ドルーアン&ジ・アイリー

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの専門店、
オンラインWassy’sの副店長サトウです。

昨日、
ブルゴーニュの老舗ドルーアンがアメリカ/オレゴンで手がける
ドメーヌ・ドルーアン・オレゴン
オレゴンにはじめてピノを植えたパイオニアで世界中にオレゴンの素晴らしさを
広めたジ・アイリー・ヴィンヤーズのセミナーに参加してきました。

右端:ドメーヌ・ドルーアン オレゴンのマネージング・ディレクター:デヴィッド ミルマンさん
左端:ジ・アイリー・ヴィンヤーズのオーナー兼ワインメーカー:ジェイソン レットさん

この2生産者が揃って、お話を聞ける機会は
なかなかないと思いますので、参加できてラッキーでした。

ジ・アイリー・ヴィンヤードは、2015年で、創業50年を迎えるそうです。
ニューワールドで50年やっているワイナリーは多くなく、
日本に50周年で来てほしいとインポーターが思っていたところ、
先日行われたピノノワール・セレブレーションというイベントに参加することになり、
ジ・アイリーとは仲の良いドルーアンもちょうど参加していたので
この2社が揃って、セミナーが開催されることになったそうです。

ちなみに、
ジ・アイリー・ヴィンヤードドメーヌ・ドルーアン オレゴン
同じウィラメットヴァレー/ダンディーヒルズに畑があり、
付き合いも長く、30年以上家族で付き合いを続けるほど結びつきが強いそうです。

 

今回、セミナーで試飲したワインは4アイテム、
ドメーヌ・ドルーアン オレゴン ロレーヌ ピノノワール 2012年、2007年
ジ・アイリー ヴィンヤーズ ピノノワール リザーヴ 2012年、2002年

ドルーアン ロレーヌ2012年は、
畑を32もの区画に分け、それぞれを別々に醸造し熟成しています。
1年以上の熟成を経ながら、それぞれの樽のワインをテイスティングし、
厳選された100個の樽をブレンドしているそうです。

私の試飲した感想としては、
しっかりとした赤いベリーなどの果実味、活き活きとした酸が特徴的
なワインだと感じました。

ジ・アイリー ピノノワール リザーヴ2012年は、
ワイナリー設立当初に植えられたウィラメッとヴァレーでもっとも古い
古木(樹齢 約50年)の区画から造られるアイリーのフラグシップです。
私の試飲した感想としては、
赤いベリーなどの果実や梅、しその風味があり、
酸も活き活きとしています。ロレーヌにくらべると、味わいに
少し丸みがあるエレガントなワインだと感じました。

どちらも、それぞれ良さがあり、おいしいワインでしたよ~!!

 

2012年と飲み比べたドルーアンのロレーヌ2007年、
ジ・アイリーのピノノワール リザーヴ2002年は在庫ありませんm(_ _)mが、
素晴らしい熟成をしており、もし見つけたら、また飲みた~いと思う2本でした。

 

8月後半に、オレゴン&ワシントンに訪問するのですが、よい勉強となりました。

今日も最後まで、ご覧いただきありがとうございました。
ランキングボタン、ポチッとお願いします!