なるほど!漫画にも登場していたのね~ ドメーヌシガラス(*^_^*) 

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

モトックスさんの試飲会へ出かけてまいりました~
広い広い会場に、大よそ200種類のワイン。
今日も一つになんか絞れないなあ

といいつつも一番気になったのは
オンラインワッシーズでも昨年からコンスタントに売れている
このギリシャワイン。
ドメーヌ シガラス サントリーニ アシルティコ[2017]

きりっとした酸味、ミネラル感たっぷりで
タコやイカ、ムール貝なんかをオリーブオイルや
レモンでさっぱりと料理した地中海風にとっても合う!

でも、ギリシャワインの中でも特にこの
ドメーヌ シガラス サントリーニ アシルティコ[2017]
が出るのかなあ?と思っていたら、
じゃじゃーーーん!!
≪神の雫≫で登場していたのね~
こんなコーナーもつくられていて、興味深く拝見。

何はともあれ、きっかけは漫画でも
広く皆さんに飲んでもらえるのは幸せです。

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます

あぁ、その距離5メートル

まさに「時は来た!」そんな日曜日でした
スタッフ・トリイです。

広末涼子が大阪に来る、
徒歩圏内のハルカスビルに来る。

視線確保すべきとAmazonで鳴子をポチッ。
なんなら散髪も行ってきた

そう、まさに


「時は来た!」

 

と、その前に吉岡里帆ちゃんの映画舞台挨拶の
お誘いをいただきましたので、前菜とばかりに
朝9時に劇場へ。
広末視線確保が”鳴子”なら、吉岡視線確保はもちろん”どん兵衛”。

 

映画もともかくでしたが、吉岡里帆ちゃんは可愛かったです。
質問コーナーでは手を挙げたおっちゃんは「僕を励ましてください」
とか、阿部サダヲファンの女性は映画にちなんで「「このタコ!」と罵ってください」とか。
その手があったか。次からの舞台挨拶行った時の参考にしよう(罵ってもらうのか?)。


イベントはまさかの撮影可


トークショーは15時なのに映画見てから会場着いたのが12時。
オッサン2人でイタリアワイン&ビールとランプレドット喰いながらの作戦会議と会場の下見してからスタンバイ。

 

イス付きの観覧席は主催者のカバン買ったお客様限定
しかもカバン買えば広末からの直接お渡しサービス(!)。
「こっ、これは!」と思ったんですが女性限定。
そりゃそうですよね、40代後半になろうかってオッサンが女性バッグ
買って手渡し並んでたら不審者の可能性高いですもんね・・・

 

しゃーないんで立ち見の最前列を確保、トーク時間約20分、
終始ドキドキ目線あったら死ぬんじゃないかと思いながらみてました
(AppleWatchでも着けて心拍数図ってみたかった。)

10数年ぶりの再開(一度会ったんだよ)

瞬きするものもったいなくて、ドライアイになるくらいに凝視しておきました。

肩越しの2ショット

その距離約5メートル。
一気に飛び出して人生終わらずとか(アカンアカン)

あっ、せっかく視線確保用に買った鳴子を振るの忘れてた。

 

会場から店も近いしワイン買いに来て「このワイン美味しい」
とか宣伝してくれないかなぁ。

 

宣伝と言えば、さんまさんがTVで美味しいと紹介してたワインと
YOSHIKIワインは近々入荷しますのでこまめにチェックお願いします。


ナパ・ハイランズ カベルネソーヴィニヨン2015

 


ワイ・バイ・ヨシキ カベルネソーヴィニヨン2016

今週の≪買い占めたいワイン!≫ (^O^) アリル

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s  受注担当 です。

中川ワインさんの試飲会へ出かけてまいりました~
どれもこれも全部紹介したいものばかりだったのですが、
中でも心惹かれたワイン、買い占めたいワインは
アリル カベルネソーヴィニヨン エステート ナパヴァレー[2012]

実はこのワイン、私たちが試飲をする前から
「美味しかったからもっと入れて!」と耳の早いお客様から
たくさんリクエストをいただいてました。

もう、もう、それだけで・・・気になるーーーっ!

凝縮感、力強さは流石ナパのカベルネ・ソーヴィニヨン。
さらに複雑性があり、タンニンは滑らかで優しい。
今も飲み頃といっていいけど、
2012年というグレートヴィンテージは長熟を予感。

税込価格が9,180円なので、ええ値段やーーーーーんっっ!!
と思ってしまうのですが、それでもやっぱり買い占めたいっ。
アメリカ現地価格125ドルが
ワイナリー廃業のため、まさかの大特価なのですって(*^_^*)

買い占めたいけど、お勧めもしたいという超ジレンマな1本

アリル カベルネソーヴィニヨン エステート ナパヴァレー[2012]

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます

1本だけ。誰か買ってぇ~

以前まで契約してた動画配信サービスから別のに乗り換えた為
配信始まるまで首を長くしてまってたシーズン8。

やっとみれるようになったんですが、長らく待ちわびすぎて
以前までのテンションがなくなってしまってる、ゾンビ大好き
スタッフ・トリイです。

 

ソンビ好きですが、ワインの中でもオーストラリアワイン好き
でして、そのオーストラリアワインで超有名ワイナリーと言えば
『ペンフォールズ』

最上級のグランジと言えば、超高級ワイン。
オーストラリアワインの2TOPの1本といわれます
(もう1本はヘンチキのヒルオブグレース)

この写真のワイン、見た事ある人はほとんどいないはず

これもグランジ。

実はとんでもないんです。

その中でもグランジ 2008年 、 グランジ 2012年 、グランジ 2014年の3ヴィンテージを、まぜませブレンド。

「美味しいものと美味しいものと美味しいもの、3つ混ぜれば3倍美味しいんじゃないか?!」そんな発想なのかはわかりませんが、トンデモ・プロジェクト

その名も『G3』

生産数は1200本。
日本には30本が入荷されたそうで、思わず1本Wassy’sで仕入れちゃいました。
お値段なんと、32万4000円
まさにコレクターズアイテム。
先着1名様、ご購入可能です。
仕入れちゃったんですから、誰かこおてぇ~~
ペンフォールズ g3
https://winestore.jp/fs/wine1227/48805
販売価格:324,000円

【限定1本】全世界で1200本限定。日本には30本のみ限定輸入されたグランジのスペシャルワイン。
2008年がこのワインの方向性を示し、2012年は美しい優雅な味わい、光沢、バランスをもたらし、2014年は勢いをもたらした。g3は、単なる2008年、2012年、そして2014年のブレンドではない。全く別の味わいがある。

 

次回予告(?)

夏のよさこい祭りも終わったと言うのに先日Amazon
で鳴子を購入。さてその使い道は・・・

正解は来週のブログで(掲載予定)

【コヤマさんファン必見】初ヴィンテージのスパークリングちょっとだけあります

 

オンラインWassy’sのフジイです。

 

ニュージーランド・ワイパラで活躍する日本人醸造家・小山竜宇(コヤマ・タカヒロ)さん。
帰国された際に、レストラン・スープルで開催されるワイン会は、毎年、告知とほぼ同時に満席になるくらい、ファンが多いのでも有名です。

 

バランスよくエレガントなワインのファンと共に、シュッとして(関西弁でスマートな、涼しげな、カッコいいなどの意)知的な雰囲気の小山さんのファンも多いのです。

 

さて、その小山さんが2016年から取り組まれていたスパークリングワインの記念すべきファーストヴィンテージが、数量限定で入荷しています!

 


コヤマ メトード トラディショネル リースリング スパークリング ブリュット[NV]
https://winestore.jp/fs/wine1227/14084/48716

 

本日、少しだけ追加入荷して現在40本。在庫限りです。

 

私が飲みたい!!けれど、数が少ないので「グウッ」とこらえています。

 

コヤマワインファンのみなさま、今回完売したら、次回の入荷予定はありませんので、貴重な初ヴィンテージはお早目にぜひどうぞ。

 

知っている人は知っている(^^♪ でもみんなにお知らせしたい!スリースティックス

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s  受注担当 です。

昨日 WINE KANSAI 2018 へ出かけてまいりました。
ワインに携わる者だけが参加できる催しで、約70社が出展されていました(^O^)

ブーススペースが限られているので、インポーターさんたちも
お薦めの中のおすすめを持っていらしてたのです。

なので、知っているインポーターさんは
≪Jさん!これこれ!!≫と、つかまり放題・・・

中でもリエゾンの河井さんがにこにこと手に持っているワイン
スリー スティックス シャルドネ デュレル ヴィンヤード[2016]

にやられてしまいました(@_@。

ここスリー スティックス はピノが有名。
なんと!本日の試飲分はなくなっていました・・・
シャルドネも・・・おいしーーーーーっ
な、なにーーーっ???このエレガントさ、でも厚みもあって
口に含むとオレンジ・ヘーゼルナッツのふくらみを感じ
ああ、なんて幸せ・・・

スリースティックス
日本に入ってくる数も少ないのですが、入った途端に売り切れてしまうワイン。
メールマガジンに掲載したら、問い合わせ殺到・・・!な
知っている人は知っている激レアなワイン。

2014年からはソノマで「ピノの代名詞」と謳われる
ボブ・カブラルをワインメーカーに起用。

優良畑の一つ、デュレルやギャップス・クラウンを始めとする
所有自社畑から20ものブランドへ葡萄を提供し、
いずれも高評価なワインを生み出しており、
その中でも最も優れた葡萄が造られる区画を選び、
スリー・スティックスを生み出しているのです。

スリー スティックス

≪是非お客様へのご案内よろしくお願いします!≫って言われたけど・・・
ブログやメールマガジンにあげた途端なくなりましたって言わない?

≪今回は大丈夫です。また来月少量ですが入ってきます!≫
それに、オンラインワッシーズでも
いつもより多く確保したしな(^O^)

とはいえ、数が少ないことには変わりはありません。
売り切れ前に手に入れてくださいね!

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます

 

お見舞い申し上げます<(_ _)>

オンラインWassy’s受注担当 です。

この度の台風24号により被災された皆様に
心よりお見舞い申し上げます。

また、私どもの浜松にあある出荷センターが停電となり、
本日10月1日の出荷が行えず
大変ご迷惑をおかけしております<(_ _)>

地震、台風、大雨・・・自然災害とはいえ、
畳み掛けられるこの状況は堪えます。

自然災害だから仕方がない・・・仕方がないことなんだけど、
1日も早く元の生活に戻れるよう願います。

そして私たちもみなさまへ元気をお届けできるよう努めます!!

 

ブログの応援、ぽちっといただけると元気がでます