パリンガエステート ( ゚Д゚)恐るべし!オーストラリアワイン

j の日々
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

カリフォルニアワインとニュージーランドワインの オンラインWassy’s
受注担当 です。

パリンガエステート驚きです!

オーストラリアワイン、

それもピノノワールを飲んで、

こんなにブルゴーニュを感じたことはありません。

「パリンガ」とは

アボリジニーの言葉で「海に近い」という意味。

海風が気候をコントロールする、

モーニントン半島のテロワールを象徴するワイナリーです。

パリンガ エステート エステート ピノ ノワール [2011]

10年を経て、熟成感あるややレンガ色。

ダークチェリー シナモン スパイス ハーブ、

どんどん広がっていきます。

ブルゴーニュだなあと思ったのは出汁感。

冷涼な地域特有のきれいな酸味。決して強すぎない。

ボリュームほどよく、タンニン、甘味の絶妙なバランス。

うまーく熟成されていて、やわらかさマシマシ。美味。

そして

パリンガ エステート ペニンシュラ ピノ ノワール [2018]

小さな赤い実フランボワーズからダークチェリーまで

幅広く華やかなベリーの香り。

思ったより凝縮感を感じ、色合いが濃い目。

きれいな酸味と旨味を併せ持ち、

これ絶対日本料理に合う!

品評会の受賞が多いことでも知られる

パリンガ・エステート

オーストラリアワイン恐るべし

Facebookのいいね!をいただけるとさらに元気がでます。

よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました