鯛めしにワイン?(≧▽≦)オーストラリアワインの大らかさ

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

これ、なんだかわかりますか?

魚のウロコ取り。100円ショップで買いました。

30年来使ってきたウロコとりを、前回使った後

うっかり取ったウロコと共に捨ててしまったらしく、

必要に迫られ急遽手に入れたモノ。

何でも売ってるなあ100円ショップ

それで作ったのが≪鯛めし≫

ちょっとワイン飲みたい気分だったので、

以前から魚のときに飲んでみようと思っていた

オーストラリアのSASHIMI ソーヴィニヨンブランを

あけてみた。

ちょっとドキドキ!

ニュージーランドのハーブの爽やかさ溢れる

ソーヴィニヨンブランも好きだけど、

このオーストラリアワイン、ずいぶんやさしい。

強すぎない果実の風味豊かで酸味がやわらく、

料理のストライクゾーンが広そう。

で、件の鯛めしだけど、薬味のねぎをたっぷり入れる。

そしてワインをいただく。

大らかなオーストラリアのソーヴィニヨンブラン、

グーです!(もう死語かな?)

いやー、美味でした~新境地。

ブログの応援、ぽちっといただけるとさらに元気がでます

父の日ギフトに♪狙ってるワインをこっそり紹介

父の日 ワイン
\Wassy’s 季節のおすすめワイン vol.4/

こんにちは♬ オンラインWassy’s ひのみです。

毎日暑いですね~!夏本番はどうなっちゃうのと慄いています。
皆さまお体には十分にお気を付けくださいね^^

ものすごーく個人的ですが、6月は
妹の誕生日、愛犬の誕生日とお祝いごとが重なるので、
今年は何を贈ろうかな~と考え中

。。。あっ!

父の日もやったΣ(・ω・ノ)ノ!!←


ワインを買って帰ろうと考えていたところ、
ぴったりすぎる子たちを見つけました。
かわいい系&男気系(?!)2種のご紹介です♪


ビール党にもおすすめしたい
父の日ワイン

ゼヴィア パパ[2018]
オーストラリア 赤ワイン ゼヴィア
4,212円 (税込)
やや重口/赤:ピノノワール
生産地:南オーストラリア・ヴィクトリア

赤のシンプルなラベルに書かれた
【PA PA】のロゴ。
一目見た瞬間、「くぅ~っ♪かわいー!」
と叫びたい衝動に駆られました。

ビール党のお父さまにもおすすめしたい、
するすると軽やかに飲めるタイプの赤ワイン。
栓がコルクではなく王冠なので、
普通の栓抜きで開けることができる手軽さも◎です。

味わいはラズベリーやイチゴを思わせる香りと
スパイシーな香りが融合し、果実味
満載のジューシー系。

 

こちらのワインの作り手が敬愛し、例年 修行に訪れるのは
【フランスボージョレ】
日本では「ヌーボー(新酒)」が有名ですよね。
でも、新酒だけではございません!
実は素晴らしい赤ワインが多く造られているところです。

【PA PA】はボージョレに恋したゼヴィアさんが
想いを馳せながら造る、彼のただひとつの赤ワインです。
表土だけでなく第二層にも大小の石が存在するユニークな土壌で
冷涼な気候のもと育てられた“ピノノワール”が使用されています。

ロゼと白の用意もあり!
瓶を並べると、これまためっちゃかわいいな~♪

オーストラリア 白ワイン ロゼワイン ゼヴィア

ゼヴィア シャーリー ロゼ[2018]
ゼヴィア ハーフ ウェイ トゥ ヘブン[2018]


「今日はいっしょに飲もう!」が伝わる
“男気ワイン”

ニュージーランド 赤ワイン 白ワイン グレープリパブリック

入荷ほやほやのこちら★
溢れんばかりの男気は見た目だけではないんです

 

ガッツある日本人醸造家 藤巻一臣さんが
ドン&キンデリのアレックスさんの元を訪れたのは2016年のこと。

「寝床とごはんさえあれば無償で働きます!」
今時、
類を見ないほどの覚悟をもって
ニュージーランド研修へ乗り込みました。
その情熱をかったアレックスさんはある提案をします。

「じゃあ、キャッシュの代わりに給料をぶどうで支払うよ(^_-)☆」

 

生きた知識を吸収しながら、
常識に囚われずインスピレーションのままに
藤巻さんがセレクトしたバラエティ豊かな果実。そして
アレックスさんのバランス感覚に優れたワイン造りのノウハウが加わり、
唯一無二の合作ワイン『インシエーメ』が誕生したのです。

 

各3,888円 (税込) 生産地:ニュージーランド・ネルソン

グレープ リパブリック アンド キンデリ インシエーメ ロッソ [2018]
やや重口/赤:ピノノワール、ゲヴュルツトラミネール

ちょっと珍しいぶどう品種の組み合わせ。
もぎ立てのイチゴを思わせるピチピチの果実感と
ゲヴュルツ独特のジャスミン香が絶妙で、
さっと冷やせば無限に飲めてしまう1本。(← 危険なやつです ´艸`)


グレープ リパブリック アンド キンデリ インシエーメ ビアンコ [2018]
辛口/白:ソーヴィニヨンブラン、ピノグリ

ソーヴィニヨンらしい爽快なアロマに、豊潤な旨味。
万人に好まれる、いい意味で“八方美人”な仕上がりとなっております。

コラボのエピソードも含めて素敵ですよね。
普段はなかなか聞けない仕事観について、語り合いたくなっちゃう・・・
そんなワインだと思います。
ぜひお父さまとご一緒にどうぞ!

 

・・・と、ここまで書いていたところ、なんと★
30本ほどご用意のあったワインが完売いたしました!

(ありがとうございます~^^)
次回リリースが楽しみな、注目度の高い1本です♪

 

コテコテのキャラ濃いシリーズと言えば(笑)
父の日ギフトに例年人気のお取り寄せワインも、
今なら当日までに十分間に合いますよ~♪

■【お取寄せ】フェアヴュー ザ ゴートファーザー[2016]
父の日 赤ワイン ゴートファーザー 
1,758円 (税込)
重口/赤:サンジョヴェーゼ主体、カベルネ ソーヴィニヨン、バルベーラ、ネッビオーロ 
生産地:南アフリカ・ウエスタンケープ

 

▼ギフトラッピングはこちらからどうぞ▼


国内最大級の品揃え!

カリフォルニアワインと世界各国ワインのお店Wassy’s

お気に入りがきっと見つかる!
カジュアルなデイリーワインから、大切なあの人へ贈りたいワインまで…
約8,000アイテムの豊富な品揃えが自慢のオンラインショップです。
皆さまのご来店を心よりお待ちしております。


<こちらもあわせてどうぞ>

『父の日』の関連ブログ

父の日にはグレープキングを


========================
(* ´艸`)楽しい事つぶやいてます
twitter:@winestoreWassys

(* ´艸`)ワイン情報(新商品・レア商品・イベントetc.)を投稿中
Facebook:@winestore.jp
========================

「いいね!」と思っていただけましたら、ボタンをポチッとお願いします。
いつもご覧いただきありがとうございます。

ルーシーマルゴー追加投入&超ジャケ買いワイン

3月に3アイテム入荷いたしましたが、今月さらに
3アイテムが追加。
(ちなみに3月分は速攻で売り切れちゃいました)

今回の『ルーシー・マルゴー』も個性際だってますhttps://winestore.jp//fs/wine1227/c/2112


■ルーシー マルゴー アウト オブ コントロール[2017]
6,264円
https://winestore.jp/fs/wine1227/2112/54822
大親友であるTomShobbrook【トムショブルック】が
チャチャを踊る様子のラベル。彼と過ごしたパリの夜、
しこたまワインを飲んで記憶を失くした事に端を発し
ているそうです。

 


■ルーシー マルゴー ワイルドマン ピノノワール[2017]
5,940円
https://winestore.jp/fs/wine1227/2112/54821
名前のワイルドマンらしく(?)半裸姿のおじさん。キュヴ
ェの名前に負けないラベルにしたかったんだ、とは本人の
談。

 


■ルーシー マルゴー ヴァン ド ソワフ[2017]
4,212円
https://winestore.jp/fs/wine1227/2112/54820
Soif【ソワフ】とは「渇き」を表すフランス語。
喉の渇きを潤す為にガブガブ、ゴクゴクと水の様に飲める
アクセサビリティを持ったワインを指したワインで。
「こういうワインは何も考えないで、冷やしてガブガブ飲
むだけで良いんだよ」「嫌な事だって忘れちまう位ね」だ
そうです。

 

そしてもう1点同じく新世代のオーストラリアワインが
入荷。名前が『イエティ アンド ザ ココナッツ』

David Geyer(ディッド ゲイヤール)とルーシーマルゴ―
でのワイン作り経験のあるKoen Janssens(コーエン ジャ
ンセン)の2人で手掛けるプロジェクト。
2人のルックスから来るそれぞれイエティとココナッツの
あだ名が由来。ジャケ買いしたいクライにラベルもめち
ゃ可愛いです。

『イエティ アンド ザ ココナッツ』
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/2182

どっちが速い?!ブログ書いてる側から在庫減ってゆく。

タイトルの通りです。
今、紹介したいワインのメルマガを書いてるんですが、
書いてる側から、注文が入って来てましてもしかした
ら書き終わって、皆様のお手元に届くころには完売し
ている商品もでてるかもしれません。

どう見つけてくるのか、登録して紹介もしていないの
に売れちゃったりしますからね。ホント凄い人気です

沢山の方に飲んでもらいたいので【お一人様2本まで】
とさせていただいておりますが、完売してたらスミマ
セン・・・

そんな人気の『ルーシー・マルゴー』

 

今回はこの3種

■ルーシー マルゴー ピノ ブラン[2018]
==> https://winestore.jp/fs/wine1227/2112/53778
==> 特価4,860円

■ルーシー マルゴー サンジョヴェーゼ[2018]
==> https://winestore.jp/fs/wine1227/2112/53779
==> 特価4,320円

■ルーシー マルゴー サンジョヴェーゼ[2017]
==> https://winestore.jp/fs/wine1227/2112/53780
==> 特価5,184円

人気がないからと引き抜かれようとしていたピノブラン
の樹を死守して作り上げた『ピノブラン』とイタリアの
移民も多いオーストラリアという事もあって、ここ最近
ジワジワと増えてきているイタリアワイン品種を使った
ワイン『サンジョベーゼ』、こちらは2ヴィンテージ。

個性系品種3種類が入荷、もちろん今年のラベルも個性
的。1点ご購入時のご注意なんですが、ラベルの紙質も
個性的なもんで、非常にはがれやすいです。
これもまぁルーシー マルゴーらしい個性という事で。

あっ、飲み終わった後ラベルだけ保存するなら剥がし
やすいですね。

——————————————————-
『ルーシー マルゴー』と同じく新しいオーストラリア
ワインのスタイルを生み出している新世代ワインの仲間達。

https://winestore.jp/winediamonds.html

共通点は

・非常にカルト
・いわゆる自然派などと呼ばれる分類のナチュラル系
・ラベルのデザインが個性的
・ワインメーカー自身がさらに個性的

ルーシー マルゴーだけじゃもったいないので、一緒に
新しい個性を味わってみてください。

『ゼヴィア』
今回新しく入荷した作り手。ブドウそのもの
のナチュラルな味わいが特徴です。
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/2180

『ヤウマ』
ルーシーマルゴ―に並ぶ人気生産者。
https://winestore.jp//fs/wine1227/c/2111

『オコタ バレル』
https://winestore.jp//fs/wine1227/c/2130

『ショブルック ワインズ』
https://winestore.jp//fs/wine1227/c/2136

『パトリック・サリヴァン』
https://winestore.jp//fs/wine1227/c/2124

『アルフィオン』
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/2167

などなど

生産量が少なくワイナリーで会員登録をしなければ
買えないオーストラリアのカルトワインを取り扱う
インポーター『ワインダイヤモンズ』特集コーナー

https://winestore.jp/winediamonds.html

希少ワイン、カルトワインを探すならこのコーナー
をチェックです。

暖かいお正月でした

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
今週からオンラインWassy’sも仕事始め、お休み期間中に
いただきましたご注文につきましては、順次お届けさせて
いただいておりますので、お待ちくださいませ。

もちろんすっかりご自宅のストックが空になったでしょうから
新しいワインのご注文もお待ちいたしております。

スタッフ・トリイは高知でお正月。
今年は天気よかったですね、コートとかもいらないくらいの陽気でした。

年明け最初のワインは、元旦恒例『クジラのすき焼き』をつつきながら

イノシシ年にちなんでのイノシシラベルワイン
オーバー ザ レインボー PF シラーズ[2018]

重口スタイルですが、酸とイチゴの様な爽やかさもあって
とてもジュ―ジーな味わい。開けたては少し閉じてるのか
香りおとなしめな印象でしたが、時間を置いて飲むと華やか
に広がってきます。開けた翌日位が美味しいかもしれません。

もう1本は自宅保管の古めのワイン
エルダトン バロッサ メルロ1996

奥に置かれてすっかり忘れ去られてたワインを年末の整理整頓
の際に発見。さすがにメルロらしい甘味ある果実感は無くいわゆる
飲み頃は過ぎてましたが、酸化もなくまだ赤ワインとしての重みと
しっかりとしたコシのような健全さはあって、なかなかの美味。

新年最初のワインとしては当たりでしたね。

 

皆様も “酔い” 1年をお過ごしくださいませ。

 

オマケ:新年会行き道、日本三大ガッカリ名所のひとつ”はりまや橋”

売り切り特価ワイン、更に増えました

入荷したそばから売れております【30%引き】売り切り特価コーナー

年末総ざらえとばかりにまだまだ増えております。
これで年明けから新たなワインが入荷できそうです。

既に輸入元では完売した、いい感じに熟成したワインも沢山。
よ~~く見たら、結構狙い目なの見つかるはず。

 

【ニュージーランド】

2000年代前半からの熟成ピノがあります。
新世界などと呼ばれる産地はなかなか古いヴィンテージを
手にするチャンスが少ないですが、ニュージーの古酒を
味わえる貴重なタイミングになるかも。

●ピラミッドヴァレー リヴァーブルック ヴィンヤード マールボロ ピノノワール ホアーファミリー[2008]
https://winestore.jp/fs/wine1227/gr1409/02074-000
通常5,832円のところ特価4,082円

●ピラミッドヴァレーヴィンヤーズ ライオンズ トゥース シャルドネ[2009]
https://winestore.jp/fs/wine1227/gr1409/22036-000
通常7,344円のところ特価5,140円

●ピラミッドヴァレーヴィンヤーズ ハウウェル ファミリー ヴィンヤード ホークスベイ カベルネフラン[2010]
https://winestore.jp/fs/wine1227/gr1409/16103-000
通常5,400円のところ特価3,780円

●フロム フロム ヴィンヤード ピノノワール[2002]
https://winestore.jp/fs/wine1227/gr1409/03597-000
通常7,884円のところ特価5,518円

●プリリヒルズ クレヴドン エステート[2000]
https://winestore.jp/fs/wine1227/gr1409/30646-000
通常4,860円のところ特価3,402円

●モノワイ ピノノワール ホークスベイ[2009]
https://winestore.jp/fs/wine1227/gr1409/10910-000
通常3,210円のところ特価2,246円

●モートン・エステート・白ラベル・ホークスベイ・ソーヴィニヨンブラン[2013]
https://winestore.jp/fs/wine1227/gr1409/20338-000
通常2,970円のところ特価2,079円

●バビッチ ファミリー エステーツ ギムレット グラヴェルス ゲヴェルツトラミネール[2012]
https://winestore.jp/fs/wine1227/gr1409/21223-000
通常2,700円のところ特価1,890円

●ビランチャ シラー オブ ホークスベイ レーニィ ギブソン[2011]
https://winestore.jp/fs/wine1227/gr1409/22473-000
通常4,860円のところ特価3,402円

 

【アメリカ】

●ドンキー&ゴート ザ・レクリューズ・シラー・ブロークン・レッグ・ヴィンヤード[2011]
https://winestore.jp/fs/wine1227/gr1409/22908-000
通常6,804円のところ特価4,762円

●JCB ジェーシービー No81 シャルドネ ソノマコースト[2010]
https://winestore.jp/fs/wine1227/gr1409/20614-000
通常5,184円のところ特価3,628円

●ヨークヴィル セラーズ プティ ヴェルド [2009]
https://winestore.jp/fs/wine1227/gr1409/15407-000
通常3,780円のところ特価2,646円

●シフレットエステート ソーヴィニヨンブラン ナパヴァレー[2012]
https://winestore.jp/fs/wine1227/gr1409/19538-000
通常4,860円のところ特価3,402円

●アルタ・マリア ピノノワール[2010]
https://winestore.jp/fs/wine1227/gr1409/20969-000
通常4,482円のところ特価3,137円

 

【オーストラリア】

●ハイバンク クナワラ シングル ヴィンヤード[2003]
https://winestore.jp/fs/wine1227/gr1409/00938-000
通常8,100円のところ特価5,670円

●ジェイコブス クリーク ヨハン シラーズ カベルネ[2010]
https://winestore.jp/fs/wine1227/gr1409/20732-000
通常8,813円のところ特価6,168円

●ファースト ドロップ マザー オブ オール ハーヴェスト[2011]
https://winestore.jp/fs/wine1227/gr1409/22250-000
通常1,728円のところ特価1,209円

 

【フランス】

●JCB ジェーシービー No69 ブリュット ロゼ クレマン ド ブルゴーニュ NV
https://winestore.jp/fs/wine1227/gr1409/20613-000
通常4,320円のところ特価3,024円

 

これ以外にも只今219種類(12/26時点)
全て在庫限り商品ですのでお早めに。

【30%引き】売り切り特価コーナー
https://winestore.jp/fs/wine1227/c/gr1409

 

年末年始の配送スケジュールなどに移行してきておりますので、
年明けからのご指定をおススメします。

 

1本だけ。誰か買ってぇ~

以前まで契約してた動画配信サービスから別のに乗り換えた為
配信始まるまで首を長くしてまってたシーズン8。

やっとみれるようになったんですが、長らく待ちわびすぎて
以前までのテンションがなくなってしまってる、ゾンビ大好き
スタッフ・トリイです。

 

ソンビ好きですが、ワインの中でもオーストラリアワイン好き
でして、そのオーストラリアワインで超有名ワイナリーと言えば
『ペンフォールズ』

最上級のグランジと言えば、超高級ワイン。
オーストラリアワインの2TOPの1本といわれます
(もう1本はヘンチキのヒルオブグレース)

この写真のワイン、見た事ある人はほとんどいないはず

これもグランジ。

実はとんでもないんです。

その中でもグランジ 2008年 、 グランジ 2012年 、グランジ 2014年の3ヴィンテージを、まぜませブレンド。

「美味しいものと美味しいものと美味しいもの、3つ混ぜれば3倍美味しいんじゃないか?!」そんな発想なのかはわかりませんが、トンデモ・プロジェクト

その名も『G3』

生産数は1200本。
日本には30本が入荷されたそうで、思わず1本Wassy’sで仕入れちゃいました。
お値段なんと、32万4000円
まさにコレクターズアイテム。
先着1名様、ご購入可能です。
仕入れちゃったんですから、誰かこおてぇ~~
ペンフォールズ g3
https://winestore.jp/fs/wine1227/48805
販売価格:324,000円

【限定1本】全世界で1200本限定。日本には30本のみ限定輸入されたグランジのスペシャルワイン。
2008年がこのワインの方向性を示し、2012年は美しい優雅な味わい、光沢、バランスをもたらし、2014年は勢いをもたらした。g3は、単なる2008年、2012年、そして2014年のブレンドではない。全く別の味わいがある。

 

次回予告(?)

夏のよさこい祭りも終わったと言うのに先日Amazon
で鳴子を購入。さてその使い道は・・・

正解は来週のブログで(掲載予定)

10年、460円

 

5時間体育館のプラスチック製のイスに座ってたんで
翌日体の節々が痛いスタッフ・トリイです。


息子とプロレス行ってました。

 

本日はオーストラリアワインとちょっとシャンパンの試飲会。

オーストラリアワイン好きとしては試飲しとかないと。

現行ヴィンテージとあわせて、インポーターさんの努力で手に入れることが
できるバックヴィンテージ。

オーストラリアだけでなく、アメリカでもニュージーランドでも
ワイナリー自身がバックヴィンテージを持っているところは少なく
インタポーターさんがリリース時に多めに買って、時期をみながら
少しずつ発売してくれているのです。

感謝感謝。

売らずに何年も保管してくれているわけですから、当然その分
価格もあがります。(置いておくだけでもコストはかかる)

 

なのにですよ、この西オーストラリアの『フランクランド・エステート』
のカベルネ、2013年と2003年の10年差。

なのに価格差460円!!

 


(価格のプレート撮れてなかった・・・)

 

フランクランド・エステート オルモズ・リウォード2013
希望小売価格 4,820円 → 販売価格 3,888円

 

■フランクランド・エステート オルモズ・リウォード2003
希望小売価格 5,280円

オーストラリアの中でも肌寒い位に海からの風が入ってくる
西オーストラリア州の産地。
イメージされる高アルコール、ジャミ―な要素は微塵も無く
しっかりとした果実感をもちながらも、ミント系の涼しさも。
細かくやさしいタンニンで、若いヴィンテージながら飲みや
すさも。

2003年は見事な熟成。しかもまだイキイキとした色調、
果実味もしっかり残っており、熟成でなじんだ酸とタンニン
で、丸みのある口当たりの美味しさ。

残念ながら2003年はございませんが、同様に輸入元にて
保管されていた2006年はご購入可能です。

フランクランド・エステート オルモズ・リウォード2006
希望小売価格 5,529円 → 販売価格 4,698円

 

 

 

ボルドーボトルですがピノノワール。

しかもこれがメチャメチャ旨い!
試飲されてた他のお客様達も絶賛。

■ヤラ・イエリング ピノノワール2015

高級ワインなのに、ワインそのものにコストをかけ、ボトルは
低価格ワインとほぼ同じの見た目にも安いものを使ってるという
不思議なワイナリーでしたが、このヴィンテージからボトルが少し
立派なものになりました。

安もん(?)ボトルなのに、ものすごくキレイに熟成する不思議が
楽しかったりしたんですけどね。

 

こちらはその安いボトルながらも美しい美味しさのシラーズ

 

他のシャンパーニュのようにキャラクターを持たず、地味に美味しさを
追及する『デュヴァル・ルロワ』

こちらの2005年もとても素晴らしい熟成感。
シャンパンの細いフルートグラスでなく、シャルドネグラスといった
広がりのあるグラスで飲むのがおススメ。

 

 

ハジメテ落語

スタッフ・トリイです。

初めて落語を生で見てきました。
今回は専用の寄席でなく、普段から飲みに行っているBAR。

以前から見てみたい気はあったんですが、なかなか行くきっかけも
無かったんですが、普段使いのお店なら

「そりゃ、丁度いい」

と初鑑賞。

 

話し手は、月亭遊方さん。

演目は、創作落語のお見合いネタと、古典落語で住吉駕籠の二本。

創作は、会場となるこのお店が天王寺なんで、天王寺あるあるな話をまくら
にお見合いばばあの落語。

古典落語は、住吉駕籠(蜘蛛駕籠)
客の捕まらないかご屋が、たちの悪い客や酔っ払い、挙句1人乗りの籠に2人乗って…。

 

古典はさすがに1回聞いただけでは、笑いのタイミングを逃してしまうような
流れもあって、繰り返し何度も聞く意味がちょっと解ったり、創作はさすがに
解りやすく、そんな人居そうなネタがとても楽しい。

イベントが終わった後にも少し飲みながらお話させて頂いたり
さらに興味が持てました。
そんなわけで、今度は寄席にぜひ行ってみたいと思います。

蜘蛛駕籠のお話にちなんで、スパイダーの名をもつワインを

 

■ダーレンベルグ・マネースパイダー・ルーサンヌ[2014]

22%OFF価格 : 2,106円
https://winestore.jp/fs/wine1227/35896-000

オーストラリアでは珍しルーサンヌを使ったワイン。
初収穫の際に、破砕機の準備をしているとルーサンヌの入ったカゴに
小さな蜘蛛が小一時間の程の間にブドウに巣を張ってしまました。
さすがにこのまま蜘蛛事機械に入れてしまう訳にもいかず、蜘蛛とそ
の巣を除いてワイン造りをしたエピソードからこの名前がついたワイン。

丁度お話の蜘蛛駕籠とマネースパイダーの蜘蛛とバスケット(カゴ)を
かけてみました

チャン、チャン

 

 

 

秘蔵っ子投入。

金欠を乗り切ったと思ったら、既に金欠予報出てます
オンラインWassy’s トリイです。

 

2ヶ月位前から決まってたんで、しかたないんですが
給料日前だと言うのに食事会。

各自1本ワイン持ち寄りが決まりなので、素晴らしいフレンチに
あわせてのワインを投入。

 

ビンディ・ピノノワール2000年

非常に落ち着いた味わいながらも、飲み頃を過ぎた印象はなく
まだしっかりと酸と果実感はあり、まだ熟成出来る事を確認。

オーストラリアのワインをナメては行けません。

 

ビンディ オリジナルヴィンヤード ピノノワール[2013]
https://winestore.jp/fs/wine1227/33203-000

2013年あります。
ニューワールドの超熟ワインは市場に滅多とでまわりませんので
今のうちに手元に置いておいてくださいね。

 

いつもならフランス系が多いんですが、暑さもあって泡もの多め

 

 

季節感のあるホタルイカなどの魚介系に

 

 

いやぁ~~、夏だねぇ。
手の込んだハモ料理。

 

鴨の火の入りサイコー。

と、前菜からデザートまで合計12品。

昼から飲んだら良く酔いますね。

 

La Chicさん、ありがとうございました。