マウントフォードのアルザスオマージュ

 

オンラインWassy’sのフジイです。

 

この間飲んだワインが、
「うまっ」と好みにドンピシャでした。

マウントフォード エステイト オマージュ シングル ヴィンヤード[2012]

 

マウントフォードはニュージーランド南島、
ノースカンタベリーのワイパラにあるワイナリーです。

 

1991年に設立され、ブルゴーニュと同じ
石灰質を含んだ粘土質の土壌で
上質なピノノワールとシャルドネが育てられています。

 

もしかしたら、
KOYAMA WINES」の小山竜宇(コヤマ・タカヒロ)さんが
関わるワイナリーとしてご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

 

マウントフォードは、
小山さんが、ニュージーランドに渡り
大学で栽培・醸造を学ばれたすぐ後に
勤務を開始したワイナリー。

 

自身のワイナリー「KOYAMA WINES」の設立とともに
一旦離れたのち、
昨年2017年、マウントフォードの前オーナーから
ワイナリーを引き継ぎ、
小山さんがオーナー兼醸造家に就任されたことも
大きな話題となりました。

 

さて、このワイン、
使用されているのは、
ゲヴュルツトラミネール、ミュスカ、ピノグリ、リースリング。

 

フランス・アルザス地方の高貴品種と呼ばれるぶどうたちです。
マウントフォードの畑の一角で、
アルザスの醸造家マルセル・ダイスのワイン造りの様に、
同じ畑に一緒に植える「混植」によって育てられています。

 

しっかりと熟れた白桃やライチ、トロピカルフルーツ、
石灰のようなニュアンスや白い花など、
香りがゆたかで、ぶどうそれぞれの特長が良く出ているように
感じます。

 

味わいもしっかりしていて、いろんなフルーツの層が
幾重にも重なっているようです。

 

2012ヴィンテージ、5年ほどの熟成を経ているので
いろんな要素がバランスよくまとまっています。

 

個人的に、「いつでも」は難しい価格帯ですが、
今の私の好みにピッタリ寄り添ってくれる嬉しさもあり、
また買おうと思っています♪

 

 

舞台挨拶に行ってきたって話

スタッフ・トリイです。

2016年の劇場鑑賞ベスト3に入れる位にハマった『ちはやふる』の完結編とも
なればもちろん速攻で観に行くつもりだったんですが、なんと大阪で舞台挨拶
があるとの連絡が!

そんなわけで、舞台挨拶大好きで、ヒロスエ大好き繋がりの某ニシノ酒店の某ニシノ
さんと共謀してチケット争奪戦(抽選販売ね)に参戦。残念ながらふたりとも
争奪戦に破れるも、念の為に参戦していたという某ニシノさんの奥様が当選する奇跡。
実は、某ニシノさんの奥様は福山雅治のマンハントの舞台挨拶のチケットを、譲ったといいます
か入手のお手伝いをした恩と貸しがありましたので(しかも前から2列目ど真ん中)
広瀬すずは我々の手に落ちたのである!
(一部某ニシノさん流用改変)

 

いやぁ~まさかこんな形でお返しが来るとは思いませんでした。

 


ぐふふふふふふふ。

 

 

そんなわけで40代のおっちゃん2名が会場のTOHO梅田で待ち合わせ。

「モニタリングの撮影兼ねて売店で変装した広瀬すずが居ったりしないかな?」
と浮かれた会話でテンションあがってる40代(なんなら40代後半)。

 

劇場は入れば600人オーバーの席数、その内8割方10代女子。あとは若い男子と
チラホラおばちゃんが居る程度。明らかにアウェイというか不審者レベルでおっちゃ
ん連れは皆無。

映画はもう見事な完結。ここまで出来のいい3部作映画ってないんじゃないかと思え
るレベルの高さ。ブルーレイ3巻セット出たら買いますともう。
只今今年の暫定1位だわ。
お楽しみの舞台挨拶は上映後。
主演の3人出てきたら、10代女子だらけの会場ですから「キャ―キャ―」もう黄色
い声援。

 

かっ、かわいい・・・

残念ながらというかMC含めての進行がグダグダ感といいますか、な~んだかなぁ~
な所はあるんですけど、お三方はいい感じ満点でお話してくれてましたよ。

フォトセッションでは写真撮影と動画撮影がありましたが、がんばっておっちゃん2人
で手を振ってアピール(すずちゃ~~~~ん)。

 

写真はあがってましたが動画は見つけられず。

 

4ショットです。

 

 

おっちゃん2人の感想

 

「俺の妹ランキングに追加確定」

 

高く思えるワインにはそれなりの理由がある・・・(@_@) ビオディナミのワイン

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s  受注担当 です。


本屋さんで見つけて思わず手に取ってしまった
≪ぶどう畑で長靴をはいて≫新井順子さんのロワールでの奮戦記。

フランス人の醸造家のもとに嫁いだわけでもなく、
自らフランス ロワールで畑を取得し、ワイナリを立ち上げた女性。

そのことだけでも大変なのに、ビオディナミを貫いていらっしゃる(@_@)
言語や法律の壁、悪天候、洪水・・・と畳み掛ける困難に、
幾度となく投げ出しそうになったはずなのに、
顔で笑って心で泣いて・・・すごいわー。久しぶりに一気読みした。

ロワールでもずいぶん前からビオディナミでやっていこうとする
生産者が増えてきている気がします。
ビオのワイン・・・ちょっとお高いイメージ。
でもね・・・高いって思えるものにはそれなりの理由がある。

手間暇かかるし、収量は多くないし・・・
日本にやってくるころには、まあまあいいお値段になっていたりするのです。

ワインを販売する仕事に携わるようになって、ようやく
「高く思えるワインにはそれなりの理由がある」としっくりきています。

昨年来日されたクロー ド ネルもその一つ。


現当主クリスチャン・ジャック氏とワインメーカーシルヴァン・ポタン氏

ロワールでビオディナミを志した最初のオーナーが経済的に立ち行かなくなり
何とかその畑を守りたい!と手を差し伸べたのがアンヌ・クロード・ルフレーヴ。

あれ聞いたことある?そうここで出てくるアンヌ・クロード・ルフレーヴは
ピュリニー・モンラッシェの大御所、ドメーヌ・ルフレーヴの
アンヌ・クロード・ルフレーヴその人。
残念ながら3年前に亡くなられているのですが、
その彼女の遺志を継いで今なお輝き続きているのがクロー ド ネル

宜しければその時のブログをご覧ください<(_ _)>
アンヌ・クロード・ルフレーヴが愛し、遺したクロー ド ネル

で、昨年いらした時に、ロワールならではのシュナンブランを
どうしても造りたい!!と言われていたのが

クロー ド ネル IGP デュ ヴァル ドゥ ロワール シュナン ブラン[2015]白

昨年2014が初リリースだったはずですが、すぐに売り切れてしまったようで
まだ私も飲んでいない・・・っ!
急いで手に入れなくっちゃ。

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます
よろしくお願いいたします。

千砂・ビーズさん、ブルゴーニュのヴィニュロンヌ仲間と来日

 

オンラインWassy’sのフジイです。

 

Webマガジン『T JAPAN The New York Times Style Magazine
にシモン・ビーズの千砂・ビーズさんの記事が
掲載されていました。

“ドメーヌの華”女性の造り手5人が語るブルゴーニュワインの今

千砂・ビーズさん(ラックコーポレーションさんのサイトより)

そのタイトルのとおり、フランス・ブルゴーニュから、
プライベートでも仲が良いという
「トロ・ボー」、「ジャン・ジャック・コンフュロン」、
「ピエール・モレ」、「エリック・ド・シュルマン」、
そして「シモン・ビーズ」で活躍する女性5人が来日。
東京で“女子会”だそうです。

 

団長(!?)は、もちろん千砂さん。
楽しそうな雰囲気が記事の中からも伝わってきます。

 

千砂さんは、2013年に急逝されたご主人パトリックさん
亡きあと、義理の妹さんとともに当主を務め、
歴史あるワイナリーを支えてこられています。

 

以前にNHKで放映された千砂さんのドキュメンタリーを
観たことがあり、その中では、
2013年の収穫時期が始まる頃に
事故に遭われたパトリックさんの事、
その直後のワイナリーについて、畑について、
語られていました。

 

私は、千砂さんには一度もお会いしたことが無く、
私の中にはその番組の中で見た、
強い決意が感じられる表情のイメージが残っています。

 

が、今回の記事の中では、とても柔らかくリラックスした
表情で、失礼ながらとても可愛く感じられました。

 

その他の来日メンバーも、みなさんとってもキュートです。

 

造り手さんの笑顔を見ると、
それがワインにも通じてさらに華やかに感じられるようになるから
不思議です。

 

カリフォルニアとニュージーランドが得意な
オンラインワッシーズですが、
来日されたワイナリーは全てお取り扱いがありますよ♪

シモン・ビーズ
トロ・ボー
ジャン・ジャック・コンフュロン
ピエール・モレ
エリック・ド・シュルマン

ランキング、ぽちっと応援お願いいたしますm(__)m。

テレビの力恐るべし(@_@) ナパハイランズ、ようやく入ってきます!!

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s  受注担当 です。

昨年、某さんまさんが「オーパスワンに似てる 美味しい」とテレビでおっしゃって
一躍脚光を浴びたナパハイランズ カベルネソーヴィニヨン

このナパらしいリッチな果実味、重厚感のあるワインは、さんまさんが「気に入ってる」
とおっしゃる前から、人気のワインでした。

ですが、テレビの力はすごい・・・

あっという間に売り切れてしまって、長らく品切れ状態が続いておりました。

輸入元は中川ワインさん。
やはりテレビをご覧になった方からの直接の問い合わせも多く、
ちょっとしたパニックだったみたいです。
さんまさん罪ですね~

とは言っても、これがきっかけになって
ワインを楽しむ人が増えたらいいな~とも思うし、
話題になるってありがたいし嬉しいものです。

その中川ワインさんから
「ナパハイランズ カベルネソーヴィニヨン 4月上旬にはいってきますっ!!!」
との連絡がありました。

入荷しましたらホームページは勿論、
フェイスブックやブログでもご案内いたしますので
今しばらくお待ちくださいね。

先々週のカリフォルニアの試飲会では、
中川ワインさんからEXPERIENCE エクスペリエンスとFORTUNE 1621 フォーチュン 1621という
同価格帯でナパハイランズに負けないナパらしいカベルネソーヴィニヨンの提案がありました。
カベルネ主体でナパのワインですが、それぞれの個性が違っていて面白い(^O^)
オンラインワッシーズでも近々ご案内できる予定です。

ナパハイランズとこの2本を飲み比べしてみるのも面白そう。
さんまさん、試してみてくれないかなあ・・・。
どんなコメントを仰るか、とっても気になります。

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます
よろしくお願いいたします。

ンガキリキリ…、呪文じゃなくてワインです

 

「ンガキリキリ、ンガキリキリ……」
その名前を知った時から呪文のように唱えてしまう
オンラインWassy’sのフジイです。

 

「ん」から始まる言葉って珍しいな、
日本語だったら……
サザエさんの「んがふっふ」が真っ先に頭に浮かんできます。

 

「んがふっふ」だったよな、と思って
ネットで調べてみたら、
「ふんがっふっふ」「んがぐぐ」「んがんんっ」「んっごふっふ」
「んあんん」「んがくっく」などなど、
どれでもいっかと思うくらい、いろいろ出てきました。

 

話をもどして、「ンガキリキリ」。

 

れっきとしたワインの名前で、
ニュージーランドの老舗ワイナリー「ヴィラマリア」が
並外れたヴィンテージにのみ造るという限定品です。


ンガキリキリ カベルネ ソーヴィニヨン[2013]
価格:\17,280(税込)

 

「ンガキリキリ」は、
マオリ語で「グラヴェル(砂利)」の意味だそう。

 

ニュージーランドの北島、ホークスベイ。
大昔は川床だった場所で、石がごろごろしていて、
上質なボルドー品種が育つことで有名な
ギムレットグラヴェル地区のぶどうから造られています。

 

2013年のホークスベイは、雨が少なく良い天気が続き、
グレートヴィンテージとなったそう。

 

その中で、ヴィラマリアのワイン造りの到達点として
リリースされた「ンガキリキリ」。
(何となく、口に出して言ってみたくなりません??)

 

一度飲んだら、とりこになって
ずっと「ンガキリキリ、ンガキリキリ……」と
ぶつぶつ言ってしまうかも…しれません。

 

他にも、シングルヴィンヤードシリーズから、
アトーニー ピノノワール [2014]
タイラーズパス ピノノワール[2011]
ケルターン シャルドネ [2016]
など限定品入荷しています♪

 

OK、グーグル。ワイン送って・・・

先月と来月は出費が多いスタッフ トリイです。

なのに、なのにカードのポイントと割引価格に釣られてスマートスピーカーなんぞを購入。

家の帰り道にスマホからエアコンの暖房を事前に入れておくとか、電気つけるとか
スマートスピーカーとつなげれば、音声でテレビ操作できるとか、別に無くて何の
問題もないけどオモチャとして気になってしまいまして。なんか楽しそうだし。
(こう言うのを無駄使いと言うらしい)

 

ポチって届いた所でテレビ、照明、エアコンと接続してアレコレ設定。
かなり簡単。


スマホで外から動かせるので、家着く直前にTVと照明つけてみたり、
ソファー座ったままチャンネル変えてみたり・・・

 

ただこの音声指示

関西弁の言い回しと言いますか

6チャンネル(ろくちゃんねる)〇
10チャンネル(じっちゃんねる)×
1チャンネル(いっちゃんねる)△
NHK(エニエチケー)×

その為、大概「よく解りません」と返されてしまいます。
色々試して認識がよかったのは、「チャンネルを10」の言い方。
8チャンネルを”8ちゃん” で操作したら、近所の”はっちゃん” てお店が検索されてしまいました

 

これで家入って玄関で「オッケー、Google ただいま」と言えばリビングのTVと照明が点くように
なったんすが、嫁から「反応して点く時には、もうリビングまでたどり着いてるで」と。

 

いいの、面白いオモチャなんですから。

 

音声購入はできませんが、家から簡単にネットでワイン買って
ご自宅へお届けいたします。
オンラインWassy’s

 

満を持してのリリース(^^♪ ハイダイブ 

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s  受注担当 です。

先週はカリフォルニアワインの試飲会へ。
大抵、いやほとんど、確実にそういう試飲会では
元オンラインワッシーズの店長のハダノリに会います。
何となくほっとする一瞬。

今回は彼女が発掘、いちおしのキャノンボールのヨアヴ・ギラットさんが
来日されていました。
すっと出したかったワイン ≪ハイダイブ2014≫をやっとやっとリリースとのことで
試飲をさせていただきました。
ラベルはまさにハイダイブ「高飛び込み」で、膝を抱えたキャノンボールより思い切った感あふれるデザイン。
お値段が19000円とちょっと高く感じるのだけど・・・
64%カベルネソーヴィニヨン、19%メルロ、14%カベルネフラン、3%プティヴェルド。

「なにこれー?ええボルドー飲んでるみたいやん・・・」 
パワーあるけど、それだけじゃない。果実もギュッ!タンニンがワインに溶け込んでまろやか。
酸味とのバランスも申し分なしっ(^^♪
そしてキノコの香りを残した余韻が長い・・・。これトリュフとか合せてみたいなあ。
めっちゃ贅沢だけどやってみたい~♪
決してお安くないのですが、満を持してのリリース。私としては個人的に手に入れたい1本です。

この≪ハイダイブ2014≫は品数限定らしく、今のところ手に入るかどうかわかりません
そりゃないよ~

どうしても欲しい方は、ハダノリに訴えてみますので、
オンラインワッシーズまでご一報を!

勿論、キャノンボール、エンジェルズ&カウボーイズもすこぶる美味。
ほとんど3000円以下っていうのも魅力的。

春先から夏いっぱいはロゼがちょーおすすめ。
キャノンボール エンジェルズ アンド カウボーイズ ロゼ[2016]

ロゼといえば「春」と思い浮かべてしまうのですが、
私は年中このロゼをいただいています。
すっきりとした飲み口にさらに飲み応えもあり!
料理にとっても合わせやすくって重宝するのです。
是非おためしくださいねっ

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます
よろしくお願いいたします。

アロマティックが気になるこの頃

 

オンラインWassy’sのフジイです。

 

普段は、白ワインを飲むことが多くて、
特に強いこだわりなく、
その場、その時の気分に合わせて楽しんでいます。

 

その中でも、好みはあって
品種でいうと、リースリングやグリューナー・ヴェルトリーナー、
ピノブラン、ピノグリなどの頻度が高めです。

去年飲んだ中でめっちゃ好きと思った1本。ユルゲン・ライナーのヴァイサーブルグンダー(ピノブラン)
こちらも大好き、ラッツェンベルガーのピノグリ

※どちらもオンラインでは扱ってないのです…m(__)m。

 

自分の中では、
辛口で味わいの厚みと酸味のバランス良い
ワインが好きなんだろうと思ってきました。

 

が、ここ最近、ふわっと頭に思い浮かぶワインや
試飲会で印象に残るワインに
変化が出てきたことに気付きました。

 

例えば…、ゲヴュルツトラミネール、ヴィオニエなど、
香りがしっかり感じられる
いわゆるアロマティック品種。

 

リースリングやピノグリも同じくアロマティックなのですが、
その中でも、ゲヴュルツとヴィオニエは
白い花や熟れた白桃、ライチなどの甘やかな香りを
特徴とする品種。

 

時に、とろっとした口当たりが感じられるような、
こっくりとしたワインが生まれることも多い品種。

 

昔から、「嫌いな食べ物・飲み物はない(と思う)!」
と言っていて、ワインについても、
どんなタイプでもおいしく飲めるのが取柄だと思っていますが、
ゲヴュルツやヴィオニエについては、
香りに酔ってしまうのか「飲むとしたら1杯でいいかな」と
進んで選ぶことが少ない品種でした。

 

それが、ここ最近、無性に飲みたくなるんです。

 

先日のカレラのセミナーで試飲させていただいた
ヴィオニエがおいしかったので買おうと思っているし、
ラックコーポレーションさんの試飲会では
リッポンゲヴュルツに大きな丸印を
付けています。↓↓

 

オレゴンのクリストムのヴィオニエも気になるし…。

 

そして、ゲヴュルツとヴィオニエ以外でも、
優しい甘味を感じるシュナン・ブランに癒されたり、
リースリングでもちょい甘口にとろけたり…、と
確実に好みが変化しているように思います。

 

季節的なものなのか、味覚の変化か、
それとも、気持ちがクサクサしていて優しいワインが沁みるのか…、
何だろうな、不思議だな、と思いつつ。

 

あれが飲みたい、これも飲みたい。
そんなワインがどんどん増えています。

 

これで、ますます好みがぼんやりしてきましたが、
ワインの選択肢が広がるのは、とっても良いこと。
楽しみがまた増えたように思います。

 

フランスも試飲しますよ

今回はフランスワイン中心の試飲会
会場のカーペットが豪華です。

 

プリューレ・ロックの『ラドワ・ル・クル・ルージュ2015』

ブルゴーニュのロック様
(こちらはアメリカのロック様)

 

香りが開くまでかなりの時間を要するのと、飲み方がどことなくデリケートな
プリューレ・ロックの中で、抜栓4時間の1回デカンタで提供されたこの
ラドワがとても柔らかく染み込むように飲めてしまった事に驚き。
ロックにあるむずかしさを感じない仕上がりでした。

 

レ・ブリュリエール・ド・ベイシュベル2015
試飲会でテイスティングするボルドーワインってあまり得意ではないんですが(そんな事言っていいのか?!)
このワインこの日飲んだすべての中でもかなり好みでした。

15年と若いんですが、ボルドーの青さや硬さをあまり感じさせず、最初の一口目から
全体的に柔らか。価格も3000円台とお手頃。

 

 

ドメーヌ・ペロ・ミノ モレ・サン・ドニ ラ・リュ・ド・ヴェルジィ2015

ひと口目から「レベル高いなぁ~~」と思ってしまう美味しさ。
ワインに必要な美味しい要素を全て高得点で押えているようなワイン。

 

『ドメーヌ・ベルサン ブルゴーニュ・コート・ドーク・セール・ピノノワール2015』

ミディアムボディで軽めの味わい。うすウマ(薄い味わいながら旨い)系
すいすいと飲めてしまう美味しさで価格も2000円台とブルゴーニュ・ピノと
しては、すいすい飲みやすい価格です。

 

プリューレ・ロックのヤニックさん。

 

ヴァインバックのカトレーヌ女史。
他の生産者さんがブースのテーブルからサービスしてる中、
彼女はブースの前に出てサービスしてました。