられてしまいました。


先日行われた三国ワインさんの試飲会にも来られていて、
嬉しくて「トーマスさーん」とかけ寄ってしまいました。

フランス語・英語が話せなくても大丈夫!
数えきれないほど日本を訪れているというトーマスさんは
少しだけ日本語も話せます。

 

《おすすめその2》
ワインでブルゴーニュを縦断♪

今回のディナー会では、
「ブルゴーニュの誇り」といわれる
ドルーアン社の素晴らしいワインが並びます。

ブルゴーニュ地方の南から北まで
旅するように満喫できるワインの数々をお愉しみください。

限定品の
ニュイ・サン・ジョルジュ PCラ・リシュモン[2011]
など貴重なバックヴィンテージも!

 

《おすすめその3》
樽出しヌーヴォーで乾杯!

1年に一度の解禁日なので
もちろん乾杯はヌーヴォーで。

2017年はとても暑くて乾燥した年で、
健康なぶどうがしっかり熟したそう。

ブドウの実は小さく凝縮していて
グレートヴィンテージといえる仕上がりだそうです。

ワインが好きなみんなで囲む樽出しヌーヴォー。
いつもとは、また一味違った味わいとなるのではないでしょうか。

 

《おすすめその4》
なんとおみやげハーフボトル付き!

参加者特典として、
乾杯で味わった樽出しヌーヴォの
ハーフボトルをプレゼント。

解禁の喜びをそのままに、
ディナー会の余韻をお家まで
持って帰っていただけます。

 

《おすすめその5》
その日だけの秋のスペシャルディナー!

スープルのディナー会では、
ワインとの相性を考え抜いた
その日のためだけの特別なコースをご用意しています。

ドルーアン社の素晴らしいワインと
スープル総料理長岩田による秋のスペシャルディナー。
至福のひと時をお楽しみください。

 

詳しくはフェイスブックページをご覧くださいませ
↓↓↓
11/16 ブルゴーニュの名門 ジョゼフ・ドルーアンディナー会開催

 

そして、できたてほやほやのパンフレットはこちら
↓↓↓

 

先週末に募集を開始したばかりですが、
早くも半数ほどご予約をいただいています。

 

気になるなぁ、という方は
ぜひお早めにご予約くださいませ。

 

★ご予約はこちらから★
ワッシーズダイニング・スープル 06-6774-9000
https://www.wassys.co.jp/event/

 

これで毎月6000円分のワインが飲める

ファブリーズのCMが松岡修造でなくなったてしまったのが
どことなく寂しいスタッフ・トリイです。

 
ついつい同じ買うなら業界一位でない商品に手を出してしまう天邪鬼
な所がありまして、19,20歳とかれこれ25年前持ってたポケベルは
業界1位のドコモでなく関西デジタルホン。

 

 

(ポケベルと言えばこれですね)

 

そこから、あれこれ携帯電話のキャリアの親会社だけ変わって
今はソフトバンク。

関西デジタルフォン

Jphone(1997)

ボーダフォン(2000)

SoftBank(2006)

 

で、先日思い立って格安SIM乗り換え

ひと月8000円位一人支払ってたのが、2000円弱に。

これから6000円分のワインが飲めます。

 

ウヒヒヒ・・・

(次は家族のを変更しよう)

 

 

そういや本日は『中秋の名月』

スペルバウンド メルロー[2014](マイケル・モンダヴィ・ファミリー・エステート)
http://winestore.jp/fs/wine1227/41092-000
1,933円

天気もいいので、きれいな月がみれそうです。