ジャイエ ジル も オーボンクリマも根っこに流れるものは同じ(´ー`)

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

今日はフランスワイン。

たびたびブログにあげているジャイエジル

いつもはカリフォルニアやニュージーランドワイン推しのJですが

オールドワールドも好きです。

しばしお付き合いください

ジャイエ ジル

アンリ・ジャイエの親族で

フランスブルゴーニュのオート・コートの名手として知られています。

まあ、アンリ・ジャイエの親族だからワインが極上というわけではありません。

が、根っこに流れる思想とか哲学とかそういうものは

同じに思います。精神は受け継がれていくのです。

先だって亡くなられたオーボンクリマのジムさんも、

やっぱり同じに思います。

さて、ジャイエ ジルですが

グランクリュやプルミエクリュはモチロンのこと

ヴィラージュもめっちゃ美味しいし、

レジオナルの安定感は半端ない。

最近飲んだのは

オート・コート・ド・ニュイ・ルージュ

2015は果実の凝縮感がすごい。

旨味もあって美味。

オート・コート・ド・ボーヌ・ルージュ

ほどよい酸、やわらかな口あたり、そして出汁感。

この出汁感が、日本料理に合うのよ~

そしてこのブルゴーニュ・アリゴテだって

口当たりがやわらかで、

酸味は勿論あるのだけど突出してない。バランスいい。

香りが白い花や柑橘と、

ローヌの気高きヴィオニエっぽい

言い過ぎ?すみません

でもほんとにエレガントなワインだなあ・・・と思うのです。

残念なことに2018年、57歳という若さで亡くなられているのですが

2016年ヴィンテージまでは、手掛けていらっしゃいます。

是非一度お試しくださ~い

Facebookのいいね!をいただけるとさらに元気がでます。

よろしくお願いします。