knoll仕込みのリースリング

 

オンラインWassy’sのフジイです。

 

輸入会社ワインインスタイルさんの試飲会で出あった、カリフォルニアのおいしいリースリング「TATOMER/タトーマー」。

 

オーナー醸造家のグラハム・タトーマーさんは、カリフォルニア・サンタバーバラで育ち、カリフォルニアで最も古いとされる畑で育ったリースリングに魅せられて、ドライリースリングの名手オーストリアの「Knoll」で学んだそうです。

 

4年間ほどKnollで勤務したのちに帰国したタトーマーさんは、2つの単一畑からリースリングをリリース。カリフォルニアにおけるアロマティック品種の先駆者的存在で、2014年には、アメリカの全国紙で「今、最も注目すべき生産者」として選ばれました。

 


■タトーマー スタインヒューゲル リースリング カリフォルニア[2016]
https://winestore.jp/fs/wine1227/44427-000
通常3,186円のところ特価2,548円(税込)
とってもフルーティで、しっかりした味わい。果実のおいしさを楽しめるワインだと思います。

 


■タトーマー ヴァンデンバーグ リースリング サンタ・バーバラ・カウンティ[2015]
https://winestore.jp/fs/wine1227/44426-000
通常4,860円のところ特価3,888円(税込)
先のスタインヒューゲルと比べると、より硬質。柑橘系のクリアな酸にミネラルを感じる1本。食事に合わせやすそうな味わい。

 

どちらも、リースリングに感じられることが多いぺトロール香は、あまり感じられず、果実味豊かなワインです。

 

飲み比べると、それぞれの違い・良さがよく分かり、個人買い確定です(^O^)。

 

ヴァレンタインさんのしっとり熟成ワイン

 

オンラインWassy’sのフジイです。

 

肌寒い日もずいぶん増えて、ぐっと秋の気配が感じられるように思います。

 

不思議なもので、今までは「ビール」「泡」「スッキリ白」ばかりが飲みたかったのに、少し気温が下がるとしっとりと落ち着きのある赤ワインが飲みたくなってきます。

 

熟成したワインはなかなかに高価なものですが、そんな中でも良心的価格のこんなワイン。

 


■【お取寄せ】ヴァレンタイン トリーズ ブロック カベルネ ソーヴィニヨン[2006]
https://winestore.jp/fs/wine1227/48740
税込4,212円

 

こちらも決して安くは無いのですが、何といってもカリフォルニアのカベルネソーヴィニヨンで、10年以上熟成、しかもワイナリー蔵出しのごく少量生産ワイン。

 

輸入元の布袋ワインズさんの試飲会で飲ませていただいた時、「この価格でいいのかな」と、コストパフォーマンスの良さに驚きました。

 

数々の有名ワイナリーに愛されるぶどうを育てていたヴァレンタイン氏がほんの数ケースのみ生産していた、自身の名前を冠したワイン。

 

口あたりはなめらかで、果実の凝縮感とタンニンがなじんでしっとりと落ち着いた味わい。

暑くもなく寒くもなく、ちょっと涼しい秋の夜長にゆっくり飲みたいワインです。

驚きの美味なオレンジワイン(^O^) サトウワインズ

オンラインWassy’s受注担当 です。

先日サトウワインズの佐藤さんがワッシーズにいらっしゃいました。
ニュージーランドでワインを造っている日本人のひとり。
今は8人くらいいるけど、僕が始めたころは3人だった・・・とぽつり。
先駆けでいらしたのです。

先駆けってやはりいろんな苦労を伴うものですが、
佐藤さん然り、でもいつもやるべきことをひとつひとつクリアしていく。
その真摯な姿勢はお目にかかるたびに
こちらもぴっと背筋が伸びる・・・そんな佐藤さんがつくるワインは
やっぱりまじめなのです。

これまでは畑を借りて、そこで育てたブドウを使って
ワインを醸造されていたのですが
いよいよご自分の畑を手に入れられたそう。

セントラルオタゴには変わりないけど、標高が300~350mと高い東向きの畑。
ここを選んだのはやはり理由があります。

ニュージーランドのセントラルオタゴでは日中の寒暖差が激しく
従来の生産では
ジューシーで厚ぼったいピノノワールができがちだと思っていたそうです。
その解決策として、高いところで生産するという選択。
勿論、好みはあるのでその従来のピノノワールが良いという方もいらっしゃる。
かくいう佐藤さんの奥様もその方がお好きだそうです。

そして東向きの畑に拘ったのは、
北向きの緩やかな斜面はアサヒは浴びるけれど、
日中の暑い光は浴びないでいられるということ。
とにかく日中の光はとても強い。

さて、その畑はぶどう以外の作物からの転換というわけではなく、
一からの開墾。
そしてその畑の中にはワイナリーも建設されています。
地中からは岩がごろごろ、合計800トンも出てきて、
思っていたよりコストがかかったこと、
スムーズに交渉が進まなかったことなどなど・・・
大変な労力であると思うのです。

新しい畑からの待望のリリースは2019年ヴィンテージから。
今までやってきたことが実を結ぶヴィンテージ!!
と力強く語っていらした佐藤さん。
すごくすごく楽しみです\(^o^)/

さて、今回は短い時間で無理をきいていただいていたので
ピノグリに特化したミニセミナーでした。

試飲はピノグリとピノグリを使ったオレンジワインの比較。

サトウ ピノ グリ S[2016]
ピノグリは個人的にも大好きな品種の一つで、
肉・魚問わずいろんな料理に合わせやすいと思っているのです。


サトウ ピノ グリ ラティピック S[2016]
オレンジワインって少し前からよく耳にするけど、
どんなワインかご存じですか?
果物のオレンジでできたワイン?
いえいえ、オレンジワインは
≪白ブドウを赤ワインと同じ方法で醸造したワイン≫です。
つまり白ブドウを果皮や種子と一緒に時間をかけて醗酵させたものです。
この時間をかけて・・・というのが大切で、
その間にゆっくり果皮の色がでたり、
熟成していくうちにオレンジワインと言われる所以の色に仕上がっていきます。
色の濃淡は様々。

白ワインのシュールリーのような複雑さ、それが旨みとなって
好きな人にとってはそれはそれは堪らない魅惑のオレンジワイン。

とはいいつつ、苦手な人がいるのも事実

サトウさんのオレンジワインは???
ピノグリの果皮の色が上品に移り、
味わいは驚くほどエレガント。

フレッシュでイキイキとした酸、
ドライほど凝縮されていないけどアプリコットの甘みを楽しみながら
後に残るやわらかな塩味。
もともとピノグリは料理を選ばないなーと思っていたけど、
このオレンジワインはさらにカジュアルからフォーマルまでいける!!
是非試していただきたい1本。

サトウ ピノ グリ ラティピック S[2016]

 

いつものワインが少し美味しくなる方法

ここひと月ほど肩に痛みを感じたので、病院行って
レントゲンまで撮ったのに結局四十、いや五十肩だ
ったのがちょっとショックなトリイです。

スポーツジムで運動してるのに・・・

台風過ぎてもイマイチ秋晴れの少ない天気が続いてますが
先日、イタリアみやげをスタッフで楽しむべく、曇り空ながら
事務所テラスで強行開催

 

 

 

イタリア産のチーズ&サラミにイタリアワイン。

わずかな時間でしたがかなりの満足度。

そろそろテラス飲みが気持ちよくなってくるはず、
いつもリビングでワインを飲んでる皆さんは、ちょっとベランダ、
テラスの窓開け放って外眺めながら楽しんでみたら、いつもと
違う美味しさがあると思いますよ。

ビーカー型ワイングラスで飲んでみた

 

オンラインWassy’sのフジイです。

 

夜中のネットショッピングは危険。

 

重々知っているはずなのに買ってしまった。

 

ビーカー



型の、ワイングラス。

↓↓↓

 

もとはと言えばビーカーが欲しかったのです。探しているうちに理科系グッズのサイトがあって、なつかしの実験道具とか意味も無く欲しくなり、「いやいや、買っても使わんやろ~」と、思っていた矢先に現れたワイングラス。

 

ポチッと購入ボタンを押したものの「これも、使わへんな」と気付きましたが、まぁいっかと到着を待つことに。

 

届いてみると。まさにビーカー。本物のビーカーと比べてみてもよく分かる、ただ脚が付いただけ。

普通のビーカー
ビーカーワイングラス

 

せっかくなのでワインを飲んでみると、当たり前のようであって、意外にも大いに感動したことがありました。

「グラスって大事」

 

A型気質か…、無意識に目盛にあわせて注いでしまう。

 

普通のちゃんとしたワイングラスと比べてみると、その違いは歴然です。

 

ビーカーワイングラスでは、香りはこもったように閉じていて、味わいは何かフィルムで一枚包まれたようにつるっとして味気なく、後口にやや苦みのようなものを感じます。ワインの要素よりも分厚いガラスの印象が前面に出てきて、子どもの頃に、おはじきを口に入れた時のことを思いだしました。

 

一方、ワイングラスではカシスやブルーベリーなど黒系果実の香りが溢れて、ジューシーかつ酸味と木樽のニュアンスがまとまりよく、とっても美味しいワインだということが伝わります。ワインの香りを引きだす形、味わいの邪魔をしない薄手のガラスの役割がよく分かる。

 

ビーカーグラスは、一度使ってみたっきり、日の目を浴びていませんが、今なら胸を張って大声で言えます。

 

「ワイングラスは大事です!」

オマール 家で料理してみました(^O^) 相棒はフリーマークアビー♪

オンラインWassy’s受注担当 です。

週末、突然夫が買ってきたカナダ産のオマールエビ。
スーパーで売っていたんだって。

めちゃめちゃ元気で
ハサミにはゴム止めをしてあったにも関わらず
パックのラップを思いっきり破っておりました。

こういうのは下手に素人が手を加えるより
簡単な調理法が良いのだ!
蒸してマンゴーソースでいただくことに。

合せたワインはフリーマークアビー のヴィオニエ

なかなか贅沢です

フリーマークアビーのワインは
飲むたびにその洗練された味に驚きを感じるのです。
デイリーではなく、特別な日にあけたいワイン。

で、今日は記念日・・・というわけではなかったけど、
オマールエビを料理した特別な日

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます