ワインが進む♪海老のタルタル

 

こんにちは♪
オンラインWassy’s ひのみです。

 

近所のスーパーで時々、
刺身用の赤海老が特売になります。

赤海老

いつもはわさび醤油でいただきますが、
この間の週末はひと手間加えてみました。

 

簡単ワインのおつまみ
『海老のタルタル』

タルタルとは、生のお肉やシーフードを刻んで
香味野菜とオリーブオイルで和えたお料理。

火を使わずにぱぱっと作れるので、
暑い季節のアテにぴったりです。

___________________

【3行レシピ】

1)殻をむいた海老を刻んで、
白ワインと塩こしょうを揉み込みます

2)にんにくは細かいみじん切りに、
玉ねぎもみじん切りにして水にさらします

3)オリーブオイル、レモン汁、塩をボウルに入れ、
全ての材料を合わせれば完成♪

___________________

わたしはぷりぷりの食感が好きなので、
やや大きめにカットしています。
盛り付けも豪快(笑)

 

もっと細かく刻んでセルクルに詰めると
簡単なのに、お店さながらの前菜になりますよ。

前菜 タルタル ワインのお供

残った海老の殻や頭にも旨味がたっぷり!

時間に余裕があるときは炒ってから煮出し、
簡易なアメリケーヌソースを作っておきます。

トマトスープにしたり、
パスタソースに使うと美味です\^^/

 

昼飲みにも◎ゴクゴク飲みたいスプマンテ

イタリア スパークリングワイン 海老のタルタルと

イタリアのスパークリングワイン全般を指すスプマンテ。
今回はガルガネーガ100%の辛口を選びました。

 

蜜りんごやホワイトグレープフルーツのようなフレッシュさと
ソフトに優し~く続く泡に癒されているうちに、
あっという間に飲み切ってしまいました。

 

夏の普段飲みに最適、爽快なイタリアの泡。

ワッシーズでも用意がございます。
ちょっと贅沢だけど、お風呂上りに飲むのも最高だなぁ…

▼取り扱いのスプマンテはこちらから

国内最大級の品揃え!
カリフォルニアワインと世界各国ワインのお店Wassy’s

お気に入りがきっと見つかる!
カジュアルなデイリーワインから、大切なあの人へ贈りたいワインまで…
約8,000アイテムの豊富な品揃えが自慢のオンラインショップです。
皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

 

<こちらもあわせてどうぞ>
『イタリア スパークリングワイン』の関連ブログ

宅配ピザにはコーラ派?赤いスパークリングワインのススメ★

手作りのオリーブ塩漬けと、特許ボトルのフランチャコルタ♪

================
(* ´艸`)楽しい事つぶやいてます
twitter:@winestoreWassys

(* ´艸`)ワイン情報(新商品・レア商品・イベントetc.)を投稿中
Facebook:@winestore.jp
================

贅沢~キャビアとシャンパーニュは合う?(≧◇≦) 

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

自分でなかなか買わない食材にキャビアがあります。

でもいただいたらめっちゃ嬉しい。

で、そのまま食べるとあっという間になくなるので

サーモンロールを作りました。

クリームチーズと生クリームを混ぜたものを

スモークサーモンで巻いただけ。

そこにキャビアをちょんと乗せると

なんか豪華に見えたりします。

本当はもっと少量を巻いた方が

見栄えが良いのですが、

食い意地の張ったワタクシ

ぱんぱんに詰めてしまいました・・・トホホ

贅沢にシャンパーニュ。


ドゥ ヴノージュ コルドン・ブルー ブリュット NV

感想を発する前に、雰囲気でステキ!なんて

思ったりして。

ドゥ ヴノージュは濃くて複雑な香り。

酸味もしっかりあるけど、出すぎずちょうど良い。

サーモンロールをまろやかな後味にしてくれた。

クリームが多めだったけど、

それが良かったのかも。

スモークサーモンやキャビアに限らず魚介、特に生は

時々「ワインと合わないなあ・・・」と思うことがあるけど、

チーズが入ることで相性良くなったりするものね。

オンラインワッシーズでも、シャンパーニュ色色あります!

Facebookのいいね!をいただけるとさらに元気がでます。

よろしくお願いします。

ソムリエ試験/ワインエキスパート試験対策問題~酒販飲料概論(4)~

ソムリエ試験やワインエキスパート試験に関連する記事は、オンラインWassy’sブログの中でも、一二を争う人気コンテンツ。

日本ソムリエ協会が行う『JSAソムリエ』『JSAワインエキスパート』呼称資格認定試験の対策として受験される皆さんが検索されてるようです。

そんな受験生の皆さんを応援するため、ソムリエ試験対策に活用いただける企画をはじめました。

この”ソムリエ試験対策講座 一問一答”では、ソムリエ試験を受験される皆さまに活用していただくべく、姉妹店のレストラン『Souple』のシニアソムリエが作成したソムリエ試験受験対策問題を公開いたします!

問題はテーマごとに順次アップしていきますので、ぜひ挑戦してみてください。

目指せ合格!目指せソムリエ!

 

ソムリエ試験/ワインエキスパート試験対策問題~酒販飲料概論(4)~

==========================
『酒販飲料概論』4回目飲料概論続きです。
==========================

◇リキュール

①ドランブイの原産国は?
1:ドイツ
2:フランス
3:スコットランド
4:デンマーク

◇その他飲料

②中国酒「黄酒(ホワンチュウ)」の説明として最も適切なものは?
1:粒状の散麹を原料にして発酵した醸造酒
2:主に糯米を原料とし麹で発酵した醸造酒
3:米麹のみを原料にした蒸留酒
4:中国古来の蒸留酒

③ Stirという技法で作られるカクテルは?
1:サイドカー
2:ウイスキー・ハイボール
3:マンハッタン
4:ジン・トニック

④代表的なディジェステゥフといえば?
1:キール
2:ブランデー
3:ソルティドッグ
4:シャーリーテンプル

⑤ミネラルウォーターの分類で、特定水源から採水し、地層中の無機塩類が溶解した原水はどれ?
1:ナチュラルウォーター
2:ナチュラルミネラルウォーター
3:ミネラルウォーター
4:ボドルドウォーター

 

今回の問題はここまで。
しかし最近の問題には中国酒なんてのも含まれるんですね。

正解は下にスクロール。

 

 

 

 

①ドランブイの原産国は?
3:スコットランド
※前回のリキュール問題もあわせて復習しておきましょう。

 

②中国酒「黄酒(ホワンチュウ)」の説明として最も適切なものは?
2:主に糯米を原料とし麹で発酵した醸造酒
※生産地域は南方、北からは白酒(パイチュウ)
日本でも馴染みのある紹興酒もこの黄酒に分類されます

 

③Stirという技法で作られるカクテルは?
3:マンハッタン
※ちなみにマティーニも基本Stirですが、ジェームスボンドはStirでなくShakeでリクエストします。

 

④代表的なディジェステゥフといえば?
2:ブランデー
※ディジェステゥフは食後酒。食前酒はアペリティフ、時を選ばず楽しむのを”オール・ディ・タイプ”。
そのお酒がどこに該当するかも大事です。

 

⑤ミネラルウォーターの分類で、特定水源から採水し、地層中の無機塩類が溶解した原水はどれ?
2:ナチュラルミネラルウォーター
※硬水、軟水などを分類する硬度数値も覚えておきましょう
・軟水:硬度0~60mg/L
・硬水:硬度120~180mg/L
・非常な硬水:硬度180mg/L異常

 

 

今回の問題はどうでしたか?
飲料概論はあと残り1回です。

間違えた問題はソムリエ教本や問題集を見直してしっかり復習しておきましょう。
それでは、次回の問題をお楽しみに。

 

 

 

さくらんぼのタルト スパークリング推しだけじゃない( `ー´)ノ ゲヴェルツトラミネールも

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

さくらんぼが出回る季節です。

毎年、アメリカンチェリーや佐藤錦で大きなタルトをつくります。

日本のさくらんぼはそのまま食べるのが一番・・・

とは思っているけど、これはこれで美味。

イチゴのかわいらしい甘い香りとはまた違って

穏やかで上品な酸味、高貴な甘い香り。

デデン!今年も佐藤錦で作りました。

デザートには泡が合いま~す、と

スパークリング推しのJですが、

このさくらんぼのタルトにはゲヴェルツトラミネールもピッタリ。

フランス贔屓のJはアルザス推しですが

ニュージーランドもなかなかイケル。

ヒューゲルは大好物(^○^)

リースリングも捨てがたいけど、

ゲヴェルツトラミネール最高!

甘口ではありませんが、

仄かに感じる甘味と何層ものゴージャスな香りが

サクランボの高貴な香りと相まって

素晴らしいハーモニー。

Facebookのいいね!をいただけるとさらに元気がでます。

よろしくお願いします。

カリフォルニア・ピノの伝説が次に選んだのはオレゴン『ソーター ヴィンヤーズ 』

ワイン雑誌『ワイナート』で25年ぶりの特集として掲載ワインをご案内したカリフォルニア・ピノノワール特集。完売のワインもでる大反響。

今日のメルマガはピノノワール人気の流れをそのままに、アメリカ、もう一つのワイン産地オレゴンからおすすめのワイナリーを紹介。


『ソーター ヴィンヤーズ 』
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/3018

今回のワインは、元々カリフォルニアでスタッグスリープワインセラーズ、シャペレ、スポッツウッド、コッポラ、ヴィアディア、ダラ・ヴァレ、シェーファー、アロウホなどなど、数々の著名ワイナリーのコンサルタントを歴任した人物”トニー・ソーター”。

その後自身もワイナリーでワインもリリースするのですが、コンサルで手掛けたワインがカベルネ系の評価が高いワイナリーなんですが、自分のワインのメインとなる品種はピノノワール。それが『エチュード』。

このワインが各方面で高い人気をと評価を受け、当時カリフォルニアのピノノワールの代表的ワインとして、日本でも人気がありました。そのエチュードは高い評判のままに2001年ワイナリーをベリンジャーに売却。自身は故郷のオレゴンへ移住してしまいます。

カリフォルニアで自身のワイナリーではピノノワールを作る位ですから、より美味しいピノノワールを作る為に故郷のオレゴンに帰ったのでしょうか。

なんにしろ、エチュードでの評価をえた技量とピノに適した土地で作るワインは美味しいに決まってる。

しかも土地も安いからなのか、価格も ◎。

─────────────────────────
ソータ―が直接出がけるワインとしては超破格
─────────────────────────
おすすめはなんと言ってもコレ。
カリフォルニアでワイン造りしているときは1万円を超えるようなピノを作っていた彼が、故郷オレゴンで作るワインは定価でも4180円と超破格。
しかも今はセール特価で2926円のスペシャルプライス。

良質のピノノワールらしくフレッシュな味わいとでシルクのように滑らかな口当たり。堅苦しさや気難しさはなく、カジュアルな気分で味わえるラズベリー、シナモン、サクランボなどの香り。夏の果実、チェリーコーラ、木煙、ブラッド・オレンジと多彩かつふくざつさもある味わい。

シャルドネも同様に100%ウィラメットヴァレー産のシャルドネを使用。2015年とリリースから時間を得ているおり、酸や果実味に落ち着きある飲み頃感。コチラは残り数わずか。

オレゴン州認定サステイナブルワインとされており、このプラネットは購入毎に1ドルの寄付が行われるそうです。


■ソーター プラネット オレゴン ピノノワール[2016]
https://winestore.jp/fs/wine1227/3018/61932
通常4,180円 → 特価2,926円

ワインアドヴォケイト:90点
アントニオ・ガッローニ:91点

■ソーター プラネット オレゴン シャルドネ[2015]
https://winestore.jp/fs/wine1227/3018/45100
通常3,850円 → 特価2,359円

─────────────────────────
オレゴンのテロワ―ルの素晴らしさを知るワイン。
─────────────────────────
オレゴンを代表するもっとも有名なウィラメットヴァレー。
その中でも最高級のぶどうとも言われるノースヴァレーの
畑。
気候、地理的特徴、栽培条件と、この地域が世界で最も恵ま
れたワイン生産地の一つであることを示す為オレゴンのテロ
ワールを象徴していると言うワイン。

■ソーター ノース ヴァレー ヴィンヤーズ ピノノワール ウィラメットヴァレー[2017]
https://winestore.jp/fs/wine1227/3018/61931
通常6,600円 → 特価4,345円

ワイン・エンスージアスト:92点
ジェームス・サックリング:92点

フレッシュラズベリー&ストロベリーとフレッシュな香りに
白コショウを思わせる香りがアクセント。その後から溢れる
さまざまな柑橘系が奥深さと2杯3杯と飽きさせない味。
滑らかでスムーズで長く残る余韻とわずかに残るタルトの様
な香ばしさ。

■ソーター ノース ヴァレー ヴィンヤーズ シャルドネ ウィラメットヴァレー[2017]
https://winestore.jp/fs/wine1227/3018/61930
通常6,050円 → 特価4,840円

ジェームス・サックリング:92点
ワイン・エンスージアスト:93点

リンゴ、さわやかな柑橘類の香りとトロピカル系果実の味わい
。パリッと張りのある酸がそのままフィニッシュまで続く、こ
れからの時期にも美味しいシャルドネになってます。

■ソーター ノース ヴァレー オリジン ピノノワール エオラ アミティ ヒルズ[2014]
https://winestore.jp/fs/wine1227/3018/45103
通常8,800円 → 特価6,160円

オリジンのシリーズは地域ごとのバリエーションでリリースされ
ており、それぞれの特徴を楽しむワイン。
エオラ・アミティ・ヒルズでは、

ベリーの甘酸っぱさ、スパイス、土の印象がワンランク上のピノ
ノワールである事を感じさせます。
バランスの良い酸味。きめ細かいタンニンは時間と共に液面にな
んでおり余韻までスムーズでエレガントな深みを感じます。

『ソーター ヴィンヤーズ 』
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/3018

 

 

ソーターがカリフォルニアで手掛けたワイナリー
『エチュード 』
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/4012

■エチュード ピノ グリ[2012]
https://winestore.jp/fs/wine1227/4012/57656
特価 5,280円
■エチュード ピノノワール カーネロス[2016]
https://winestore.jp/fs/wine1227/4012/56322
特価 6,666円

 

ソムリエ試験/ワインエキスパート試験対策問題~酒販飲料概論(3)~

ソムリエ試験やワインエキスパート試験に関連する記事は、オンラインWassy’sブログの中でも、一二を争う人気コンテンツ。

日本ソムリエ協会が行う『JSAソムリエ』『JSAワインエキスパート』呼称資格認定試験の対策として受験される皆さんが検索されてるようです。

そんな受験生の皆さんを応援するため、ソムリエ試験対策に活用いただける企画をはじめました。

この”ソムリエ試験対策講座 一問一答”では、ソムリエ試験を受験される皆さまに活用していただくべく、姉妹店のレストラン『Souple』のシニアソムリエが作成したソムリエ試験受験対策問題を公開いたします!

問題はテーマごとに順次アップしていきますので、ぜひ挑戦してみてください。

目指せ合格!目指せソムリエ!

 

=========================
『酒販飲料概論』はまだ続きます
ワイン以外のお酒全般ですから様々な種類が。今回からはリキュールの問題となります。
==========================

リキュール

①次の説明に合致するリキュールはどれ? 「イタリアのミラノ産のリキュール。ビター・オレンジ果皮が主原料で、ほろ苦さと甘味のバランスがよい。」
1:カンパリ
2:アマレット
3:リモンチェッロ
4 :アマーロ

②アニス系リキュールで、アニスと甘草をともに原料とするものはどれ?
1:ホワイトアニス
2:カラーアニス
3:パスティス
4:アニゼット

③シャルトリューズの説明で間違っているものどれ?
1:スイスのアルプス山麓、ヴォワロンの修道院で1605年に生まれた
2:Verteはアルコール度数55度、糖度23%、スパイシーな風味
3:Jauneはアルコール度数40度、糖度33%、まろやかな蜂蜜風味
4:VerteとJauneを8年間樽熟成させたものがV.E.P

④チナールの主原料は
1:リンドウの根
2:エルダーベリー
3:アニス
4:アーティチョーク

⑤スーズのアルコール度数は?
1:15度
2:25度
3:40度
4:55度

 

今回の問題はここまで。
正解は下にスクロール。

 

 

 

 

 

この辺りはリキュールごとの名称、原料、アルコール度数、外観の色合いと
表に整理して暗記しましょう。

①次の説明に合致するリキュールはどれ? 「イタリアのミラノ産のリキュール。ビター・オレンジ果皮が主原料で、ほろ苦さと甘味のバランスがよい。」
1:カンパリ
※アルコール度数は25度、赤い外観が特徴です。

②アニス系リキュールで、アニスと甘草をともに原料とするものはどれ?
3:パスティス
※アニスを主原料に使うものは複数あります。アニスだけなのか、アニスと何か他に原料があるのか、種子なのかの違いを注意。

③シャルトリューズの説明で間違っているものどれ?
1:スイスのアルプス山麓、ヴォワロンの修道院で1605年に生まれた
※シャルトリューズにはVerte、Jauneなど複数の種類があります。色合いも異なりますのでそちらも大切。

④チナールの主原料は
4:アーティチョーク


⑤スーズのアルコール度数は?

1:15度
※原料はリンドウ科ジェンシアンの根、食前酒として飲まれます。

 

 

カクテルを飲む方などは馴染みのある名前もでてくるんじゃないでしょうか。
何問正解できましたか。

間違えた問題はソムリエ教本や問題集を見直してしっかり復習しておきましょう。
それでは、次回の問題をお楽しみに。

[広告]外部サイトへ移動します


認定試験合格をめざす田辺由美のワインノート
ソムリエ、ワインエキスパート認定試験合格のための問題と解説
2020年版/田辺由美

みんなでワイワイできる日は・・・(T_T) テキストブック

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

コロナの影響で、

皆でワイワイ料理とワインを楽しむという食事会は

しばらくできていません

昔の写真を見ていたら、何だか寂しくなりました。

これはいただきもののローストビーフと

テキストブック ザ フォリジャー ピノ ノワール ソノマソースト

バランスの取れた力強さ、あふれ出る香り、

グラスが動くたびに香る上品なベリー

本物で上質なピノ。

ちょっと既成のローストビーフでは

太刀打ちできなかった印象。

食べ物のバランスってあるなあとしみじみ思った瞬間。

別の機会に

鴨ロースと

テキストブック カベルネ ソーヴィニヨン ミゾン プラス

を合わせたときは、

思わず めっちゃ旨いやん!! と

笑ってしまいました。

鴨の脂としっかりとしみ込んだお醤油ベースのたれが

パワフルでなめらかなタンニンとマッチ!!

テキストブック カベルネ ソーヴィニヨン ミゾン プラス

オンラインワッシーズでも超人気なこのワイン。

有名畑の隣とかそういう情報はホームページで見ていただくとして、

造りてがすごい。

もうね、頑固な職人さん。

ワタクシ実際にお目にかかったのですが、

にこやかでやさしくて物腰やわらかなその内に秘めた芯の強さ。

丁寧にまじめに。

それがテキストブック

皆さんにもぜひ味わっていただきたいワインたちです。

Facebookのいいね!をいただけるとさらに元気がでます。

よろしくお願いします。

【ソムリエ試験・ワインエキスパート試験】テイスティングコメントのおすすめ記録方法

 

こんにちは♪
オンラインWassy’s ひのみです。

 

すっかり夏の日差しですね。

昨年を思い返すと、
出勤前の試験勉強が日課でした。

フランス・イタリアでめちゃめちゃ手こずり、
這いつくばるように各国の単元をこなす日々。

 

新企画【ソムリエ試験対策講座 一問一答】を見て、

1年前を懐かしく感じるとともに
背筋が伸びる思いです。

ソムリエ試験対策 ワインエキスパート試験対策

自身のテイスティングノートも、2年弱で
気が付けば800種類を越えていて、
ちょっとびっくり!!

 

テイスティングコメントの記録は
Excelが便利

ワイン テイスティングノート

入社後すぐ、当時の先輩スタッフ
フジイさんから
「コメントはExcelでまとめると便利だよ」と教えてもらいました。

 

社内で試飲したものはもちろん、買って帰ったもの、
外で飲んだワインも、できる限り
感想とボトルショットを残してあります。

 

外観、重軽などの口当たり、余韻の長さなどは
時短で選択できる表を作っています。

テイスティングコメントの記録 Excel___________________

1)Excel【データ】タブの【データの入力規則】を選択

2)【入力値の種類】から【リスト】を選択

3)【元の値】に選択肢となる用語をカンマで区切って並記する

___________________

香りや味わい、後から調べた情報などは
自由に書き連ねていきます。

 

そして!もうひとつ大切なのは
今の自分はこのワインが好きかどうか
10点満点で記しておくこと!

(これはサトー副店長の教えです)

 

Excelには並べ替えやフィルター機能があり、
以前飲んだ同じ産地のワインや
同じ造り手さんのヴィンテージを比べるのに便利。

 

はじめは右も左も分からず、ぼんやりしていたものが
自分なりの感覚として
少しずつ蓄積されてきたように思います。

現場に立つソムリエさんは、知識と経験を
全部頭の中の引き出しに詰め込んでいるんですよね、、、
本当に尊敬します。

 

コツコツ続けていると、点同士が繋がる場面や
好みの傾向が分かってきて、
書き留めていて良かったなと感じています。

 

試験勉強は苦手だったけれど…
ドイツワインも好き

久々に見返していると、カリフォルニアの中でも
冷涼な海側のソノマに好きなワインが多い。

これを機に、どっぷりソノマに浸ってみようと勉強中です。

 

ワイン テイスティングコメント アルバム

あと、ドイツ『フリードリッヒ・ベッカー醸造所』の
ワインを飲む度に、好きと記していることに気付きました。

味わいは好みのものが多いのに、
いかんせん名称が難しすぎるドイツ。
ちゃんと勉強し直したいなぁと思う今日この頃です。

 

国内最大級の品揃え!
カリフォルニアワインと世界各国ワインのお店Wassy’s

お気に入りがきっと見つかる!
カジュアルなデイリーワインから、大切なあの人へ贈りたいワインまで…
約8,000アイテムの豊富な品揃えが自慢のオンラインショップです。
皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

<こちらもあわせてどうぞ>
『テイスティングコメント』の関連ブログ

2次試験への道「知識を筋肉に」

2次試験への道「いかなる場所でも受験生」

====================
(* ´艸`)楽しい事つぶやいてます
twitter:@winestoreWassys

(* ´艸`)ワイン情報(新商品・レア商品・イベントetc.)を投稿中
Facebook:@winestore.jp
====================

テラスのブドウが実をつけました(*^▽^*)ところで、このブドウの品種は?

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

テラスにあるブドウの樹に実がついていました(≧◇≦)

日当り良好で申し分ないテラスですが、

良すぎて

めちゃくちゃ暑いっ

悪評高い大阪の気温と湿気は

テラスの植物たちに

容赦ありません。

ガンバレ!ブドウ!!

ところで・・・

恥ずかしながら、品種が分かっていません

コロナが落ち着いたら

是非元店長で元農婦のハダノリに見てもらって

教えを請いたいと思います。

それまで

見守っていきま~す。

Facebookのいいね!をいただけるとさらに元気がでます。

よろしくお願いします。

ソムリエ試験/ワインエキスパート試験対策問題~酒販飲料概論(2)~

ソムリエ試験対策 ワインエキスパート試験対策

ソムリエ試験やワインエキスパート試験に関連する記事は、オンラインWassy’sブログの中でも、一二を争う人気コンテンツ。

日本ソムリエ協会が行う『JSAソムリエ』『JSAワインエキスパート』呼称資格認定試験の対策として受験される皆さんが検索されてるようです。

そんな受験生の皆さんを応援するため、ソムリエ試験対策に活用いただける企画をはじめました。

この”ソムリエ試験対策講座 一問一答”では、ソムリエ試験を受験される皆さまに活用していただくべく、姉妹店のレストラン『Souple』のシニアソムリエが作成したソムリエ試験受験対策問題を公開いたします!

問題はテーマごとに順次アップしていきますので、ぜひ挑戦してみてください。

目指せ合格!目指せソムリエ!

==========================
『酒販飲料概論』の2回目
前回はビールとウイスキーでしたが、他にもお酒は色々あります。カクテルにも使われるウォッカやジンなどの問題です。
==========================

 

①コニャックについての説明で正しいものは?
1:アルコール度数45度以上で販売の義務
2:連続式蒸留または単式蒸留
3:主にリムーザン、トロンセ、アリエ産の350リットルのオーク樽で熟成
4:同じ産地にFloc de GascogneというVDLがある

②最高品質のコニャックを生み出す生産地区は?
1:Bois Ordinaires
2:Fins Bois
3:Borderies
4:Grande Champagne

③最高品質のアルニャックを生み出す生産地区は?
1:Bas-Armagnac
2:Armagnac Tenareze
3:Petit Champagne
4:Haut-Armagnac

④コニャックに使われる代表的なブドウ品種は
1:シャルドネ
2:ソーヴィニヨンブラン
3:ユニブラン
4:セミヨン

⑤穀類を糖化、発酵、蒸留し、ジュニパーベリー等で風味づけしたスピリッツは?
1:ジン
2:ウォッカ
3:アクアヴィット
4:ラム

⑥穀類やイモ類を糖化、発酵、蒸留し、得られたスピリッツを白樺の炭で濾過したものは?
1:ジン
2:ウォッカ
3:アクアヴィット
4:ラム

⑦テキーラの原料は
1:サトウキビ
2:ブルーアガベ
3:麦
4:サツマイモ

⑧カルヴァドス:ドンフロンテの熟成年数は?
1:2年以上
2:3年以上
3:4年以上
4:5年以上

 

今回の問題はここまで。
正解は下にスクロール。

 

 

 

 

 

 

①コニャックについての説明で正しいものは?
3:主にリムーザン、トロンセ、アリエ産の350リットルのオーク樽で熟成

1のアルコール度数の義務は40度
2の蒸留方式は 単式蒸留 のみ
4はコニャックとアルマニャックでの違いを間違えないように

②最高品質のコニャックを生み出す生産地区は?
4:Grande Champagne
※最高品質から並品質までの名称を覚えましょう。

③最高品質のアルニャックを生み出す生産地区は?
1:Bas-Armagnac

④コニャックに使われる代表的なブドウ品種は
3:ユニブラン

 

⑤穀類を糖化、発酵、蒸留し、ジュニパーベリー等で風味づけしたスピリッツは?
1:ジン

 

⑥穀類やイモ類を糖化、発酵、蒸留し、得られたスピリッツを白樺の炭で濾過したものは?
2:ウォッカ


⑦テキーラの原料は

2:ブルーアガベ


⑧カルヴァドス:ドンフロンテの熟成年数は?

2:3年以上

5~8のスピリッツは、原料、醸造方法、どんなカクテルに使われるかなど表にして比較すると覚えやすいと思います。
あとアルコール度数高いですからテイスティングなどでは要注意です!

 

 

今回の問題はどうでしたか?
何問正解できましたでしょうか。

間違えた問題はソムリエ教本や問題集を見直してしっかり復習しておきましょう。
それでは、次回の問題をお楽しみに。

[広告]外部サイトへ移動します


基礎から学ぶ田辺由美のワインブック ソムリエ、ワインエキスパート受験者必携テキスト 2020
試験によくでる重要ポイントをわかりやすく解説/田辺由美