ワイン誌の表紙を飾った覆面ワインメーカーの謎多きワイン『ヴァンダル』

メルマガバックナンバー
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

新世界ワインとしては珍しくワイン誌『ワイナート』の表紙を飾り、ワインメーカーは正体不明のマスクマンと言うインパクト満載で注目されているワインが今年もリリース。

ヴァンダル

なにより注目を集めた、正体不明の覆面ワインメーカー3人衆。

この3人、実はそれぞれニュージーランドでは著名なワインメーカー達だそうで、全員が豊富な知識とピカイチの腕前の持ち主ばかり。

その3人が、”ニュージーランドらしさ”にとらわれず、よりナチュラルなアプローチでよりチャレンジングなワインを造りたい!との思いから。「マールボロの伝統的なワインスタイルを破壊し、新たな可能性を開く」ために、2016年にスタートしたシークレットプロジェクトがこの『ヴァンダル』です。

収穫に立ち会ったインポーターさんによると、3人が本当に楽しそうにブドウを摘んでいたことが印象的で、単なる商業ベースでない、本当に自分たちの作りたいワインをつくりたい。という思いが溢れていたと言います。

『ヴァンダル』から届くワインの詳細が書かれたテクニカルシートには、その挑戦的なワインの特徴からいつも


Make no mistake, these wines will not be everyone’s
cup of tea, but at least give them a go, we dare you…

とメッセージが入っているそう。

作り手の謎だけでなく。闇夜に光るラベルや、醸造に牡蠣を使うなど話題性とミステリアスで注目されるこのワイン。飲んでみてください。

しかし、ワインメーカーの正体一体誰なんでしょうかね。

※表示価格は配信日現在の税込価格です。(変動がございます事ご了承ください)
※表示価格はすべて税込です。

 ——*—

暗闇でラベルが光る蓄光加工。昨年発売分一番人気
──────────────────────────
ヴァンダル ゴンゾー ペット バット [2021]
販売価格 4,070円
ミュスカ50%とシャルドネ50%のブレンドです。
マールボロのサザン・ヴァレーにある所在は非公表の畑の樹齢30年を誇るシングル・ヴィンヤード。優しくプレスして野生酵母で発酵。フレンチ古樽で澱と共に熟成。残糖を残してボトリングし、瓶内での発酵によりほのかな濁りをともなったペットナット(微発泡)です。SO2は無添加。

昨年分からリニューアルしたソーヴィニヨンブラン
──────────────────────────
ヴァンダル ゴンゾー レジスタンス(ソーヴィニヨンブラン)[2021]
販売価格 3,622円
マールボロのサザン・ヴァレーにある畑で育てられた樹齢35年のソーヴィニヨンブランを手摘みしています。
全房で自発的なマセラシオン・カルボニックを促し、果皮と共に発酵しています。発酵後に、プレスして300Lの古樽で、全ての澱と一緒に6ヶ月間の樽熟成しています。
野生酵母での発酵、100%のマロラクティック発酵、無濾過、無清澄で仕上げました。SO2はボトリング時に極少量の添加のみ。

※2021年は発酵中に牡蠣を使用していません。

赤も白も使ってるブドウの畑も秘密
──────────────────────────
ヴァンダル ゴンゾー コンバット ルージュ [2021]
販売価格 3,622円

ヴァンダル ゴンゾー コンバット ルージュ[2020]
販売価格 3,465円

ピノノワール主体のブレンドワイン。
マールボロのサザンヴァレーのシングル・ヴィンヤードですが、畑の場所はシークレット。
100%全房でマセラシオン・カルボニック。プレスして全ての澱と一緒に6ヶ月間の古樽熟成。野生酵母での発酵、100%マロラクティック発酵、無濾過、無清澄で仕上げました。
SO2はボトリング時に極少量の添加のみ。

ヴァンダル ゴンゾー ミリーシャ [2021]
販売価格 3,622円

シャルドネ、ピノグリ、ヴィオニエ、ピノノワール、シラー、リースリング、テンプラニーリョの7品種のブレンド。
マールボロのサザンヴァレーのシークレット・スポットにあるシングル・ヴィンヤードの7品種。
同じ日に収穫して24時間のスキンコンタクト後、100%フレンチ古樽にて樽発酵。プレスした後6ヶ月間全ての澱と共に樽熟成。野生酵母での発酵、100%マロラクティック発酵、無濾過、無清澄で仕上げました。SO2はボトリング時に極少量の添加のみ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました